Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< June 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2008.06.07 Saturday

古畑録るん忘れた…
ブログランキング




西田辺さん、ありがとう! さっそく週ベ買いました!

あの夏以来、長谷川くんがとうとう甲子園に帰ってきた!
うちが左の岩田にも関わらず7番センター先発起用。
天下の週ベにもカラー3ページの大特集を組んで頂いた。

キテる、キテるぞ。 長谷川勇也のビッグウェーブがキテるぞ。



などと、またしても虎キチにあるまじきテンションで試合開始を迎えた昨日。
(しかし最近、我ながらこんな日が多過ぎるな…)

ルーの目を覆わんばかりの「注文どおり」でチャンスを潰した2回、
試合を動かしたのは長谷川勇也のバットからだった。
左腕の岩田から放った2死からのチーム初ヒットが先制点につながった。

この1本のヒットは今後の長谷川くんの使われかたにおいて、
大きな影響を与えるヒットとなるだろうね。 ナイスバッティン(バル、サンキュw)!


まあしかし長谷川くんの個人的応援はおいといて、
チームとしては南海ホークスに負けるわけにはいかない。
2点を先制され、チャンスを潰し、よく見る「イヤ〜な感じ」で進行していたこの試合。
バルがチームに大きな流れを引き込んだ。

ヒット、好走塁、横っ飛び、いろんな見どころはあったが、
ワシがホロリとしたのはやはり関本の横っ飛びに対して両手を叩いて大喜びするバル。
止めてもらったピッチャーがあんな感じで感謝の意を表す光景はよく見かけるけど、
同じ内野手が他者のプレーに対しあそこまで感情を爆発させるシーンはあまり見ない。

このシーン。
「バル、ちゃんとチームに溶け込めてるんやなあ」って思ってホロッときた。
「なんかタイガース、勝つんちゃうか?」ってもこのとき思った。



岩田も赤星も新井も凄かったけど、
あとはやっぱりもう桧山“ネ申”次郎しかいないね。

なんか世間的には「代打成功率.455(22打数10安打)」で、
代打の神様とか言われてるけど、恐ろしいことにこれはあくまでトータルでの数字。

代打の場面を重要度で5段階くらいにわけると今年の桧山さん、
(同点逆転での得点圏にランナーの場面はレベル5とかw)

レベル4以上の場面での成功率は8割はいっとるで(笑)

この数値はあくまでワシの印象度でしかないけど、たぶん大きくは変わらんと思うよ(笑)
(誰か桧山さんの全代打打席のシュチュエーション調べて>はい出ました、他力本願王w)



いやあ、興奮し過ぎて「古畑」録画するん忘れてもたがな(泣)





おっきースタメン(はぁと)、即2安打!

それと、関係無いけどリニューアル後のサンスポ.com。
ページが別れてて非常に読みにくい。
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 酒田南野球部応援ブログ | comments(4) | - |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!