Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< January 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.01.15 Monday

関本 健太郎
ブログランキング
応募された皆さん、ご参加ありがとうございました。 o(_^_)o
カレンダープレゼント企画の受付は終了致しました。
プレゼント数3(カレンダーは2)に対し、応募が3。
今回も当選確率100%となりましたっ!     ‥‥‥( ´_ゝ`)
必ず何かが届きますので、楽しみにお待ちください!
(ラリホ〜さんも入ってますよ♪)

あーそれと、お題だけで僕の一押しを言ってなかったですね!
「2007ブレイク希望」部門は、1/2に宣言した「野・赤松」「投・中村(ヤス)」で、「2007一押し新人」部門は、昔の思い入れ込みで12/24に宣言した「小嶋たっちゃん」なんですが、チーム全体で考えるとまた違う名前が挙がります(気が多いw)! 阪神にはこの人がいないと、、、って考えると僕は当然「球児」⇒「金本」⇒「赤星」辺りの個人的嗜好で名前が挙がっちゃうんですが、「この男によってタイガースは磐石になる! この男を一押ししたいっ!」って言うのはやっぱり、
         「関本 健太郎」 ですっ!
         (完全にかぶってますね、yuiさん、ラリホ〜さん… 嬉しい

正直な話、昨シーズン後半の関本の仕事には「こんな器用な選手だったのか!?」とびっくりしました。 前にどこかで書いたような気もするんですが関本は、「オレって天才 オレって凄い」と思って阪神に入団して来ました。 入団後、同期でドラフト順位の1つ下だった同い年の濱中の才能を身近に感じた時、「オレって天才ちゃうやん 上がおるやん」とその高かった鼻が折れたそうです。 あぁ別に関本が天狗で練習を真面目にしてなかったとか言ってるんじゃ無いですよ、練習に裏うちされてはいるが「自信家」だったってことです。

もともとスラッガーとして期待されていた関本がその後、自分がプロで生きる道を模索し、どれだけ必死で練習を積んできたかは今の関本の姿を見れば、容易に想像出来ます。 そして昨シーズン終盤、その努力は大きな形となりました。 完璧なバント、打線のつながりを考えたバッティング、ツボにはまった時に長打、ガッツ溢れる守り。 赤星、藤本でも完全には埋められなかった「打線のキーとなる2番」を、関本が完全に埋めました。 タイプも顔も全然違うんですが、僕には関本の活躍は「平田」や「和田」とかぶって見えました。

もともと僕は2番を打つ打者が大好きで(と言うか平田和田が好きだっただけのような…)、本当に強いチームには「不動の2番打者」がいる!が持論です。 平野しかり、川相しかり、宮本しかり、井端しかりです。 だから今シーズン、タイガースが本当の意味で強くなったと思えるのは、関本ががっちり2番を自分のものとした時だと思います! だから、一押しは関本ですっ!


いつの試合やったかなぁ、関本がヒーローインタビューで子供に語りかけたのは。 あの日のパパはむちゃくちゃかっこよかったし、子供にとっても最高に自慢のパパやったろうなぁ。 去年の思い出の試合の1つですね! たしか甲子園やったよなぁ? そしたら「熱闘ライブハイライト」でまた見れるなぁ。
今年のパパはもっとかっこよくなるっ!
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(14) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!