Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< イカスローテ天国 | main | 衝撃発言は突然に・・・ >>

2009.03.02 Monday

美しいということ
ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
デイリー紙面に掲載されている「岡田の法則」がおもしろい。

へ〜、(大概はわかっとったけどww)このおっさんこんなん考えとったんや〜、とか、
キャッキャ言うてるだけか思とったけどけっこうよ〜見てはんねんな〜、とか。
今日の「前進守備の是非」と「投手の順番」についての話も興味深かった。

つーかあんた、今でも監督に未練アリアリなんちゃいまんのwww



しかし昨日は何と言うか、オープン戦にしてもWBCにしても、
「これは新しい試みの試験的なもんだったんですか?」とでも言いますか・・・。
2009年、今までになかった斬新なプロ野球中継への取り組み的な。

もうわろとけわろとけ、としか言いようが・・・。
「お前ら、やる気がないんやったら帰れっ!」wwwww


まあその頭とお尻をちょん切られた胴体放送の中で見れた部分に触れておくと、
6回無死2塁の場面でカメラが捕らえてたシーン。
点差は3点リードながら、何とか追加点の欲しい場面。
打席にはこのシチュエーションに対してはチームでもっともデキル男、関本。

この場面でベンチを追ったカメラに偶然にもこの3人がおなじフレームに入った。
思惑が「2番」「ニ遊間」でほぼ共通する平野、大和、上本。

この場面、関本が何を意識し何をするのかを自分に置き換え集中して見守る平野と大和。
一方キョロキョロと落ち着きなくベンチ内に視線をフワフワさせている上本。
プロの厳しさを体で知っているものと、まだそうではないもの。
この辺は意識レベルがまだまだプロではないかな、と。

もっとギラギラとしてガッツいていこうぜ、上本。

単にワシにはそう見えたって話www



んでWBC(強化試合)の話。
というか神が舞い降りていたすんすけの話www

一球投じるたびにワシが「すんすけカックイー!シビレルー!ダイテー!」って
絶叫してたとか、奥様にもすんすけに声援を送れと強要してたとか、
「アンパンマン見る!」と懇願するkokoroを無視してたとか、
そういうことはまあいいとして、これまたメディア(ちゅうかテレ朝)に対する話。

スローVTR中、すんすけのリリースポイントにことごとくテロップを被してくるテレ朝。
貴様らは「美しい」というものが何なのか何もわかっちゃおらんな。

この世でもっとも「美しい部分」を意識すらせんテレビ人は、馬に蹴られて・・・。





ちょん切れ放送は置いといて昨日はもう、
このすんすけの「美」に対する冒涜に激しく憤りをww

あ、ご家族の皆さま。いろいろご迷惑をお掛け致しましたwww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 野球 非阪神 | comments(0) | - |















 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!