Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< December 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2006.12.19 Tuesday

嬉しい言葉(今岡 誠)
ブログランキング
今岡が契約を更改した。
大幅なダウンとなったが、「11月7日の公式サイトでの言葉」通り納得のサインだったとのこと。
今岡は昨日の会見でもこう語った(以下サンスポより抜粋)。

「基本的に僕は、阪神に逆指名という形で入団させてもらい、ここまで育ててもらった。」
「当然、感謝の気持ちを持っているんで。 誇りに思っているし、感謝している。」
「何年たっても、その気持ちは変わらないです。」
「自分で決めて、相思相愛で入団した。」
「10年前の気持ちは今も持っているし、大事にしたいと思っています。」
「FAにはいろいろな観点がありますから。」
「どうとらえるかは、その人による。 契約内容とか移籍とか。」
「ただ僕にはそういういきさつがあるんで。」

   ‥‥‥。
もうね、嬉し過ぎて号泣です。
僕は阪神が大好きなんで、
チームが好きと言ってくれる選手がたまらなく大好きです(単純w)。
凄い力を持った選手よりも、凄くチームが好きで頑張っている選手を応援したくなります。
もちろん選手にとっては、野球はビジネスでもあるので、
より良い条件、より良い環境を希望する、または選択することは当然です。
だから非難はしないようにしています、なるべくですけどね(笑)。
でもね、ファンは「気持ち」で動いてるんです!
好きになることは計算や打算じゃないんです。
こんなことを言ってくれる今岡がいるから、僕はもっと阪神が好きになれる。


色んな方面からの非難を覚悟でぶっちゃけると、
僕は数年前まで、今岡が大っ嫌いでした。 
                   C= C= C=C= C= C= (((((( *≧∇)ノノノ イウテモタッ! ニゲロッ!
今岡のプレーはやる気の無いようにしか見えてなかった時期があった。
野村監督に見放された時期も、当たり前やと思っていた。
解説者の論調は「今岡をなぜ使わないのか」というのが多かったような記憶があるが、
僕は「今岡を出したらチームの士気が下がる」と思っていた。

僕にとってはそんな風にしか見えていなかった今岡が「星野元年」、変わった。
星野監督のストレートな言葉に触れ、今岡に化学反応が起こった。
発言が変わり、態度が変わり、存在感が変わった。
今岡は表現出来なかっただけで、ずーっと熱い気持ちを持ち続けていたんだろう。
単に、それを見抜く力が僕に無かっただけだった。

そして今岡は飛躍し、チームリーダーとなった。
僕はそんな今岡がいつのまにか大好きになっていた(やっぱり単純w)。

来期の復活を信じてますっ!



野球 濱ちゃん
 「来季は盗塁だけでなく、次の塁を狙っていきたい。」
 「金本さんもそういう意識を持っているので見習いたいですね。」

一番大事なのは、金本の背中を見て頑張った濱ちゃんの背中が次の人にどう見えるかやで!
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(6) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!