Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< March 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.03.10 Saturday

赤星が危ない!(…気がする)
ブログランキング
ワタクシゴトではございますが、もう少しで1才の誕生日を迎えるうちのラブkokoroちゃんラブが一昨日から「2つ目のスキル」を身に付けた。 それは、「こんにちは」。 「こんにちは」と言いながら頭を下げてあげると、kokoroちゃんも首から上だけをカックンカックンと1〜4回くらい動かす。 おじぎのつもりなんでしょうが、その仕草がかわい過ぎておじさん正直困っております(笑)。 あっ、ちなみに最初に覚えたのは「ばいばい」でした。 言葉を喋り出すのはいつくらいなんやろう?

昨日は録画しといたサンテレビで、今年初めてまるまる1試合見てみました。 自分は、スポーツは「リアルタイム」か「結果を知らない状態」でないと、録画してまで全部見ることはなかなか無いんですけど(「プライド」とか例外はあり)、毎年OP戦はよく録画します。 理由はたぶん「野球に飢えていること」と「新戦力が見たいこと」なんですが、「まるまる」は今年初だったんでなかなか楽しかったです。

最近、夜になると泣き叫ぶkokoroちゃんをあやしながら、あんまり集中も出来ずに見ていた中でも、「ジャンが結果以上にイイ感じやなあ」とか、「ジェフが左に対してもコントロール良く投げられてんなあ」とか、「鳥谷よお打つなあ」とか、「赤松おもろいなあ」とか、いろいろ収穫(?)はあったんですが、凄い気になったことが1つありました。

それは「赤星の進塁打」。
いっつも試合を見てる訳じゃないんで、昨日だけのことだったらいいんですが、ちょっと前から公式サイトの速報の「試合経過」の文字だけを見て気になってまして…。 ここんとこの赤星は、「進塁打がきっちり打て過ぎてる」と思ってたんですよ。 もちろんこれは全然悪いことではなく、むしろ自分も大好きな野球なんですけど、文字だけで結果を見てたら妙な違和感があったんです。 で実際見てみたら違和感の正体がわかりました。 「赤星、無理くりファースト方向に引っ掛けてるやん…。」

進塁打という意識を持つことは「ID野球」で言われるまでもなく、「勝つ野球」に絶対必要なプレーなんですが、ただでさえスランプの多いデリケートな赤星が、フォームを崩しまくって強引に引っ張ってて大丈夫か!? 正直むちゃくちゃ不安です…。 ちまたでは岡田監督の「鳥谷1番構想」は、賛否両論(どうも否が多いみたいやけど)言われてますが、自分的には「鳥谷の1番」自体は全然いいんですが、それによって「赤星が2番」に入ることが怖いんです、赤星自身の歯車が狂ってしまいそうで…。 

今のタイガースで「与えた環境」によって、最も生かせたり殺せたりしてしまう選手は、責任感が強くデリケートな赤星だと思うんです。 なんで自分は、赤星は1番であるべきだと思うんです。 鳥谷は3番でも7番でも良さは出せるよ。 でやっぱり2番は、スムーズなフォームで進塁打が打てる「右打者」がいいと思う。 うちにはいるじゃん! 右にうまく打てて、ボールも待てて、小技もうまい野球センスにあふれた関本が! 関本は、川相や宮本や井端に絶対なれるって!

「1番赤星、2番関本」。
これが一番の「適材適所」だと自分は思うんですけどねえ、、、どうなんざんしょ。


                                              聞き耳を立てる  コソーリ置いとこう
                                               結婚相手は阪神ファン
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(6) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!