Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< August 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2006.08.30 Wednesday

久保田また離脱……
ブログランキング
せっかく揃った「JFK」が……

久保田離脱

詳しい事はわかりませんが、大事に至らない事を願います。


またしても危機。
よく考えたら今日は江夏の『野球は一人で出来る記念日』
時代は変わった。
チーム一丸「全員野球」で今日も頑張れ!
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(2) | trackbacks(0) |


2006.08.30 Wednesday

歯車とクレ55?
ブログランキング
作業員「主任、今日は機械がギーギー言わないっすね?」
主任「おぅ、一昨日全部の歯車に油さしまくったからな!」
作業員「それやったら、はよやっといたら良かったっすね、あんだけうるさかったんやし。」
主任「ギーギー言うんになれとったからなぁ、元々ええ機械やのになぁ。」
作業員「しかしよぉ効いてますねぇ。油ってクレ55ですか、これ?」
主任「ちゃうちゃう、何か水っぽい奴や。『涙』みたいな。」
作業員「ふ〜ん。主任、でも一個だけギーギー言うてんのありますよ?」
主任「それは、まぁあれや……。」


以下野球ど素人の考えです。

長いシーズンで戦うペナントレースにおいて、これをやってたら最終的には勝てるやろうって事。 「無死で2塁にランナー」「1死以下で3塁にランナー」 この状況で確実に1点を取っておく。 よく言われる「ノーヒットで1点を取る」に近いものだ。 クリーンナップにまでこれを求めるのはどうかとおっしゃる方も多いとは思うが、僕はこういうベースボール的じゃない「日本の野球」が好きなんです(笑)

2003年、阪神は「簡単に1点が取れるチーム」に劇的に変貌を遂げた。 原因は単純、金本だ。 金本が阪神に残してくれた偉大な功績(何か引退したみたいな言い方ですがw)は語り尽くせない程あるが、僕はこの「繋ぐ野球」を教えてくれた事がでかかったと思ってる。 金本ほどの選手がやってみせた事によってチームは変わった。 この繋ぐ意識を持ってからの阪神は本当に強くなった。 中には今岡のようなとんでもない男もいるが(笑)

われながら前置きが長過ぎる(笑)
「結局、何が言いたいんや?あんたは」というと、「今年出来て無さ過ぎやったんちゃう?」と「昨日の濱ちゃんの3回のショートゴロはほんまに良かった」だ。

4回の6連打もスカッとしたが、僕は3回1死満塁からの「濱ちゃんのボテボテ」が最高に輝いてみえた。 「くぅ〜気持ちいいぃ、濱ちゃんやりよったぁ! こーいうのが効くんやぁ!」   もう完全な変人だ(笑)


最後だけ真面目に。
やるべき事をやる。 出来る事をやる。 結果、スコアじゃない。
たった1試合だが、選手が見せてくれた、やってくれた。
僕の見方にも変化があったからかもしれない。
今までも選手はやっていたのかもしれない。
まぁ、あれだ。 やっと歯車が噛み合いだしたのかもしれない。
今日はどうなる!? 俺はまだまだお腹が空いてるぞっ! 

    またほとんど試合にふれてない……
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(4) | trackbacks(0) |


2006.08.29 Tuesday

企み
ブログランキング
さぁ、今日から中日戦! 中日戦が楽しみなのは何か久しぶり(単純)
球児に色んな事を気付かせてもらった「チームメイト」「甲子園の観衆」
今日は何を見せてくれる!


よくある事なんですけどね。
今日は「子供を虎キチにしたい」っていう企み(野望)の話。

実は今年の春に娘を授かりまして、これがまぁラブ無茶苦茶かわいいラブんですが(親バカ上等!バカ親で結構!)、同時に昔から漠然と心にあった企みを実行に移す時が来たんですね。 機は熟した!?

でもね、環境は結構厳しくって、
・奥様が野球に興味無しバッド(子供に阪神にちなんだ名前をつけようとした時にも大反対、まぁ女の子だったんでヤメましたけど)
・近くに住んでおられる奥様のご両親も野球に興味無し汗
・興味無いどころか、阪神ファンはちょっとマル秘マル秘な人だと思ってる節がある。

今はとりあえず、奥様の目を盗んで、「ほーら鳥谷やでー男前やろーとか言いながら抱っこしてナイターを見さしたり」とか、「六甲颪やHMを耳元で歌ったり」とかやってるんですけど、ここからの1年が勝負の1年になると思ってます! 「三つ子の魂百まで」です! トラッキーから入らせる方がいいんやろかとか、来年は甲子園に無理やり連れて行ったろうとか考えてはいるんですが、

諸先輩方!どうかいい方法を教えてくださいっ!

成功事例なんかのコメントを待ってますっ!
当方必死ですっ! 本気と書いてマブですっ!
(注…物心が着いてきたら、一応本人の意思を尊重しようとは思ってます)

どーかこの子↓↓↓に「きゅうじくんちゅきぃ」って言わせてあげてください!


選手絵本とか出ーへんかなぁ。
「きゅうじせんしゅはくるひもくるひもはしりつづけました‥‥」とかw
Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(9) | trackbacks(0) |


2006.08.28 Monday

魔法使い 球児
ブログランキング

甲子園に「魔法使い」が帰ってきた

「魔法使い」は笑っていた

「魔法使い」は「ギュルーンというボール」と「キラキラした涙」で

全てを変える魔法をかけた

チームメイトもファンもマスコミも球場の雰囲気もぜーんぶ変わった

綺麗な心を持った「魔法使い」は笑った

今度はほんとうに笑った

みんなが変わってくれた事がわかったからだ

「魔法使い」は思った

ずーっとここにいれたらいいな
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(2) | trackbacks(0) |


2006.08.27 Sunday

重い涙
ブログランキング
CM明けの8回、甲子園には「EVERY LITTLE THING EVERY PRECIOUS THING」
          球児だ‥‥

マウンドに上がった球児は笑っていた。
甲子園に、いや阪神に「球児の笑顔」が帰ってきた。
その笑顔を見て反対に僕は涙が止まらなくなった。
ずーっと、ずーっと心配してた。   球児お帰り!


球児は以前と変わらぬ直球を投げていた。
そして当たり前の事の様に、試合は動き出した。

シーツのヒットで一死二三塁で金本。 球児の余韻からまだ覚めてない僕は、こういう試合はやっぱり金本が決めるんやなぁと、うわの空で見ていた(普通は敬遠ってわかるやろw)。 敬遠後、濱中がつないで勝ち越し。 まぁ、こんな試合のここで打たんかったら、3年は口聞いたらんけどね(オマエハダレヤw)

球児は2イニングを投げ、5つの三振を重ねた。 今日の2イニングは、これからも戦い続ける阪神に、必要な2イニングだったと思う。

試合終了後のヒーローインタビューで、球児は泣いていた。
投げられない悔しさ、負け続けるチーム、僕達ファンを含めた外部の雑音。
本当に悔しかったんだと思う。
声を出す事すら出来なかった球児が最後に言った。

「ファンの為にやっている。わかって欲しい。」

人生でこれ程胸に突き刺さった言葉はいつ以来だろう。
ここから阪神が快進撃を起こすとかいう都合の良い事は考えてはいない。
どんな結果になっても、最後まで阪神を、球児を信じようと思った。

一番凄くて、一番頑張っている球児の涙。
この涙の意味はチームにも重い。
この涙を安くするチームなら、僕はファンを辞める。
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(7) | trackbacks(0) |


2006.08.27 Sunday

酒を飲む
ブログランキング
朝、電車の中で2才位のちっさい女の子が「オッケーベイベー」ってずっーと言ってた。
ハンバーガーバイリンガルだよ! テニス帰国子女だよ! 女早見優だよ! 鳥レッツイングリッシュ!!! 
今日は試合については書かない事とします  豚


僕は毎晩お酒を飲む。 
阪神が勝っても負けても飲む。
大体は「ビール一杯」→「芋焼酎∞」となる。
先発→JFKみたいなもんだ。頑固一徹「岡田采配」みたいだ。
春でも夏でも安芸秋でも冬でも変わらない。

焼酎は、仕事の帰りに駅前のでっかいスーパーで買って帰るのだが、このスーパーがあなどれない。 広大な「お酒売場」を有しており、常時30〜40銘柄の芋焼酎を販売している。 さらにその銘柄も頻繁に入れ替えされており、酒屋顔負けの「焼酎パラダイス」となっている。 

ここで焼酎を選ぶ「最大のポイント」
「2000円以上は自分で払ってね」   奥様に与えられているハウスルールだ悲しい
この時点で2000円以上は選択肢から外す。
「晴耕雨讀」「吉兆宝山」なんかは買う事が出来ない‥‥
もっぱら「黒霧島」「黒伊佐錦」辺りで無難にまとめる事が多かったが、「邑」というかなりのお気に入りを見つけてからは「ピッチャー鹿取状態」でこればっかり。 値段も1980円でギリギリセーフというナイスガイだグッド

そんなある日出会ってしまったのが↓↓↓これ。
            
もうね、買わなしゃーないでしょ、実際問題。 「芋虎」だって見る 
名前付けた奴出て来ーい(笑)! 

値段も1720円と家計にも優しい。 さすがにおいしくなかったらちょっと考えようと思ってたが、味もなかなかイケちゃってるOK 昨日で3本目を継続購買だ。

かくして、今日も僕は「虎」を飲む。
    んっ? 飲んでいいのか? なんか違うような???
Writer : Dr.KEN | 家に転がっているモノ | comments(4) | trackbacks(0) |


2006.08.26 Saturday

球児は置き物じゃない!
ブログランキング
気持ちを削ぎ取られる様な逆転されての4連敗。
先日の「あの代打」には、今季の事を考えるのはもう止めようかなと思ってしまった…


始めに言っておくと、「岡田采配」に関する批判でも何でもないです。 采配に関してあーだこーだ言ってても、プロセスによっぽどおかしい部分がなければ「良い作戦」も「悪い作戦」も結果論なんですし、今の「岡田采配」は裏を引いてしまってるんだと思ってます。 まぁ「あーだこーだ言う事」が、僕のプロ野球の最大の楽しみなんですけどね(笑) 阪神ファンなんで特に(笑)

「JFK」についての「僕のあーだこーだ」

例のヤクルト戦での3イニング。 この日から「球児の起用法」に関して、変な空気になってきた。 久保田不在の為、岡田監督としては負けない為(勝つ為ではない)に最善の手を打った筈だったが、その大きすぎる代償として、球児の肩に違和感が発生した。 球児が「伝説になる投手」だった為、現在では球児に投げさせるには、投げさせるだけの理由がある場面を造らなければいけなくなってしまった。 今まで、相手チームに計り知れないプレッシャーを与え続けてきた「JFK」から、「F」だけが昇華してしまい、現在は「F」に投げて頂く為の試合を造らなければというプレッシャーを内部に与えている。

「JFK」とは、2005年、岡田監督が確立した最高のシステムの1つであった。 「F」という超一流の投手を軸に、「J」「K」という一流の投手で形成され、相手打者の左右関係無く1イニングづつ抑える。 6回までにリードしなければ「F」が出てくる、「F」が出てくれば試合は終了、そんな雰囲気。 仕事の場所は7回でも、まさに「F」は「最強のストッパー」だった。 そして、岡田監督は周囲に何を言われようが「F」→「K」に固執し、成功した。 僕もそんな岡田監督を支持していた。

2006年、いろんな事があったが「JFK」が再びチームに戻った。 プロの選手はみんな一般のレベルでは超一流の集団だ。 勝負は紙一重だと思う。 気持ち一つで勝敗はひっくり返ると思う。 その気持ちを7回でへし折るか、8回まで希望を持たせるか、僕は前者を望む。 例の3イニング以降岡田監督は、「F」を壊せば末代まで祟られるみたいな気持ちもありそうだが、球児の気持ちはもっと投げたいのではないだろうか。 球児は伝説になる投手であるが、今現在は「ファンに感動をくれる現役最高の投手」なんだし。


    空想ばっかりで何を書いているかわからなくなってきたんで、今日はこの辺で。

追記;昨日の試合でもわかるように、球児が7回をちゃちゃっと終わらす事が、特に甲子園では非常    に重要だと思う。 みんなずーっと風船持ってんだよっ!
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(4) | trackbacks(0) |


2006.08.24 Thursday

ラジオの中のタイガース
ブログランキング
僕が初めて「阪神ファン」と出会ったのは18才の時でした。

この「偏愛ぶろぐ」を見て頂いている方はご存知だと思うのですが、僕は「山形出身」である。 小学生の時に「平田勝男のバント」にラブを射抜かれ、山形県民初の「虎キチ」となった(誇大表現w)。 周りに野球好きは多かったんですが、巨人以外は放送が無いという土地柄もあり、阪神ファンに会う事はありませんでした。 地元のスポーツ紙(1社しか記憶にありませんが)でも、試合結果以外で阪神に触れる記事はほとんどありません。 当然ネットもありません。 実家で取っていた朝日新聞に阪神の記事が載った日は、切り抜いて何度も眺めていた記憶があります。 毎月予約購読していた「月間タイガース」だけが僕の情報源でした。

こんな僕に「試合が見てぇ!聞きてぇ!」という欲求が湧き上がる事は当然の事で、中学生のある日、僕の挑戦は始まったのです。 「大阪のラジオ放送」を拾えないか? ちなみに距離は800キロくらいだと思います。 何でこんな無理っぽい事を考えたかというと、どこで聞いたかは忘れましたが、知らないおっちゃんの会話で「夜は空が澄んどるから、いろんな電波が届くんや」と言っていた事を思い出したからです(会話は大阪弁に変換しております)。 僕は日が落ちると、家にあった2つのラジオを持って、家中で調査を開始したのです。 しかし、たまに野球の音が拾えても巨人ばかり。 「おっ! 巨人か…」「おっ! 巨人か…」 確かこんな事を数日繰り返していた時の事です。 雑音だらけのラジオから「大阪弁の人の声」がっ! 「ザー…なんでやねん……なんでやねん…ザー…(当時のイメージですw)」  「もしやっ!」

これが、20年来のお付き合いとなっている、「1179」並びに、心の師「ミスター虎 唐渡吉則」との記念すべき出会いでした祝 偶然にも受信出来たのは、僕の部屋だったという嬉しいサプライズもあり、ここから僕の「リアルタイムの虎」との生活が始まりました。 始めのうちは日によって電波状況にムラがあり「今日は聞けるのか!?」と毎日が不安でした。 その後、徐々に安心して野球が聞ける事がわかると、その場所(僕の部屋の西手で、受信可能な方のラジオを設置し、アンテナを微妙な角度に立てる事により夕方からのみ、1179が拾える場所)は僕の「聖地」となりました。 

来る日も来る日も僕は「1179」を聞き続けました。 映像が無い分想像力は掻き立てられ、阪神のチャンス、ピンチの時の緊張感は言葉では表せない程でした。 確か、ピンチの時にはいつも部屋の電気を消して「中西ふんばれ〜」とか祈ってましたね。 なんかピンチのイメージばっかりがありますけど(笑)

今思えばこの「映像が無い」という環境が僕の「虎キチ人生」を形成した大きな要素となったと思います。 そして、この頃から僕の「大阪進出計画」はスタートしていくのですが、この話は後日また機会がありましたら。


最後に。 
そのラジオは20年以上経った今でも「聖地」に置いてあります。 ここは僕が阪神と苦楽を共にしたスタート地点であり、ラジオのスイッチを入れると、少ししゃがれた「唐さん」の声が今でもきっと聞こえる筈です。
Writer : Dr.KEN | 昔話 | comments(8) | trackbacks(0) |


2006.08.23 Wednesday

掛布雅之について (宣伝あり)
ブログランキング
絶対にそうなる訳ではないが、野球には「取れる試合」があると思う。
予感みたいなものだが、「三浦、黒田、上原、憲伸?」「今日はダメだー」みたいな。
例えば、昨日の「井川 対 佐々岡」。 
今の我がチームに取れる試合を落とす余裕は無い……。


「ミスタータイガース」。
僕が勝手に思ってる選手と、球団公認?の選手は違うんですが、今日は「球団公認」の方(笑) 最後のMT(略してみました)、「掛布雅之」について。 

現在まで、阪神には4人(3人?)のMTが存在するらしい。 しかし、阪神ビギナーの僕がそのプレーを記憶しているのは、掛布雅之だけだ。 変な構えで、変なスイングで、右に打つスラッガー、その人である。 その後も、和田、八木、藪、新庄、(萩原)、濱中と星の数ほど候補があがるが、後継者はいない。 それだけ掛布が偉大だったんですね。

ここで「カミングアウト」をひとつ。

実は、野球をしている「動く掛布」を僕はほとんど知らない。 僕の「虎キチ創生期」の4番だったMTの記憶は、諸先輩方の「逸話」から形成されている。 理由はというと、何度か触れているように、18才まで「阪神映像不毛の地」山形県でひっそり阪神愛を育んでいたからだ(笑) 巨人戦、年に数回のNHK中継以外、「動く阪神」を見れない環境で、苦悩の末発見した「ダイヤル1179を受信出来るラジオとその場所」が、僕の阪神の全てだったし(笑) ちなみにそのラジオは、主が大阪へと旅立ち13年以上経った今でもその「聖地」に置いてある。 現在僕の部屋を寝室として使っている母親には、動かしたら一生話せんっ!と言い含めてある(笑)

実は今日はここからが本題、宣伝です(笑)
野球ここ野球で「掛布モノ」の凄いのが売っている!
値段も凄いが、結構売れているらしい(球児のだったら僕も買うかも)のがまた凄い!
それだけみんなの思い入れの多い選手なんですね。
経済状況に余裕のある虎キチさんは、検討してみては?
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(4) | trackbacks(0) |


2006.08.22 Tuesday

赤星憲広について
ブログランキング
さぁ、いよいよ「JFK」!  嵐の予感!

数年くらい前の夏、引っ越しを控えた僕は、ずーっと山積みになっていた写真の整理をしました。 僕は1大会に1回くらい高校野球も見に行っているので、地元山形の試合や(最近は母校)、注目のカードの写真が色々出てきました。 「松坂 v.s. 杉内」やら、「東北高校、4番ピッチャー嶋」やら、「PL福留」やら、わらわらわらわらと(笑)

懐かしがって見ていると、1枚の写真にふと手が止まりました。スコアボードに「大府」の文字。 赤星の母校だ、そういや相手の横浜を見に行ってたんかなぁ?

『えっ、赤星!?』
しばらく思考回路が停止してました。 まさか。

全然知らなかった。 
その後、阪神を引っ張り続けている赤星と、こんな出会いがあったなんて(一方的ですが)!
赤星のエピソードに、高校時代甲子園で、内野手として2年続けてエラーをしてしまった話があるのは有名な話なので知ってはいたんですが、僕もその現場に参加していたとは。 いやぁ、人生色々です。 長い間「虎キチ」を続けていると、こんなサプライズも起こるんですね。 

単純な僕は、この日から「赤星」に対してミョーな親近感を持ってしまい(迷惑?)、もともと野球に対する姿勢も素晴らしい選手な事もあり、どんどんその魅力に惹きこまれる事になっていきます。

今では、「好きなバッターは、野球赤星です」とちゃんと言える様になりました。
       (※ バッターとなっておりますのは、球児がおりますものでw)

↑の写真のネガを見つけたんで、そのうち焼き増ししたら、何枚かプレゼント予定です。
あんまり写りの良い写真ではありませんが、「'94 3 27」と日付は入ってます。
    欲しい方はいるかな?
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(4) | trackbacks(0) |


2006.08.21 Monday

「イメージ」って怖い(笑)
ブログランキング
6点リードで大丈夫か〜? ほれみろ、2点返された。
まだ、4イニングもあるやんか、ひぃぃぃぃ。
おー、逃げ切れたぁ、ふ〜良かった。


『逃げ切れた』 じゃねえっ! 完勝やん。 一昨日から、どうも思考がおかしい。 「負のスパイラル」から抜け出せ、オレ(笑)

そこで、プラス思考で分析してみる見る
      そしたらね、

「猛虎打線」復活してない植物 8月、91点/17試合取ってるよ。 平均5,35点だよ。 この3連戦なんて、29点取ってるよ。 諦めない、諦めないって言い過ぎて、重〜くなって見えてなかったよ。 「負のイメージ」って凄いね(笑)

この打線の勢いで「球児」「久保田」「今岡」が続々帰ってきたら、ほんとに起きちゃうよ! 
「メイクほにゃらら」楽しい汗

まぁ、そんなうまい事いくとも思えないが、「希望はもてますよ」って感じで楽しくなってきたヽ( ´ー)ノ 昨日だったうまい事いったしね! 普通で考えたら、「今の杉山 v.s. ガトームソン」じゃこんな試合になってないって! とりあえず、打てるうちは打っておけ(笑)

昨日の試合を振り返ってみても、選手はみんな元気だね!
一昨日の後遺症は、岡田監督の投手リレーの慎重さくらいにしか見えない。
それも、9回に「桟原」を投入した辺りで薄れたかな?

「杉山」→とりあえず勝てた事を自信にして、次も頑張って!
「赤星」→「はっしれーはっしれーあーかほしっ!」
「金本」→あなたには言う事がありません。 あそこの1点はむちゃむちゃでかかった!
「藤本」→8回の初球スチール最高っ! 隙を逃さん中日さんみたいやったぞ(笑)
「ダー」→自信を取り戻した? ナイスピー! 解説者が言ってたGK出身って何?
「桟原」→君はほんとはもっと出来る子なんだよっ! 大好きだ(笑)!


色々あったけど、「柱のいない期間」は凌ぎ切った。
今週からは、帰ってくるんでしょ?
『球児〜ときめき! 『久保田〜!』
(いや、久保田も大好きですよ  それ以上に球児を愛してるだけで抱擁
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(3) | trackbacks(0) |


2006.08.20 Sunday

独り言
ブログランキング
在庫品の『ステッカー』に、早速のご応募頂いており、誠にありがとうございます。 今後も色々と見る探してきますんで、楽しみにしてくださいね嬉しい

先日の話を、、、

Tigers-net.com では、ちょこちょことプレゼント企画をやったりしているんですが、
まだまだ認知度は低いようで、実はこの間も「虎っくばっくスタジアム」でチケットプレゼントをやったんですが、試合日によって倍率1倍で当たった方や、なんとっ!冷や汗希望者無し冷や汗の日まで! ちなみにこれ『伝統の 巨人戦』ですよ! いいんですか、これで! 他の日で外れた方の中でびっくり一番熱いメッセージびっくりを頂いた方にお送りしたんで、予定が合うといいんですけど。

でもね、唯一の阪神タイガース公認プロバイダーとして、もっともっと知名度を上げていかなくてはっ! 阪神ファンに参加して頂かなければっ! 阪神ファン同士の「憩いのサロン的ISP」にならなければっ(なんて表現だ…)! と思うんですよ。

今後も阪神ファンの皆様のニーズに応えていける様、色々考えていきますんで、よろしくです。
たまにいい事もあるかもよメール  にやり
Writer : Dr.KEN | 【プレゼント企画、宣伝】 | comments(0) | trackbacks(0) |


2006.08.20 Sunday

拝啓 東京ヤクルトスワローズ様
ブログランキング
夏休みも中盤を過ぎましたが、まだまだ暑い日が続いております。
昨日は、我がチームが大変お世話になりました様で。
たくさんの問題点を教えて頂き、ありがとうございました。 
ささやかではございますが、お納め頂ければ幸いです。
どうぞ無理をせず、ご自愛くださいませ。         敬具
                     
                                福原 忍
 
お返し好きの『Mr.日本人』が流れを止めた。 
昨日の信じられない敗戦を受け、エースとして福原は、「負の流れ」を断ち切る事、1イニング、1アウトでも長く投げる事、強い気持ちをファンにチームに伝える事、多くの重圧の中で結果を出した。 今季の福原はほんまに頼もしい。 3→1、5→2、1→1、お返しを含め実に福原らしい味わい深いピッチングだ(笑) 

赤星が猛追している青木の2盗塁は防いで欲しかった!
6年連続盗塁王に関しては、後は赤星のプライド次第か?
(赤星さーん、ファンはあなたの盗塁に勇気をもらってるんだから、大量点差でも走れる時は走ってねジョギング

8回ダーウィンで繋ぎ、9回は6点差でジェフ。 ここでも「勝つんだ!」という強い気持ちを見せた。 来週には、球児、久保田が帰ってくるぞ! 


でもな〜、

球児離脱中に、完全に露呈してしまった問題を来期以降どう改善するんだろう? もちろん、諦めての発言ではない。 今季は球児復帰、今岡復帰でどうにかなりそうな気がしている。 投の柱「球児」、打の柱「今岡」、この絶対的な投打の大黒柱の安心感があって、強い阪神は機能していた。 穏やかな内海でのびのび野球をしていた子達が、大海に放り出され、自分の身を自分で守らないといけないと気付いた時に、腕もバットも振れなくなった。 自立しているのは「福原」「井川」「下柳」「金本」、ある意味「久保田」「鳥谷」くらいか? 精神的な問題が大きい様に思えて仕方ないので、もう一回「山口良治セミナー」でもやってみるか!?


まぁ、来期の事も考えつつ、今日も頑張ろうっ!
気持ちの入った試合を見せて欲しい!
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(2) | trackbacks(0) |


2006.08.19 Saturday

☆プレゼントのお知らせ☆
ブログランキング
突然ですが、てぃぶろぐユーザー様向け企画ラブ
Tigers-net.com より、先着5名様に!
『ステッカープレゼント!』のお知らせですときめき

↓に写真を公開致しますが、希少価値の高いレア物となっております(在庫ではないマル秘

バンッ!    

どうですか、奥さんっ!
欲しい? 欲しく無い? 
「げっとほにゃらら」って書いてる? 気のせいですよ嬉しい

  プレゼントプレゼントプレゼントプレゼントプレゼントプレゼントプレゼント

応募資格 てぃぶろぐユーザー様
応募方法 こちらのページにトラックバックください
     (その際、ステッカーが欲しい旨を記事に書いておいてください)
応募費用 Tigers-net.comポイント 100P(送料も弊社負担とします)
大府高校 赤星選手会長の出身高校です
受付期間 先着5名様になり次第
     (あまりの不人気の場合は突然このページが無くなる場合があります)
送付時期 手が空いている時
     (遅くとも応募より1ヶ月以内)

さぁ、どしどし応募ください!
奥さん、無くなっちゃうよ!
ほらそこ! 在庫って言わないっ!

ご応募心よりお待ちしております m(__;)m

鳥お知らせ鳥    今後もこんな企画を検討中です。
Writer : Dr.KEN | 【プレゼント企画、宣伝】 | comments(6) | trackbacks(0) |


2006.08.19 Saturday

高校野球とプロ野球
ブログランキング
始めに言って置きますが、僕は阪神が大好きで、プロ野球が大好きです。
あくまで、あーくーまーで! 昨日限定で感じた事です。


 ●日大山形2 ― 5早稲田実

始めにお詫びから。
先日、偉そうに書いた記事ですが、大きな間違いがありました。 既に「日大山形」は、山形県民が、僕が、待っていた「本当の意味での山形代表」でした。 今日の試合開始前の放送で知りました。 ベンチ入りの16人が山形っ子、残りの2人が東北っ子です。 すいませんでした。 「山形野球」は僕のイメージの遥か先へと成長していました。

よって! ただでさえ上がりきっていたテンションが、メーター振り切りMAX状態です(笑) 
 びっくり頑張れっ〜!山形県民〜!びっくり 



    マウンドには、泥だらけの投手がいました。
背番号6。 直球は130km前後。 近年の高校野球では、お世辞にも早い球とは言えません。 それでも、丹念にコースを突き、捕手のリードに応えます。 インコース、インコース、インコース。 猛打の早実打線に対し、球威の足りない日大山形バッテリーは、今やるべき事、出来る事を、細心の注意を払い、必死に実行し続けていました。 その結果、斉藤君擁する早実に勝つにはこれしか無いと思っていた接戦に持ち込みました。 疲れの見えた8回裏、早実の集中打を浴び、残念ながら甲子園を去る事にはなりましたが、「山形っ子」の見せてくれた「最高の試合」にしばらく涙が止まらなくなりました。 野球ってなんでこんなに感動をくれるんだろう。


  飛行機場面は変わり、神宮球場飛行機


携帯チェックで大量リードは知っていましたが、今日は7回裏からしか見ていない。 そら打たれる事はある。 チームの象徴であり、精神的支柱の「球児」の離脱もある。 結果としての事はしょうがないと思う。
 
でも、今やるべき事、出来る事を、はたして実行出来ていたろうか?
「5点リードで3個の四死球を与えた投手」「外角一辺倒のリードで二死からのつるべ打ちを許した捕手」その他にも。 もし出来ていたなら、何故僕は、7回裏の悪夢、9回表の同点打、9回裏のサヨナラ劇を、淡々と冷静にしか見る事が出来なかったんだろうか。


野球は、もっと面白く、感動的じゃなかったのかなぁ。
Writer : Dr.KEN | やまがたやきゅう | comments(3) | trackbacks(0) |


2006.08.17 Thursday

起死回生とはこういう事!
ブログランキング
拝啓、藤本 敦士様。
モンキー改め『スーパーモンキー』襲名おめでとうございます祝
この勢いで「おさる界」の頂点を極めてください。


起死回生。 野球では、攻撃の際によく使われる言葉です。 否! 同点で迎えた9回表(同点なのに何故か完全な負けムードの中)、野生の本能そのままに、「うきっ」と飛びつき完成させた4-6-3! 世界中の阪神ファンの「折れかかっている心」を救った『起死回生の横っ飛び!』でした。
そういや2回裏のしぼみかかったチャンスに『連夜のポップ』で同点に持ち込んだのもあなたでしたね。 ナイスポップグッド

後は、藤本の造ったこのムードの中、チェンジアップをほとんど見極められていた「今季初登板のハシケン」が0封し、「得点圏打率.240弱の濱ちゃん」が金本の後の5番の結果を出した。

「野球」というスポーツは、1つのプレーでここまで流れが変わってしまう。 やっぱり、守りは大事だなぁ。 中日さんが強い訳だしょんぼり


ここで強引な繋ぎを(今日はこっちが本題)。

サヨナラに沸く京セラドーム、首をうなだれマウンドを降りた横浜「加藤 武治」
プロ野球の歴史の中で、ものすご〜く数少ない「純粋な山形県民」だ。 高校も山形市内の公立校(かなりの進学校)。 甲子園なんてもちろん出ていない。 ちなみに、うちの親父の出身校。 こんな山形県民に、1つの奇跡が舞い降りた桜

  ○日大山形11x ― 10今治西

奇跡の延長逆転サヨナラで、夏の高校野球、
『山形県勢初のべスト8』進出だ!!!
甲子園の女神が、初めて野球不毛の地「山形県」に微笑んだ瞬間だった。

阪神優勝に沸いた1985年、東海大山形が、KK擁するPL学園29失点の歴史的大敗を喫した時より、「全国最弱山形県」の歴史が始まった。 小学生だった僕は、9回にマウンドに上がった清原を見て「なんで清原が投げんの?打つ人違うの?」と泣きながら親父に聞きました。 その時、厳しい表情で、質問に答えてくれなかった親父の顔を今でも鮮明に覚えています。
抽選会で、山形県勢との対戦が決まり、嬉しそうな顔をする西日本の代表校。 全ての都道府県で、唯一のベスト8無し。 
長く続く暗黒時代は、阪神のそれとも比較にならないほどでした。
この暗黒時代に山形県が取った手段は、近年問題視の声が大きくなってきている「野球留学」の拡大でした。 県内の「私立四天王」が補強に補強を重ね、甲子園で1つ、2つと勝てる様になり、昨年春に羽黒が「選抜初の4強」、そして昨日。 「野球留学」が良い事とは思えないんですが、「野球不毛の地」山形に、「野球文化」を根付かせる為には仕方が無かったと思ってます。 いつか「駒大苫小牧」や「八重山商工」のような「本当の意味での山形代表」を甲子園に送り込む為に。

明日行われる準々決勝の相手は、春の覇者であり大本命の横浜を破った中田擁(阪神来期ドラ1予定)する大阪桐蔭を破り王監督の事でモチベーション上がりまくりの早稲田実業(長い嬉しい)。 150km近い直球を誇るプロ注目の「斎藤君」が相手だ。 こっちの2年生エースの「阿部君」は、昨日13回200球を投げてしまっている。

結果はわかりませんが、「日大山形」を精一杯応援します!
日大山形ナイン! 『一番高かった壁』はもう無いぞっ!

   我が母校、「酒田南」の分まで頑張れっ! 
Writer : Dr.KEN | やまがたやきゅう | comments(2) | trackbacks(0) |


2006.08.16 Wednesday

『8.15』になります様に
ブログランキング
自称阪神タイガース評論家』のオフ会(PPV)に参加してきました。

toraoさん始め、皆さんお疲れ様でした。そして、ナイスゲーム!
かなりお熱い虎キチの面々の中にてぃぶろぐユーザー様である「宮川さん」、「kisaragi-earthさん」もいらっしゃいます。 いつもご利用ありがとうございます。 今後も阪神ファンの為のTigers-net.comとして頑張っていきますので、これからもよろしくです。 それと「華さん」! お話していたキャンペーンの入り口は当ブログのプロフィール欄にありますので、よければご覧ください。 阪神ファンにとっては、よだれが止まらないものがプレゼントされますびっくり あっ、今日までした! お急ぎを!

試合の方はというと、偶然(必然?)にも重なった
祝金本兄貴1000試合連続フルイニング出場祝
のメモリアルゲームを、本人のバットで決め、左のエース(あらんじさん、すいません)が久々の完投で締めるといったナイスゲーム! 関本の「正田道場」後に飛び出した2アウトからの1発もよかったね(正田コーチ、グッジョブグッド

そんな展開で、ヒートアップしまくりの会場の盛り上がりがMAXとなった(KEN調べ)のが、6回裏のサルの犠飛! やったね、ウッキー(パクリ)グッド  会場は、
『びっぐぽっーぷ!ないすぽっーぷ!』の大合唱拍手
Ryuheyさん曰く、「今のはポップちゃうよ。」嬉しい そういやライナーでしたねマル秘

そんであっちの方はというと、
またまた広島が頑張って「7,5差」。

『8.15』が奇跡の始まりになります様に月

皆様お疲れ様でした。

なお、赤星について△濃藩僂垢襪呂困世辰織優深命燭髻toraoさんに献上してしまったのもで、ネガが見つかるまで△旅洪靴榔箚となります。
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(6) | trackbacks(0) |


2006.08.15 Tuesday

今日は『自タオフ会』
ブログランキング
楽しみだ抱擁 今日はtoraoさんのところ のPPV♪
前回は、仕事の都合で最後の1時間くらいの参加だったので。


今日は家のあちこちに転がっているモノの紹介でも、ゆるゆると(笑)
 
これは、さとちゃん、さとこちゃんですね。 背番号は 310 となっております。 佐藤製薬のHPを見て気付いたんですが、これって「貯金箱」やったの? 後頭部に穴が空いてた記憶なんて無いんですが(・_・?) ハテ? 帰ったら見てみよう♪
この子達の入手経路は、親戚が薬局勤めの友人に「怒りさとちゃんくれ〜、さとちゃんくれ〜怒り」と、電話、メール、直談判してたら、案外簡単に頂けました祝 頂いたときに友人は、疲れきった顔をしている様に見えましたが、僕には理由はわかりませんヽ(´〜`;)
最近はさらにでかいさとちゃんを薬局で見つける度に、これもなんとかならんかな〜と思ってます。 
玄関に置くのになぁ。
Writer : Dr.KEN | 家に転がっているモノ | comments(2) | trackbacks(0) |


2006.08.14 Monday

藤川球児について
ブログランキング
球児、抹消‥‥ 首痛? このタイミングで? 何かをかばっているのか? チームのモチベーションの為か?
10日後に、必ず元気な姿を見れると信じています。 諦めない。 まだ諦めないぞ!



人生最良の1年となった2003年が終わり、余韻引きずりまくりで、燃え尽きた感を拭えないまま2005年シーズンも迎えてしまった。 まぁ、プロ野球開幕を迎えた独特の高揚感はあったんですが、どうも昨年同様、気持ちがフワフワしている様な感じだった様に記憶しています。 あの日を迎えるまでは。


「2005年4月3日 対ヤクルト3回戦」

阪神2点リードで迎えた6回、今年初めての球児のコールが鳴りました。 「おお〜球児や、いいとこで使ってもーたし、今年は年間通して一軍に定着してや〜、頑張れ〜!」などと声援を送っていました。 だって、知らなかったんですもん! 球児が漫画の中の人になっていた事を(笑)
そして、初球のストレート。 「んっ???」 何か違和感。
その後の数球を食い入る様に見てわかりました。
球児が違う人になってる!
ずーっと待っていた球児が来た!!!

その夜、毎晩いっていた居酒屋の大将に、
「球児が来たって! 凄いねんて! 見た事無い球投げてんねんって!」
と必死のアピールをするも「あ〜、そう」ってなノー感じ。 その上、次の登板となった広島戦で、浅井にタイムリーを打たれた日にゃー「やっぱりな」って、おいっ! 打つ方もプロなんだよっ(笑)! 大将が「球児が来た」事を理解したのは、その後1ヶ月くらい後でした。
(何故この大将に必死でアピールしたかというと、虎人予想する度に「また藤川なん?お前が期待するから毎年あかんちゃうん?」との暴言を、毎年たまわっていたからですびっくり


その後の球児の伝説は、皆様がご存知の通りです。
『魔球ストレート』で築く三振の山。
球児の打ち立てる数々の伝説は、モノクロだったプロ野球の歴史まで遡ってしまいます。

よく諸先輩方が、「江夏の再来だ」「江川の球筋だ」とおっしゃれていますが、僕はまだまだ野球ビギナーの為、球児を他者に例える事が出来ません。 僕にとって球児は「少年時代に見た漫画のヒーロー」であり、「待ちつづけた子」であり、『不世出のスーパースター』なんです。 かつて、和田豊に感じ、田村勤に感じた気持ちとおんなじ気持ちで、その数倍です。
球児が僕の『ミスタータイガース』なんです。

頻繁に疲労の蓄積が取り沙汰される細身の球児が、いつまで魔球を投げ続けられるのかと、よく考えてしまいます。 球児の現実の物とは思えない魔球を見る度に、夢はいつか覚めてしまうんじゃないかと不安になります。 1日でも、1球でも長く夢を見ていたいです。 後悔しない為に、球児の魔球を見守り続けます。

  最後に、僕はもう「松坂世代」という言葉を使いません。 確かに松坂大輔は、怪物と呼ばれた高校時代さながらの活躍を、プロ入り後も余すところなく見せ続けています。 でも、何十年後かに僕が思い出す『最高のボール』、『球児のストレート』だと思います。 そして球児に対するこの思いは、既に阪神ファンだからという枠を越え、多くの野球ファンに共通していると確信しています。 

 文中、記録の数字等、記憶に頼っている部分が多い為、お気付きの点はご指摘願います。
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(1) | trackbacks(0) |


2006.08.11 Friday

藤川球児について
ブログランキング
こんな日になんですが‥‥

僕は、毎年シーズンの始まる前に、手帳に2人の選手の名前を記します。 これはその年にブレイクする、さらなる飛躍を望む、2人の「虎人」の名前です。 投手1人、野手1人です。 以下が、2000年以降のその「虎人」の名です見る

 00 藤川 球児  的場 寛壱
 01 藤川 球児    ―
 02 原田 健二  桜井 広大
 03 藤川 球児  桜井 広大
 04 藤川 球児  桜井 広大
 05 藤川 球児  赤松 真人
 06   ―      赤松 真人

よく周りに、「球児は後付けちゃうん?」と言われる事もありますが、本当なんですっ(泣)! その証拠に?他は、全く当たってませんやんっ(マル秘)! でも何故ここまで球児にこだわっていたのには、僕なりの理由があるんです。 (補足‥02原田に関しましては、僕のサイドスロー病と、期待してみていた安芸キャンプでの紅白戦でいきなりのナイスピーを見せられ決定しました。この原田がオオゴケして以降、僕が期待をするとその選手はダメになるとの評価が定着しました冷や汗

98ドラフト1位で「藤川球児」の名前が呼ばれた時、正直「誰?なんて!?」と思いました(勉強不足です)。 そうそうたる面々のいた「松坂世代」ドラフトで、なんでこんな子を?と思い、「萩原」「安達」「山村」「中谷」と繰り返された高校生ドラ1の悲劇が頭をよぎりました。 なんで松坂いかんねんっ!!!!!

その後、1年目から予定通りの怪物ぶりを見せつける松坂を見るたびに、「藤川には絶対にやってもらわんとあかん!」という思いが強くなっていきました。 つまり、藤川個人の資質に対する期待というより、「松坂世代」の高校生ドラ1に対して、「僕が納得出来る結果を見せてくれんと困る」という自己中な思いから、藤川に重い十字架を背負わせていたんです。

しかし、数年に渡り低迷を続ける藤川をみているうちに、「やってもらわんとあかん」から、徐々に「頑張れ!」に変わっている自分に気づきました。 だってよく考えたら、僕は「虎バカ」なんだもん楽しい うちの子はみんな大好きなんだもんときめき このあたりから、藤川から、球児へ呼び方も変わっていきました。

「球児、頑張れ!」
「頑張れ、球児!」
02ドラフトで、成長を遂げた多くの「松坂世代」が入団してきても、僕の中で球児は、特別な子になっていました。

03年4.11も頑張れ、頑張れ、と言っていました。
04年シーズン後半にセットアッパーとして、結果を出したときは本当に嬉しく思いました。

しかし、そのとき僕は、岡田監督によるこの配置転換がもたらす、翌年のファンタジーの予感すら感じていませんでした。
 


終話 『そして「藤川世代」へ』は、また後日に。
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(0) | trackbacks(0) |


2006.08.10 Thursday

藤川球児について
ブログランキング
僕は、藤川球児が大好きです。
どうしようも無いくらい大好きです。

昨日の浜スタでの「5球披露」は、本当に嬉しかったです。
それと同時に「2球で終了」させた某民放局には、本当にガッカリでした(笑)。

球児の動向は、現在びっくり国民最大の関心事びっくりなんだよ〜っ怒りマーク!!!!!
とりあえず、ダイヤルは「いちいちななきゅ〜」で続きを確認はしましたが、しばらくは「プチボイコット」として、すぽ○と!も、めざましテ○ビも、月9も見ません。 (結婚できない男は見る事とします)

おおっ! 急な仕事が入ってしまった!
「Dr.KEN 球児に惚れる」のくだりは、また後日。
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(0) | trackbacks(0) |


2006.08.09 Wednesday

赤星憲広について
ブログランキング
田村勤が去り、和田豊が引退し、しばらくの間、僕には大好きな選手(自分的Mr.タイガース)はいませんでした。「阪神が大好きだ〜!!!」というのはもちろん不変でしたが、あくまでチームとしての阪神が好きという事で、「だれが好きなん?」と聞かれると、「えっ? 野球前田智徳?」と答えていた時期がありました(ダメ?)

その後、好きな選手を答えられるようになったのが、暗黒時代が終わりに近づいた野村体制の頃でした。 「しいて言えば、赤星かな?」と (赤星選手すいません)

その理由と言うのが、お盆前にはペナントを終了していた我がチームにおいて、後半戦、「“今日”阪神が勝つかどうか?」に完全燃焼(身についてしまった安全装置)している僕に、タイトル争いという継続的な刺激をもたらしてくれたからでした。 「今日の勝敗」「次世代の成長」以外の刺激というのが、なかなか心地よいという事を教えてもらいました。 セ界一のスプリンター、あざ〜っす!

そしてその後、10年以上前の忘れていた記憶の中に、不思議な縁を見つけ、「しいて言えば」が取れる事となります。

続きは、後日に。
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(0) | trackbacks(0) |


2006.08.07 Monday

はじめまして 「自己紹介」
ブログランキング
のにおいのする方へ、犬くんくん犬ふらふら犬と誘われ、辿り着いたら、ここでした(笑)
      
デビュー、Dr.KENです。 はじめまして赤ちゃん

なにぶんblog自体、初チャレンジなもので、つたない言葉と内容からのジョギングスタートジョギングになりますが『鳴尾浜を見るような目』で、暖かく見守って頂ければと思っておる次第であります、はい。

最近のちょっと物申したくなる我がチームの戦いっぷりにより、
2003シンドローム(優勝燃え尽き症候群)   ←勝手に造語すいません
から完全なる虎社会復帰を果たす事が出来ました!

今年の阪神、ある意味、ありがとうございます!?

Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(0) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!