Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ☆あ☆い☆し☆て☆る☆ | main | ☆デビュー☆ >>

2007.09.28 Friday

3戦全敗
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
久し振りの甲子園、いつもと変わらない風景。
少し違うのは、鳥谷ユニをまとった女性が気持ち減ったくらいか(笑)?
3人の男たちは、慣れた足取りで21号門をくぐった…。


久し振りの最下位再会となった3人は固い握手を交わした。
ああ、想えばこの3人が雁首を揃えるのは、
狩野のプロ入り初本塁打をモニター越しに眺めていたあの日以来か?
野球のネ申様の怒りを買い、試合を流されたこともあった。
1号から「残業で行けない…」とメールが入った瞬間に、
今岡さん桧山さんに連発花火が飛び出したなんてミラクル勝利もあったな。
今となってはそれも良い思い出だ。


しかし、再びここに集まれた歓びもそこそこに1号は自分の仕事を始める。
1号が必死で覗くファインダーの向こうには、あの日の今岡さんがいる。
(良かったな、1号。思う存分撮りまくれよ)
僕は心の中で、今日という日に間に合わせてくれた今岡さんにそっと手を合わせた。


そして僕は、ふと視線をセンターに向けた。
そこに赤松はいない…。
球場に到着する前からもちろんその事実は確認できていたが、
やはり現実に目の当たりにすると耐え難いものがある。
野球のネ申様は、なぜにこんな試練を僕に与えるのだろうか?
この試練を乗り越えた先には何があるというのか…。


そんな沈みきった僕を気遣ってくれたのか、2号がさり気ない声をかけてくれた。
「ライトの売り子さんは、ちょっとあれやな」
自分自身もV逸の身悶えするような悲しみの中で眠れない日々を過ごしているだろうに、
その状況の中でも他人を思いやれる2号の大きな背中が嬉しかった。
そして2人は、あの日の日下ちゃんに想いを馳せた。
そうだ、忘れちゃいけない娘がもう1人いたな。
 
2人の間に、それ以上の言葉はいらなかった…。



試合は、そこまで2打席連続バントミスを犯していた荒木に対し、
さらなるバントの指示を出せなかった中日ベンチの消極的な強攻がすべてだった。
あそこで今期1号本塁打が飛び出すとは…。
……断言しよう。
それまでのバントミスが無ければ、あのホームランは100%無かった。
こんなことなら、荒木に2打席も続けてバント失敗させるんじゃなかったわ(笑)
正直、野球ってやっぱりおもしろいなあと思った。 悔しいけどね。


今岡さんのミラクルプレー、
「真っ正面のゴロをビビったように下がって取っての足グネ」も見れたし、
赤松も途中出場ながら見ることが出来た。
(赤松様ご降臨に、我を忘れたおっさんの様子への入り口は「こちら」です)





おっと、お昼寝中のkokoroがそろそろ起きそうだ。
今日の試合は大事な『kokoroの甲子園デビュー戦』となる。
奥様に多少ないし野球に興味を持ってもらうためにも、負けられない試合だ。

鳥谷の青タンないし引っかき傷の有無にも注目が集まるところだ(笑)


よしっ、今日は勝とうぜタイガース!!
“3戦全敗”のレツゴーは、もう天に召されたからさ!

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(0) | trackbacks(0) |












http://drken.tblog.jp/trackback/160119




 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!