Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< January 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.01.31 Wednesday

きゃんぷい〜ん、目前っ!
ブログランキング
♪やった♪やった♪やった♪やった♪やった♪やった♪やった♪やった♪
球春到来! 明日2月1日はプロ野球キャンプインの日!
今のところは、別に沖縄、安芸に行く予定も無いんですけど、なんかウキウキしてきたよ♪

出不精な僕ですが、実は過去に1回だけキャンプを見に行ったことがあります。
あれは2002年、そう星野監督就任後初の「安芸キャンプ」でした、、、、、


「星野タイガース」初の紅白戦を明日に控えたその日、僕はもいつものように居酒屋で遅い晩メシを食べていました。 だいぶ前に書いたことがあるんですが、結婚前に毎晩のように行っていた店ですね。 ここで僕が「キャンプに行きたい、キャンプに行きたい」とうだうだ言っていると、通称「シェフ」と呼ばれる男がのってきました(通称っていうか、ほんまにイタリアンのシェフなんですがw)! 「オレが運転していったるから、お前(僕)が交通費を出せ」という条件で、深夜2時過ぎに安芸に向け出発しました。 いやぁ言ってみるもんや(笑)。 僕はけっこう酔ってましたが、シェフは飲まないのでシラフです。 ってか、あんた阪神ファンやったけ…?

完全にノリによる行き当たりばったりの行動だったため、予備知識も地図も無く、ただただ「高知県」の標識だけを頼りにずんずん車を走らせていきます。 高速をどこで降りるかも知らなかったため、名前に惹かれて1個手前の「大豊」で降りてしまうアクシデントなんかもありつつ、なんとか朝の8時には安芸市営球場に到着しました。 「土佐ロイヤルホテル」を見たときはテンションが上がったなぁ。 後で知ったんですが、あれは「たいほう」ではなく、「おおとよ」って読むらしいですね(笑)。

お昼からの試合に備えて球場の場所取りを済ますと、屋台なんかをうろうろしました。 昼食はもちろん「1,001円の仙一弁当」です(笑)! スタンドでは、後援会みたいな人達と記念撮影していた「赤星」と「上坂」が、僕の目の前50cmを通過するというサプライズもありました。 そういや「ダンカン」と「阪神ファンのテレ朝のアナウンサー(名前忘れた)」も視察(?)に来ていましたね。 いつもの甲子園とは違うキャンプ独特の雰囲気もいいもんでしたね。

あーそうそう、今回の僕のキャンプ視察には3つの目的があったんです。
1つ目が、「星野仙一の(タイガースの)ユニフォーム姿」。   (現日本代表監督 兼 阪神SD)
2つ目が、「片岡篤史の(タイガースの)ユニフォーム姿」。   (現解説者)
3つ目が、「テスト入団 原田健二のサイドスローにラブはぁとラブ」。   (現阪神打撃投手)

この3つの目的は一応達成することが出来たんですが、もう記憶が曖昧なんでざっくりと。 

初めて実際に見た「星野監督」は、綺麗に整備された足跡一つ無いグラウンドに颯爽と現れ、観客に手を振ってくれました。 あれが星野流の演出だったのかはわかりませんが、ゾクゾクしましたね。 変なオーラが見えましたよ(笑)!

試合の方はというと、楽しみにしていた「原田」は1イニングだったと思うけど、超ナイスピッチングを披露!!! この日からを境に、僕の原田に対する期待は「富士山よりも高く大きく」膨らみました!
原田健二! 楽しい夢をありがとう! 
「片岡」はたいした見せ場は無かった気が…?
試合展開は確か、9回に金沢がズタボロに打たれたくらいしか記憶にない。

ただこの紅白戦には、星野監督の提案で、「負けたチームの選手は土佐ロイヤルまで走って帰る」というペナルティーがついていた。 一応これは「ベテラン免除」だったんですが、走らんくってよかった片岡も若手に混じって国道を走っていた。 チームに溶け込もうと頑張っていた、このときの片岡の背中は素敵でした(はぁと)。 金沢はよっぽど悔しかったのか、海の方の歩道みたいなところを1人で泣きながら走っていましたね。 


これで、2002年の昔話は終わります。

僕達2人はまったく睡眠も取らず、夜8時前くらいにスタート地点の居酒屋にまた戻り、「安芸キャンプに行って来た自慢」を夜中まで延々と話続けていました。 若いっていいね! シェフはその当時で40前だったけど(笑)。


※ たぶん探せばいっぱい写真が残ってると思うんで、気が向いたら後でUPします
Writer : Dr.KEN | 昔話 | comments(4) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!