Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< August 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.08.23 Thursday

ふんどし締め直し
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
岡田監督のフォロースルーは、桧山さんくらい綺麗やなあ(笑)



 昨日はガイ〜ンいったったなあ、ガイ〜ンって。



昨日一昨日と野球のニュースなんかを見ていたら、
「この試合がシーズンのターニングポイントになるかも知れない」
と数人の解説者が言っていたのを耳にした。
もちろん言っているのは、一昨日のヤクルト戦の大逆転ゲームのこと。

違うやろ、と。
野球の専門家が、劇的な勝ち方をした部分にばっかり目を向けてどうする。

今年優勝するためにタイガースは、「ジャンと心中」を選択していた。
4点台の防御率以上に投げてみんとわからんような不安定な柱。
そんな柱だったけど、そのやんごとなきチーム事情から、
タイガースは中4日でまわせるジャンと心中するしかなかった。
でもそんなジャンもまずまずはよくやってくれていた。

そのジャンがコケた、それもおそらくは自ら。

僕はこの試合を、「チームがノッテくる」とは逆の意味でターニングポイントだと感じた。
チームは信じられないような逆転劇を演じたが、ああいう最悪の形で柱が消えた。

実際には見ていないが、ジャンが愚行を犯した一連の流れで、
チームの空気が一瞬冷めていたように感じられる記事もいろいろ目にした。
(ボークをとられたジャンに誰もフォローにすら行かなかった等)

ここから再度、チーム一丸となって熱い気持ちで戦っていけるのか?
ローテに空く大きな穴をどんな形で無理なく埋めるのか?

僕の勝手な取り越し苦労であって欲しいと切に願う。





さて桜井。

三安打、2ホーマー、5打点。
今年、君はいったい何回お立ち台に上がってるんだよ?
その落ち着いたシャベクリも相まって、もうぜんぜん新鮮味がないんやけどね(笑)

こんな印象を持ってしまうってことは、
きっといつもええとこで打ってくれてるからなんやろね(成績も普通に立派やけど)。
長いこと待ってた甲斐があったよ!


さあ、今日はヤクルトの先発予想が中4日特攻で「切り札グライシンガー」!
2日続けてプライドを粉々にされるような試合をしてしまった古田監督。

なめられっぱなしで終われるか! 何があっても勝つ! 3タテは死んでも阻止する!
たぶんそんな強い気持ちで、鬼の形相で試合に臨んでくると思われる。

しかし、今日負けられないのは首位を狙うタイガースも同じ。
鬼神と化すであろう古田スワローズに対し、タイガースが送り出す投手は「杉山」!

ある意味適任のような気がしている。
そうだ杉山よ、お前の空気の読めなさっぷりを存分に見せつけてやるのだあ(笑)!

あははははははははははははは〜、勝ってくれえ!
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(6) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!