Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2010.02.04 Thursday

赤星っさん!
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
節分の豆まきって、全国的に落花生でやるんじゃないんですか?
もしかしてこれ、山形県だけの文化なんですかww

だって落花生やなかったら地べたに落とした豆よごれて食べれませんやん?
山形時代、スーパーで鬼の面のオマケが付いた節分用の豆って、
落花生しか売ってへんかった記憶があるんですがww

ええい!どっちか向いて無言で恵方巻き(太巻き)を食べるんが日本の常識やと
思っておる関西人に「ありえへん」とか言われたないんじゃww





 「赤星っさん!」


 昨日キャンプに赤星っさんがきてくれました!

 あ!赤星っさんって言っても皆さんよくわかりませんよね!
 赤星っさんっていうのは実はプロ野球選手だった人です!
 昔盗塁王も獲ったことあるんですよ!

 どうやらボクのことを見にきたみたいでべた褒めして帰っていきました!
 「盗塁王が獲れる力がある!」となんでか上からものを言ってましたが、
 褒められたので一応うれしかったです!

 今年は失敗して牽制で刺されても、
 それを引きずらずスパッと借り換えてやっていきます!
 日々進歩出来るように一日を大事に頑張ってやっていきます!

 目指すは優勝!日本一!家内安全!!


 トラックバック URI :
 http://www.aho-matsu.net/aho-trackback-4.aho?p=20100204  

 コメント (52038)




■「赤松『100回走る』赤星氏も太鼓判」(デイリー)

「(あほやけど)赤松は3割40盗塁できる能力がある」
「(あほやけど)赤松は福地、荒木と盗塁王を競うことは十分可能」

  

盗塁のスペシャリストとして、赤星が赤松を評価した。
まあ前々から言ってることを評論家として再度言ってくれただけではあるが、
赤松が「(盗塁企図数)100回以上走る」と答えているだけに、
多少の心境の変化をもたらさす効果は期待できるかな、と(怪しいがのw)。

去年見せた、盗塁に関する消極的な姿勢は捨て去るこっちゃな。
キサマから積極性を取ったら、それは単なるあれでしかないww
慎重なキサマに、ワシの寵愛を一身に受ける資格なぞなんいじゃぞww

「あほでもプロ野球でタイトルが獲れました!」
是非とも全国の野球好き少年少女の夢の具現者になってくれwww


しかしこと盗塁技術に関しての判断では、赤星の発言は重いからの。
(3割に関しては90%オフくらいで聞いておこうww)

かつて赤星が最大のライバルと言い切った福地は、年齢を重ね
ショボイ打撃を克服し、三十路を越えてから赤星の前に立ちはだかった。

わかってんのか、赤松。
それはキサマの出塁率にかかってるってこっちゃぞ。


それと。

「100回走るということは100回塁に出てること。そうなれば3割打っている」

・・・・・え〜と、赤松。それはどういう計算だ?
キサマ、レギュラー獲って年間100安打で3割打てるとでも?
セントラル・リーグにおいて選球眼がブラゼルの次にないキサマが3割打つには、
最低150安打はいるんちゃうんか?
あ、そうか!残りの50安打の内訳はホームランと三塁打ってことやなww
いや、本盗もしかねんから50ホーマーってことか。ってばかあああ


赤松の写真がやまほどあって朝から興奮しまくった。
あー、球春到来ってステキですね(笑)





1月31日を皮切りに、御堂筋線が「どん様ジャック」されると聞いており、
それはそれはたいそう楽しみにしておったわけなんですが、
全然どん様露出が見当たらんではないか(バファローズの嘘つきw)。

駅のホームやなく車内だけの話か?
乗りもせん御堂筋の車内も一応ジロジロと覗いてはみたんだがのww


ご家族ご友人、皆さまお誘い合わせのうえクリックください。
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2010.01.20 Wednesday

赤松真人赤松真人赤松真人
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
「全力でけがをしてもいいぐらいのつもりでやる」

どうやら関本が球児に乗っかたらしいww
やめとけやめとけ、キサマの場合はほんまにケガしそうやww




ええこと思いついた!

今日は携帯からご覧になっている老若男女を完全に置き去りにしつつ、
弊ブログの認知度を、特殊なキーワードから確認する作業をしてみよう♪
ではぐーぐる先生、やほー兄さん。よろしくお願いしま〜す!

※キーワード検索でワシの記事はいったい何位に出てくるか?の検証作業です
※それぞれにリンクを貼ってますが、それは検索時点でおったページです
※30位までにおらんかった場合は圏外とします
※まんどくさいんで検索された記事へのリンクは貼りません

ちなみにワシ、いろんな解析が可能なブログパーツの埋め込みを、
過去数回に渡って「挑戦→(2秒)→挫折」を繰り返しておりますんで、
ご新規さんがどんなキーワードでここに辿り着かれてるか、ほとんど知りまへんww


【赤松真人】
ぐーぐる先生→20位  やほー兄さん→18位

はうっ!以前はたいがい2〜5番目までに入っとった得意の赤松検索(笑)が、
なんと2ページ目まで都落ちしとる!そうか、愛が足らんいうことだな。


【小林賢司】
ぐーぐる先生→6位  やほー兄さん→16位

今季こそ、今季こそ京セラの先発マウンドにあがるんじゃぞ。
予告先発出たら絶対行くからの。別に岡田が見たいんじゃないんだからねっ!


【長谷川勇也】
ぐーぐる先生→24位  やほー兄さん→6位

どうやら長谷川くんはビッグになり過ぎて、遠い人になったようやのうww


【山本斉】
ぐーぐる先生→6位  やほー兄さん→8位

たぶん今季、高田のじいさんにもっとも飛躍が期待されていると思われる山本くん。
(タイガースで言うとこの鶴、・・・いや、ドラゴンズで言うところの伊藤の立場やの)


【酒田南】
ぐーぐる先生→15位  やほー兄さん→圏外

【酒田南 野球部】と検索するとぐーぐる先生では3位にくるんだが、
ワシの野望(?)はそこではない。あくまで単語1つだけでヒットさせるんだww


【大越基】
ぐーぐる先生→3位  やほー兄さん→10位

そーいやもう、野球部の監督さんになれたんやったのう(早鞆高)。



アカンなあ、以前はこの辺のキーワードやったら、まず1ページ目やったのにな。
(そーいや何故かあんま書いた記憶がない【林威助】もそうやったなw)

赤松に関しては本人ブログ、公式サイトプロフィール、wikiさえ凌駕してた時期もww
「赤松真人☆絶対応援☆ブログ」としての存在意義を風化させんためにも、
今季はより一層の赤松偏愛にシフトしていかなアカンなあww


では最後に。

【まさしちゃん】
ぐーぐる先生→1位、2位  やほー兄さん→2位、5位
【沼沢理事長】
ぐーぐる先生→1、2、8位  やほー兄さん→2、3位

お後がよろしいようでww





■□■ 使用球を1社に統一へ 加藤Cが提案
よし、加藤コミッショナーにスポーツ用品メーカーの親戚筋はおらんか調査しろww

■□■ 育成選手連合チーム、今季のクラブ登録を断念
とりあえず試合には出れるようだが・・・、なんだかなあ。

■□■ 阪神・権田トレーナー、美人タレントと結婚
権田さん、タレント妻キタ━(゚∀゚)━!!
金本ブログの更新はまだか!?金本ブログの更新はまだか!www
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2009.12.12 Saturday

次へ
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑

午後6時。
すっかり日も短くなり、この時刻にもなると既に漆黒の闇に包まれる甲子園。


日中の各選手の自主トレ終了後、阪神タイガース球団の粋な計らいにより、
1人の野球選手のためだけに、今季新設された四基の照明塔に灯がともされていた。

粋な計らいとは言ってもそこに選手に対する費用請求は発生しているのだが。
(沼沢セ理事長曰く「3割引きにはしているとのこと=粋」)


幻想的なカクテルライトに照らされた無人の観客席。
センターの守備位置をはさむようにして、
異なったそれぞれのユニフォームに身を包んだ2人がキャッチボールをしている。


――― あかほっさん!このたびは引退、おめでとうザッス!

赤星「・・・あ、ああ。ありがとうな」



赤星が残した誰にも真似の出来ない記録と記憶の数々。
それを後人がトレースすることなど出来ない、そして望まない。
ただ。赤星が示し続けてきた意思、それだけは次へ、そしてまた次へと。

そしてその意思を継ぐべき男は、実はこの男なのかもしれない・・・。


片方のみが噛み締めるように大事にボールを握り、投げ、受けていた
そのキャッチボールは、いつ終わるともなく続いた。



無人のライトスタンドの小汚い染みのように1人佇み
それを見守っていた沼沢セ理事長は名残惜しそうな顔で最後にこう呟いた。

「長すぎる。仕方ない、延長料金だな」



『参考文献』



赤松、キミは。

島野さんが逝かれたときは確か、
「喜田さんの結婚式に行って来たッス!」って書いてたよな。
んで今回、赤星の引退に際しては「桜井の結婚式に行って来たッス!」か。

オマエはええが、書かれた喜田と桜井がサブいわww
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(0) | - |


2009.11.28 Saturday

おいしかったです!
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑

ども!赤松です!

なかなか更新できなくてすいません!
今は来季最低4割打つための自主トレを頑張っています!
場所はハワイです!ちなみに嫁も一緒です!

昨日は契約公開があったんで球団事務所に行ってきました!
あ!さっきのハワイは嘘です!本当は広島市内です!

給料が900万上がりました!
給料を公開しないといけないってところがプロっぽいなと思ってます!
今年はけっこう試合には出れたんですが打率があれでしたし、
シブチンで有名なカープなんで現状維持くらいかなと思っていたんで、
とてもよかったです!

すぐに家に帰って嫁に報告しました!
嫁は「じゃあ今日はお祝いね!」って言ってくれて、
みんなでかっぱ寿司に行ってきました!

トロサーモンの炙ったやつがおいしかったです!5皿食べました!
隣のテーブルを見たら天谷も来てて、トロサーモンの炙ったやつを食べてました!

来年はもっと頑張って、また家族をかっぱ寿司に連れて来たいです!
またトロサーモンの炙ったやつを食べれるように頑張ります!

皆さん応援よろしくお願いします!!






よー考えたら赤松ごときでも年収2700万。・・・・・自分に絶望したwww

※ 広島・天谷&赤松にオーナー厳命「定位置獲れ!」(スポニチ)





はんしんたいがー関連にゅーす

・野原祐也が、来季からの登録名を「祐也」に変更する方針
え、漢字?まあ優也もおるし秀太みたいなもんか。ユニの背中も漢字にしてくれww

・阪神が前楽天・西谷尚徳内野手(27)と、前横浜・岡本直也投手(26)をテスト
え〜、そんなんどっちもいらんわー。金子洋平は?なあ金子洋平は?

・1001星野が「『ワシが育てた』矢野に激!」。
正確にはワシが獲ってワシが捨てたではないのかww
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(2) | - |


2009.11.26 Thursday

ワシ病気か?
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
第2回「徒然に書いてみたらまったく意味がわからんかったシリーズ」




「消灯ですよ、早くお休みくださいね。お変わりないですか?」

毎晩注意を促してはいるが、それでもいっこうに消灯時間を守ろうとしない
601号室の患者――宗一郎と言う名の少年――に今日も一声掛けると、
これまたいつものように少年が返す生返事を最後まで聞くことなく
松子は踵を返し次の病室へと向かった。
外傷は草野球で帰塁の際に打ち所が悪く折れたという右足の骨折のみ。
体のそれ以外の部分にはまったく問題がない元気盛りの少年が遊びまわることもなく
ほぼ一日をベッドの上で過ごしているのだ。
なかなか寝付けないといってもまあそれは仕方ないことか、と松子は納得する。

勤続12年、院内の看護師の中では既に上から数えた方がよい
古株となった松子ではあるが、この夜の巡回だけはやはり好きになれない。
特にこの病院の入院患者病棟は曲がり角が多く、廊下の白銀灯も薄暗い。
そのうえその頼みの白銀灯さえ寿命が切れ、
放置されたままところどころが暗闇となってしまっているのだ。
角を曲がると真っ暗闇に襲われる築50年を過ぎた古めかしい病棟。
それは松子でなくともゾッとしないではないか。

602号室、603号室・・・、巡回を終えつつ松子はいくつめかの角を曲がった。
そこで松子はギクリとその足を止めた。

誰かが立っている。

その服装から患者ではない。暗闇に目を凝らし松子は恐る恐るその影へ声をかけた。
「どなたですか?もう面会時間はとうに終わっていますけど・・・」
その影はなにも答えない。そればかりか松子との距離をジワリと詰めてきた。
「どなたですか?」狼狽を隠せず松子は同じ言葉をもう一度かけた。少し声が上ずった。

「待ってたんや、松子。もう一回、もう一回だけワシと大阪でやり直してみぃひんか?」
かつぜつの悪い、聞き取りづらい関西弁でその男が話しかけてきた。

全身に電気が走った。聞き覚えのある――忘れようのない――懐かしい声。
ふいに窓から射した月明かりがその少しばかり頭の禿げ上がった男の顔を照らした。

それは二年前の冬。松子が愛した、そして捨てられた男だった。




という妄想が一瞬にして頭に浮かんでは消えた
『天谷宗一郎オフィシャルサイト』最新記事はこちら。


え〜と、多少長くなりましたがここまでが枕の部分ですwww





昨日はまあ藤本についてなんて書いてみたわけですけれど、
(まったく意味不明ではありましたけれどw)
本当に、本当にワシが書きたかったことは藤本なんかのことやないんや。
ぼいんはおとうちゃんのためにあるんやな・・・。

本当に書きたかったこと?



んなもん加藤武治のことに決まっとろうがあああ!!!


おとんの母校から妹の母校に進み、そして社会人を経由しプロの世界へ。
山形に生まれ山形の大地に育まれた、山形唯一の150キロスーパーセットアッパー。

その加藤武治が北海道へドナドナされるだと!?

・・・・・む。
いや、よー考えたら別にそない悪い話ではないなww
パに行くからちょっと見にくなるだけの話か。
どーしても見たかったら、逆にパやさかいヤフー動画があるもんな。


「ここ2年間はいい投球を見せられず申し訳なかった」
「日本ハムでは心機一転、もうひと花咲かせパ・リーグ連覇に貢献できるように頑張る」

とりあえず来年も元気に頑張れ、タケハル。



以上、本文終わり





piyoさんの情報でデッドスペースが大幅に埋まったww
持つべき者は赤松ファンだなwww
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2009.08.31 Monday

家宝は寝て待て!
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
退路んを断ち必勝を期し臨んだ【DT連立政権】、その初陣は4勝1敗。
これによりGのマジックを消滅させるという大きな成果を収めた。
「1⇔2は4差」へと接近、そして「3⇔4は5差」へ接近(我ながらうまいww)。

しかしかかーしっ!!

本当の戦いはここからなのである。わずか1日の天使の休息をはさみ、
我々は火曜からお犬様との直接対決3連戦を控える。
一方盟友ドラゴンズさんのあんちくしょうジャイアンツはというと、
あろうことかここから「至極のブリーダーズカップ」へ突入(今さっき知ったw)。

「ベイ2連戦→休→犬3連戦→休→ベイ3連戦」ってなんじゃこりゃ?
内川村田がお星さまになったベイに真性お犬様のファイティングしげるドッグス8連戦。
んなもん、どう安く見繕っても6勝2敗は確定やないかww

返す返すも昨日の神宮、雨天中止。これが痛い。
これにより本来は「館山→誰(笑)?→ユウキ(中5日)」やったはずのローテが、
「タテヤマン→磯野くん→ユウキ(中5日)」の表っぽい3人が確定。

だがっ!我らとて元常勝タイガース(いつ?)、返り討ちにしてくれるわwww




車を飛び降りダッシュで家へと入った。
1−1同点5回表、二死1・3塁で打席には小笠原。
ラジオで状況は知っていた。
かばんを放り投げ慌しくテレビのスイッチを入れる。

感情あらわにシモが咆哮していた。
おおおおおおおおお、つられてワシも吼えた。


「パパこれあけてい〜い?」

吼え中で忙しいワシのところに、
箱とか袋とか密封されたモンの中身に死ぬほど興味を持つkokoroが、
何やらテキトーに梱包された小包を持ってきた。

ん?りあふれーる?なんじゃこりゃ?

ベリ、ベリベリベリ・・・。










ああああああああ








あかまっつん直筆サインボー、

アタ━(((((゚∀゚)))))━タタタ!!





今のワシ、さっきのシモのときの5倍は吼えてたな、うんwww

思い出した!むかし非常に恥ずかしいTシャツを買ったときに
送ってきてくれた会社がこの「りあふれーる」やった!
んでたしかこれ、3名くらいに当たる(現在ページなし)、
あかまっつんネットのオールスター出場記念プレゼントの品やないか!!

まさかホンマに当たるとは。・・・愛。愛の力ってスゲイよぅwww


しかしこれをワシが頂くってのは、カープファン、
つか赤松如きを愛してくれてるカープファンに非常に悪いな。

しかしまあ「まんずもっけだ(注…庄内弁)」ってことでありがたく頂いておこう。
うちの神棚に52と38のサインボーが並ぶ日が来るとは、夢のようだわww




しかしこないストライクが先行する全盛期っぽいシモ、久々に見たわ。
ピンチでも、投手有利なカウントからの勝負に持ち込むシモ。
そうそうこれや、負ける気がせんかったときのシモはいっつもこれをやっとった。

ひっさびさに「シモヤノの真骨頂はこれ!」ってのを見してもーたわ。
シモ、ナイスピー!ヤノ、ナイスリー!


対するGの先発はベイキラー(笑)高橋尻、いわゆる1つのワガママ型先発投手。
コイツの攻略法は既にFIXされておる。ほ〜れほれ、坂本ハヨやらかさんかいwww

初回、坂本が牽制なぞ全然うまくないシモから赤松ライクに釣り出され、
3安打を浴びながら無失点という素晴らしいスタート(心の底から気持ちええww)。
その裏、鳥谷の芸術弾で先制するも2回、平野がやらかし同点に。
あ、忘れてた。そーいやうちのマウンドにもワガママ型先発投手がおったんやったww


その後、坂本のエラー待ちのまま試合は進行。
タイガースもチャンスはつかむもののフルカウントからワンバンを三振する
アサイサイとか、期待通りのゲッツに倒れるあらいさんとかで勝ち越し点が取れない。

追い込まれてあれ振っちゃう選手がスタメンに2人もいたら、
そらしんどいッスよね、あさいさん。今チャンスなんだから頑張ろうよ。

守備面では、こっちはスーパースローがオモロ過ぎた平野のスーパープレー、
あっちは小笠原の無難な三塁線の打球捌きなどがあり試合はこう着状態。
(畠山にジョンソンに脇谷。最近ワシ、そこの当たりは抜けるもんだと思ってたww)



あー。

試合展開を追いつつ書くテストをしてるんですが、
書いててものすっごいイライラしてきたww

薄々は気付いておったが、どーやらワシにそんな才能なぞないwww
(実は最近ちょこちょこ実験的にこれをやってたw)



もうええわ。昨日はもうトリーよ!アッチソンよ!!

トリーの三進、本進にはマジでゾクゾクするもんがあった。
本塁に還ってきたあらいの当たりは「ラミレスであの距離だったらイケルやん」と、
前日の坂本のような澄み切った気持ちで見守っておったがww、
カネモのライトフライでサード獲ったトリーの「走魂」はもうホンマ失禁もんやった。

トリー、ナイスバッティン!超絶ナイスラン!

つかあんなもんラミレスに「ドケや!」言うて強引に亀井が捕球したらよかったんや。
ほならホーム完全にアウトやぞ。しかもラミ、ご丁寧に1回転送球ってww

で、アッチソンなあ。
スゲーな、完全に去年チームの反攻を支えてくれてたときの“ネ申”状態やないか。
しかし惜しいな、実に惜しい。アッチソンの顔面偏差値が本当に惜しいww
アッチソンが多少ないしイケてる感じやったらこれ、大人気選手になれてんで、ホンマ。

その点ではジェフはホンマ偉大やったなあ。カリスマやったなあ。
いや、アッチソンも充分偉大なんですけどねwww





ヒーインでカネモ、トリー共に「3位狙って!」とか言い出した。
いや、現実が現実やし全然それでいいんですけど、
「優勝」→「CS進出」→「Gに勝ち越し」って大目標の目線を下げていくのは、
多少どころではなく懸念が残る。

なんせうちはプレッシャーを感じるとロボットダンスチームになってまうからのww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(2) | - |


2009.07.07 Tuesday

1/609の福音
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
デイリー紙面にとんでもない爆弾企画が掲載されとった。
「岡田“生”解説付き」チケットプレゼントwww

7/15からの紙面に応募チケットが付いてるらしいので、
その期間中はとりあえずデイリーを買うことに全力で決めましたww
(「生」言うでも、試合前にごにょごにょやるだけらしいですが)




しかし阪神タイガースはやることがエゲツナイな。
ワシは激しく憤りを感じておる。

何年に1回あるかないかの貴重な新潟シリーズ。

これを福原とおすぎって、新潟ナメてんのかwww

この試合を心待ちにしている新潟在住タイガースファンに対して、
第1戦では極上の脱力感をプロデュースし、
返す刀で第2戦は雨天中止にしてやろうなどという悪魔すぎるシナリオ。

ワシ含むごく一部のタイガースファンがおすぎ先発でテカテカしてんのは、
甲子園にちょこちょこ行ける環境におるからやっちゅーねんwww


どうか新潟県民の皆さまに、奇跡的に幸多からんことをお祈りいたします。
まあワシが行けば勝たしてあげれるんだがのww



で、最近のワシなんですが。

たしか2ヶ月ほど前からカード収集癖に火が付きまして、
ワシの個人財政を激しく圧迫するほどの乱買を繰り返しておりますww

プロ野球チップスからタイガースカードに12球団カード。
現在引出しの奥には、400〜500枚のカードが所狭しとwww


そして先日、見事観戦3連勝(ワシが勝たせた)を飾ったスワローズ戦。
聖地甲子園球場にて、ワシの手元にとうとう「1/609の福音」が舞い降りた。






やっと巡り会えたよ、1/609の奇跡に・・・。
(ついでに嬉しいスンスケ氏のスター選手カードまで獲得!)




間違いない。今のワシ、ノッてるww



よかった。買い続けて本当によかった。

「出すまで買い続ける」と心に決めてはおったが、
実はこの第1弾の販売期間はあと1ヶ月程度しかなかったのじゃ。

まあなんかの間違いで赤松が、
※各チーム9選手で計108枚に箔サインパラレルあり。
※銀:1/10パック、金:100シリ、ホロ:50シリ、青:1of1の4段階パラレル。

奇跡的にこの辺にラインナップされてる可能性も捨てきれないんで、
引き出しに眠る100数十枚の犠牲(このシリーズ)など知ったこっちゃなく、
まだまだ買い続ける予定ではありますがのwww

※2009スター選手(各球団2選手)24種

まさかのこれとかもなwww  ←夢見るドリーマーw





最近はワシがフューチャーされてる記事をあっちこっちで見かける。
「こんなん」とか「こんなん」とか。

しかしまあ求められるのもいたしかたなし。
時代の寵児「桟原太郎兵衛」であるワシの宿命じゃからのwww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(10) | - |


2009.06.13 Saturday

情報操作
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
強肩好守、右へ左へ前へ後ろへ斜めへ上へと、だだっ広い守備範囲。
リーグ屈指の快足に予想の出来ない怪打、柔らかい関節。
(一昨日まで)リーグナンバー1の勝負強さに、4番以上の長打率。
まだまだ伸び盛りの27歳という年齢に付け加え、野性味あふれる甘いマスク。
今期1番センターで開幕スタメンを果たすと、その後2番、下位打線を歴任し、
現在「不動(当社比)のクリーンナップ」に就任。

どうですか?字面だけでワクワクしませんかwww
こんな野球選手がいたらほれてまいませんか?
まあ誰とは言いませんが、なんと実在の人物なんですYO☆www

人的トレードの結果は、どうやらうちの大誤算に終わったようだなww


それと誰か知ってたらどーしても教えて欲しいんですが、
一昨日のマリーンズに風塵雷神が憑依したあの試合。
後半に赤松、廣瀬に替わってますでしょ。あれはいったい何やったんですかね?

故障とかのニュースも見かけんし、無事なんやったら何でもいいんですけどね。




えー、昨日は久保コーチから「ちょっと休めや」と
リフレッシュ休暇を言い渡されたんで、1日更新を休んでみました。
お陰で肩の張りが多少取れましたwww

しかし気が付いたら35日連続更新・・・。
ワシいつからこない勤勉な人間になったんやwww



えー、おい。何だこれ?
何か鳴尾浜のローテくんたちが、連日えらいことになっとりまんな。

待望の久保田に岩田。期待の若竹、ジェン、小嶋、蕭。
んで、さらにさらに!!とうとうお杉までキチャッてるよwww
これさ、一軍のローテと全員取っ替えたら、
もう毎日楽しーて楽しーて人生薔薇色、たまらんのんちゃうwww
(あ、いや。お杉は別にいらんかのww)



投打がガッチリ噛み合って3連敗を決めた一昨日の試合に一言だけ触れておくと、
一番鮮明に思い出されるシーンは、新井の「ピョーン」かのう。

インパクトの瞬間は「む、これは上がり過ぎか?」と思ったらば、
その刹那、新井がかわい過ぎる「ピョーン」www
その瞬間、その打球がスタンドインすることを確信できたわwww
ってか新井よ。あれは勢いとかやなく完全に確信犯でワザとやっとるだろwww



しかしサンスポの路線は連日、露骨にひどいねえ。
タイガースファンをいったいどこに向かせたいんだ?

今朝の通勤電車で前に座ってたおっちゃんが読んでたんですが、
web上ではこんな風にタイトルを変えてupされてるこの記事
実際の関西版紙面の「1面見出し」はこんなとんでもないのんでっせ。


※非関西圏のかたに画を見せたいんで、
お昼にサテンで写真を撮ってきてここに載せますww
(代替携帯につき、ちゃんと撮れるかは不明)




撮れたが、なんか写真が長くてデカイwww





昨日の「虎辞書なる!!」の放映試合。

聞くところによると何やら平塚満塁弾に石嶺サヨナラ押し出し四球ですとw?
しかも解説は真弓となww

このタイミングでこんな試合をチョイスしてくるサンテレビ。
これも情報操作やな。民意を誘導しようとしているぞ。
みんな騙されたらダメだぞ、暗黒に気持ちよくなっちゃダメだwwwww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(8) | - |


2009.05.28 Thursday

暗黒に暗黒ソースをかけてみるテスト
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
セイバースキトキメトキリクスとか何とか言う小難しいやつはワシにはようわからんが、

□ 打撃主要3部門
打率 .220  打点 26  本塁打 6
打率 .277  打点 25  本塁打 5

□ 安打内訳とか
安打数 37  塁打 64  二塁打 9  三塁打 0
安打数 43  塁打 69  二塁打 5  三塁打 3

□ 勝利貢献度とか
得点圏 .240  出塁率 .264  長打率 .381
得点圏 .375  出塁率 .329  長打率 .445

□ その他
死四球 11  犠打 0  犠飛 3  盗塁 1  併殺打 7  失策 3
死四球 14  犠打 8  犠飛 4  盗塁 8  併殺打 1  失策 1


下は我らが赤松の数字、そして上は言わずもがな・・・。
開幕から40数試合を消化した現在の、2人のこの数字はいったい何なんだwww
ちなみにここに列挙した赤松のこの数字。
山形侍・栗原と比較してもまったくひけを取らない(つか上回っているw)。



誰が言ったか「人的トレード」
今となっては赤松に先見の明があったとしかwww

金本新井と続いた悲劇で、タイガースファンとカープファンの間に生じた決定的な亀裂。
これを修復する親善大使、懸け橋となっているのは間違いなく赤松氏、その人であろう。

今後両チームのファンが再び、あの暗黒時代のように、
お互い心から笑いあえる日が来るとするならば、 
その陰には故赤松真人氏の多大なる功績があった真実を皆は忘れてはいけない。

ありがとう赤松、忘れないよ赤松、、、、、そして安らかに眠れ赤松。





●●●●○●




推定観客数200人以下と思わしき3アル、右の黒山はマリサポ。



ライト上段から撮影の1塁側ですらこの惨状。



内野シートの暗黒感も非常によい雰囲気です。
スタンドの緑がキレイに整備されたグラウンドの天然芝によく映えています。



見よ!これがライトに新設された新・甲子園名物「寝ソベリア」だwww
プロ野球観戦の新しいムーブメントは、いつも広島からやってくるのだ!



7回裏開始時、「非ジェット風船」なライト下段の様子。



本当に、1人足りとも不届き者はおりませんでした。
マスク着用率は壊滅的数字ではありましたが、これは非常に立派でした。





では試合。





【新☆得点パターン検


連続初球攻撃!





非常に申し訳ございません。

昨夜、「もう1つの暗黒」を迎えた我が家ではありましたが、
その空気の中、さらにワシが23:30より
「12時間睡眠」という炉にウランを注ぐような暴挙に出たため、
その暗黒感はタイガースの比ではない状態に陥りました。

ここまでは奥さまの目を盗みつつ、コソコソと書き進んでまいりましたが、
これ以降の家事全般等のミソギ作業がございますので、
(今後一定期間、すべての家事がワタクシの担当となっております)
昨夜の「野球は東洋大である」など書きたいことだらけの試合展開につきましては、
どこかで時間が許しましたら追記させて頂きます。
現状から言いますと、その時間があるとは思えませんが・・・。

今夜の野球に関しましても、結婚以来小遣いゼロのワタクシではありますが、
「ミソギの高級焼き肉」の予定が入りましたので、
せっかくの休みながらリアルタイムで観戦することは許されておりません。


では、とりあえず今からkokoroのお迎えに行ってまいります。







※ バブルの遺産となるかもな、追記予定スペース










あ、こらバレンタイン。
成瀬に続いて、スンスケを中で使うんやないww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2009.05.15 Friday

お洒落泥棒
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
天谷がファールで骨折って何?どーゆーこと?小魚か?牛乳か?

赤松が故障したから廣瀬がレフトにいて新井が刺された。
天谷が骨折したから廣瀬がレフトにいて新井が取られた。

新井と広瀬とWあほ、なんという数奇なる運命の子。
しかし天谷骨折ってカープこれえらいこっちゃな(うわ、しかも次Gやないか)。
どーせやったらお前が折れたらよかったんちゃうけ、なあ赤松www




初回の新井さんの打席を見るにつけ、
「またお前、撫でで右のスイングばっかしやがって」
「そんなクリーンナップいらんわ」とか悪態を付いていたら、

そのまま撫でて右にタイムリー打ちよったwwwww
ナイスバッテン、いいぞー。あらいー。 ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


んでぶたろーさん。最悪ゲッツーの直後の守備でポロリという最強暗黒コンボ!
ベイ野球のクオリティーをカープに持ち込むんじゃないwww



で、あれでしょ。

完勝やったはずやのに皆さんご立腹されてんの。
赤松でしょwwwww ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

言うちゃ悪いが、あら安藤が悪い。
あんな場面で満塁にして赤松に回してもたら、そら打つに決まったーる。
赤松の存在意義なんぞ、あそこで打つためだけにあるんやからのww
ちょっと前に巷でよー使われてた「KY」の語源は、
「殺したいほどイラつく、でも、やっぱかわいいよ赤松(ハァハァ)」の略らしいぞwww

1失点完投勝ちっていう堂々たるピッチングやったのに、
試合後の安藤、とんでもない厳しい顔しとったのう。
わかる、わかるぞ。だって顔に泥塗られたん赤松やからのwww





ということで、ワシも空気が読めん感じで・・・・・

















サイコー サイコー



赤松 サイコー







サイコー サイコー



赤松 サイコー







サイコー サイコー



赤松 サイコー







サイコー サイコー



赤松 サイコー








ども、赤松ッス!



完封阻止したッス!








サイコー サイコー

サイコー サイコー

サイコー サイコー

サイコー サイコー












高くJUNPするよー












こんな遊びに2時間以上かけるワシ。あー、でもマジめっさ満足したwwwww

捕球後、明らかにフェンスに向かって加速してった赤松。
ホモサピエンスの本能はフツー、そーいう行動は取らせないはずなんだがのw
つか貴様、どこまで甲子園を知り尽くしてんだ、とwwwww
(タイガース時代はほとんど使ってもーてないくせにww)






ということで赤松。

トリーの2ベースばかりか、安藤の笑顔、
さらには全国のタイガースファンのスッキリまでも奪っていった。

でも、、、赤松、、、、、、、サイコーサイコーwwwww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(12) | - |


2009.05.02 Saturday

立ち位置
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
ギャー、赤松の足が変な方向に曲がっとーーー!!









今日は選手にとっては9連戦前の貴重な休息日。
特に金本や赤星はゆっくりと体を休めて欲しいと切に願う。

しかしこれ、ワシにとっては単なる試合のない暇なウィークデー。
なもんで今日はこの時間を利用して、
微妙なバランスで構成される自分の立ち位置をハッキリ宣言しておこう。
ちなみに暇とは言っても、自分のお仕事である洗濯はボイコットしているがのww
(ついでに洗いモンも>明日の朝の奥様が怖いww)

先に言っておくがワシは末期的な症状のトラキチである。
くれぐれもそこだけはお間違えなきようにwww



まずは赤松だ。

もしかしたら薄々感づいているおられる方もいるかも知らんが、
ワシは実は赤松真人が大好きだ(ビックリしたw?)。
かつてここまで愛し愛されてしまった選手はたぶんいない。

こいつが「人的トレード」という謎のシステムでカープに行ってしまった。
そのときのワシの凹み様は我ながらえぐかったww
そのときのワシを今のワシが客観的に見てみたら、抱腹絶倒しとるだろうなw

しかし時間が経つにつれ、前向きな赤松に触れるにつれ、
すっかり忘れていたはずの心の奥底にあった記憶を思い出してしまった。
トラキチではありつつもワシの山形時代にもっとも憧れた打者は前田智徳であり、
もっとも憧れた投手は大野豊であり、
もっとも屈折した憎しみの愛の対象は清川栄治だった。

さらに現在のカープにはワシが無償の愛を注ぐチーム山形・栗原、
そして梅津がチームの主力として在籍してしまっていた。

キダゴとか牧野はまあまあどーでもいいちゃどーでもいいんだが(笑)、
この辺りからワシ、カープを敵だという感覚が鈍ってしまった。



おお、サラッと書いていくつもりが赤松だけで長くなってしまった(笑)

明日明後日とまたしても家庭を省みず甲子園に出かける都合上、
洗濯ボイコットにより悪化するであろう奥様の心象が多少まずい気がしてきたので、
すまんがワシ、これより家事に入る(洗いモンもねw)!

どーせこっから書くはずだったことなんて、「山形枠」やら「サカナン枠」やら
「アンスロ枠」やら「旧タイガース在籍枠」やら「甲子園の星枠」やらなんで、
そんなんここをご覧の方には周知の事実だしのww
(それを言うなら赤松のことがもっともwww)




あ、あと巷で話題の「新甲子園の風の通り道」。
けっこうわかりやすい写真が撮れたんで貼っておこう。







これこれ、夕日が見えてるこの隙間ね。
阪神高速からの風なんかがこの隙間をワッサーと吹き込んでくるんだ。
んで、写真をよー見たらその上にも何やら隙間があるなあ。

今年まだ内野観戦がないもんで、試合中に風を体感する機会はないんですが、
内覧会のときにこっからえらい風が吹き込んできて寒かった記憶がある。

高さ約2mくらいかな?こんな隙間が内野中にグルッとあるんだから、
銀傘拡大も相まってグランドレベルの風にも大きな影響を与えてんじゃね?
実際内覧会、高校野球含め6回ほど行った今年の甲子園、
旗のはためき方向にだいぶ違和感があったしね(浜風を見た記憶がない)。







それと、全然気付いてなかったけどこんなんあったのね。
70数年の歴史の中でたった5回だけ獲得した「チャンピオンプレート」。





果たしてワシが生きている間に6枚目のプレートは手に入るんかいのぅ。
赤いプレートがもう1枚でええから欲しいのぅ、なあばあさんやwww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(2) | - |


2009.04.27 Monday

決死の寝ソベリア
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
・・・・・あれ?

本命のはずだった大和がおるぞ?
かと言ってバルも筒井もおるぞ?


(;.;:゜Ж゜;:)ブッ!!!

福原抹消、キタ━━━━(°Д°)━━━━!!!! マジかwwwww

まあ首脳陣が「春先の下柳の中5日」ってのを特に問題視していないんであれば、
GWの変則日程上、福原を1回飛ばして次回登板予定を5/7としても、
現状の5人(ジェン含む)で廻せる日程なんで、
「登板機会なしによる10日抹消」ってことも言えるかもな感じか?

まあ実情は「次、福原をジャイアンツにって?ないない(笑)」という首脳陣の英断かw 




若干二十歳、異国の地での来日初登板というプレッシャーのかかったマウンド。

緊張の初回、あっさりと「インフィニティ鶴超え」を果たすと(笑)、
いとも容易く6回までスコアボードに“0”を刻んだジェン、実にお見事!
いったいどこのベテランかと思ったわwww

しかも「新井以上」との呼び声高い打撃も披露し、来日初ヒットのオマケ付きwwww

そして6回を94球無失点にて、前日の岩隈に続きw貫禄のお役御免。
来日初登板でもあり、先日のウエスタン登板から中3日ってこともあったもんで、
フィジカルとメンタル、両面での疲労を考慮されたんでしょうな。



しかしその大事な「ジェンの初勝利」をつないだアッチソンが大誤算。
ヤバい当たりの一直で先頭石原は何とか事無きを得るものの、
続くブタローから「四球」→「四球」→「ボーク」→「キダゴタイムリー」って・・・。
思わずキミはどこのドーマンか、と?

必殺「野球は1人でもできるっ!」返しっ!!!

まあここでアッチソンって采配はなんら間違ってないと思うし仕方ないんですけど、
ジェンだけは「ワシのウイニングボールを返せっ!」って言ってたぞwww

しゃーない、次に期待しよかっ!(しかし次の相手は鬼兎軍団な悪寒・・・)



しかし3回に飛び出した赤松の「ズムスタ名物☆寝ソベリア」wwwww

「グォラーッ!」「貴様、アホのくせにーっ!」「○ね!このどアホがーっ!」
「傷だらけの赤星っさんの打球に何てことをーっ!」
「赤星先輩の3ベースに寝ソベルあほに天の裁きを与えてやれーっ!」等々、

レフトスタンドを中心に巻き起こったと思われる怒号の渦が容易に想像出来たwww
実際数件のそんなメールがワシの携帯にも即座に届いたしのwww

でもまさかその怒号が、赤松をおくるレクイエムになるだなんて・・・。
治療を終えてヘラヘラ顔でベンチから出てきたときは、
「数万人を待たせるスター赤松、オマエもおっきなったもんよのぅw」くらいに思ってたのに。

ワシのかわいい赤松、、、、、どうか大事にいたりませんように・・・。



最後のあれはもうねえ、新井さんに代走を送ったとしたら当然受け入れた。
逆にあのまんまっていうのも受け入れてた(そーいうもんだと諦めてる疑いアリw)。

あそこで想定しないといけなかった天秤は、
・新井さんのフルイニ(たぶん現在30試合くらい継続中www)。
・延長にもつれ込んだ場合の新井さんの必要性。(じゃあ代走でいいじゃんとかww)
・同点に追い付かんかったらそもそも延長なんてない。
・同点に追い付かんかったらそもそも桧山さんに代走なんていらない。

「今日の1勝の可能性」と「長いシーズンを見据えて」、どっちに重きを置くか。
・・・・・う〜ん、難しいとこですな。





実に悔しい敗戦で、またしても借金生活とはなったものの、
昨日の「何かちょっとやり過ぎちゃったね感」と、
「決勝点がキダゴのポテン」という何とも言い難いスパイスも効き、
何となく「ナイスゲームではあったよな?」と受け入れてしまっているワシ。

まあ裏ではグラが炎上もしてたしなwww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(5) | - |


2009.04.07 Tuesday

真弓阪神v.s.赤松東洋
ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
しかし優待チケットやらユニとか帽子を25000人って、
オリックス・バファローズはスゲィなあ。
ファンサービス、および新規開拓のために赤字にしてでも本拠地開幕を盛り上げる、
実にすばらしい姿勢だと感心する。
(とてもNKMR球団本部長が絡んでるチームとは思えんww)




いよいよ今日という良き日を迎えました。
なんと言いますか、ワシにとっての開幕戦とでも言いますか。
現在プロ野球界においてもっともホットな男、
世界のスピードスター☆赤松真人が甲子園に御凱旋あそばされます。


・・・・・あ。念のために書いておきますが、
ワシはれっきとした「筋金入りのタイガースファン」でありますので、
その辺をお間違えなきようお願いしますよ、本当に(笑)



先日からの「かわいいよまさる発言」やら「赤松と栗原のことしか書いてなくね?」をもって、
「おい貴様、タイガースの勝利は二の次なんか?」
などと薄っすら疑われているとかいないとかな自覚もあるワシですが、
あくまでまさるに関しては「試合展開に関係が無さそうな場面」で萌えてるわけで。
3戦目の金本の打席とかは、マジで「まさるガンバ(はぁと)」とかは思ってませんよ。
(100%の自信を持っては言い切れんがwww)

んでアカマツクリケンについては、
あくまで最高の形でジャイアンツを叩いてくれたんでワーキャー言ってるだけで。
(本当に、本当に自信がなくなってきたがwww)



ワシはタイガースファンなんじゃ!!



と、一通り言い訳をさせて頂きまして話をタイガースに戻します。

今日はパナソニックコンビですかのぅ?
何気に自宅にはパナソニック家電が多い一ユーザーとして応援しておるぞ。
(風呂、トイレ、洗面台、コンポ、ぶるーれい、地デジ非対応HDP、etc)

カープは今日の大竹はええとして明日は誰なんだ?
明後日は中5日でルイスと思っておるんですが明日がわからん。
長谷川とか宮崎やったら打てそうな気がするけど、
ニセハンカチとか青木高とかルーキー小松やったら打てなさそうな気がする。

そうかわかったぞ。牧野なんだな、そうなんだな(笑)



そんなカープから、栗原に関して1つ気になるニュース(結局そこ・・・)。

『広島・栗原、通算100号へあと「1」』 (サンスポ)

節目節目のアーチは球児から決めるという異常な性癖の持ち主クリハラ原人。
すごーくワクテカイヤな予感がせんでもないが、
まあそうそううまいこといってたまりますかいな、と楽観的に考えておこう。



そんなこんなで本日は、ワクワクドキドキ甲子園開幕で〜す。





本業タイガースについて気になったニュース(ってか写真)はこれ。

『にょほほ〜〜〜〜〜』 (サンスポ)

いや、マジでゲラゲラ笑ってもた。モノマネかよっ!
このフォーム、この軌道。
どこをどうとってもこれ、岩田鉄五郎以外の何物でもないわwwwww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2009.04.06 Monday

赤松真人、伝説になり損ねる。
ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
深夜1時和歌山に立つ、タク代がまた6000円。
このままやとワシ、タクシー破産してまうわ。

定額給付金くらいじゃおっつかんぞwww




そら毎度毎度は打てまへんって(笑)

いやあ熱い熱い2009開幕3連戦が終了した。
タイガースは1勝2敗と惜しくもスワローズに負け越し、
明日からの本拠地“新”甲子園開幕を迎える。

実はこの3連戦。
タイガース3カープ7くらいでフンガフンガしまくっていたのは、内緒だ(笑)
誰にも気付かれんようにするのがホンマ大変やったわー(棒読み)



1勝1敗で迎えた第3戦、前日とは異なり異常に楽しい敗戦となった。
(この書き方は語弊があるかw?)

「メンチ祭り」に「福原祭り」、そして圧巻の「まさる祭り」ww
それがええか悪いかは別として、
真弓監督がやろうとしてる野球(前任者とは異なる部分)もハッキリ見えてきたし、
それをその前任者が露骨に快く思ってなかったりwww、
いろんな意味で今年も新しいシーズンが始まったんだなーと実感してきた。

しかしWBC→センバツと一発勝負慣れしてた体と脳を、
「おーい、ペナント始まったでー」って激しく揺さぶってたたき起こしてくれたんは、
完全にカープと赤松とクリケンやったわな。あ、まさるもねwww



昨日は試合終了後、メンチの「人生を変えたこのファール(笑)」
について涙するため、心斎橋に移動して緊急ミーティング(笑)

その後ナイターのCG戦がまたしてもとんでもないことになりつつあり、
真弓監督の「メンチ切る」より先に発動された
原監督の「クルーン切る」事件辺りからフンガフンガ度はMAX状態。
予約のため店を追い出されたのも相まって、ワンセグを見ながらワーキャー言いつつ、
「CG戦を確実に見れそうな店(とらやんけ)」へとそそくさと移動することに。


店に入ると案の定やってるやってる。
しかも店内、モーレツに熱くカープの応援中www
(皆さんいったいどこファンなんですかw)





あー、時間がなくなった。
後で追記するかも知れませんが(たぶん絶対にしないw)、
今日はとりあえずこの辺で。

昨日とらやんけで、「ワシが日本一の赤松ファンじゃ!」
「いや、ワシは世界一じゃ!」と楽しく罵り合わせて頂いたおっちゃん。

楽しかったですwwwwwww





まったくの偶然、まったく異なる環境、人で、
1日に2回もマカベッシュ(東北)の話題になるというミラクルが起こった昨日。

野球ファンって素晴らしいなwww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2009.04.05 Sunday

赤松真人、好物を食す。
ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
庭に生えてた草を食ったらポンポン痛なったwww




赤松真人26歳。

好きなもの:ダルビッシュ、グライシンガー、東京ドーム
ライバル:昔はあかほっさん
目標:トリプル4(4割40発400盗塁)
ヨメ:元ミス茨木(非茨城県)



「クリケン&赤松」、ワシがこの世でもっとも見たい極上のハイタッチ(ドキドキしたw)
最高の仕事で山形とあほの融合、野性とあほが融合。





いやあああ、最高の開幕!!!
ええ、もちろん我らが阪神タイガースのことですよ(棒読み)。

今日はkokoroちゃんの入園式やったもんで、
さすがに「現地に行くお」などと家庭崩壊の決定打を放つわけにもいかず、
(誕生日に行ってた時点でかなりの進塁打だったがw)
おとなしく家のテレビの前でメガホンを持ちつつ観戦しておりました。

でもまあ今日は現地なんぞ行かんでよかったな、とか。あ、口がスベッたwww
(現地観戦の皆さま、ダルーイ試合、お疲れ様でした)


勝った負けた云々は置いといてもホンマ、今日はダルすぎたわ。
両先発共にね(能見も由規も期待してただけに)。
でもまあ能見はそれほど悪いとは思わんかったんで、次に期待してみようかと。
(次の相手がGってのが能見の人生の歯車を狂わさんことを切に願うw)

しかし鳥谷は力があって能力もあるけど、相変わらず野球センスが・・・。
今日の鳥谷を一言で言うと「ぎこちねえ」に尽きると言うか。

後半から「各選手の開幕」にスパッとモードを切り替えた真弓監督の采配については、
現地の人々には申しわけないが「お、いいんじゃね?」とは思ったけど。
まあマニアックな人らは岡崎の!清水の!デビューが見れた!
とか喜んでんでしょうがねwww
ひーやんさんの今期初ヒットとかメンチの国内最終打席とかもねwwwww



夜は仕方ないからC−G戦でも見てやろうかって思ってたんですが、
(違う、絶対に違うよ。こっちが今日のメインじゃないよw)
久しぶりに部屋の掃除したり、庭の草茹でたりしてたらすっかり忘れてて、
赤松のドームランの瞬間を素で見逃してもうた(一生の不覚)。


赤松がなんかやらかした直後に頂く、
多くの祝福メールやら蔑みメールやらバカにした感じのメールやら。
本当に助かってますんで、今後ともよろしくお願いしますね。

ワシ、言うほどリアルタイムでの赤松情報を見てませんものでねwww



あ、そうそう。
皆さん「アケビの芽」って食いモン、知ってます(笑)?





あー、G流2時間も見てたらえらい疲れたわwww
明日は現地でおま。
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(0) | - |


2009.04.04 Saturday

赤松!賢!一応金本。
ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
明日はkokoroちゃんの入園式でワシ今日はハヨ寝なあかんもんで、
メデタイ開幕は、写真でダイジェスト風に。





今年も撮ったよ、開幕ポスター。「派遣切り撤回」




会社を飛び出しタクに飛び乗って、何とかギリで間に合った。



国家斉唱の「斉」は、山本斉の「斉」!イースタンで、連日炎上中!



ずっと背中向けられてたんで、モニターしか撮れんかった。



妙にハイテンションでノリノリの倉木麻衣。




鳥谷のオープンスタンスを見ながら東京の赤松を思う。



今撮っておかないと、もう撮れないかもしれないメンチ。





お待たせいたしました!今日のメインディッシュ!
まさるくん連続写真。






ああ、まさるまさる。ボクのまさる。左足が跳ね上がってるよ、まさる。
昨年、山形野球の価値を失墜させたかわいいヤツww

タイガースが5点を先制したとき、今日はキミに会えると確信したよ。
誰もキミを見ていなくてもボクが見ているよ。
金本を三振ゲッツーに斬って取ったときはボク、小さくガッツポーズをしたよ。




終始真面目に資料を見てる江夏さん。



ボクらの球児。まさるくんが頑張ったからキミにセーブが付くんだぞwww




かねも兄さん41歳オメ、kokoroちゃん3歳オメ。
もうあんたには、なんつったらええんかまったくわからんwww



試合を決めた貴重な3ランが各局ニュースでカットされてた悲しきせっきー。
京セラドームのスタンドの掃除にはどうやら興味がないらしいww



昨年に続き開幕戦連勝!そういや3年連続隣りにおんなじ人がいる気がするww
(毎度ありがとうございますw)





絶対的な力を持ったチーム、そして投げている投手はエース。
そんな相手に対し、3−3の同点から勝ち越しタイムリーを打てる男の中の男。
大事な開幕戦、場面は2死二三塁、しかも有言実行

こんな男を一般的に何て呼ぶか知っているかい?
そう、「ヒーロー」って呼ぶんだよね。
恥ずかしがらずにみんな叫ぶがいいさ、そのヒーローの名を。

あっかまつっ!あっかまつっ!!あっかまつっ!!!あっかまつっ!!!!!!





赤松のヒーインをちょっとでも見せてくれた4chの英断に感謝する。
さっそく更新、「赤松ネット」
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2009.03.04 Wednesday

引き返せない道への分岐点
ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
ハシケエエエェェェェ(゜Д゜;)ェェェェエエエエン!!!!!

率直な感想。
見た目的には「ヤス⇔金村曉」レベルのおトクなトレードやなあ。
むむ久保か、これはうちの大好物「昔の名前で食ってます」ってヤツやなwww
せやけど、せやけど、、、、、、ワシャはしけんが大好きやったんじゃあああ!!!
(でもサジッキじゃなくてよかったとかも多少思ったりwww)



さすがのワシも今回ばかりは正解にもちろん気付いているのだ。

何をどう考えても間違いなく「いらないっ!」んですが、
何かワシはこの『ゴミのような布切れ』を買わないかんような気がしている。
何ていうんだろう、責任感とでもいおうか?

「体張れや!身銭切れや!・・・ネタ欲しないんかっ!!」
ワシの心の中で、もう1人のワシがわめきちらしている。
これを着てライトスタンドを闊歩するワシ、、、、、確かに極上のネタではあるwww




バナーをクリックした先で、キタナイ布切れを8千円くらい(送料含む)で売ってるよ(笑)



しかしこんなもんにお金を払う(捨てるに等しい行為)んやったら、
こっちに払いたいような気も激しくするwww



え?もちろんワシ、スンスケのんにしか興味ないですがのwww



えー、まー、そんな感じで。

明日からはWBC東京ラウンドですかな?
頑張れニッポーン!頑張れハシケーン!頑張れサジキー!
(最近ほんま野球のこと知らん・・・)





もう少しだけ、もう少しだけ考えさせてください・・・。

あ、piyoさん情報ありがとー。
(ってかまさか前回の布切れまで買っていたとはww)
 ↓↓↓↓↓




沼っち「桟原でどないだす?」
ロッテの人「いや、橋本で」
沼っち「ほな秀太では?」
ロッテの人「いや、橋本で」
沼っち「ほな桟原プラス秀太でっ!!!」
ロッテの人「・・・・・いや、橋本で」

沼っち「ほうでっか、せやけど橋本はちょっと出せまへんなあ」
ロッテの人「ではこの話はなかったということでよろしいですかな?」
沼っち「なんせ未来のポスト矢野でっさかいになあ」
ロッテの人「・・・・・いや、ピッチャーの方の話なんですが」
沼っち「え、そうなん?ほなそうしときまひょか(笑)」


公式会見場・沼沢球団本部長

「どうしても欲しかった久保くんの獲得が実現し、非常に嬉しく思っております」
「当初は安藤くんを要求され暗礁に乗り上げかけたんですけれど」
「非常に難しい条件の中ではありましたが、何とかうまく交渉をまとめることができました」

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2009.02.23 Monday

祝☆真弓タイガース2連勝!
ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
最近、いろんな媒体に写っているヤスの写真が、
どれもこれもすべて寂しそうな顔をしてる件。

どうしたヤス、心配事があるんやったらおっちゃん聞いたんでwww




いやあ、岩田がホンマに残りましたね。
2007年7月、手のひらから初勝利をこぼしたあの日から2年、本当にでっかくなった。
こうなるともうWBCはもちろんのこと、シーズンに対しても大きな期待感が。
(それ以上にまたあの舞台でスンスケが見れる喜びに打ち震えていたりするがw)

「よしっ!世界の桧舞台で頑張ってこい!」っていうよか、
今んとこは「お前よう残ったなー!」って感じか、ぶっちゃけ(笑)
チーム事情やらなんやらあるとは思いますけど、
蹴落とした岸と和田。キミ、彼らって各チームの準エース級のピーやで。

「うむ、見事だぞ岩田。おめでとう」(←何様発言)



紅白戦は、んー、なんぞあったんですかな(何も知らん人)?
そらめっさ気にはなってんやけど、見れる環境がどこにもねーんだもんww

一軍帯同が柴田ではなく大城になったってことは、つまりはそういうことなん?
スペシャリスト枠候補としては、現状大城のほうが上って判断?
ふーん、ちょっとびっくりした(貴様は単に新しいもん好きなだけだからなw)。

まあ何はどうあれこの「赤松枠(笑)」を制した選手は、
無条件にワシの寵愛を一身に受ける可能性が激高なんで頑張ってくれたまえ。
うむ、別にそれが上本でもいいんだがの(←何様発言2)。



赤松枠といえばその赤松自体も元気らしいな(結局これが言いたかったw)。

「今年のカープの1番センターは年間を通してをアホのものよ!」と、
ワシは確信しておるのだが、どうやら本人もそのつもりで頑張っておるらしいな。
けっこうけっこう、こけっこう(謎)

しかしこの発言はいただけんな、「ゲームメークができるのは1番ですから」。
貴様如きのウツケがゲームメイクだと、、、、、はっはっは、片腹痛いわっ!!!

そんな出来もせんことを吹聴するより何より、
その「盗塁企図数70を最低ノルマ」っていう設定を倍にせんか!
そんな低い志ではレギュラーはおろか、福本っさん以来の100盗塁選手にもなれんぞ!!
(どうやらこの人、レギュラーを取るより100盗塁のほうが簡単と思っているらしいw)

わかったか、もっと精進しろよ!

あ、それと。
アカマツネットの更新ももっと頼むぞwwwww





しかしこの2試合のジャイアンツは、
「空気を読み過ぎた」ってことでよろしかったんですかのwww?
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2008.12.24 Wednesday

赤松真人、頂点の風景
ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
えー、おとついウィステに上園と浅井が来てたんや!
くそぅ、知ってたら絶対見に行ったのにぃ、、、、、アサーイの激励をしにww






さて、世間様はジングルベ〜ルジングルベ〜ル♪ってことで、
ウチの周りにはこんな家がいっぱいあります、それはもう「何の大会?」ってくらい(笑)

しかし近所であっちこっちここまでされてしまうと、
「クリスマスやしウチもちょっと電飾かざってみよか」なんて絶対できませんわ(笑)
奥様はやりたそうですけど、やる以上は相応の覚悟がいるwww

まあこれらの家のコが「お前んちラブホやんけ」って、
学校でイジメにあわんことを祈るばかりです、ええこれマジな話(笑)



さてとっくに終わった旬の話、予告通りM−1について。

まあ漫才の内容については多くは触れません。
伸助が言うた通り好みの問題がデカイと思いますしね。

個人的にはオードリーの1本目に腹を抱えて転げまわってた以外、
特に見所もないまま終わっていたって言うか、
ノンスタイルには一瞬足りともクスッともできんかったって言うか、
(オモロイオモロクナイ言う以前にあのクドさがちょっと受付けられんかった)
なんか今年後半のタイガースの如く全体的に勢いが感じられんかった。
「技術が向上した」とかはどうでもええから、勢いで爆笑させて欲しかったお。

でワシ、そのノンスタイルに途中から釘付け(漫才以外の部分w)。







・・・・・・・。








・・・あれ、

これ赤松ぢゃね?












いえ、違います。ボクが本物の赤松“ダルキラー”真人です!結婚しました!



くそう残念、うまいこと同じような角度の画像が見つからんかった。

関西のお昼とかの情報番組とかは普段見る機会がないもんで、
ノンスタイルについては名前とおぼろげな顔は知っているって程度だった。

その感情に頭が支配されてからというものの、もう漫才がうまく頭に入らず。
(もしかしてノンスタイルを受付けんかった原因はここではww)


そして見事に赤松は、頂点へと登りつめるのであった。ちゃんちゃん。
(なんか書いてて途中でつまらんくなってきたw)

しかしさすが関西というかこの日の帰りの電車でのこと。
車内のワシの両隣りに座っている人たち、前に座ってる人たち、前に立ってる人たち。
家族連れもカップルも友人同士も、ほとんどの人がM−1をワンセグ観覧。

それはまあいいんですけど、結果をペラペラしゃべるわ思いっきり音漏れてるわで、
帰ってから録画で楽しもうと思ってるワシはもうブチ切れ寸前(笑)





あ、また忘れてた。ここヤキュブログ(笑)

話題話題。

あ、これこれ。 『蒼い目のサムライ ジェフ・ウィルアムス』
語りは世界の渡辺 謙、なぜか藤田(旧太陽)も出演!
見逃したら後悔するよww





今、桑田の番組と清原の番組、連チャンで見てきました。
ワシにとっては少年時代のトラウマ以外の何者でもなかったKKも、
いろんなことがあったんやなあ。
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2008.12.17 Wednesday

置いたら取るを忘れない
ブログランキング
  ↑ ↑ ↑
昨日の「靴履き違え」に続いて、
今朝は車の上に飲みかけの缶コーヒーを置きっ放しにした。
車を出した瞬間、カランコローンって・・・。
ワシの脳細胞はもうほとんど無いのか?

缶コーヒーを仮置き⇒kokoroを車内へ⇒缶コーヒーを取る⇒出発 ○
缶コーヒーを仮置き⇒kokoroを車内へ⇒そのまま出発 ×



「2月1日?普通に投げられると思うよ。」
「壊れるヤツは壊れるし、壊れたらそこまでの選手。」
「今まで壊れなかったから、ここまでやれたんやないか。」


シモのこの言葉は重いなあ、これがプロの世界ってヤツだ。
「超一流の才能を持った選手」と「超一流の選手」は必ずしもイコールではない。
「壊れない」、これが超一流の選手が有する絶対不可欠な条件の1つだ。



広島梅津(チーム山形w)が結婚式。

お相手はめざましテレビなんかに出ていた元タレントの翔子さん。
そういやワシ、めざましテレビといえば昔吉田恵見たさに毎朝5分だけ、
お天気のコーナーだけを週間録画してたな(ギザキモすw)

しかし奥様、えらいかわゆすやなあ。
そういやクリケンの奥様も元ホームランガースでかわゆすやったし、
時代は今、山形を求めておるんかw?

ちなみに「あほんとこ」でも紹介されてましたな。
ついでにあほも、今週20日に結婚式らしい。
大阪市内のホテルらしいが、何とか調べてぜひ祝電を贈らせて頂きたい(笑)

僕も20日に結婚式を控えています!梅ちゃんに負けないぐらいの結婚式にします!
(何の勝負?お馴染みのあほ発言ww)





「球児の4億」とか「PLと早稲田の雪解けが近い?」とか、
ワシ的にはまあまあニュースが多かった昨日。
某在阪球団の某中村さんだけは激しく口を滑らしておりましたな(笑)
「9年ぶりのAクラスでも、しょせん2位は2位。」

ああ、言うてもた。あんたそっちでも暗黒を育む気か? www
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2008.11.06 Thursday

衝撃写真初公開
ブログランキング





虎の皮を被った獅子だったワシの幼少時代の衝撃写真。

もう1枚、結婚式のDVDに使ったくらい
かわいく写ってた詐欺写真があったはずなんやけど見つからんかった。
しかもパンチラ付き(おい)!

しかしこれ、なんちゅう昭和くさい写真やねんな(笑)




ずん、ずんずんどこずんどこ、ひっろっしっまっ!
ずん、ずんずんどこずんどこ、とっうっよっうっ! www


さっき赤松ネット見て気が付いてんけど、
赤松ってもう契約更改終わってたのねん(天谷と一緒)、知らんかった。
840万アップか、、、「人的トレードw」のお陰でいっぱい上がってよかったね(笑)
(「人的トレード」発言の日記にリンク貼ろうとしたら訂正されてやがった、くそぅ赤松めw)

んで、プロ入り初の大幅昇給に伴い来期の目標は「出塁率4割」とな。

ほうほう、つまりはあれやね。
貴様如きがうちのかねもっさんとかあかほっさんに喧嘩売ってるわけやね(笑)

まあ貴様の場合、目標設定を高く置くってことは悪いことじゃないと思うから、
じゃあとりあえずはそれで頑張ってみてくれたまえ。
ついでに天谷の目標は「30盗塁」から「100盗塁」に勝手に変えておこう。




濱たん、関西から高知程度の移動で飛行機?

「どしたん、濱たん。オリでは友達おらんのか?」
「あれやったら藤本でも貸したろか?」

「交換要員は小松辺りで手を打つで、げへへへへ」




しかしヤングライオンズ、グラを対戦3試合連続壮絶KOってスゲイな。

・・・・・絶対なんか攻略法持ってるやろ?
苦渋の決断で「プロ入り以来、今が最高に旬の藤原」を金銭トレードであげるから、
その攻略法をちょっとだけ教えてくれませんかね(笑)

タイガース関係者は全員、「この3試合ライオンズが何をしていたか?」、
穴が空くまでその映像をガン視してください。

今日も頑張れ、ワシのライオンズwww!





オフはこんな感じの「箇条書き雑感」も増える予感です。
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(12) | - |


2008.09.22 Monday

赤に願いを
ブログランキング


いわゆる1つのこういう結果に終わったわけで、
一応まだ単発の直接対決を2つ残してはいるものの、
セントラル・リーグの覇権争い最終章は「他力本願」に委ねられることと相成った。

阪神は明日から甲子園に横浜を迎え4連戦(しかし先発投手皆無w)。
巨人はラスト市民球場に乗り込み広島4連戦。
勝負のアヤで局面が大きく変わるとすれば、風向きが変わるとすれば、
もうここしか無いかな、と。





なんでワシ、こないゴミみたいなTシャツ着さされとんやろ?>幼児虐待w


確かに巨人は強かった。
しかし今の広島@市民球場もハンパなく強い。

そして広島には「この男」がいる。
覚醒を続けるチーム山形の主砲、栗原健太もいる。
(でもルイスはいない、マエケンもいないw)

このアホに頼らざるを得なくなった状況は誠に遺憾ではあるが、
しかし背に腹は変えられん、新井の背骨は変えられん。


頼んだぞ赤松、ワシの最愛の人・・・。





しかしこのTシャツ、封を開けた瞬間に激しい異臭が(実話w)。
これが一昔前に世間を騒がせたホルムアルデヒド臭ってヤツか(冗談ですよw)。
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(10) | - |


2008.09.09 Tuesday

スクールカラー
ブログランキング





・・・・・なんと言いましょうか。
このようなあほを愛してしまった責任とでもいいましょうか。

プロ野球選手にあって「記録達成」等ではなく、
自分で自分のバースデーを祝う記念Tシャツを発売しているどあほを見かけまして、
あまりにも不憫に思い、なけなしのお小遣いから1枚購入してあげました。

ちなみにこの粗悪なデザインのTシャツ、¥3,800で売っております。
もしも。もしもですよ。いないとは思いますが興味がおありの方がいらっしゃいましたら、
上の購入証明写真が販売ページへのバナーとなっておりますので。
いや、高過ぎるとか舐めとんかとかの判断は皆さま自身にお任せしますよ、ええ。


しかしなんと言いましょうか、

「平安兄弟」 とでも申しましょうか・・・。





さて、今日からの9連戦を終えての9月19日。
我が愛しの虎たちは、どんな顔をしてジャイアンツの前に立っているのか?

「や、やばい。マジやばい」とか「絶対負けんな、ごら!」とか。
不思議と今はそんな情緒不安定だったりいきり立ったりした状態ではなく、
ただただその日を迎えた選手たちがどんな表情を見せてくれるのか、
それを想像しているのが楽しくて仕方ありません。
これが嘘いつわりない今のワシの等身大の正直な気持ちです。
(今ちょっと「等身大の」って言葉を使ってみたかったw)

悟りを開いたとか腹をくくったとかではありませんよ、ええ。
先を見過ぎて足元を見てないのともちょっと違います。

なんなんですかね?うまく説明出来ませんが、そんな平穏な心情です。





但しっ! この3連戦でヤクルトが余計なことをしてくれたら、
それに関しては平穏な心情ではいられません、そんな今日この頃(笑)

ヤクルトだけは・・・、ヤクルトだけは・・・。
 ↓↓↓↓↓








高校のとき、この歌が好きで好きで・・・。
「行けるさ、どこまでもダイビング!」


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(8) | - |


2008.09.07 Sunday

あほ天狗
ブログランキング


「全体的な会は終わっていたのですが、
僕が行くということで、かなりの人数の方が残ってくださってました!」


    ↓
「俺様がいらっしゃられるということで、
俺様に人目逢いたい愚民友がまだかまだかと雁首並べて残ってやがった!」

(※一部漢字がおかしい部分がございますが、本人自筆のまま掲載いたします)



いつもとはまったく異なる風景がそこにあった。
9月6日、スタンドの半分が真っ赤に染め上がった広島市民球場。

―― レッド・ストーム・デイ・2008 ――
「赤い服装で広島市民球場に集まって、ファンが赤松様のご生誕に感謝する日」

そう、つまりそいつらは世界で最も赤が似合う男、
才色兼備質実剛健、世界のスピードスター“赤”松さまの私設応援団なのだ!!
俺様が広島カープくんだりまで来てやった幸せを噛み締め泣け、愚民共!





さて、本題に入ります。

重い重〜い4時間35分の死闘を制し、虎は5連敗を脱出。
さらに東京では、東北が生んだスーパールーキーが、
「寒虎撃墜モード」に入っていたジャイアンツをゴクリ一飲みにしプロ初勝利。
エース内海を起てながら高卒ルーキーに敗れたジャイアンツとの差は再び4.5差。

しかしあくまでこれは「1勝」(もろ手を上げて大喜びしたがw)。
昨日も書いたとおり今後チーム状態が上がって来ないのならば、
この1勝も広がったゲーム差も残念ながら単なる延命治療の1つでしかないと思っている。

イエローモンキーズがMAXになった程度の変化では当然逃げ切れない。
本質的にチームが変わらないといけないのだ、そしてきっと変われると信じている。

そう、菊池桃子が「ラ・ムー」へと変わったかのようなメタモルフォーゼを・・・。


※参考図書  ラ・ムー「愛は心の仕事です」






しかし昨日の勝利は采配ミスに助けられた。
12回の表のブラウン采配、「あそこであれは無い」と断言できる。

同点最終回二死3塁、打者金本と鳥谷との両天秤。
もちろん1点も獲られてはいけない場面ではあるが、2点のリスクを負うのは愚。
冷静に考えてみればタイガースの裏の投手は2イニング目の久保田が濃厚。

別に久保田が嫌いなわけでも何でもないが(どっちか言うとかなり好きw)、
客観的に考えて今の久保田は「絶対に点が獲れそうもない投手」ではない。
ここでかける天秤は「金本と鳥谷、どっちが抑えやすいか?」という1点死守ではなく、
「1点のリスクと2点のリスク」、これが正解だったのではないか、と。

金本を歩かせて1・2塁間を空けてでもきっちり1塁に釘付けしておくならまだしも、
ベースを空ける守備体系を取ってた時点でこれは采配ミスだ、と。
金本は当然そこは走るよ、そういう40歳なんやから(笑)





今のペナントの状況が無くても由規の初勝利はデラうれしい!
山本斉くんもぜひ由規に続くように(笑)

あと東北の豪腕といえばM柳田将利(青森山田)が打者に転向したらしいね。
あの甲子園での快投から期待し続けているC佐藤剛士(秋田商)はまだなのか?
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2008.08.15 Friday

よっしゃ!
ブログランキング


やった! やった!! やったあああ!!!






星野JAPAN!

















に漏れた赤松が試合を決めたあああ!






あかほっさん見てくれてますか、1シーズンでもう7本目でっせ!






腕の筋肉の張りはあかほっさん、アゴの感じは片岡さん。
ボクも段々一流アスリートの貫禄が付いてきたッス!






ぶらうん「アカマツサ〜ン、クソボール振ッテルJAPANノ4番ヨリタヨリニナ〜ルヨ!」
あかまつ「いえ、嫁のおいしい料理のお陰ッス!」







なにはともあれJAPAN初勝利おめでとう!
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2008.07.14 Monday

赤松真人、ヒーローを逃す
ブログランキング


最近赤星がよくする小さなガッツポーズがすごくいい、キュンとする(笑)

しかし金村はなんだあれ、キミは変化球マジシャンか(笑)?
「そこはオレの場所!」と言わんばかりに自在に低目のエリアを支配する。
いいよいいよ、いなかったタイプ。
暗黒将軍に支配されてた時代は逆にこんなんばっかやったから(好きやったけど)、
逆に今は金村がものごっつい新鮮に見れる(笑)

9回のヒロシ素手チャージから新井すくい上げの一連の流れはマジ叫んだ。
これが、“THE 野球”!!!
いやマジな話ワシ、お立ち台のイクローの7倍は叫んだね(当社比w)

イクローはあの厳しい場面でよう打ったねえ。
お立ち台の雄叫びは、悪いがもう定番確定やで(本人望んでるくさいけどw)


しかし赤松、今日はやったったな、それを見たかったんや。
先制タイムリー1本で連夜のヒーローななろうとしたんは問屋が卸さんかったけど、
新井さんの当たりをつかみとったプレーはもう絶句した。
作戦上どんな守備位置をとっていたとしても、あれを追いつけるセンター。
そのときの赤星の「マジで!?」的な顔が微笑ましかった。

褒めるで、さあ褒めるで(笑)

赤松は来年からの新広島球場の目玉アトラクションになります!





しかし、金本さん…。
ワシらはいったいあなたにどんな言葉をかけたらええんですやろ。
ここだけの話、試合後の監督インタビューで、
あのひょっとこがあれを自分の手柄にしようとしてましたで(笑)

あ、忘れてた。クボタン今日もお疲れッス!
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2008.07.13 Sunday

赤松真人、ヒーローとなる
ブログランキング


二死2塁、しぼんだかに見えた広島のチャンス。
安藤が投じた初球のシュートを赤松は迷い無く振り抜いた。

そのバットから発砲された弾丸ライナーは金本の手前で糸を引いたまま鋭く跳ねる。
セカンドランナー石原は、躊躇することなくサードをまわりホームへ滑り込む!

広島先制! 殊勲打を放った赤松(@3割打者)は、
涼しげな笑顔を浮かべ甲子園につめ掛けた広島ファンに向かい手を上げた。

(私の目にはあの場面、このように見えましたがいかがなもんでしょうか)



まずはダイヤル1179MBSの英断に御礼申し上げる。
ホーム甲子園での、赤松のヒーローインタビューを流してくれてありがとう。

サンテレビでお立ち台(実際台はない)に赤松が呼ばれた映像が見えて、
「あー、聞きてえなあ。あー、聞きてえなあ」って非常にムラムラしておった折、
通常タイムテーブルには絶対存在しないはずの敵インタビューを放送。

すばらしい仕事だったよ、MBS。(←貴様にとってだけですよ)
また、今日もすばらしい放送を頼むよ、MBS。

・・・え、赤松のヒーインの書き起こしが読みたい?
残念ながらワシはあんなあほのためにそんな時間をかけるほど暇ではない(笑)


しかし赤松のしゃべりは優等生過ぎる、しかもかなりハキハキとしている。
個人的にはDAIGO的なしゃべりで、
「あの場面わぁ、集中してぇ、無心で振ったらヒットになりました」くらい言え。



勝敗を別けたのは、9回先頭の赤星の打席。

昨日の今日で不安が残る永川に対し、粘り倒した10球目を鋭く引っ張り込む。
この打球がいい当たり過ぎて結果的にはアレックスのミットに収まった。

すばらしい仕事。 結果だけではない。

この打席で赤星は、赤松のウソクサイ殊勲打を粉砕している予定だった。
この結果がわずかにぶれれば、タイガースはサヨナラ勝ちだったかも知れない。
永川もきっと「この先輩、くそヤラシいわ」と思ったはずだ。

今日は赤松に花を持たせよう。
長く過酷なペナントレース、最後に勝つのは自分の仕事をやれたチームだ。



しかし、広島組み難し(超個人的意見)。
赤松がスタメンなうえにチャンスで栗原にまわるし、ピンチで梅津が出てくる。
Dr.KEN30ウン歳、山形出身キ○ガイ阪神ファン、でも赤松が一番の大好物。
今年の広島戦は、自分の立ち位置が本気でわからんくなるわ(笑)





新井の状態がかなり心配…。
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(0) | - |


2008.07.12 Saturday

お前は赤松じゃない
ブログランキング


「赤松、3割打者として甲子園に凱旋!」の記事を書こうとしてたんやけど、
PCお引越しに伴う設定、トラブル等で既に現在、本日の試合開始直前。

時間的にもテンション的にも、
「もういまさら昨日の試合はええやろ」ってな感じなもんで、
赤松のことは今日明日でなんかやらかしたら書くとしよう。

っていうか、昨日の振らない赤松(選球眼って感じではなかった気がする)。
初球から無鉄砲に走らない赤松(ドラ戦ではなんかやったんやろ?)。
なんだお前、賢なったつもりか? そんなつまんねえお前、見たくねえんだよ(笑)

あれはワシの知っている、ワシの愛している赤松ではない。
あんなのは単なる変態的な打撃フォームの気持ち悪い生きもんでしかない。

あほになれ、赤松! そう、日本一のあほになるんや真人(号泣)!!!



昨日は久しぶりにプレーボールからサンテレビ+MBSラジオでの観戦。
(これがワシの黄金率w解説が一枝さんであればなお良し)

8回の裏、同点のシーン。広島のピッチャーは守護神永川。
2−2と追い込まれてからの最高のフォークを自信を持って見送った鳥谷の選球眼。
この球でワシはたかすぃーに昇天。
薄れゆく意識の中で、「今日勝つわ…」とつぶやいていたとかいないとか(笑)

しかし今の関本。
「打つんちゃうかオーラ」が、ヘタしたら金本より出てる気がするぞ。
昨日の11回に関してはスマンが「新井につながんでええぞ!」って叫んでしまった(笑)
(新井、スマンねwしかしどっか痛めてないか?)





常総学院って木内監督復帰してたんやね。
坂が「木内ラストチルドレン」じゃなくなってたんや(笑)
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(2) | - |


2008.06.18 Wednesday

その美しき顔は屈辱に歪む
ブログランキング


これって毎年何回か言ってんやけどさ。
今年も既に2回くらい言ってんやけどさ。

もっかい言わして。

昨日の楽天戦、、、、、今年1番の試合やった(笑)!


虎キチとしてさ、東北人としてさ、
野村野球信者としてさ、機動力野球愛好家としてさ、
もうね、ほんま最高に楽しい試合やった。

(当然これもでかいけど)タイガースが勝ったどうこうよりも、
こんなスリリングで考えさせられる野球がまた見たいわ(試合長かったけどw)。

ワシは1ヶ所をどこまでも掘り下げてしまいがちな粘着質なヘキがあるんで、
ポイントと感じた部分に次々と触れていくと、
たぶん昨日の試合は1冊の本になりそうなくらいの量になってしまうと思われる。
なんで泣く泣く展開には触れんとこう(言い訳ではないw)。
(端的にかつ感動的に展開を伝えられるtoraoさんをほんま尊敬する)



しかし「フェルの(アウトくさい)二盗」と、
「二死満塁でドミンドセーフティー」で完全にワシのおもしろ野球スイッチが入った(笑)
それを読んでた関本の備えあるプレーも凄かった。

こちとら常々「岡田野球」ばっか見てるもんで、
こんな絶妙のタイミングでの奇襲がもう新鮮で新鮮で、、、ノムさん最高(笑)!


5打席全出塁した赤星、日本記録4犠打を決めた関本、キミらも最高!
長いこと野球見てるけど、ここまで100点満点だった1・2番って初めて見たわ。

「野村の足責め達磨」を三度刺した矢野も最高(ほんまは四度>フェルにこだわるw)!
8回のヒットにも「勝とう!」って勇気をもらった。

あんな場面で連日結果を出せる桧山に光信も最高!
パパの雄姿を見れなくて残念だったバルのファミリーに対しても、
チームの勝利という最高の結果で応えた。
(しかしこの場面での野村と岡田の腹の探り合いがこの試合、ワシ的MAXやったw)
(名人野村と負けず嫌い素人岡田のわかりやすい詰め将棋みたいなw)



そしてそして、、、、、赤松最高っ(笑)!!!!!
   ( ´−`) .。oO(・・・・・え、なに、御呼びでない???)

ダルにプロ初の先頭打者弾浴びせるって、お前やったやん!
ついでにダルから猛打賞って、お前やったやん!
でもお前が活躍しても試合はキッチリ負けたんやろ、お約束やん(笑)!

・・・・・ワシ、ワシ、泣きそうや。
どうせあれやろ、なんも考えてなかったんやろ? エイ、ヤーやろ。
それ以前にダルってピッチャーがどんなんか知ってたんか?

ほんまはワシ、今日は赤松のことで記事を書く責任があったんやけど(どんな責任?)、
あまりにもこっちがええ野球してたんで無理やったわ。

ごめんな、また今度打ったらちゃんと書くからな、真人堪忍やで。





んで、昨日初めて知ったんやけど、楽天・山崎の応援歌であれだったんやね。
東北人だったら誰でも知ってる、東北人じゃなかったら誰も知らない、
ご当地CMソング「八木山ベニーランドの歌」。  しっかり抑えるねえ〜(矢野w)
応援歌って雰囲気ちゃうけど、さすが地域密着球団(笑)

♪ やんやんやや〜ん八木山の〜 ベニーランドででっかい夢が  wwwww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2008.06.05 Thursday

赤松真人、ダル撃つ
ブログランキング


……嗚呼ワシ、もうどうしたらいいかわからない。

初老のこの肉体から魂がスルリと抜け出して、
演歌のリズムに合わせてエロレゲエダンスでも踊り出しそうな勢いだ。





人、ダル撃つ。
  (嫁・寛子>>>サエコ)




デイリーより




トゥルル、トゥルル…


――「……はい、赤星です」
「あっ、あかぼっさんッスか!赤松ッス!」
――「……違います、じゃあ」
「ちょーちょー!違いますちゃいますって!今あかぼしって言いましたやん!」
――「……何?」
「最近ちょこちょこ休んではるんで体調どないかなあって!」
――「……別に」
「まあそんなことはホンマはどうでもいいんスけど、聞きたいことがあるんスよ!」
――「……何?」 (こいつ殺したい殺したい殺したい……)

「あかぼっさん、ダルビッシュってピッチャー知ってます?」
――「……いや、知らん」
「またまた〜!」
「いやね、今日余裕でポコーン打ったったんスけど、何か周りが騒いでるんスよ!」
――「……あ、そう。凄いね」
「全然凄くないッスよ!あんなん非力なあかぼっさんでも打てるッスよ!」
――「……今、非力って言った?」
「もしも〜し!もしも〜し!電波悪いなあ!」
「でもね、余裕で打ったボクが言うんやから間違いないッス!」
――「……ありがとう、じゃあね」
「ちょーちょー!あかぼっさ〜ん!プロ通算ホームラン3本のあかぼっさ〜ん!」


ガチャ! ツーツーツー…


「あー、切られてもうた!もー何なんあの人!」
「まあいいや!次はヨメに電話しよっと!あー、忙しい!」





□■□ 『変幻ルイス13奪三振 赤松先制打』(中国新聞)
□■□ 『阪神守護天使・今日のおちちゃん』





そういや昨日、タイガースは勝ったんやったっけ(汗)?
上園、今季初勝利おめでとう!
自分にとって(そして野口っさんにとって)、
本当に大きい一発回答やった。 ナイスピッチン!!
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2008.05.11 Sunday

赤松のススメ。
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
◇◆◇ とら豆知識 ◇◆◇

「春眠暁を覚えず」

金村(暁)はこれからだお♪の意。
じゃあまたね!



―――ブラウンさンよ。
―――あンた、マサトが煤けてるぜ…。



広島東洋カープが暗礁に乗り上げている。
ここまでルイスの大車輪のお陰で何とか借金5には収まってはいるが、
先日はとうとう大ベテラン高橋健がキレてしまった。

「どうやって勝てばいいのか分からない。打撃コーチに聞いてください」
「これからは、限りなくゼロに近い点数に抑えていかないといけない…」


さらにこの記事を見ていたら「あ〜あ」な記載が…。

赤松は3度先頭打者で打席に立ち、一発狙いのような大振りを見せ3三振した。
この打席の狙いは? そのための狙い球は?


おい、このあほう。
完全にこれ、「ワシのエセ更新」通りやないか…。


でもまあこれは、正直ブラウン監督の起用にも問題がある。
赤松は使用上の注意が非常に多い選手なんだわ。

選球眼が皆無な赤松を1番で起用して何がしたいのかと。
他球団に移籍した以上害は無いんで、
ワシ個人的には目にする機会が多くて助かってるけどw、
あの出塁率の悪い赤松が1番バッターではチームは機能しまへんで。

あの足と守備をどうしても多くの場面で活かしたいんなら打撃には目を瞑って打線は下位。
日本中を震撼させた東京ドームでの「赤松祭り」はしょせん祭りなんやって。

そらどノーマルのパワフルゼロでも、
たまには保留玉で自力3連チャンくらいすることもあるって(意味不明w)


このまま赤松が打撃不振から消えていくのだけは何とか避けてくださいな。
(過去に長期悩んで出口の見えないトンネルに迷い込んだ経緯あり)

昔からワシの赤松持論は、「夢に煌け!(代走、守備要員)サブで輝け!」
レギュラー獲るなんてまだまだ早い、んで赤松はサブでもレギュラー並みに輝ける。




昨日NHKでGD中継やってんの知らんくって、普通に「ルーキーズ」を見てた。
あー失敗した、かなりおもろそうな試合やったやないか。

でもあれだ。 一昨日のオチヤイ。
「左腕5人リレー」とか「9回同点のランナー敬遠」とか、
なんちゅう気持ち悪い野球をしてくんねんな。
こんなんやられて嵌められたチームのダメージは、計り知れんもんがあるな…。




※ お昼に茶店で見たデイリーにこんな小さな記事が。

試合中止が決定したその日の練習。
「これで雨男は他の人のところに行きましたね」
と不敵に笑った杉山は、明日の登板に備え調整を行った。


そしてその記事の真下にあった各球場の先発予想欄にはしっかりと「岩田」の文字が。
そして今さっき甲子園の先発が発表された。
………先発・岩田。

壮大なるデイリーのネタ振りに、、、乾杯(笑)





タイガースのこと書くん忘れた(笑)!
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(2) | - |


2008.05.02 Friday

赤松ネット更新
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
ホームラン、スチール、ファインプレー…。
あかん、この3連戦を「G流」で振り返ったらご飯なんぼでも食べれるわ(笑)








こんにちは! 広島東洋カープ、赤松真人です!

3試合連続でホームランが打てました!
オフにウェイトで鍛えた肉体改造が実を結びました!
この写真を見てください!
昨日寝る前に寝室で嫁に撮ってもらいました!

でも僕はまだまだレギュラーではありません!
広島には前田さんや緒方さんといった名前だけビッグな先輩がたくさんいます!
この結果に驕ることなく明日からもホームランを狙っていきます!!!

今日の僕は3安打でしたが、
僕を育ててくれたタイガースはチームで1安打だったって聞きました!
これからも頑張っていくので応援よろしくお願いします!

今朝嫁がつくってくれたコーンフレークはおいしかったです!





ここをクリックすると赤松が、
1試合5盗塁をするとかしないとか… www

 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(7) | - |


2008.05.01 Thursday

平野祭り
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
お祝いのメールをたくさん頂きましてありがとうございます。
この場を借りてお礼でも。
「わしゃあのアホの身内でもなんでもねえ(笑)!」


次回予告








人、覚醒モード突入。




「あ〜ほまつ!あ〜ほまつ!あ〜ほまつ!」

鳴り止まないシュプレヒコール、赤松が連夜の先頭打者アーチ。
これはもう奇跡としか言いようがない。
(うちのバッターにもグラと高橋尚の打ち方教えてくれんかねw)
しかしカープファンの皆さん、過剰な期待はいけませんぜ。
きっとこれで打撃開眼とは絶対なりませんから(笑)
それよりあいつの魅力はもっと違うとこにありまんねんで。

それと8回、同点に追い付き一気に勝ち越しの場面での三振見た?
門倉さんのボール球を振ってしまってカウント2−0。
3球目阿部は高めに大きく外したら投球はハーフスピードでど真ん中へ。
これを赤松プリッと空振り三振。

この三振にはマジお腹がよじれた(笑) 赤松〜、最高過ぎる〜! www

んで試合的には赤松の先頭打者アーチを活かせず連夜の逆転で負けムード。
「あのアホをシンデレラボーイなんかにはさせんぞ」って、
野球のネ申さまの強い意思を感じてたんですけど今日は広島粘ったね!

「もう1人のアホ」、G鈴木の初球スチールにはある意味笑えた。
(巨人ももっとこいつをうまく活かしていかなな)


しかし最近他球団含め野球がめっさ楽し過ぎる。

福留の離脱を感じさせない中日の相変らずの気持ち悪さ。
巨人のベンチ主導の開幕逆ダッシュ。
完全ワシ好みなヤクルトの打力の伴った機動力野球。
打力の伴わない広島の機動力野球とちょっとどうしようもない横浜。

長谷川くん(SB)の活躍(今日スタメン外れてたけど)。
非の打ち所の無いダル様…。
楽天のジェットコースターペナントレース。
故障明けの長谷部(楽天)、多田野(アーッ!)が満を持しての一軍登録。

んで今日の楽天、9回に2点差を追いつかれてて、
「オリックス何すんねん〜!」って思ってたら、
追いついたんって代打濱ちゃんの同点2ランやったんスね…。
そらしゃーない、おめでとう(笑)



で、今日のタイトルの「平野祭り」なんですが、
前置きがあまりに長なり過ぎてもう書く時間が無くなった(笑)

いやあ、リオスのポテンに対して魅せた爆笑えびぞりダイビング。
あれを見た瞬間から今日のタイトルはこれでいこうって決めてたんですけど、
あまりにその後いろんなことがありすぎて(笑)

しかし平野、今日も帰塁とか走塁とか守備とか殊勲打未遂とか盛りだくさんでしたな。
まさに祭り(笑)!
祭りの〆を久保田の劇場にフイにされて残念でした。

しかし湯舟さん。
「今平野が打席でガチャガチャやってましたが…」って、
それが解説者の発する言葉か、、、、、ほんま言いえて妙過ぎるぞwww


試合は最後、新井の「こんにちは浜風さん、以後よろしゅう弾」で劇的ハッピーエンド!

東京ドームでは赤松の連弾で始まり、甲子園では新井の劇弾で決着。
京セラドームで濱ちゃんが代打同点弾、甲子園では平野祭り。
人生いろいろ、「FA」「トレード」について改めて考えさせられた夜だった。
(主に考えていたのは赤松のことやったけどw)

※ もう1つの祭り 「永川フォーク祭り」






関本の6回の2ベース、「神の手事件」
あの奇跡のヘッスラシーンにあんま誰も触れてない。
確実に「野球のネ申さま」と「笑いのネ申さま」が一緒に舞い降りてたよ。

「事実は小説より奇なり」

このな大事なとこが昨日地上波ではリプレイされてなかった。
(リプレイは打ったとこのみ)

どうしても気になったもんで試合終了後「熱闘ライブ」で見直したところ、
しっかりスローで補完されておりました(笑)
予想通りとんでもない映像に仕上がっておりましたんで、
Tigers-net.comユーザーのかたはぜひ見直してみてください(笑)





ここをクリックすると赤松に3戦連発先頭打者弾が、
飛び出すとか飛び出さないとか… www
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2008.04.30 Wednesday

犯罪者になりませんか?
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
デーゲームでは長谷川くん(SB)が初ホームラン。
そして東京ドームでは…。

なんや? 今日は人生最良の日か(笑)?




…で、でたあ!
赤松真人プロ第1号!
先頭打者アーチ!
しかもグラ撃ち!

頼む長谷川〜。
1-0で完封して、
あいつをヒーローに
したってくれえ!

長谷川つながりで、
今日のワシを
祝ってくれえ(笑)!





結果があれやったもんで字をちっちゃく戻してみました。

しかしラミレスの打球を掴んだスーパープレイ。
あれはとんでもなかったね。
解説者(栗山?)も日本屈指のアウトフィールダーみたいなこと言ってた。

そんなん福本っさんが昔から言ってんねん(笑)

捕球のシーンだけじゃ語れないあのプレー。
反応、速度、落下点に入る正確さ、キャチング。
あれはまさに日本のプロ野球で最高峰のプレーだった。

だってさ、あの打球が飛んだ瞬間。
あれを獲れると思った人がおったら手上げてみ(笑)



この感動をまとめた怪文書を赤松の家のポストに入れてみようと思うんで、
一緒に前科一犯になりたい人はコメントで入れてください。

一緒にお縄を頂戴しましょう(笑)!





それとランキングがちょっと上がってきてる。
ありがとうございます、これは「赤松効果」ですな。
いっそのことtoraoさんの下くらいまで上がってみますか(笑)?

 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2008.04.13 Sunday

偉大なる記録の陰で
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
巡り巡った金本狂想曲もついにグランドフィナーレを迎えた。
金本知憲外野手(40)がとうとう待ちに待った2000本安打を達成。
同日、数奇なる運命に導かれたかのように、
弟分新井貴浩内野手(31)もその半分の数字となる1000本安打を達成。

そんな記念すべき日に、いっさいそれに触れない虎系ブログもある。
だってもう個人的にはひとしきり泣いたし記事もあっちこっちで見たんやもん(笑)




まずは「これ」を見て欲しい、話はそれからだ。

偉大なる記録に世界中のタイガースファンみんなの笑顔が弾けた昨日、
ほぼ似たような時刻に小さな事件は起こっていた。



ワシが愛用しているエキサイトベースボールによると、
復帰即、初スタメンをつかんだ赤松が「移籍後初安打」を放ったそうだ。
……ちょっと待て、おい。

赤松のあほが肩を痛めたときのことを説明したろか。
あのあほはたった一度の「岩瀬撃ち」と引き換えに己の右肩を差し出したんやぞ。
それを無かったことにされるなんて…。

  あ  か  ま  つ  、  お  い  し  す  な  ぁ  ヽ( ´ー`)丿


おっ、赤松ネットも更新されてるぞ(笑)!

バナーをクリック、クリック♪(あ、何か間違えてる)

写真の後ろのほうで「うはー、これヒトメボレやーん!」
みたいな顔してる一般人は誰やと思ったら、これ天谷やないか(笑)




うちの試合の話に戻ると昨日はメモリアル打以外でも、
そのワンプレーだけで白飯を一杯食えるような場面がてんこ盛り(笑)
とてもじゃないけど書き切れないんで箇条書き。

・亡き赤松の意思を継ぐ漢、「るー。」の大暴走。
 →あんな素晴らしく無謀でキラキラした暴走、久し振りに見た! ありがとう、るー!

・あそこで横浜ベンチが金本勝負を選択してくれた件。
 →あの場面、オチアイやったら100%敬遠で間違い無し(ワシでもそうするわ)。

・桧山さんが本当に神になってしまった件。
 →もうあの日の桧山さんはいなくなっちゃったんですか(´・ω・`)?
   大きな歓びと少しの寂しさを涙の言葉で歌いたい…。


あー、おもろかった。




あ、そうそう。
ナイターで見たリグスの一発もゾクッとしたなあ。


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(2) | - |


2008.03.06 Thursday

赤松真人、アピールす
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
赤松が「ボクも島野さんのために…。恩返しがしたい…。」的なコメントを出していた。

え〜い、お前は言うな。
ワシは島野さんが他界された翌日、お前はそのことにはいっさい触れずに、
「今日はキダゴーさんの結婚式!」って記事を書いていたことを忘れてはおらんのだぞ!
どの口が恩返しとか言いいよんねん(笑)



「すげえな…。金本ってほんますごい男やな…。島野さんも歓んでるかな?」
昨日の夜はこんな感じで家に帰ったんですよね。
んで、帰ってきてすぐに試合の録画を見たんですよね。


先に謝っときます。
金本ファンの皆さん、純粋なタイガースファンの皆さん、
島野さんのために戦った選手の皆さん、そして一番は島野さん。
本当に、本当にすんません。

ワシ、「1番センター赤松」を見た瞬間から興味が別の方向に行ってました…。

試合開始からクネクネ動く奇妙な赤い生き物がテレビの中で蠢いている。
それを見たときの自分の気持ちをなんて表現したらいいんやろう?
イラ大好き(イライラするけどやっぱり大好きの略www)?

その表情、その動き、そのリード、その盗塁、その打球判断。 
赤松のすべてにキュンキュンしておりました(笑)
3回表、アホと天才は紙一重的な赤松の2つの走塁でワシは完全に昇天…。
(しかしアッチソンはええけど新井はあれをホームに放ったらあかんやろ)

(相変わらず野球に興味が無い)奥様と、
(見ていたトトロを変えられてふてくされる)kokoroちゃんに対し、
「ほらこれ赤松やで。ほらこれ赤松やで。」と恍惚とした表情で話し掛けるワシ。
当然のように無視されるワシ。
あ〜、今年もやっと野球シーズンがやってきたよ(笑)



それと大事な発表が。
デスブログ運営者としてだいぶ前の記事で、
今年の一押しはあにやそうはちとへさかですとか書いてたけど、
本当の一押し選手が昨日決定いたしました。

その選手とは『るーふぉーど』さんです、もうゾッコンです(笑)!

いたいいたい言い過ぎて、
忘れられそうになるとスッと出てきてひょいっとタイムリー。
忘れられそうになるとスッと出てきてひょいっとドデカいホームラン。

でも、打ったら打ったで「お前が打つとややこしなんねん」的あつかい。
言い忘れたが顔もいい(笑)!

デスブログ運営者として一押しさせて頂くとしたらもうるーしかおらん。
だってなんかあってもチームに影響無さそうやし。

タイプは違うがワシの中での「ポスト赤松」はキミに決定(笑)!


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2008.03.01 Saturday

正解とグアラゴギガーン
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
最近kokoroちゃんがトトロに激しくはまってるおかげで、
毎日最初っから最後までトトロを見さされるはめになってしもてます(笑)

ここまで「アンパンマン」→「ぐーチョコランタン」→「トトロ」と推移。
次は何やろか(笑)?



・ 0→ 4→ 11→ 1→ 0→ 1→ 2→ 5
・ 79→ 77→ 13→ 21→ 26→ 32→ 42→ 117

すいません、そない難しいと思わんかったもんで(笑)
この数字は『赤松ネット』の記事の更新に対するコメント数なんですな。
つまりはカープファンの赤松愛をあらわす数字です(物珍しさとも言うw)。

上がタイガース在籍時、下がカープ移籍決定後。
それはそれは恐ろしいまでに数字が違います(笑)

リニューアル以前の記事は消されてしまってる関係上、
タイガース在籍時の記事は8エントリーしかないんですが、
一番多かった人生の一大事「入籍報告」の記事ですらコメント数は11件(笑)

それがあーた、広島に移籍が決まってからは、
わけのわからん「バスクリン」の記事にさえも26件もコメントが(笑)

こないだの怪我のときなんて121件(増えた)の激励って!
タイガース時代なんて「はいはいまたやりよったか。やっぱりこいつはアホやわ、赤松やわ」
って言われてたのに…。 おんなじ男とは思えん(笑)
これもう赤松やるしかないわな。

せやけど今年のカープ。
赤松&天谷のウエスタン盗塁王総なめコンビが一軍に定着するようなことになったら、
(それに梵までからんで)めっさ楽しい野球になりそうな気がする。
福地&岡上がいた頃の黄金時代(えw?)の再来となるか、乞うご期待ですな(笑)





 サンスポから拝借

で、話は急に変わるけどこの写真。
か、完全にこれ岩鬼や、岩鬼そのもんや…。

足の位置、腕の上げ方、グラブの形、目線の隠れた帽子と顔の角度…。
この構図、ドカベンの中で何回見たか。

中田はまさに岩鬼! ボクの中では今日そう決定した(笑)!




注・・・ここは虎系ブログです、お間違えのないようお願いいたします
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2008.02.24 Sunday

赤松真人、加速す
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
昨日、とある繁華街の某所にて、
虎ブロガー界の巨匠と虎ブログコメント界の巨匠とご一緒させて頂いた。
今回はサッカーを観戦しながらベースボールを語るという、
大人なタイガースファンとしての新しいスタイルを試みてみた(笑)

あ、そうそう。
その某所(ってかいつもの虎ばんw)なんですが、
「このブログで見て寄さしてもらいましてん」って言ったら、
ビールを“いっぱい”おごってくれるらしい。
「一杯」なのか「いっぱい(たくさん)」なのかは交渉しだい(笑)?
日本語って恐いね、口約束って恐いね(笑)



昨晩とんでもない夢を見た。
ボクが「いく○ーが故障、前半戦絶望」と書いている新聞を読んでいるのだ!
今朝の新聞を見てそんな見出しがなくってホッとした。
くわばらくわばら、デスブログ管理人としては一度お祓いにでも行こう…。

宮崎オーナーが、
「フォード?おってもおらんでも、ええような感じになってきてますな」
とかナイスコメントを出してんのはキミの好調もあるからです。
(しかしこのコメント、字面だけ見たらよっさんのコメントみたいやなw)



ひさしぶりに「赤松ネット」をのぞいてみた。
広島ファンからの暖かいコメントの多さとかけられている期待の高さに、
改めてびっくりする。

でも考えてみたらそらそうか。
地元出身生え抜き4番の新井を失って得た選手なんやから。

その悲壮感すら感じてしまう大きな期待を背に受け、
赤松の開幕1番センターも徐々に現実味を帯びてきていると感じている。
(なんか広島ファンのかたに失礼な物言いやな…、すんません)

阪神時代、ボクが個人的に赤松に求めていたものは、
「スペシャル代走」と「スペシャル守備固め」であってレギュラーではなかった。
それだけで完全にレギュラークラスの存在感を放つ選手になれると思っていた。
1番センターなどはまだその先でよいと。

広島に移籍したことで赤松の野球人としての人生は劇的に加速した。
開幕スタメンを勝ち取り半レギュラー程度にでも固定されたら、
それは他チームにとって脅威であり、盗塁王は赤松のものとなるだろう。

残念なことに赤松がタイガースを出ることがなかったなら、
その野球人生はまだ停滞していたと思う。
よく移籍する選手に対し、
「向こう行っても頑張ってや、阪神戦以外で(笑)」と心の中でエールを贈る。
でも赤松に関しては違う。
阪神相手にガンガンやって欲しいとなぜか思っている。

別にプロテクトせんかった球団に対して、
「ほれ見たことか!」と見せ付けて欲しいとかではなく、
自分でもその理由はよくわからんのやけどなぜかそう思っている。

ボク自身が最も愛し、最も見慣れた舞台で、
暴れまくる赤松の雄姿を見たいのかも知れんな、たぶん。
それがあんなあほを愛してしまった罪深きものの務めなのかも知れない…。



しかし「この写真」はあれやろう。
あんまり調子にのるんじゃないよ、あほがバレるぞ(笑)




しかしワシ、なぜオープン戦のことを一言も書かない(笑)!?


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(9) | - |


2008.01.23 Wednesday

赤松のあった野球(2)
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
“シャンソン黒田”が身内に「球児とダブる」と誉められて、
“丈夫だい!石川”が外部の人や大御所に「(フォームだけは)松坂級」絶賛された。
(草根の人と小山さんの記事は新聞で確認済)

オフ恒例の最上級の誉め言葉やけど、
誰か1人でもいいから開幕一軍に抜擢されて欲しいなあ。
そういや去年のこの時期は、ナックル渡辺にワクワクテカテカしてたっけ(笑)?




□■□ 「ケガなく順調な赤松「チョコ攻勢」に笑顔また笑顔」(スポニチ)

この驚愕のあほ顔写真入りの記事がスポーツ各紙から一斉にリリースされたのは、
その天性のあほが徐々に世間様にバレつつあった2007年2月14日、
そうそれはセントバレンタインデーのことだった。

これが大社ドラフト入団のくせになかなか一軍切符がつかめないプロ野球選手の姿か…。
多大なる期待を寄せてはいたが、それまではどこか自分の頭の中でも
「空想上の生物」の域を出なかった赤松がこの日を境に急激に実体化し始めた。

そしてこの記事に呆れると共にボクの中でそれに相反する感情が沸き上がってきた。
あほではあるが最高なポテンシャルを持っている(であろう)赤松。
このあほがしっかりとレギュラーをつかみ、
不動の1番打者として虎を引っ張るまでの選手へと成長するサクセスストーリーを、
誰が期待しなくてもオレが応援し続けよう! 誰が見ていなくともオレが見守っていこう!
なぜか不思議とそんな熱い感情がふつふつと沸き上がってきたのだ。

そしてその夜ボクは、いまだその声すら聞いたこともない彼を、
当時(もちろん今も)不動の1番打者だったレッドスター赤星憲広に宣戦布告させた。
これがそれを暗に示唆するエントリーw

そう、ボクと赤松の孤独な戦いはこの日から始まったんだ。







Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(8) | - |


2008.01.20 Sunday

赤松のあった野球(1)
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
どこで見たか忘れてもたんですが、
巨人戦の視聴率低迷の最大の理由は、「ネットの普及」ってのがあった。
昔は他球団ファンが他球場の途中経過を見るためだけに巨人戦を見ていた。
でも今はネットがある。携帯がある。スカパーがある。
もっと言うなら、関西の阪神ファンにはおっサンテレビがある(笑)

これは実に言いえて妙な見解だ。
だってワシも山形で暮らしてたときはまんまそんなんやったもん(笑)




ボクが初めて赤松に出会ったのは、
彼がルーキーとして入団してきた2005年の鳴尾浜球場だった。

関西学生リーグで1試合5盗塁の偉業を引っさげて入団してきた彼に、
この手のタイプの選手が大好きなボクはかなりワクワクさせられていた記憶がある。

元来出不精なボクではあったが、彼のその走塁見たさに鳴尾浜へと通った。
走塁くらいすぐに見れると軽く思っていたボクは、
まさか走塁を見るのに鳴尾浜まで3回も通うことになるとは夢にも思っていなかった(笑)
だってあのあほ、いっこも塁に出やがらんねんもん(笑)!
その頃から既に、ボクにとって赤松は赤松だったのかも知れない。

連写ができるような上等なカメラなんて持っていなかったボクは、
3試合目にしてやっと出塁してくれた彼のリードを1球毎に必死に写真に収めた。
3球目に彼が盗塁を決めたため写真は3枚しか撮れなかったが、
現像してみるとこれがうまいこと連続写真のように写っていた。
そのうちの1枚が以前バナーに使っていた写真なんですが、
今となってはこれがボクが実際撮影した彼の最初で最後の走塁写真になってしまった。


入団からしばらく、彼はチャンスをもらっては故障を繰り返した。
この頃からファンの間に「故障キャラ」を定着させると共に、
セカンド守備漬けを厳命されていたにも関わらず勝手に打撃練習に行う等、
首脳陣を激怒させるKYな場面もチラホラ見え隠れし始めた。

そして2007年春季キャンプ。
彼のその後の方向性を決定付けることとなったニュースが新聞紙面に踊った。







Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(2) | - |


2008.01.08 Tuesday

真人や、生水には気をつけるんやで。
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
今日の更新が無かったことは、
あまりのショックで言葉を失っているわけではありません(笑)
バタバタと忙しかったせいもあるんですけど、
その合間にちゃちゃっと書く気分ではなかったもんで。
赤松とのいろんな思い出に一通り想いを馳せたあとにゆっくり書こうかな、と。



虫の知らせとも感じる原因不明の目痛のせいもあり、
まともに更新していないにも関わらず、
昨日今日ととんでもない数のアクセス数になっております。
通常のかるく2倍以上、3,000に迫る勢いです。

たぶん赤松などという謎の生命体を新井の人的保障に指名された、
いつもは来られていない広島ファンの方も多いでしょうし、
阪神ブロガーからも赤松応援サイトとして認知して頂いてたんだなあとの想いもあり、
それはそれで嬉しくもあり悲しくもあるんですが、
このことが指し示しているただ1つの事実は、「赤松真人はもういない」ってこと。
寂しくなります…。

充分想定できていたこともあり(年末年始辺りから確信に変わってましたが)、
心の準備はオッケーーイ!バッチコーイ!!状態だったんですが、
いざ現実に直面してみると自分でも可笑しくなるほどヘコんでおります。
客観的に自分を見ると、かなり笑えます(笑)

ただ今の自分の気持ちとしてこれだけは言えること。

それはボクが監督、フロントでも赤松をプロテクトはせんかったってことです。
はっきり言って、赤松を28人に入れる余裕なんぞ無かったわい(笑)
今回の人的保障に関しまして率直に申し上げたいのは、
「こらタイガース何しとんねん」では無く「ブラウンお前やりよるな」ってことです。
よーあんなあほのことをきちんと見ててきちんと評価しやがったな。

正直な話。
よっぽどの頭のあれな阪神ファンでもない限り、
赤松の隠された才能はバレへんと思ってた。 甘かった…。



しかし、退寮し結婚して新居を構えた。 ブログも全面リニューアルした。
このタイミングで広島に移籍することとなったことが、
最後の最後まで赤松は赤松やったなあと心の底から感じています。

普通気付くやろ、自分がけっこうやばいライン上にいるって(笑)
オレがお前やったら確実に決まるまで動きは控えてるわ。


あ、赤松に関するエントリーはまた別で書く予定にしてますんで、取り急ぎ。



※ 「人的トレード」って…。
   前言いろいろ撤回、やっぱキミいらんわ(笑)
   僕のプレースタイル…。 僕のプレースタイル…。 僕のプレースタイル…。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(19) | - |


2007.12.26 Wednesday

愚痴のようなものを愚痴愚痴と。
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
しかし中日の主力は毎年揉めるな。 福留、岩瀬、川上…。
個人的にはボク、中日の査定方法が正しいと思ってんですけど。
1億の選手は1億の仕事をして現状維持ちゃう?






皆さん、「赤松ブログ」って見てます?

実は阪神には赤松っていうあまり知られていない選手がいます。
その選手が自身の裸体をメモライズするために、
鳴尾浜時代から細々とやっているブログなんですけど、
最近そのあほさに拍車がかかってきております。

島野さんがお亡くなりになった日に、
「今日は喜田剛さん結婚式!」ってうつけ記事がUPされていたときには、
そのあまりのKYっぷりにイラッとさせられたんですが、
その後の記事もまあひどい(笑)

嫁露出しまくりで相変わらずの小学生日記。
(一応)有名人である自覚が無さ過ぎるんちゃうかな?
まあ赤松ごときが金本くらい徹底せなあかんとも思わなんけど、
このままいって子供とか生まれたら、
確実に「あほの子」っていじめられる環境を自らつくってる気が…。
(しかし「嫁」ってよー書けるなあ、オデは恐くて書けん)

プロ野球選手のブログとしては珍しくコメント機能も開放されているんですが、
直近の記事のコメントはゼロ、その前もゼロ…。
人気商売のプロ野球選手。
これって何気にけっこうすごいことのような気がするなあ(笑)



今日のニュースの中では、和田さんの記事にかるくガッカリ。
□■□ 「注目のポジション争い、新井&今岡に和田コーチが希望調査」(サンスポ)

なぜに聞く? そんなら首脳陣いらんやん。
押し付けろって言いたいわけじゃないけど、そこは希望を聞くとこか?
闘志は内に秘めて争わせろよ。
ボクの中のMr.タイガースの1人、和田さんの発言にガッカリ…。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(10) | - |


2007.12.22 Saturday

指輪が泣いた(1986年)
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
指がちぎれてしまうほど強く ♪
無理に外し 投げた指輪 ♪
―あっかくただあっかくっ―

え〜、今日のタイトル及びこの枕部分に対する質問は現在受け付けておりません。




クリックする男の指が震える。
胸の鼓動ははやがねを打ち、固く握られた手のひらがかすかに汗ばむ。

そして速報サイトは開かれる。
焦点の定まらない空ろな両の眼はただ機械的に「人的保証」の文字を探す。
数日前から日にこれを何度繰り返しただろう。
数百回、いや数千回…。

幸か不幸か男の探し物はまだ見つかっていない。
それは必ず訪れる運命のその瞬間をただ引き伸ばされているだけにも関わらず、
男はそれを認めようとせず毎回安堵の吐息をもらした。

しかしそんな倒錯の日々は長くは続かなかった。
今日とうとう見つけてしまったのだ、まごうことなき「人的保証」の文字を!

そしてそこに続いていたは「俊足巧打の外野手」の文字。
もう疑う余地も無い、……アカマツだ。
想定の範囲内ではあったがそれは男にとって最悪の事態でもあった。



……アカマツ。
アカマツとの思い出が走馬灯のように男の脳裏を駆け巡る。































デイリーより



いや、やっぱこんなヤツいらんわ。





そんな気分で「俊足巧打の外野手」西武・福地の人的保証の速報を眺めていました(笑)
ボク的には「石井一⇔福地」やったら普通のトレードでも充分アリな気がするけどな。
ヤクルト、ええ人獲れたね。

しかし、この針のムシロ状態は年明けまで続くのか…。


※ 広島・梅津(うめつ)がモデル、タレントの翔子さん(23)と入籍
   そうかそうか、チーム山形もタレントと結婚できるようになったのね(めでたい!)
   ☆若林翔子 公式ブログ☆
   キッカケは栗原健太の結婚式(恐るべきチーム山形ライン)!

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2007.12.15 Saturday

赤松真人からの大事な報告
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
陸奥ー! なぜ、そこまでやる必要があった!?
――羽山 悟は獅子だったからだ。



「……マイサン。」
正解は「修羅の門」でした。
問題のセリフは、
伝説のトレーナー、エザード・ロスがアリオス・キルレインを抱きしめ言った一言です。
嗚呼、チャンピオンオブチャンピオン、フォーエバーチャンピオン…。
ちなみに陸奥は時代の影に生き、不破は時代の闇に生きたんだよ!
影と闇、どっちも暗いね♪ それじゃあ、また!

「そんなん知らんわ!」のシュプレヒコールがリフレインしておりますが、 
はい! 「あのとき食ったメシの味は、、、、、忘れない!!!」ってことで野球の話へ。



 Aka-Matsu.net


 『入籍しました!』 2007年12月14日
 ファンの皆さん、赤星さん、こんにちわ!
 この度12月5日に入籍いたしました!
 デイリーより
 お相手は元ミス茨木で伊東美咲似の斎藤寛子さん25才です!
 あっ! 茨木って言っても茨城県じゃないですよ!
 大阪の北のほうにある茨木です!
 僕も最近知りました!
 知り合ったキッカケはコンパです!
 大学時代にOBの葛城さんが毎週企画してくれていたコンパです!
 これからの人生に必要な人だと感じました!
 来年はセンターのレギュラーを取って、明るい家庭をつくっていきたいです! 
 そのために今は矢沢永吉さんの「成りあがり」を読んでいます!
 野球に置き換えて読んでいます!
 これからも応援よろしくお願いします!



Aka-Matsu.netリニューアルに伴って、過去の日記が無くなっていた(泣)
さてはあほの証拠を隠滅したな…。
でもコメント機能が追加されていた♪
さあ皆さん、この機会にぜひお祝いのコメントを(笑)!
メルマガ登録も忘れずにね♪ それじゃあ、また!

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(2) | - |


2007.12.09 Sunday

赤松ノート
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
吾輩はあほである。
ポジションは、……まだ無い。




――この人は手術してるから開幕アウト、と。

――あかほっさんは首があれやから開幕アウト、と。

――林ちゃんもカカツがどうこうで開幕アウト、と。

――コーダイなあ。 ん〜、なんとなくアウト、と。

――庄田さんは野村チルドレンやから冷遇、と。

――勇丞、大城はまだ早い。 山田さんは問題外、と。

――桧山さん、…ぷっ、無い無い。 人にどうこう言う前にお前が頑張れ、と。

――平野さんはようわからん、と。

――新外人は蓋を開けたらデリック・ホワイトレベル、と。



「うわ、どないしょ!外野誰もおらへんやん!」
「さすがのオレも、なんぼ期待されても体は1個しかないで〜」
「困ったなあ、さっ寝よ!」


あらゆる角度からの綿密なるシュミレーションの結果、
来期の開幕スタメンを確実に手中に収めた赤松真人は静かに眠りにつく。

その手にはオフに入りお風呂のときでさえ着けっ放しの手袋。
備えあれば憂いなし。
阪神タイガースアウトフィールダー赤松真人25歳、同じ失敗は繰り返さない男…。



栄冠は君に輝く。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(5) | - |


2007.12.03 Monday

悪意ある編集
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
ケンシンが熱投していた辺りから
ウトウト寝てしまったボクは非国民でしょうか…。
なにはともあれ韓国撃破おめでとう(汗)!



今日は久々赤松のニュースがあった。
先日の退寮時のあほ劇場についてオトンとヒ〜ヤンさんに怒られたらしい。

□■□ 赤松、桧山に怒られた…色々しゃべるな(ニッカン)
□■□ 同棲宣言・赤松に父・彰さん「野球以外で目立ってもねえ…」(サンスポ)

サンスポの書き方が多少ややこしかったせいもあって、
一瞬こんなやりとりだったのかと勘違いしたわ。


 桧山「社会人なんだし、もう少し言動を考えろ」 
 赤松「すいません、今日は急いでますんで」
 桧山「……。」



桧山ファンと全面戦争でも始めんのかと思ったよ。
あ〜、びっくりした(笑)
マスコミって恐いね、情報操作って恐いね。
ちなみに悪意はないよ、うふふ…。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2007.11.30 Friday

ホテルリッチ酒田
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
オリックス小林賢司の背番号が“29”に決定!
酒田市内のホテルで仮契約を結んだ、おめでとう!!
……しかし待てよ。
酒田市内のホテルってのが気になる(笑)
さては「ホテルリッチ酒田」か(これしか知らん)?
酒田二中学区ということはもしやサンルート酒田か(でもあっこはビジホやし)?
情報求む(笑)!
うわっ、ホテルリッチ。
2006年に「ホテルリッチ&ガーデン酒田」として生まれ変わってるやん。



ボクの中で、ちょっと赤松に対して疑惑の念が沸きあがってきた。
まずはこちらを見て欲しい。 ↓↓↓

一昨日「Aka-Matsu.net」に更新されていたこの記事を全文コピペしてみる。


 『やっぱりゴルフはおもしろい』 2007年11月28日
 今シーズン初ゴルフ!
 やっぱりゴルフはおもしろいですね!
 スコアは悪かったですが、楽しくやれました!
 これからまたありますが、集中して楽しくやります!
 26日から寮を出ていますが、いろいろと大変な事が多いです!
 早く部屋の整理をしてゆっくりしたいです!
 時間が少しでもあれば本を読んでます!
 今読んでいる本は、須藤元気さんの「風の谷のあの人と結婚する方法」です!
 野球に共通する点がほとんどで、読んでいてもすごく入っていけます!
 これからもいろいろな本に出会えたら嬉しいです!


これが一プロ野球選手、いやもっと言えば一社会人の日記である。
……さて、皆さんはどう思われます?
赤松が現在置かれてる微妙な立場をじゅうぶん加味したうえでお考え頂きたい。

もし赤松がナチュラルでこれを書いているのであれば、
「こいつは正真正銘のホンモンや」としかボクは言いようがない…。

突っ込みどころが満載過ぎてもうどうしたらいいかわからんくらいなのだが、
必要最小限で突っ込んでみる。

>集中して楽しくやります!
これ、普段から言ってる野球のときと表現が同じである。
どうやら赤松にとって野球はゴルフと同列らしい。

>須藤元気さんの「風の谷のあの人と結婚する方法」です!
ウケル〜、風の谷ウケル〜。 ウケル〜、マタ須藤元気〜? ウケル〜。



さて、冒頭で触れた疑惑の念について。
果たして成人した人間とは、ナチュラルでこれを書ける生き物なのだろうか?
答えはおそらく“NO”だろう。
アホと呼ばれる人間が求めらていることに対して赤松は、
あまりにもビューティフル且つパーフェクトな回答を我々に出し続けている。
いや、むしろ完璧すぎるのだ。

……つまりである。

赤松のアホは作為的につくられているんじゃないか!?
我々は、赤松の掌の上でもてあそばされているだけじゃないか!?

ボクの中にそんな疑惑が芽生え出したのだ…。

AKAMATSUMASATO、今後10年タイガースを背負っていく男。
彼の真実はどこへ、謎は深まるばかりだ…。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(11) | - |


2007.11.25 Sunday

赤松真人、退寮す
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
今日は昨日の小林賢司くんの記事の後編をUPするだけの予定だったんですが、
のっぴきならない事情により別記事を書かないといけない事態に陥りました。

しかし福留、大丈夫か?
「練習? それどころじゃないですね。忙しいので」って何?
今回のFAに関する一連の動きの中で、キミはいろんなものを失ってるよね。
阪神ファン目線ってことを抜きにしても、正直呆れてます。



ビリッ! ビリビリビリッ!!

何かを引き裂いたかのような鋭い異音が、閑静な芦屋の住宅街の朝に響き渡った。

その朝赤星憲広は、いつもの1人の部屋で、
いつものように1人日課であるカプチーノを嗜みながら、
「結婚できない男」のDVDを1人眺めていた。

「阿部ちゃん、結婚か…。」
赤星憲広は誰に伝えるでもなく小さな声で呟いた。
本人に気付いている様子は無いが、最近は毎日この独り言を呟いている。
主人公の阿部寛に対し密かに強い親近感を抱いていた赤星憲広は、
青天の霹靂であった先日の「阿部ちゃん結婚!」の報道を受け、
知らず知らず自分の中の大事な部分に深い傷を負ってしまっていた。

しかし赤星憲広は、その長いやもめ生活の経験から、
ゆっくりと、ゆっくりと時間をかけながらその傷を癒してきた。
そしてやっと回復の兆しが見え出してきた。
そんなときに彼の目に飛び込んできたのは、馬鹿げた新聞の見出しだった。

ビリッ! ビリビリビリッ!!

「前代未聞の同棲宣言!赤松、交際中の女性と新生活スタート」
床に落ちた引き裂かれたサンスポの紙面にはそんな信じられない文字が躍っていた。

「料理は彼女に任せます。一緒に住むので」
「得意料理? 全部うまいです」
「寝坊しても、寮長が起こしてくれていた」
「今、須藤元気の本を読んでいます。パフォーマンスの仕方とか参考になった」
「座禅?読書で目が疲れたら、組むようにしています」
………

「いずれは結婚しようと考えています」
(あかほっさんより先に)


「いずれは結婚しようと考えています」
(あかほっさんは出来ませんけど)


「いずれは結婚しようと考えています」
(あかほっさん女紹介しましょうか)


「いずれは結婚しようと考えています」
(あかほっさん最近盗塁しないっスね)



「いずれは結婚しようと考えています」
(あかほっさ〜ん、あかほっさ〜ん……)
















































  あかほっさん、首大丈夫っスか(笑)?


赤星憲広は野球においても私生活においても自分のリズム、ルールを大切にする。
バッターボックスには左足から入るがお風呂には右足から入る。
そんな几帳面な彼が最も忌み嫌う行為は自分のペースを乱されることだ。
そしてそれを人間という姿に形に変えたものそのものが赤松真人だった。
彼の赤松真人に対する感情は既に、「嫌悪」から「憎悪」と言うべきものに形を変えていた。
それが確実に「殺意」という感情に昇華した瞬間だった。

何かが弾けた。
「ククク」。 くぐもった声で静かに笑った赤星は電話の受話器を取った。
トゥルル、トゥル…  ガチャ。

「あっ、御子柴さんですか?赤星です」
「さっき新聞見たんですけど、赤松引っ越すらしいですね」
「ええ。引越し祝いに食器棚でも送ってやろうかと思いましてね」
「出来たら引越し先の住所、教えてもらえないですかね?」
「ええ。ありがとうございます」
「あ、それと」
「ビックリさせたいんでこのことは赤松には言わないでくださいね」
「あ、それと」
「ボクが今住所を聞いたことはこの電話を切った瞬間に忘れてくださいね」
「ええ。じゃないと、殺すよ…」
「ククク。じゃあ失礼します」



この後、この2人のレッドを襲った悲劇をボクは知る由もない。

ただ1つ、1つだけはっきりとわかっていることは、
赤松真人が新居に腰を落ち着ける間もなく、
年内に広島へと引っ越していく運命にあることだけだった…。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(8) | - |


2007.11.22 Thursday

昨日は右肩、今日は左袖
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
さて新井ちゃんの加入が決まったわけですが、
昨日ボクが一番ショッキングだったのは、
ヤクルト田中ひろやすのベストナインだったわけで(笑)
(新聞見るまで知らんくって喫茶店で噴いた)


皆さんもう見ました?
何ってほら、あれですよ。 
公式サイトの 『応援ありがとう選手メッセージ』 ですよ!

先日20日の第2回公開で、待望の赤松映像がアップされてたんですが、
映像が写った瞬間から腹がよじれました(笑)

ひ、左そで〜!wwwww   ひぃひぃ(笑)

いやこいつはだいたいいっつもこれで守ってるんで、
別に珍しい映像でも何でもないんですけど、
こんな公式的な映像でまで自分を貫くとは…、お前やっぱ最高(笑)

だって想像してみてください。
たぶん各選手、この撮影前って一応鏡の前で前髪直したりしてると思うんですよ。
どナルな赤松ももちろん鏡の前に立ってるでしょ。
そのとき鏡に映った袖に気付かんわけがないっしょ(笑)

つまり赤松は、
わざわざそでを自分のお気に入りのポジションに直して撮影に臨んだってことです。
しかも左だけ。 間違いない、これが答えですわ(笑)

それにメッセージでは言いかけて止めてたけど、
こいつ絶対「オレの力で阪神を優勝さしたる」的なことを言おうとしてたって(笑)!
さすがは今後10年タイガースを背負っていくはずの男。
その言葉(言ってないけど)、しかと胸に刻んだぞ! ゴー赤松ゴー!



さてそんな赤松くんですが、
今年も球団カレンダーには採用されてませんでした…。  _| ̄|○ lll
わーい、やったー! (坂でさえ名前があるのに…)

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(0) | - |


2007.11.17 Saturday

あほ料
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
今日はファン感、いやファン集(笑)? そして寒オフです♪


ボク、普段あんま公式HP見ないんですけど、
今日見たらなんか楽しいコンテンツとか情報が盛り沢山になってましたね。
とりあえず福袋を購入するか否かは多少お時間をいただくとして、
プレゼントには応募しましょうかね(笑)
(赤松のありがとうメッセージ更新はいつや!?裸で出ろ、裸でw)

しかしスポーツ各紙、「アホ返上」「アホ返上」「アホ返上」「アホ返上」って。
仮にも真人は少年たちの憧れのプロ野球選手やぞ(笑)
どうも赤松のあほキャラを定着させようとする見えない力が動いてる悪寒がする。
そう、大きな大きな黒い黒い力が…。

そうそう、よく見たらこの記事。
あほを伝える記事では無くて、お給料が160万円上がったことを伝える記事やった。
おめでとう赤松! あほ料GETだぜ(笑)!!


公式に赤松バナーが落ちてた(?)んで拾ってきました(笑)
押すと「Aka-Matsu.net」に飛びます。
決してブログランキングに飛ぶようにはしてませんのでご安心を(笑)

ちなみにこの「赤松真人☆絶対応援☆ブログ」。
お陰さまで現在「赤松真人」のフルネームで検索すると、
グーグルで3番目、ヤフーで5番目に検索されます。
(上にあるのは、本人ブログとWikipediaと公式の選手紹介のみ)

まりがとうございまみたす。
今後も当ブログは「(自称)日本一の赤松応援サイト」として、
精力的に活動を続けさせていただく所存でございます。
今後とも皆さまのご指導ご鞭撻、よろしくお願いいたします。 ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )



※ ちなみに
赤松に関する記載はあっちこっちに書いてるんですが、
主に赤松オンリーの内容のエントリーにつきましては右のカテゴリーのところに、
「赤松のある野球」としてまとめてございます。
お時間がございますときにでも、ぜひご参考くださいますれば幸いです。 
                                            店主敬白

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(10) | - |


2007.11.11 Sunday

ゴー赤松ゴー!
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
昨日はスローピッチの大会のため、綱島ボブルヘッズ所属のtoraoさんが弾丸日程でご来阪。
大会終了後梅田で打ち上げ(toraoさんのバス待ちw)とのことで、
ボクもその打ち上げに参加させて頂くべく、ひさびさ大嫌いな梅田(笑)に行ってきました。
(そういや来週も大嫌いな梅田に行かなあかんねやったw)
toraoさん0泊3日お疲れさまでした、帰りのバスはさぞかしゆっくり寝れたことでしょう(笑)



 阿呆(あほう) 〜語源由来辞典から引用〜

阿呆とは、愚かなさまや行動、愚かな人。馬鹿と同じ意味で、
人を罵る言葉であるが、関西方面では、馬鹿よりも軽い意味で使われる。 


□■□ 赤松アホやろ!!岡田監督が若虎の“醜態”にブチ切れ(サンスポ)
□■□ 【聞いてえな】野球を勉強せんとアカン!ため息出るわ(サンスポ)
□■□ アホやろ!岡田監督が赤松ミスに激怒(ニッカン)

昨日オリックスとの練習試合後、
我らの赤松さまが将オカダより「あほう」とのお言葉を賜った。

全国的にはマイナスイメージの強い「アホ」の言葉。
しかしこれが関西圏で使われると一転、なんと愛情の念を表す言葉となる。

 主な使われ方 ↓↓↓ (文中のたかしとC子は架空の人物です)

たかし 「も〜C子、お前はほんまアホやなぁ」
C子   「いややわぁたかすぃ、アホとか言わんといてぇさぁ、も〜(はぁと)」 


昨日将オカダは取材に対し、「アホやろ。アホとしかいえんやろ」「一軍じゃ無理よ」
「オリックスのおかげでええもの見せてもらったわ」「はあ…、ため息出るわ」と語った。

言ったオカダは関西人、言われた赤松ももちろん関西人。 
簡単なことだ。 その言葉の真意を訳してみると、つまりはこういうことである。

「アホやろ。アホとしかいえんやろ」⇒「かわいいわアイツ。かわいいとしかいえんやろ」
「一軍じゃ無理よ」⇒「あないかわいいアイツはオレ(=一軍)なんかじゃ無理よ」
「ええもの見せてもらったわ」⇒「(そのままの意味で)ええもん見れたわ〜(はぁと)」
「はあ…、ため息出るわ」⇒「はあ…、ため息出るくらいかわいいわ」



いやいや全然心配いらんね。
将にも好かれてるようやし、「真人は今日も元気ッス!」って感じやね!
永井真理子みたいやね(謎)!

頑張れ赤松、ゴーゴー真人! 明日の栄冠をその手に掴み取るその日まで!!

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(10) | - |


2007.11.08 Thursday

悪魔シナリオ
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
『交渉解禁からわずか90分、巨人が藤田(ロッテ)獲得』
いや全然いいんですけどね、巨人左の中継ぎ薄いし。
でもさ巨人って、実績のあった選手の獲得に対する動きは相変わらず速いよなあ。
現状の力量の見極めよりも、闇雲に「昔の名前で獲ってます」みたいな(笑)
「藤田はもう…」って思ってるわけじゃないんですけど、巨人の動きがおもろかった。
しかしロッテも大変やな(広島はそれ以上か…)。
藤田は戦力外にせよコバマサ藪田もFAして、一時代を支えたYFKが完全崩壊の危機。
もしこれがうちのJFKだったら…。 (うわ、恐っ!)
地球の危っ機♪ 地球の危っ機♪ 地球の危っ機よ〜♪ やなあ(笑)
(果たして最後の1行の意味がわかる人がいるのかwww?)



わぁい! なんかオモロなってきた(笑)!
あたかも第1回トライアウトが号砲やったかのように昨日から、
(ボクが食いつく系の)ストーブリーグ情報が過熱してきた!

そしてとうとう先程、新井さん(広島)が涙のFA宣言!
そしてサンスポのこんな記事。
『FA新井獲りでの人的補償…浜中ら「枠もれ」の可能性も』

あ、あかん。 これはあかん。 よからぬ妄想がムラムラと…。
以下、ボクの脳内で作成された「悪魔のシナリオ」につき、
登場人物は架空のものとし、他意はございませんのであしからず(あせあせ)。


11月8日  広島・新井がFAを宣言

11月14日 新井、交渉解禁からわずか1分、阪神移籍が合意

同日     阪神から広島側にプロテクト選手28名のリストが提出

11月15日 広島は新井の人的保証でリストから漏れた濱中治の獲得を発表

同日     プロテクト選手28名に関して阪神タイガース公式サイトプレスリリース
プロテクト選手について (2007.11.15 更新)

14日、FA宣言しておりました新井貴浩選手(30)の獲得に対しまして、28名のプロテクト選手を広島東洋カープに通達いたしましたのでお知らせいたします。

■沼沢正二球団本部長のコメント
「ほんとうに悩み抜きました、特に最後の28人目には。最後の最後、濱中選手と赤松選手のどちらかということとなり、断腸の思いで濱中選手をリストから外すという苦渋の決断をいたしました。ファンの皆さまには大変申し訳ございませんが、濱中選手は赤松選手の犠牲となったと理解して頂ければと思っております。ははは。」

同日     赤松真人が自ブログにて「よかったです!」とコメント

同日     Aka−Matsu.net 炎上
        一部の濱中ファンが虎風荘前で「赤松解雇」を求めるシュプレヒコールを上げる
        某巨大掲示板に「あほ松まさとを徹底的に叩くスレ」が乱立
        平安高校OB桧山選手にも騒動が飛び火
        立命館大学OB藤原選手、葛城選手にも騒動が飛び火

11月20日 一連の騒動を重く見た阪神タイガースは赤松真人の任意引退を発表
        沼沢正二球団本部長に対し、阪神園芸出向の辞令
        どさくさで桧山進次郎の引退、史上初となる打撃フォームコーチ就任も発表
        
11月21日 この騒動に対し沈黙を続けていた岡田監督が初めてのコメント
        「おるもんでやらなしゃーないわな。それだけよ。しかしまた沼沢か…。」 
        「せやけど今回、赤松なんかやったんか?」




  ・・・・・。    

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(229) | - |


2007.10.31 Wednesday

赤松真人、激励される
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
11月19日、来たる運命の大学社会人ドラフト。
下敷領悠太(日本生命)

小林賢司(青学大)



トゥルル、トゥル…  ガチャ。

「はいっ!目指せトリプルスリーの☆赤松真人☆です!」
 ――真人かい?おかあちゃんやけど。
「あっ、おかあちゃん?久し振りやん、どないしたん?」
 ――新聞見てんけどな、夢は3割30本30盗塁って何なんさ。
「ほらウチの場合はさあ、それくらいドカ〜ン言うたらんと注目されへんやろ」
 ――あたしゃあんたみたいな息子を持って恥ずかしいわ。
「どないしたんおかあちゃん?」
 ――そんな金本っさんですら出来たような記録を夢とか言うとってどないすんの!」
「……。」
 ――あんたはセ界一のスピードスター赤松なんよ!
「……おかあちゃん」
 ――言うんやったら5割50本500盗塁くらい言いなさい、ばかっ!
 ――世の中言うたもん勝ちってちっさいときから教えてんでしょ!
 ――言うだけやったらタダなんよ!
 ――いつまで経ってもあんたって子は、そんなんやから一軍上げてもらえへんのよ!
 ――わかった?ほな電話代もったいないから切るよ。

 ――……ああ、それと。
 ――体にだけは気を付けるんだよ。 真人の一番の大ファンのおかあちゃんより。
 ――ほなねっ!

ガチャ! ツーツーツー…


………。
サンキューおかあちゃん、オレおかあちゃんの子に生まれてよかったよ。




☆ 参考図書 ☆

□ 阪神赤松“脱代走要員”首脳陣期待(ニッカン)
■ 阪神守護天使・今日のおちちゃん(赤松ネタ)

このニッカンの記事に今日のサンスポの記事見出しをつなげるとちょっと楽しい(笑)
赤松「夢は3割30本30盗塁ですから」 ⇒ “鬼戸”新コーチ殴った蹴った!




◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆


風邪がなかなか治りません…。

いやあしかし、今年も筒井の腕の位置が変わる季節になりましたね!
毎年このニュースが出ると「ああ秋かあ」って季節の遷り変わりを感じます。

そんで今度は太陽をサイドスロー気味に改造?
いいねいいね、YOU全員サイドスローにしちゃいなよ(笑)




解雇選手情報 ⇒ こちら、プロ野球人事部

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2007.10.07 Sunday

禁断の果実
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
昨日録画しておいた先週くらいの「ジャンクスポーツ」を見た。
我らが小林真央ちゃんのインタビューにダルビッシュがこんなことを言っていた。
「僕はハーフとして生まれて小さい頃からいろいろ言われて育ってきた」
「だから僕は、日本人として日本のプロ野球に最後までこだわりたい」
「メジャーに行くくらいなら野球をやめる」
ダルがそんなことを考えていたとは知らなかった…(ダル好き度70%増)。 ←単純


□ 金本に代走出す!竜倒へ岡田監督決断(デイリー)

あー言うてもた。 岡田監督言うてもた。
オレも言わんようにしてたのに(笑)


昔、和製プリンスと呼ばれた岡村靖幸がこんな曲を歌っていた。
〜あの娘ぼくがピンチランナー出したらどんな顔するだろう〜


阪神1点を追う9回、四番金本がノーアウトでフォアボールを選ぶ。
ここで岡田監督がすばやくベンチを出て主審に何かを告げる。
困惑する主審、憤慨する主砲、ベンチから飛び出す赤い奇妙な物体。
「一塁ランナー、金本に替わりまして赤松」

公式戦扱いではないとはいえ、阪神ファンにとっては歴史が動いた瞬間だった。
一瞬の静寂の後、渦巻くように燃え上がったナゴヤドームレフトスタンド。
それが声援なのか怒号なのかもわからない。
耳を澄まし、その声の1つ1つを聞きとってみる。 
「おかだのあ○ー!」「赤松○ねー!」 うん、声援ではなさそうだ。

そしてその異様とも言えるスタジアムの雰囲気の中、
プレッシャーなど微塵も感じさせない落ち着き払った表情の赤松は、
それが当然であるかのように、岩瀬の牽制に一発で刺される。
グランドインプレー時間わずか15秒。
赤松がその存在意義を全国の阪神ファンに知らしめるためには充分過ぎる時間だった。

「赤松○ねー! 赤松○ねー! 赤松○ねー! 赤松○ねー! 赤松○ねー!」
超満員に膨れ上がったスタンドから大声援にかるく手を振り、ベンチの奥に消える赤松。
その横顔には、最高の仕事をやり遂げた男の充実感が見てとれた。
(明日も頼むで、赤松!) 僕の心の中の少年は小さな声でそう呟いた。
………。


(*´∀`*) .。oO(アカマツ、ギガントオイシス…)
……イケナイコトカイ?






アカン! 妄想が止まれへん(笑)!!
急にクラシリがものごっつい楽しみになってきた!
自己防衛策として、一応これは金本の体を気づかっての妄想ということにしておこう、うん。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.10.03 Wednesday

キリカエノススメ。
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
休んだった。 2ヶ月振りに更新休んだった(笑)



巨人優勝に沸く日本列島。
覚悟していたとは言え、悔しさいっぱいなはずの阪神ファン。
中には野球ファンであるが故、
悔しさが増幅することをわかりつつ、巨人の優勝特番まで見てしまった人もいるのでは?

その気持ち、充分過ぎるほどわかります!
そんな野球大好き阪神ファンの皆さんに、「ショック療法」のプレゼント。
イライラはこっちにぶつけてサッパリして、さあクラシリクラシリ。

さあ、下へ下へとクリクリクリクリスクロール。
かなりイライラするから覚悟しといてね(笑)





クリクリ。













クリクリ。

































う〜ん。 チョコ、チョ〜うまいッス〜(笑)!

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(8) | trackbacks(0) |


2007.09.27 Thursday

続・君は赤松を見たかい。
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
きたるべきレツゴー再集結の良き日のために、
野球のネ申さまが創りたもうたと思われた長編書下ろしシナリオが崩壊。

レツゴーの来訪を待たずして虎は崩れ落ちた。
そう、怪しく彩られた「来期への希望の卵」をたった1つだけ残して。
その極彩色の奇妙な卵に刻まれていた文字は、「赤…」。



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

       『赤松真人くん☆絶対☆応援ブログ』 
                      
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆



0対0で迎えた4回、先頭打者赤松は相手のまずいエラーで塁に出る。
(しかし、なんでキミはゴロを打とうとしないんだw)
さあ赤松様の見せ場がやってきた。 僕は興奮を隠そうともしない。
 
左腕なうえにクイックのうまい工藤からでも走ってやろうと限界のリードを取る赤松。
初回の出塁時に3球目まで走れず、エンドランをかけられた悔しさもある。
工藤が牽制! 際どい! セーフ!   (おしいっ!)
工藤が牽制! 際どい! アウト!   (よしっ、やらかしよった!)

お、おもしれえ…。

…あれ、待てよ? この大事な場面。
なんで僕、「おしいっ!」って今思ったんやろ(笑)?
なんで僕、赤松刺されてちょっとオイシイって今思ったんやろ(笑)?

…そうか、これも含めて赤松なんだ(笑)
味方ですら、何をやらかされるかわからないのっぴきならない男。
それが僕をトリコにする、赤松真人の魅力なんだ(笑)!

いいよいいよ! アグレッシブさゆえの事故は気にすんな!!
もともとそんなんはこっちもおり込み済みや(笑)
試合後にまた反省の弁言うとったなあ、そんなんいらんいらん。
今日も初球からガンガン行ってアウトになって帰って来い、ちゃんと笑たるからさ(笑)!
(真面目に応援されている皆さま、非常に申し訳ありません)



今日とうとう、赤松に会いに行ってきます。





※ 赤松が刺された瞬間、カメラはベンチをとらえる。

ものすごい厳しい顔をした野口っさんの横で、「ニヤリ」と不敵にほほ笑んだ桧山さん。
もしやあの笑みは、自分と同じ匂いを感じたってことだろうか(笑)?
真相は藪の中、桧山さんだけが知っている…。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(10) | trackbacks(0) |


2007.09.26 Wednesday

君は赤松を見たかい。
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
たかすぃ三冠王の件。
半径5mくらいで緊急調査いたしましたところ、女性陣からは総スカン…。
男性陣の意見はバラバラ。
「言い訳が苦しい」「身近に感じたw」「今後に期待」等々でした。

以上、報告を終わります。




ヤフーのトピックスに「赤松スタメン起用!」の速報が出てないことに昨夜は憤慨!

6連敗に沈む、阪神ファンの皆さますいません。
昨夜の試合開始から、僕のテンションは異常なまでに壊れきっておりました。





「失ってみて初めてその存在の大きさに気付いた」
うんうん、これよく言うね。
僕も過去に言ったような気がするね(笑)

「再び出会えたとき、初めてその存在の大きさに気付いた」
昨日はこれだったね。
この気持ちって、きっとホンモノだよね…?


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

祝! 『赤松真人くん☆絶対☆応援ブログ』 復活(笑)!!!
                      
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆





永遠とも思われた長き潜伏期間を経て、僕らの赤松くんが戦場へと帰ってきた!
そして、いきなりのスタメン2番起用!
消○試合モードと言うなかれ! これは固まりきったチームを再生する起爆剤なのだ!!

久し振りの一軍での初打席、先制点につなげる送りバント。 ああ、プライスレス…。
3回の第2打席、併殺崩れで1塁に残ると2球目にGO! ああ、プライスレス…。
8回にはノーアウトから復帰後初ヒット(あれがヒットか?は置いといてw)!
ここは慎重になるも(ここも初球から行ってアウトになってもオイシイと思ったがw)、
二死までチャンスが拡がんねえなあと思うと、またまたシーツの初球にGO!
このマルチスチールがシーツのタイムリーを呼び込む!

いいぞいいぞ赤松くん! いいぞいいぞ赤松くん!!
ゴー! ゴゴー!! ゴゴゴー!!! 赤松くーん!!!! ゴーッ!


……。
ん、なんですか?
5回9回、特に9回のチャンス。 あそこは簡単に打ち上げたらアカンやろって???
はっはっは、ちゃんちゃらおかしいですな。

皆さんは赤松くんに、いったいなにを期待してるんですか(笑)?
そんなもんねえ、あそこで進塁打なりヒットなりセーフティーなり出来るくらいなら、
とっくに一軍上がってたわっ! って話ですわ(笑)!
とっくに不動のレギュラーやわっ! って話ですわ(笑)!


それが出来へんかったから鳴尾浜で冷飯食ってたわけで、悩んだふりしてたわけで、
それでも「(キモくっても)赤松が一軍に欲しい」って言ってくれてた人は、
こんな赤松の持つ“走”と“守”を評価してくれとったわけでしょ?

そっちに関してはこれ以上ないってくらいの、
赤松にしか出来ない満点回答を1発で見せてくれた。
「1点を獲るってことは、そないにしんどいことじゃないんだよ」
ってことを、固まりきってたチームのみんなに教えてくれた。

これって、赤松は最高の仕事を遂行したってことではないの?


あの〜、僕あれですよ。
赤松の失敗を擁護したい人ではないですよ(笑)

言いたいことはただ1点。
「みんなが待ってた赤松はこれじゃなかったの?」ってこと。
期待しすぎたらアカンよ(笑)


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | trackbacks(0) |


2007.09.12 Wednesday

赤松真人、覚醒す
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
――カッチカッチカッチカッチ。
ハルマゲドンデン計画まで、あと15日…。





―――ズバーン!ズッバーン!!

ひらた「おー誰や?ええ音さしとるやないか」
赤松 「あっ、監督。チーッス!」
ひらた「……赤松よ。われ、ブルペンでなにしてけつかんねん」
赤松 「へへ、監督。自分わかったんですよ」
ひらた「……それは聞いたらんとアカンか?」
赤松 「自分に足らんもんは何か?何で上に呼ばれへんのか?」
ひらた「ほう、それは何や?」
赤松 「今、上が一番欲しいもんは何か?」
ひらた「はよ言え」
赤松 「それは先発ピッチャーっす!!!」
ひらた「……そやな」
赤松 「監督が答えを教えてくれへんかったんは、自分で気付けよって親心やったんすね!」
ひらた「……うん、わかってくれたか」
赤松 「監督に感謝っす!自分やるっすから!!」
ひらた「……おう、頑張れ」
赤松 「もう自分迷わないっす!自分突っ走るっすから!!」
ひらた「最後、片付けだけはちゃんとやっときや」

―――ズバーン!ズッバーン!!
―――ズバーン!ズッバーン!!
―――ズバーン!ズッバーン!!

・・・・・・・
ひらた「なあマッチィよ、戦力外通告者リストの提出ってまだやったわな」
まちだ「ええ」
ひらた「ほうか、一人追加しとこか」

―――ズバーン!ズッバーン!!
―――ズバーン!ズッバーン!!
―――ズバーン!ズッバーン!!


優勝に向けた虎の「ラスト☆ピース」。
赤松真人の挑戦は続く…。





10連勝で止まったねえ、派手に(笑)
こんなん言ったらあれかも知らんけど、
いくらアスリートって言っても「気持ちのエアポケット」くらいありますわ、人間だもの。

あの伝説になる「東京ドーム決戦」。
「3連勝の勢いで一気に!」 って、そらしんどいですわ。
あれほどの戦いの後、フィジカルがどうこうもそらあるけどメンタルが戻らんと。

いいよいいよ、1個くらいこんな負け方しても。
そんな人間らしいタイガースやからこそ、今まで応援してきたしこれからも応援するんやし。

でもなるべくはよ戻さんとね。
本当の戦いはまだまだこれからなんやし。
「負けた悔しさ」 これが一番の特効薬になるんやろうね。


関係無いけど65年前、甲子園の外野の入場料は「40銭」やったらしいね。
今なんぼ? ライトで¥1,700?
65年で4250倍! 時代の流れはすんごいね(笑)
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.08.17 Friday

それぞれの明日供
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
 ダダオチだお♪




「明日や明日!」

プライドを捨て関本ばりに短く持ったバットで、
ファンも、自分すらも忘れかけていた会心のセンター前ヒットを放った、
阪神一筋の大ベテラン(B型)の目はそう物語っていた。



「明日や明日!」

会心のエントリーのはずだった「けんた。」コメント“0”に終わった、
山形県出身の虎キチ(B型)の目は激しく泳いでいた。

往生際が悪いその虎キチ(B型)は、
「きっと写真が分かり辛かったんやろ」と注釈を付けてみた。

写真1…阪神打線をキリキリ舞いさせたドラの未来のエース朝倉“けんた”
写真2…あまり将来性の感じられない広島高校生ドラフト1位前田“けんた”(元PLエース)
写真3…元バービーボーイズVo.“KONTA”。 個人的には「chibi」が代表曲。
写真4…山形が産んだスーパースター栗原“けんた”。 写真の奥様は広島ホームランガール。



「そのうちそのうち!」

「こんな、、、こんな僕ですが…」
「少しでもケガをおして頑張っている赤星さんの負担が減らせればと思って…」
「………その気持ちだけでで振りぬきました!(ここでホロリ☆と涙)」


ん〜、これはちょっとクサいわなあ。

きたるべき甲子園でのお立ち台のリハに余念のない、
虎のスピードスター・赤松真人(きっとB型w)。

「悩める楽天家」という、独自のキャラの完成はもうすぐそこだ!
これ以上、クミ(倖田來未)に遅れはとれない!





こっちが潰しあってるときに、巨人を3タテ!
広島東洋カープ、ギガント最高スwww(^ω^;)(;^ω^)www!!!
とか思ってたら、明日からうちとやないか…。

どうぞ、どうぞお手柔らかに…。 らいらい。
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | trackbacks(0) |


2007.07.23 Monday

明日を信じて〜赤松真人編〜
ブログランキング

「ばっかやろう、リードが小せえんだよ!」
――はいっ!
「あと1個、スパイク1個大きくいけんがろうがよ!」
――は、はいっ!

「ばっかやろう、ピッチャーの足が上がってからスタート切ってんじゃねえよ!」
――はいっ!
「空気読めなくってもピッチャー心理くらい読めよ!」
――は、はいっ!

「ばっかやろう、リードんときの右手のプラプラが小せえんだよ!」
――はいっ!
「もっとプ〜ラプラプ〜ラプラさせろよ!」
――は、はいっ!

「ばっかやろう、リードんときはもっと全身をクネクネさせろよ!」
――はいっ!
「もっとク〜ネクネク〜ネクネさせてピッチャーをイライラさせろよ!」
――は、はいっ!

「ばっかやろう、ちゃんとカメラの位置わかってんのかよお前!」
――はいっ!
「カメラ目線も忘れてるやつが上でやれるかよ!」
――は、はいっ!

「ばっかやろう、何でオーバーランしねえんだよ!」
――はいっ!
「オーバーランしといて慌てて戻ってカメラ目線、こんなの基本だよ!」
――は、はいっ!
「アカボシなんか言わなくってもルーキーのときから出来てたよ!」
――は、は、はいっ!

「こんな基本も出来てねえお前なんかに一軍から声が掛かるわきゃねえだろ!」
――はいっ!
「ほら、またカメラ目線忘れてんじゃねえか!」
――は、はいっ!



「お前、自分に求められてるもんがわかってんのか!?」
――はいっ、走塁ッス!
「わかってんならやれよ!バッティング練習なんかやってんじゃねえよ!」
――は、はいっ! 監督!



赤松真人。

今日も鳴尾浜で泥にまみれるこの男が、
低迷する2007タイガースの救世主となる日が近いことは、まだ誰も知らない…。 


ひらたかつお。

彼もまた、温厚そうな笑顔の裏で虎視眈々と一軍監督の玉座を狙う。


赤松よ、悩むんじゃない!
監督を信じて、自分を信じて、明日を信じて…、、、ただ突き進めっ!  。゚(゚´Д`゚)゚。




◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆

=ぷち山形にぅす=
サカナン4強、キタ━(゚∀゚)━!! 酒田南4-1鶴岡工
明日の準決勝は、昨夏王者・日大山形か!?
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.06.12 Tuesday

レッスンプロ>赤松真人
ブログランキング
まずは皆さまへ

多くはあまり語りませんが、しばらくPC環境の少ない場所(タイガース環境も少なかった…)
にいてたため、コメントのお返事が遅くなりましてすいません。

お返事の順番がてれこになったりする部分もあるかと思いますが、ご容赦くださいませ。

なお、このページは○時間後に、自動的に消去されるか追記が発生いたします。


↓↓↓

消去でもなく、追記でもなく、合併しましたよと(笑)


「阪神のある街」に帰ってきたんですが、
あれ・・・???
おいこら! なんで赤松上がってないねん!? ヽ(´ー`)ノヽ(´ー`)ノヽ(´ー`)ノ

いやもちろん、庄田が悪いわけでもないし、藤原が悪いわけでもない。
彼らが上がったことは素直にうれしいこと。
しいて言うなら、ひ〜やんが悪いわけでもない(笑)

でもね、

赤松はいらんのか?
赤松はいらんのか? (2回言う)
赤松はいらんのか? (何回でも言うw)
そら、なんぼ赤松でも悩むわ…。

僕が気付いてないだけで、赤松真人には一軍では通用しない重大な欠陥でもあるんやろうか?
たしかに打てんかったよ。 そら、あいつが悪い。
でも、走塁と守備で見せてくれたもんは、今のうちの一軍選手ですら、
誰一人持ってなかったレベルのもんちゃうのん?

誰もレギュラーで使えなんてまで無茶は言うてへん。
ベンチに置いとかんかいって言うてんねん。
たったここ数試合でも、試合終盤「ここで赤松がおればなあ」って場面が何回あった?
極端に言うてまえば、仮にそれが、
神様に「お前はスイング禁止〜」って魔法をかけられた、守備と足だけの赤松やったとしてもや。
これはぼくが赤松を贔屓目で見てるからかなあ?



おお!
「阪神のある街」に帰ってくるなり愚痴モードや(笑)
アカンアカン!
阪神はもっと死んだ魚のような目で、ぬる〜くぬる〜く見守ってあげなければ(笑)

話はかわるけど、
昨日も大事な場面で代打に送られ、
野球少年のお手本のような華麗なスイングで三振に倒れた桧山さんを拝見させていただいたとき、
「お前はレッスンプロか!」と、思わずツッコんでしまった(笑)
んで、思った。 あー、ホンマに「阪神のある街」に帰ってきたんやなあって。

そのうち機会があれば、「Dr.KEN〜庄内旅紀行〜」でも書く予定。


さっきtoraoさんのところで見たumeさんのコメントにかなりウケた(笑)
「がんばれ林桜井!しっかりせい桧山赤星鳥谷!えびばでせい関本!」か、、、ぐふふ。
勉強になるなあ(笑)
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.06.08 Friday

赤の季節
ブログランキング
トゥルル、トゥル…  ガチャ!

「はいっ!準備は万全☆赤松真人☆です!」
――「……赤星やけど」
「なんやあかほっさんか(しょーもな)、なんか用事ですん?」
――「……夜中に何回も鳴ってたイタ電の番号に折り返してみたんだけど」
「もー、今それどころちゃいますねん。空気読んでくださいよ」
――「……それどころ、、、」
「ってか普通イタ電に折り返しますか?」
――「……。」
「女の子からの電話の可能性もないことはないとか、ちょっと期待したんちゃいますのん?」
――「……。」
「もー、あかほっさんさぶいッスよ」
――「……。」
「ほな、ぼく忙しいんで切りまっすよ」

ガチャ!



トゥルル、トゥル…  ガチャ!

「はいっ!赤は赤でも☆赤松真人☆です!」
――「こんにちは、結婚情報サービスのものですが。」
「あーお電話お待ちしておりました。って頼んでへんわ!」
――「すいません、失礼いたしました。」
「もーかけてこんとってや。……あーあー、ちょっと待って!」
――「はい?」
「結婚に悩んでる独身男性の電話番号、教えとったるわ!」
――「よろしいんですか?」
「えーよえーよ、これも一期一会ってヤツやしな」
――「あ、ありがとうございます。」
「断り切れん人のええ性格の人やから、何回も電話したったら話聞いてくれると思うわ」
――「わかりました。」
「夜型の人やし、出来たら夜中の12時以降くらいからかけたって」
――「わかりました。」
「ほしたらね、切るよ」

ガチャ!



しかし、連絡おっそいなあ。
監督、ぼくの番号忘れて困ってんはるんちゃうやろか?



◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆

「濱中の抹消」 「中村豊の手術」 に伴い、
“迷えるスピードスター☆赤松真人”が今日、満を持して甲子園に帰ってくる(と思う)。

甲子園の大観衆は、今か今かとスピードスターを待っている(はず)。
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.05.19 Saturday

激震・・・
ブログランキング
※ お詫び

昨日の謎の記事についてなんですが、北斗の拳をご存知ない方にとっては「・・・? おい、なんのこっちゃわからんわ」状態だったみたいです(北斗の拳は知ってるけどあの記事の真意はわからんって方も当然いらっしゃる?)。 なんでちょっと説明を(笑)。

199X年、らおう、とき、じゃぎ、けんしろうと言う四兄弟がいました。 この四兄弟の生家は、代々北斗神拳という拳法(暗殺拳)を細々と営む家系で、この北斗神拳が次の代に世襲されるときは1人だけに(一子相伝)、との慣わしでした。 例えると、矢野の後釜候補はいっぱいいるけど、正捕手ってポジションは1個しかないみたいなもんです。 せやからそこに争いが起きるって感じです。

で、この北斗神拳を継いだのが末っ子のけんしろうやったんですね。 しかしこれに兄貴連中が納得がいくはずもなく、特に性格の悪い三男のじゃぎ(メットをかぶってる男です)が嫌がらせをしてきます。 その嫌がらせって言うのが、「弟けんしろうの名を語って悪の限りを尽くして、けんしろうの評判を落とす」ってことでした。 悪いことをしては、胸にある7つの傷を見せて「おれの名を言ってみろ〜」、「せやせや、おれの名はけんしろうじゃけ〜。おれって悪い男やろ〜」ってね。


このじゃぎとけんしろうの関係が、僕の頭の中では赤松と赤星の関係に思えてきてね(笑)。 赤星が不在の間に(名前と足に関してだけは)キャラのかぶる赤松が、あらゆる手を尽くして赤星の評判を落としめるって妄想が沸いてきたんですよ。 ってか、なんで僕こんな説明をしてるんやろ?

松はもう、一軍にいないのに・・・。 いないのに・・・。 いないのにね・・・。 



んで、昨日は松の抹消」「喜田のトレード」でテンションが下がりまくって、せっかくの勝ち試合をあんまり楽しく見れなかった。 夕方から、奥様の実家でBBQしてた関係もあって、試合前珍しくABCラジオで聞いてたら、なんか木戸さんもキレとった。 「首脳陣批判ととられても構わんが、こんなことやってるチームが勝てるわけがない。あほか」みたいな感じでメッタギリ。 まあ木戸さんの場合は、岡田監督とあれがあれであれやから色々とあるんやろけど(?)、温厚なムッシュまでキレとった。 噂では、ふくもっさんもキレとったとか。



赤松の件に関しては、一言で言ってしまうと、「お前が悪い」。 
そら走塁に関してはオンリーワンのパフォーマンスを見せてくれた。 守備もけっこういい。 性格は最高にいい(おい)! せやけど、なんやあのバッティングは、確か君はウエスタンで首位打者も獲っとったよな? 人生最大のチャンスがパックリ大口を開けてそこにあったっちゅーのに、なんでいくろーとか内野手の藤原とかにスタメンセンターを獲られとんねん! ガッカリだよっ!

でもこれは、レギュラーを獲れんかったことに関してのこと。 一軍に絶対に必要な戦力というポジションは掴んでたはず。 いや“はず”やない、絶対掴んでた。 赤松の走塁にはそんだけのものがあった。 今回の入替えにあたって抹消の候補になるのは、アノ人かアノ子じゃないとおかしいんちゃう? 返す返すよくわからん。

もうこーなったらな、
「1球でサードを獲れる男になって帰ってこい!」
(いわほーさん案)

初球で走って、キャッチャーからの送球の間にサードまで獲るんや!
んで、ツーアウトになってもホームに還してもらえんかったら、ホームも獲れ(笑)!
そんな“ハイパー赤松”になって10日で帰ってこいよ〜(泣)



きだごーの件に関しては、一言「すまんかった・・・」。
うちにとってはビジョンが謎すぎるトレードやけど、チャンスをもらえなかった喜田にとっては、つきなみですが転機になるかも知れんね。 このトレードについてはもっと書きたいことが山ほどあるんですけど、今日は長くなりすぎたんでまた機会があれば。

ただ最後にこれだけ。

“林、桜井、喜田”

将来のこのクリーンアップを夢見て過ごしてきた日々は、ほんとに楽しかったです。
カープはほんとうに良いチームやと思うから、むこうに行っても頑張れよ(泣)!
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.05.18 Friday

その男の名は・・・
ブログランキング
またしても広島に3タテをくらった夜、
傷心に暮れる虎キチたちは9回、あの男の走塁にわずかに溜飲を下げたと言う・・・。








フフフッ・・・おまえら〜〜〜  おれの名をいってみろ!!


――「む、胸に七つの傷!!」
――「うわさでは、た、たしか新人から5年連続盗塁王の偉業を成し遂げたという!?」
――「ジャッカルや牙一族をほろぼしたという!?」
――「い、1点ビハインドの9回、代走で出てセオリー無視で初球から走った男!?」




野球のセオリー? ひゃっはー、片腹いたいわ!!!
そんなもの、おれさまの前ではみな無力よ! はーはっはー!!!
そんなことはどうでもいいわ! さっさとおれの名をいえ!!!


――「た、たしか・・・」
――「たしか、アカ・・・」




そうよ! このお方が5年連続盗塁王、赤い彗星アカボシさまだあ!!!


――「こんな、こんな男がアカボシの正体だったのか・・・!!」
――「なんということじゃ!!」








・・・・・。


ア、アカマツ・・・きさま!


                             注…赤星





明日、赤星抹消から10日が経ちます。 奇跡の復活はあるのか・・・。
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(14) | trackbacks(0) |


2007.05.06 Sunday

赤松真人の事件簿
ブログランキング
トゥルル、トゥルル…

――「……はい」
「あっ、あかほっさんっすか?赤松くんっす!」
――「……違います、じゃあ」
「ちょーちょー!違いますちゃいますやん!」
――「……何?」
「いやいや、首どないかなあって」
――「……痛いよ、かなり」
よしっ! うわあ大変っすねえ」
――「……今『よしっ!』って言わんかったか?」
「へっ?吉田義男がどないかしましたか?」
――「……いや、何でもない」
「僕、ええ薬知ってるんで明日買って行きまっすわ!」
――「……何で?」
「何でって。心配やからに決まってまっすやん!」
――「……そうなん?」
「当ったり前でっすやん!」
――「……そういや、前も不眠症の薬持ってきてくれたな」
「かわいい後輩でしょ!」
――「……近所の子犬に舐めさしたら痙攣してたけどな」
「えっ、もしもーし!あっ、すんません!何かちょっと電波が…」
――「……都合のいい電話やな」
「えっ、何か言いました?」
――「……いや、いい」
「まあでも、ゆっくり直してくださいね、ゆっくり」
――「……。」
「ほな、そーゆーことで!ばいばいきーんっした!」

ガチャ! ツーツーツー…
――「……。」

その夜、赤星は時折襲ってくる首の鈍い痛みになかなか寝付けなかった。
その夜、赤松真人は遠足前の小学生のようになかなか寝付けなかった。
それぞれの夜、それぞれの朝…。




● 2007/05/05(土)子供の日 岡田阪神7連敗の日

――深夜A3:50
翌日はデーゲームだというのに、赤松真人はやっと眠りにつく。
「1番、センター、赤松…。うは、ええ響き!」
むにゃむにゃ…

――早朝A4:00 
にわとりさんより一足早く、赤松真人が目覚める。
ガバッ!
「あー、よう寝た!」
どうやら睡眠は充分取れたらしい。

――早朝A4:30
ガチャ!
「よっしゃ!」
日課の赤星へのイタ電を終え、赤松真人は朝食的なものを採る。

――早朝A5:00
ランニング。
赤松真人は実はちゃんと練習もする。

――試合開始前
正田コーチより「スタメン9番」を告げられる。
赤松真人はやる気が10下がった。



――そして試合開始
左中間に上がったフライを追い、鉄人・金本と交錯しかける。
イニング終了後、赤松真人は金本に駆け寄る。

タッタッタッタッタッタッ、、、、、
「かねもっさん、すいませんっした!」
「でも、、、車と赤松は急には止まれませんから!そこんとこ☆よ☆ろ☆し☆く☆」
タッタッタッタッタッタッ、、、、、

 ………。
 金本「……のう狩野」
 狩野「は、はいっ!」
 金本「あいつ、ギタギタにしたったらいけんかのう」
 狩野「ぎょ、御意に!」




バッド S バッド T バッド O バッド P バッド

何か終わりそうになくなってきたんで妄想終了(妄想疲れw)! お昼に新聞を見てたら、昨日の試合後の「赤松の反省の弁」が載ってた。 「ヒットを打った勢いでいってしまった。やめる勇気も必要でした」だってさ。 大事な場面で失敗した盗塁のことを反省してるらしいが、僕は言いたい! 
「赤松よ、反省なんかせんでよか!」
あの場面、走ってこその赤松やんか。 今年、何で赤松が一軍を掴み取れたか? 今、何で代走・赤松のコールに大歓声が起こるか? それは君の無鉄砲なまでのアグレッシブさが、プロ野球っていうエンターテイメントで客を呼べるものになったからやないか! 昨日、あそこは大事な場面やったよ。 でもそれは君がノーアウトで出たからやし、君が簡単に二塁を獲れる選手やったから大事な場面になったんやん。 つまり赤松が二塁まで獲ることを含めて大事な場面やったんやん。 何が言いたいかっちゅーと、昨日の盗塁失敗なんて「無死二塁でクリーンアップが内野フライを上げた程度のこと」やっちゅーこと。 反省なんかせんでええ、慎重になんかならんでええ、やりたいようにむちゃくちゃやっていっぱい失敗したらええ。 オレがちゃんと見といたる! それで二軍に落とされたら、そんときはオレは知らん。 君も大人やねんから、その辺はわかるやろ。 大人なんてそんなもんや(笑)! ただな、左中間のフライだけは気を付けろよ! もしか金本とぶつかってな、ケガでもさしてしもたら全部パーになるからな。 そこだけは調子に乗り過ぎたらアカンで(笑) 




kaleidoさんにもらった変な生き物の写真
  

7連敗に怒り心頭の阪神ファンの皆さま、並びに本当にケガが心配な赤星ファンの皆さま。
こんなときに不謹慎な妄想に頭をめぐらせている僕をお許しください。 
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.05.01 Tuesday

男達は牙を研ぐ…
ブログランキング
――ブンッ! ブンッ! ブンッ! 
「終われない…。 オレはこんなところでは終われないっ!」
すっかり日も暮れた鳴尾浜球場。
整備も終え、人影も無くなったグラウンド。
必ず来る自身の明日を信じて、高橋光信は今日もバットを振り続ける。


――ヒタ、ヒタ、ヒタヒタヒタヒタッ…

「うわっ、誰やっ!」  「……ふう、夢か」
近頃、葛城育郎は毎晩同じ夢を見る。
原因はわかっている。
足音の主は、桧山さんだ…。
「オレに残された時間は少ないな…。」
“ベストを尽くそう” 男は強く思った。


――さすがにもうあかんわ。
「よし、明日病院に行こう」
赤松真人は、やっと決意した。
ずっと一人で悩んでいた。
せっかく掴んだチャンス、出来ればこのまま一軍にいたい。
でも、、、もう限界だった。
万に一つでも、可能性に賭けてみよう!
………
ずーっと気になっていた。
何かの間違いだと思いたかった。
最近見た「華麗なる一族」というドラマのエンディングもきっかけになった。
………
………
………
「オレがO型て、、、絶対B型やわ!」



まさかの三連敗の後。
雨天中止の夜、
雨に煙る横浜の夜空の下、男達はひっそりと牙を研いでいた…。
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | trackbacks(0) |


2007.04.15 Sunday

オレが赤松だぜ!
ブログランキング
おすっ! おら赤松!
おら今日スタメン!
みんな応援よろしく!


てーへんだてーへんだー!
赤松さんとこのお調子者のどら息子が今日スタメンだってよー!
あんた何寝ぼけてんのさ、消化試合はまだ先だよ!
ばかなこと言ってないで、とっとと朝メシ食って仕事行きな!
……………

「……9番 センター 赤松」
このコールが甲子園球場に響き渡ったとき、スタンドに詰め掛けた阪神ファンのどよめきはどんなだったんだろう? 「2番・関本」で「おおおー!」、「6番・濱中」で「おーい、相手川村やでー…」、「8番・能見」で「ざわざわざわざわ〜」、、、、、 あー見たかった! あー体験したかった! 昨日観戦された皆さん、お疲れ様でした。 昨日のクライマックスはここでしたね(笑)!

前夜の仕返しとしか思えない大矢采配に完全に裏をかかれた我らがタイガースは序盤、「嵌められたはずの関本、濱中にのみヒットが出る」という、左右がまったく機能しないいつも通りのミステリアスな立ち上がりを展開する。 そして3回、本日最大にして最初で最後の見せ場がやってくる。

先頭バッターで赤松。
この時点で僕のテンションは最高潮! まだ何も起こってないにも関わらずなぜか「ビッグチャンスが来た!」と思い込んでる、完全にイタイ状態(笑)。 カウントが1-3になった辺りで軽く昇天(笑)。
そして待望のフォアボールを獲得、やったー! いや実は打つイメージはあんまりなかったんですわ(汗)。 しかしこのお方、消化試合以外では初めてのスタメン起用だったのに、何て自信満々の顔をしてるんだ、この勘違いっぷりが無性に頼もしいな(笑)。 さあそして、みんな用意はいいか!?
待ちに待った「赤松スペクタクルショー」の始まりだ(笑)!

まずは当然走るぜー! 2球目、おりゃー、ウエストされたけどセーフ! ちなみにこのお方、試合前に「2球目までに走る」とか言ってたらしいね、ほんまイタイと言うかなんと言うか(笑)。

お次はサードを盗って欲しいのかい? わかったぜ、おりゃー、見切りスタートでセーフ! みんな見てくれたかい、これが紙一重ってヤツだぜ! 関本さん後でビールおごってね(笑)!

おおーっと、気が付いたら「無死満塁」じゃねーか、「出来る男」は違うぜえ!
……………


以上をもって本日の記事を終了したいと思います。

首をグネったらしい赤星、1日も早い復帰を願っております!
8回投げきった能見、ナイスピッチン! 次も期待してるよ!
今後の起用法はまだわからんけど、「2番・関本」よかったよ! 
桟原、吉野、ドンマイドンマイ気にすんな!(って言おうとしたら鳴尾浜通告が…)

今日は何とか勝とうね! えいえいおー!


※ 一応、本人は緊張したとか言ってますね(笑)
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.04.15 Sunday

運命の日〜前夜〜
ブログランキング
――トゥルルル…、トゥルルル…。

ガチャ。
――「はい」
「あー來未?久し振りやん!」
――「…誰?」
「誰て。オレやん赤松やん!」
――「…誰?」
「阪神タイガースの赤松くんですっ!」
――「あー」
「あーって…。そんなん言われたら何かオレさぶいやん!」
――「ごめんごめん、で何?」
「うわっ、冷たっ!お前も天狗なったなあ」
――「……。(うちら元々、そない仲良かったか?)」
「いや別にたいした用ってわけでもないねんけどな」
――「……。」
「ええわ!また電話するわ!」
――「OKOK」
「ほなな!」
ガチャ。
ツーツーツー…。


――トゥルルル…、トゥルルル…。

ガチャ。
――「はい」
「あー麻衣?久し振りやん!」
――「…誰?」
「誰て。オレやん赤松やん!」
――「…誰?」
「阪神タイガースの赤松くんですっ!」
――「あー」
「あーって…。そんなん言われたら何かオレさぶいやん!」
――「ごめんごめん、で何?」
「うわっ、冷たっ!お前も天狗か!? 最近あんま見ーひんけど」
――「……。(わたしとこの人って友達だったっけ?)」
「いや別にたいした用ってわけでもないねんけどな」
――「……。」
「ええわ!また電話するわ!」
――「うん、わかった」
「ほなな!」
ガチャ。
ツーツーツー…。


――トゥルルル…、トゥルルル…。



以降、朝まで繰り返し
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(2) | trackbacks(0) |


2007.04.01 Sunday

赤松のある野球
ブログランキング

…お、おもしれえ!


今日は今シーズン初となるTV応援(BS見れてよかった♪)。
なぜか今日は朝帰りだったため、野球の始まる5分前にやっと目覚める。

それは突然、8回にやってきた。
先頭今岡がヒットで出塁、岡田監督はすかさず「代走・赤松」のコール。
初の開幕一軍、さらには今シーズン初出場となる男の表情がモニターに大写しになる。
緊張で真っ白になっている顔を想像していた僕は、まだこの男のことをわかっていなかった。

そこに写っていたのは、「もう10年ここを仕事場にしているような自信に満ちた顔」だった。
「やっと俺の出番か。待ちくたびれたわ」
100%盗塁警戒の中、男は当然のように初球で二塁を盗った。
直後カメラはベンチの赤星を追う。
NHKらしからぬ「わかっているカメラワーク」に抜かれた赤星の表情は厳しい。
しかし「赤松劇場」はまだ終わってはいなかった。

一死後、矢野の打球が三塁に飛ぶ。
広島の若き主砲新井は、よどみない動きで二塁走者赤松をきっちり目で刺し一塁へ送球する。
しかし新井の指から白いボールが離れるその刹那、男は動いていた。
「さ、さーど行きよった…」
僕の開いた口が塞がるより早く、男は三塁も盗っていた。

結果として今日はこれが点には結びつかなかった。
今後さらに警戒が強まる中、たぶん男は大チョンボも犯すだろう。
しかし赤松がチームにもたらす勢いとノリ、そして面白過ぎる動きのある野球。
僕が欲しくて欲しくてたまらなかった「赤松のある野球」
男は今日「秀太の仕事場」と「豊の仕事場」、そして「赤星の将来」に足を踏み入れた。

この男のストーリーはまだ始まったばかりだ。
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(10) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!