Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< October 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.10.15 Monday

おわりでおわり
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑

ばあさま「じいさま、終わりましたな」
じいさま「ああばあさま、今年も全部終わったよ」
ばあさま「今年は楽しかったですかいな」
じいさま「ああ、今年も楽しかったで…」



一プロ野球選手個人として今年、過去最高のシーズンを送れた選手たち。
(あくまで僕個人の感覚、初一軍とか他球団での実績とかは無し)

投手で、渡辺、ヤス、上園、久保田、ジェフ。
捕手で、野口、狩野。
野手で、桜井、林、葛城。

元々の完全一軍クラスで、さらに自己を高められたのは、久保田、ジェフのみ。

つまりはチームがメタモルフォーゼ期だったってだけのこと。
結果、優勝争いはしたけどそれは運もあってのこと。
そういうことよ。
佐々木、ローズの抜けた横浜。
松井の抜けた巨人。
江藤、金本、大野の抜けた広島。
選手古田の抜けたヤクルト。
それと当然、主力の衰え。
必ず訪れるその時期を、いかに最短で切り返すかが大事。


確かに岡田采配に納得がいかんことも多かった。
でも、監督だけじゃない。
そのイメージをつくった最大の要因は、
選手が与えられた場所で期待に応えられなかったから。

金本を1番に使っていたとしても結果が出ていればいいわけで。
金本の替わりに四番に入った選手も結果を出していればいいわけで。
僕らは「でもやっぱり金本は四番ちゃう?」なんて笑って言ってたわけで。


課題はくっきりはっきりわかったシーズンだった。
短い時間になると思うけど、今はゆっくり体を休めて怪我を癒して、
来るべき来シーズンに向けて鋭気をやしなってください。

今年も1年、ありがとうございました。

来年も僕たちは、“Be the Best For the Players”で頑張ります。
10番目の選手として。

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(4) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!