Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< November 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2006.11.05 Sunday

一気に興味が失せた!
ブログランキング
日米野球もう見ないっ!
僕は非常に怒っている。 メジャーリーガーにたっかいギャラを払って呼んどいて、延長無し!? しかも全戦。 「ハァ?」 昨日までが、たまたま時間内に終わってただけやったとは知らんかった。だいたい中継が19:00開始なこと自体「ハァ?」やったけど。 「枠取ったとこだけ見とけ」みたいなしょーもない姿勢で、こんなイベント開催するなっ! 普段でも3時間以内に終わる試合なんて少ないやないかっ! しかも監督「ノムさん」やから、それこそ終わらん言うねん!メジャー屈指のクローザーなんか運がよくなかったら見れんやないかっ! もう本気で見ぃひん!
何でこんなに怒ってんのかと言うと、ブルペンで「マイヤーズ」が肩つくってるとこ見せられて、中継終了となったから。 結局出てないみたいやけど、そんなん関係あれへん。 主催者側の、イベントを成功させるための努力の低レベルさにあきれる。 そんな意識でやってるイベントやから辞退者続出するんちゃうの? 満員にならんのちゃうの? もう無くなるんちゃうの? 
あーもう、どうでもよーなった。

   ・
   ・
   ・
※追記(↑は昨夜殴り書きしました)

僕のブログ運営上の指針として、「怒りに任せて」負の方向に煽ってしまう記事を書くのはどうか?と思っているんで、冷静になったら↑は消しちゃおうかとも思ってたんですが、「消しちゃダメ」と言われたんで、一応消さないでおきます(ちっさい字にしたけどw)。


昨日、一方的に敬愛しております「torao先生」のところのコメントでたしなめて頂きました為、中日という球団について再度考えてみようと昨日、日本シリーズ特集の「Number」を買ってみました(阪神以外の記事を読む目的でお金を使ったのはいつ以来かわからんくらい久々)。 最近「阪神以外の野球」にも興味を持とうとしているオレっていいかも(←バカ)。

まず目に付いた記事は、元中日監督「山田久志氏」のシリーズ総括。 もうね、ムチャクチャ(笑)。 落合監督のことを「考えられないよ」だの、「そもそも監督が直々にマウンドに行っても、あまりいいことはないんだよな」だの、言いたい放題。 「岡田木戸ライン」「岡田義則ライン」「落合長島ライン」なんかが頭に浮かんで面白かったけどね(笑)。

中日者(何語?)である「奥田英朗氏」の記事が凄くよかった。 「なぜ道産子はあれほど純粋にファイターズを愛せるのか?」のくだりには、北海道と同じような環境の東北、山形で育った僕には、もの凄く共感出来た。 「フランチャイズ」の理想の形をつくったファイターズが、今後沸き起こる多くの課題をどう乗り越えていくか、僕も見守っていきたい。 長くなり過ぎるんで詳しくは書かないが、ぜひ沢山の方に読んで欲しい。

で、中日について何かわかったかと言うと、「落合監督の不気味な存在感」と「阪神の敵」っていう部分を除けると、かなり僕の大好きなタイプの野球をやっているチームであり、大好きなタイプの選手がいるってこと(笑)。 もともと僕は「世界標準のBASEBALL」より「日本的な野球」が好き。 監督で言うと「ノムラ野球」が好きな偏屈だ。 まぁ、野村監督の場合はいっつも戦力の薄いチームでやってたから、あんな形にならざるをえなかったのかも知れないが。 選手にしても、「悲壮感漂う絶対的エース憲伸」「追い込んでからがうっとうしい井端」「勝負所での抑え方がわからない福留」「サイドスローの絶対的守護神岩瀬」「ムカツくほど内を攻める谷繁」‥‥。 
ツボなタイプばっかりやっΣ( ̄ロ ̄lll)!!!
キライキライだけじゃ見えないものがあるね、ほんま。 ものを見る角度って大事だねぇ。 
さてと、今日はこの辺にしとこう。
 
最近あまりに「虎カラー」無さ過ぎるなぁ。 後で「虎記事」追記するかもしれません。


↓↓↓ラブ今日のkokoroちゃんラブはこちら
続きを読む >>
Writer : Dr.KEN | 野球 非阪神 | comments(6) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!