Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< February 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2010.02.05 Friday

枕が草子
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
え〜と。あの〜。

枕の部分を書いていたつもりやったんですが、
・・・・・・・くそ長なったww

よって本日、時間の都合上ヤキウの部分がマジでございませんwww



「放課後」。

東野圭吾のルーツをやっと読了した。
江戸川乱歩賞を受賞したこの作品が東野圭吾のメジャー出発点となる。

いわゆる綾辻行人で言うところの「十角館の殺人」。
村上春樹で言うところの「風の歌を聴け」。
X(その後JAPAN付加)で言うところの「BLUE BLOOD」。
COMPLEXで言うところの「BE MY BABY」。
岩井由紀子(ゆうゆ)で言うところの「天使のボディガード」。
ジャン・アレジで言うところの「1990年開幕戦、衝撃のアメリカGP」である。

注1・・・当時ワシが愛していたのはゆうゆなどではなく渡辺美奈代である。
注2・・・アレジの本当のデビュー戦は前年の地元フランスGP。
注3・・・ジャン・アレジはジャ・ナレジと呼ぶのが正しいと思っている。
     前者はあかほしをあかぼし、ふじはらをふじわらと呼ぶようなものである。


で、その後の東野圭吾の変革の一因がなんとなくわかった気がした。
(「本格」からの脱却というか自由度を拡げたというか)
縛りの多い「本格」の中では自分を出し切れないとでも思ったんじゃなかろうか?
(書き続けている作家は逆にその枠を意識すること自体を楽しんでいる?)

ワシの理解の中では推理小説(ミステリ)は当然「結論ありき」から始まり、
(作家の頭の中の話。別にミステリに限った話ではないが)
それを元に「如何にそこに簡単に辿り着かせないか」を思案し、
その逆埋め込んだヒントを読者にチラ見せしつつプロットを構成する。
この「チラ」の見せ方と数量のセンスがその作家の悪魔的な才能であるかと。

まだまだワシが読了した東野圭吾作品は数少ないが、
中期作品辺りから手を付け始めたワシにとって「放課後」の謎解き編は、
「え、こないハヨから核心部分に入っていくの?」と、多少の違和感があった。
(他作品の多くは遅すぎるくらい遅く感じてたのに)
そして、クドイww クドすぎたwww ←おもんなかったと言ってるわけではない
そこまで強引にヒモ付けしまくらんでもええんちゃうの、とwww

東野圭吾は(当時)、頭が良すぎて完璧主義すぎたんではないか?
それが「本格書き」としてのセンスの部分を喰ってしまっったんではないか?
(まあいうても本作は江戸川乱歩賞を受賞してるわけだが)

もちろんこれは東野圭吾の何を批判しているわけでもなく、
単に「本格」の枠においてだけの、ワシの当時に対する勝手な妄想の話でしかなく、
逆にそこにこだわらず、スタイルを変化させていったことにより、
スマッシュヒットを連発し得るステキな作家となったんだろな、と。
(まあさらに読み進めていくうちにまたコロッと印象も変わっていくんかもな)


で、この「放課後」を読了して改めて、
綾辻行人が出発点「十角館の殺人」でみせた悪魔センスに慄いた。
あれを学生時代に書いたって、あんた、どんだけww

たった一言、たった数文字でドーンッ!!と急転直下させられる綾辻スタイル。
このセンスは考えてできるもんではないわな。紙一重ってヤツだww


うん、たまに不慣れなレビュー的なことなんざを書こうとすると、
説明にまとまりがまったく付けられへんなww

ここまで読了した中でワシなりに評価を付加するとしたら、
■赤松賞 「容疑者Xの献身」
■まさしちゃん賞 「天空の蜂」
■小林賢司賞 「さまよう刃」
■長谷川勇也賞 「手紙」
■山本斉賞 「時生」
■マートン賞 「秘密」「放課後」
■箸休め賞 「探偵ガリレオ」「浪花少年探偵団」
■ふくはら賞 「どちらが彼女を殺した」

こんな感じですかの。
どの賞がより栄えあるものかについては、解説を控えますww

ただもちろん、これからも東野圭吾を読み進めていく予定において、
これらの作品はすべて読むべきものだった、と思っております。

今後の予定。
「白夜行」⇒「幻夜」⇒「仮面山荘殺人事件」
⇒「黒祠の島」(綾辻の嫁というだけで興味を持った小野不由美w)




第1クール最終日。とうとう城島がお杉の球を受けたらしいですなww
なにやらまさしちゃんが「痛いよう」と言い出したとの怪情報が。
だから怪我と友達のまさしちゃんを極寒の安芸に送るなと言っておったんだ。
・・・・・・・くそが。

ご家族ご友人、皆さまお誘い合わせのうえクリックください。
・・・とは言い切れない、野球ブログとしてww
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | どくしょ的な | comments(8) | - |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!