Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< May 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009.05.03 Sunday

ウォーズマンステージ
ブログランキング


本日の席はまあまあ殺伐と した環境です。

本日、筒井のステージが1ランク上がりました。


しかし坂本を迎えたところでまさかの続投です。

つまりはそーいうことですねwww

いいよいいよー、全然ありだよーw
Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(2) | - |


2009.05.03 Sunday

左の頬を空振る
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
どーしたんだ?ヘヘイベイベー。
バッテリーがバラバラだぜーぇえ・・・。






絡まりあいながら成長を続ける蔓。しかしその視界に捉まるべき着地点はない・・・。




へー、10連敗ですか、そうですか。

基本的にワシ、ジャイアンツ戦はほとんど現地観戦には出向かない。
勝利した場合の爽快感はハンパナイがその逆、
敗戦した場合、何物にも替えれんくらいの耐え難い虚無感を感じ、心が殺伐とするから。
対ジャイアンツに限っては、そこに「負けたけどナイスゲーム」などは存在しない。


よって昨日の敗戦に関しては、ネタ的要素を探す気力などは皆無。
燃料の切れた空っぽのタンクを振り絞って唯一言えるとしたら、
「だから何でうちとの対戦の前にアルフォンゾを落とすねん」、とかくらい(笑)
まあ代役の小田嶋(東海大山形卒)も特にはなーーんもせんかったけどなww



初回、関本の叩きつけた芸術的なエンドランだとか、
序盤のタイガースらしい(あまりよい意味ではないw)無駄のない攻撃だとか、
それまでの美しい記憶が、すべてセピア色に霞んで消えた4回。

「それはないわ」としか言いようが・・・。


あのケース。点差、イニング、状況。
「ピンチで8番を避けるかどうか?」っていう選択肢は、
その打順に「8番らしい打者」が配置されていた場合の話でしょ?
うちでいうところの「去年の野口さん」とか(失礼w)。

そのときライナービジョンに映し出されていた坂本の打率はほぼ首位打者の「.384」。
それはポッと出の打席数の少ないラッキーボーイの数字ではない。
昨年ジャイアンツが我慢しながらも1年を通して経験を積ませ、
それをしっかり糧として成長し、しかも現在は好調モードにある打者の数字だ。
「監督、見ててくださいね!今の僕、インコースも上手にさばけますからね」っていう。


何でもかんでも逃げ回れってわけではないんですけど、
あそこを「勝負」とした以上は結果がすべて。

「根拠あるんでしょ?」、と。
「120%の確率をもって抑えるんでしょ?」、と。
「だから勝負したんでしょ?」、と。

初球の狩野の構えを見て、勝負にいったことにも唖然としたけどれど、
ポンポンと2球で追い込んだときに見え隠れした色気に、実にイヤーな予感がした。

ここで打たれた結果は「坂本がうまかった」とはいう言い訳の余地ははさめない。
「失投?」「なにそれ?」それを言っていい場面じゃないわ。

その最たる責任はベンチ、さらには狩野と能見。これは動かざるところだと思う。


まあだからといって「ヤメテマエー」と声高らかにさえずっているわけでもなく、
結果は結果、過去は過去。いつまでそこを悔やんでも、生まれるものは何も無く、
それを今後に生かしていくしかないんだけどね。

ということで、狩野頑張れ、能見もうちょっとだ、真弓さんえ〜〜っと。




しかし残念でならんかったんは絶好の機会を逸してしまったこと。

昨日の試合、今後も1年を通して高き壁となって立ち塞がってくるであろう
山口の右頬を、越智の左頬を、シーズン序盤にぶっ叩いておく必要があった。
そしてその絶好の機会が訪れていた。

まだまだ始まったばかりの長いシーズンを見据えたとき、
「あの日それが出来ていれば」ってことになっていないことを祈る。
(山口はネ申カネモがドームで1回粉砕したけどさ)





・・・と言うことでワシ、今日はレフトスタンドでーす(おい)。
(悔しくて涙が出ちゃう、だって男の子だもんwww)




昨日はかなり珍しく試合開始1時間以上前に甲子園に着いてたにも関わらず、
楽しみにしていたWBCトロフィー展示の件をすっかり失念しており、
あわてて6号門に向かったときには試合開始30分前で並び20分の状況。
試合開始に遅れるわけもいかず、泣く泣く接見を諦めました。

今日は早くて試合開始直前到着、縁がなかったってことですかな。
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(0) | - |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!