Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 鍛えたこのセンス あふれる才能 | main | 新ツール発見 >>

2010.01.28 Thursday

ハンドぬき(投手編)
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
今朝kokoroを幼稚園に送り届けてから、
遅ればせながら先日16日に放送された「神戸新聞の7日間」を観た。
断続的に、というか観てる間ずっと目から汗が止まらなかった。

「DVDに焼く」という近未来行為の最初の1枚を、ワシはこの作品にしようと決めた。
毎年「1・17」が訪れたら、そのDVDを見直し続けていこうと思っている。

そしてワシも今、「kokoroの記録」のほぼ全てを失おうとしている。
(全ての写真の収められたハードディスク全壊=自己責任)
このエントリーは、動きが昭和な先代ノートパソコンにてしたためられたものである。




Tigers-net.comには「マイスタジアム」というものがあり、
マイスタジアムの中には「選手プロフィール(選手名鑑)」というものがある。
(この説明、「修羅の門」的な言い回しだなww)

※意味不明部分の意味不明な注釈
四門。陸奥圓明流奥義の上に存在するものの総称。四門は死門。
どの門が開いても死への道しかない。
朱雀・青龍・百虎・玄武は「四神」とよばれ、
「四神」は「四門」の上に成り立ち、それぞれの門を開ける。
陸奥圓明流千年の歴史において、
九十九以外に「四門を開いた」継承者はいないという。


戻る

その選手プロフィールには「一言コメント」というものがあり、
開幕前にワシが当年の活躍への期待を込めて、全選手に一言を添えている。

現在、シーズン前の全面リニューアル期を目の前に控え、
昨年のそれを蔵出ししておこうと思います。

つーか1年ちょい前にもワシ、ほぼおんなし説明をしてるぞなもしww



□■□ 選手プロフィール2009(投手) □■□

12 渡辺 亮
いまや虎に欠かせぬ勝利の方程式へと成長を遂げた。JFK解体元年、チームの浮上の鍵は渡辺が握っていると言っても過言ではない。

13 金村 曉
今シーズンに進退をかける0勝右腕(笑)中村泰の奇跡の帰還によりタダ取りとなったファイターズの元エース。頑張ってくれたら、昨シーズンのことは「絶対に許す」(笑)

14 能見篤史
アシュラマン2号(笑)千手観音式投法で今シーズンこそローテ入りを狙う。今年グイグイ来そうな岡崎と共に、'04ドラフト(出世頭が赤松w)を成功だったと言わせてくれ!

15 藤田太陽
毎年藤田と筒井の独壇場となる秋季キャンプ(笑)も昨年は目立てず。「今年こそ!」と期待され続けてはや9年目、太陽はひっそりと三十路を迎えます。

16 安藤優也
タイガース投手陣の中にあって、もはや不動の地位を築きつつある安藤。「猛虎のエースは誰なのか?」、これを今シーズンはっきりと教えてやれ。

17 杉山直久
入団から背負い続けたエースナンバーを剥奪され、背水の陣で臨む今シーズン。松坂世代の同級生久保の入団で、その立場はさらに厳しくなってると思うぞ(笑)

19 蕭 一傑
栄えある'08ドラ1右腕。WBC台湾代表(内定も不慮の事故で辞退)の実力を、ルーキーイヤーから見せつける。誰だ、蕭くんをハズレのハズレと呼ぶやつは(笑)

20 筒井和也
危機感一杯なはずの背番号剥奪カルテットの一角。小嶋と2人、今シーズンこそ和也と達也がセントラルを席巻する(とかしないとか)。ミナミも応援してるからね♪

21 岩田 稔
昨シーズンは1年を通してローテを守り抜き、見事二桁勝利をあげた。しかも侍JAPAN選抜のサプライズも。もう桟原(大阪桐蔭時代の先輩)にデカイ顔はさせないぞ!

22 藤川球児
いまや押しも押されぬ日本の守護神へと成長。キャンプにて真弓監督に先発直訴も一蹴され、今シーズンも不動の守護神が確定。「メジャーに行きたい」とか言わないの〜♪

26 江草仁貴
昨シーズンは自己最多となる55試合に登板した虎の誇る劇場型セットアッパー。調子がよいときの奪三振マシーンっぷりは圧巻の一言。もうちょっと年俸あげたって(笑)

27 スコット・アッチソン
先発失格の烙印も苦し紛れにリリーフにまわしてみたら大成功!昨シーズン終盤の粘りはもう、涙とアッチソンなしでは語れない。今年は久保田のポジションを任される。

28 福原 忍
三度の飯よりブラックバス。自らの不注意による故障から完全復活を目指す今シーズン、二桁勝てなかったらオフのバス釣りは禁止だからな(笑)

29 小嶋達也
開幕から先発ローテに抜擢されたルーキーイヤー、4月にいきなり2勝をあげるもその後失速。昨年は一軍のマウンドすら踏めず。たっちゃん頑張って!ミナミ信じてる♪

30 久保田智之
念願だった先発にお許しが出た2009年ではあったが、ロボットくぼたんもとうとう故障が発生、現在メーカーさんにて修理中(涙)そうだよな、4年間誰よりも投げまくってくれたもんな・・・。

34 久保康友
開幕直前、電撃発表となったハシケンとの不平等トレードでタテジマ入り。怪我とかそういうのないですよね?あ、よく首脳陣を批判するとかですか(笑)?

40 桟原将司
一学年下の高校の後輩岩田に何もかもで抜かれてしまった昨シーズン。先輩のプライドを見せてやれ!個人的に今年もっとも期待する投手(何故ここで個人的な話を!?)。

41 上園啓史
虎投13年ぶりとなった新人王右腕も昨シーズンは出遅れ。しかし不思議と負けないチーム一の「勝ち運」を持つ。今シーズンはそれを年間通して見せてくれ。

42 下柳 剛
オフに右ひざにメスを入れるも、それは開幕には間に合うと判断してのこと。このおじさんのことは心配しても始まらない。今年も普通に二桁、よろしくです。

43 西村 憲
ドラ2柴田とは福工大城東高の同級生。甲子園を目指して切磋琢磨した2人が、4年の歳月を経てまた同じユニフォームをまとい、今度は日本一を目指す。なんとなく上質のサクセスストーリーっぽい(笑)

46 鶴 直人
一軍防御率無限大という金字塔を打ち立てたイカしたナイスガイ。その素材は誰もが認める鶴ではあるが、如何せん元気な時期が長続きしない。故障と友達になるな。

47 白仁田寛和
阪神電車の中吊り広告デビューも果たしたイケメン右腕。キャンプからアピールを続ける白仁田にかけられる今期の期待はハンパナイ。しっかりローテをつかみ取れ!

48 石川俊介
2年目の今期、キャンプから首脳陣の評価はうなぎ昇り!抜群のコントロールと、お父さんのような落ち着きを武器に、今期は先発ローテをつかみとる。

49 若竹竜士
昨年はウエスタンにてノーヒットノーランの大記録を樹立するも、一軍へのご褒美昇格はなし。未完の大器も今年で4年目、超スローカーブで一軍をつかめ!

54 ジェフ・ウィリアムス
昨シーズンに見せた不安定なジェフはもう忘れた。千手観音式投法を身に付け、更なる進化を遂げたアラフォージェフは、今年もマウンドで仁王立ち。

56 阿部健太
久保コーチの秘蔵っ子。昨シーズンの中継ぎでの安定した成績を買われ、今シーズンは念願だった先発ローテ争いに抜擢。キミはきっとデキる子だ。

59 黒田祐輔
飛躍の2年目、白仁田と「オセロコンビ」で一軍キャンプに大抜擢されるも、実戦形式で深刻なノーコン病を発病。まぁ十六茶でも飲んでちょっと落ち着け(笑)

61 金村大裕
17→61。「なんちゃって剥奪」だった杉山、筒井とは異なり、金村大だけは与えられた背番号に現状の危機感がリアルに現れている。頑張れ、としか言いようがない。

62 玉置 隆
無失点の快投を続けたオープン戦。あと一歩、あと一歩で開幕ローテに手が届いていたのに・・・。しかしやってしまったものは仕方がない、まずは焦らず完治を目指せ。

64 鄭 凱文
台湾が誇る現役大学生右腕は1年目から一軍を目指す。○○か○○辺りから持ちかけられるであろう「現役女子大生コンパやってくれや」の強要は、全力で断れ(笑)

65 清原大貴
なぜか三十路でも若手と呼ばれるタイガースにおいて、正真正銘の最年少投手。投手経験の少なさが逆に大化けの可能性を期待させる。少年よ、大志を抱け!

68 横山龍之介
故障も癒え、ウエスタンでは徐々に頭角を現し始めた北陸の怪腕。まずはウエスタンでのローテ獲得から。コシヒカリは新潟県の誇りです。

69 クリス・リーソップ
キャンプから開幕ローテ争いに参戦するも玉砕気味(笑)バルディリス、メンチ、鄭と残り2席の外人枠を争う。目指せ、160キロ!今年で27歳と、実はけっこう若い。

121 辻本賢人
屈辱の育成枠降格、落日を迎えたワンダーボーイ。今年結果を出せなければその先に待っているものは・・・。大丈夫、日はまたきっと昇るさ。

124 吉岡興志
久保田直系のメタボ右腕、その体重は大台をゆうに越える(笑)しかし新人合同自主トレでは、快足でならす柴田、上本を抑え2位フィニッシュ。動けるメタボは登録を目指す。

126 中村泰広
一部の虎キチの間では異常なまでの人気を誇ったヤスがタイガースに帰ってきた!契約は育成ではあるが、その置かれた立場は1年勝負必至。よみがえれ、ヤス!

127 木興拓哉
トライアウト入団の雑草左腕。トレードで移籍の久保とは、'04ドラフトの同期入団。これも何かの縁か?投手でありながら、実はスイッチヒッター。





明日は野手編です。

ご家族ご友人、皆さまお誘い合わせのうえクリックください(笑)
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(0) | - |















 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!