Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< September 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2007.09.17 Monday

強い気持ち、弱い気持ち
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
今朝、難波の駅前に警官が100人以上おった。
すごい厳戒態勢、なんかの演説か?
歌舞伎座の五木ひろしの行列より多かった(笑)



ヤワラちゃんが快挙!
田村でも“金”、谷でも“金”、そして『ママでも“金”』
気持ちが強いなあ。
今日からの天王山、パパの谷に気をつけろ(笑)



昨日の試合?
「何もないわ。そらそうよ」

うみがいっぱい出た、弱い気持ちがいっぱい出た。
こっから最後、勝負を別けるのは「気持ち」。
ドラゴンズは怖いよ、ジャイアンツも怖いよ。
でも、相手だってうちが怖いんだよ。
最後の最後、すべてが終わったときに頂点に立っているのは、
一番強く「勝ちたいんや!」と願ったチームだと思う。



こっから先は僕の勝手な想像。


2点ビハインドの8回、一死満塁で打席に入ったのは前日のヒーロー濱ちゃん。
拙攻でチャンスをことごとく潰してきたうちにとって、たぶんこれがこの試合最後のチャンス。

「ここは犠牲フライではあかん…」
「ここでオレが打たれへんかったらチームが負けてしまう…」
「中田はまたコントロールを乱してる…」
「矢野さんは初球を打って出てゲッツーやった…」
「今日のオレは2三振…」
「おんなじチャンスでも、昨日とは状況が違う…」

いろんな要因があったと思う。
この打席、濱ちゃんの頭を支配していたのはこうじゃなかったか?
「フォアボールで後ろにつなげたい…」
弱いよ、濱ちゃん…。
キミはうちのクリーンナップなんやで…。


濱ちゃんの思惑通り、中田は初球、2球目と明らかなボール。
そして3球目、ストライクを欲しがった中田の直球は外角高めに浮く。
フォアボールの意識が強すぎた濱ちゃんは、当然これを振れない。
確かに球に力はあったと思う。
でも強い気持ちがあったなら、その球を狙えたんちゃう?
狙うんは、その球しかなかったんちゃう?

このストライク1個で濱ちゃんの心理が明らかに変わって見えた。
「追い込まれたくない、次ストライクやったら打たな…」
この弱い気持ちを、谷繁―中田のバッテリーが見逃すはずがない。
だって彼らも優勝したいんやから。

次のボール、4球目。
谷繁は外角低めのギリギリにミットをかまえるが、中田のボールはさらに外へと逸れる。
中田もまだ立ち直ってはいない。
しかし既に気持ちで負けていた濱ちゃんは、このボールに反応する。
ハーフスイング。 …結果は「スイング」。


…悲しかった。
…ものすごく悲しかった。

濱ちゃんの弱い気持ちが悲しかった。





いや、ぜ〜んぶ僕の勝手な想像なんですけどね(笑)

濱ちゃんだけじゃない。
昨日は、気持ちの弱いプレーがこれでもかこれでもかって噴出した。
そしてまた追う立場になった。

でも、失敗を取り戻せるのもプロ野球!
大丈夫大丈夫、強い気持ちでもう1回追いかけよう!!

Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(8) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!