Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< September 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2007.09.03 Monday

かつらぎみつのぶ
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
こんにちは、マーベル・ウィンです。




新しい携帯の使い方が全然わからず、
「カメラ用」として、いまだに古い携帯も持ち歩いています。
豚に真珠、猫に小判。
アナログや ああアナログや アナログや  〜芭蕉〜





ひさびさ締まったええ試合やったんちゃう(走塁除く)?
夏休み最後の甲子園、観戦に訪れたちびっ子のみんなはええもん見れたね!

金本、矢野、球児と、流れを呼び込むような守備がいくつもあったし、
赤星、関本らの粘る意識は、川島のスタミナを確実に侵食した。
今期初先発の安藤もなんとか5回粘ったし、
さらには甲子園の女神が微笑んでくれたとしか思えない、
「暴投したのにナイスクッションで本塁憤死」なんてビッグプレーも飛び出した!
(確か今年、前にも1回こんなんあったなあ。いつか忘れたけど)

こんな試合は勝たなあかん!

5回から明らかにカウントをつくれなくなってきた川島に対し、
関本がこれでもかぁと粘り倒して最後、三遊間を割る。
これは完全に効いた! この関本の打席で川島の燃料は底を尽いた。

5回は盆過ぎ桧山が惜しくも仕留め損なったものの、
6回2死から葛城のタイムリーで1点を返す、この1点がでかかった。

1点差となった7回からは、待ちに待った中継ぎ合戦に引きずり込む。
はい〜、ここうちの土俵〜(笑)
こうなったらうちはヤクルトフラフラ中継ぎ陣から3イニングで1点獲ればいい。
相手は相手で、「追いつかれたら終わりや…」と無形のプレッシャーで腕が振れない。

あとはご覧の通り、ずるずる…。
最後のおいしいところは桜井がパクついた。
金本が敬遠されたとき、絶対こいつは、
「うは、ラッキー!ヒーローも〜らい!」って思ってたはずや(笑)
う〜ん、頼りになるヤツや(笑)





しかし「サヨナラや!快勝や!」と歓んではみたものの、
厳しく見ると今日も、走塁面では「もうちょっと!」ってのが何回かあった。
凡走って言うよりは、今日の場合は「慎重にいった」って感じではあったが、
これが1回でも次の塁を獲れとったら、もっと楽に勝てとった。

常に次の塁を狙う意識をもう少し強く持って欲しいのと、
一番大事なのは、
その意識に対して「はるき」が精密且つ的確な指示を出してやること。

これからの戦いは、こんな1個1個の小さいことがもっと大事になるんやろね。





林ちゃん離脱で6番がポッカリと空いた緊急事態を、
「左の葛城」「右の高橋光」で、完璧なまでに埋めてますな。
特にこの2人の持つ「苦労人キャラ」が、
うまいことチームに一体感を与え、士気を高めてくれてる気がしてます。

しかし、もし今年このまま優勝なんかしてしまったら、
「エース不在中継ぎ頼み型」っていう、プロ野球の新しいモデルケースになるなあ。
だってさあ、「規定投球回数到達投手“0”優勝」なんて過去にあるん?

そして新しいプロ野球の形を創った名将として、
「おかだあきのぶ」は、プロ野球の歴史に名を残すわけやね(笑)

あ〜そんでもう1つ。
ここまできたら、「チーム得失点差マイナス優勝」もやってまう(笑)?

117試合消化現在で、431得点(リーグ最低)435失点の、マイナス4。
578得点でプラス113の首位巨人と、なんでうちは2.5ゲーム差の位置にいるんやろ?
野球ってつくづく不思議やね(笑)

残り27試合。
そろそろヒリヒリしてきたで!!
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(5) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!