Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< December 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.12.29 Saturday

ええ加減な友人
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
世間様は年末年始休暇に突入。
ぼかぁ今日も出勤…。  (・ω・)
しかも、何で今日みたいな日にえらいバタバタしよんねん!



「明日忘年会やるけど来いや」

さっきこんな連絡があった。 明日って…。
今回は家庭の都合で断ることにしたが、
ボクの周りはな何でこないに計画性が無いヤツばっかりなんや、プンプン(笑)

しかしあれですわ。
結婚するまでのボクは「阪神1番、お酒が2番」みたいな生活で、
阪神とお酒に関するお誘いだけは、
急であろうが他に先約があろうがな何とかして参加してた。

そんなボクも最近は急なことはけっこうお断りすることがある。
ボクも大人になってきたってことだろうか?
大人になるってことが何かを失うってことなら、、、、、
ボクは大人になんかなりたくないっ! (←あほ)


で、その断った家庭の事情ってやつなんですけど、
実は今日もボクが幹事みたいな忘年会があって、
年末とはいえ2日も続けて午前様っていうのは、さすがに奥様が恐いからって事情。

ちなみに今日の忘年会。
参加者の確認は1通のメールを送りっぱなしで集計せず。
集合時間については一部の人にだけ今日に当日連絡。
会場については予約無しの現地調達の予定です。


まあ毎年こんなんでも何とかなってるから大丈夫やろう(笑)
ん、計画性?
それって何ですか? おいしいんですか?

Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(2) | - |


2007.12.28 Friday

逃げたわけではない。
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
らんたん♪ らんたん♪ らんたん♪ らんたん♪ ……ぐ〜チョコランタン♪

皆さん、「ぐ〜チョコランタン」って知ってます?
小さい子供がいる方ならご存知かと思うんですが、
「おかあさんといっしょ」の中のコーナー(?)なんですけどね、
うちのkokoroちゃんのハマリっぷりがそれはもうハンパ無いんですわ(笑)
毎朝TVの前で始まるのを待ってて、歌が鳴り出すと踊り狂う(笑)

当初は子供番組やと思ってなめてた部分があったんですけど、
こういう子供向けの人気番組っていうのは、
子供を夢中にさせる要素をものすごい科学的に分析したうえで製作されてるんかな?
考えてみたら「パジャマでおじゃま」なんかボクが子供のときから見てたし。



相変わらずたいしたニュースの無い年末年始のプロ野球界ではあるんですが、
昨日はすんすけが面白い契約をしたとのこと。

□■□ 「史上初の珍更改!ロッテ・渡辺俊が“お楽しみ出来高”に笑顔」(サンスポ)

まあ言っても契約自体は特に変わったことをしたわけではないんですが、
「出来高の部分を本人は知らない」ってことらしい、ん〜新しい(笑)!



あ、くそう。
書いてる時間が無くなってきた。

今からいっぱいタイガースのことを書こうとしてたのにい。 (・´з`・)

Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(4) | - |


2007.12.26 Wednesday

愚痴のようなものを愚痴愚痴と。
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
しかし中日の主力は毎年揉めるな。 福留、岩瀬、川上…。
個人的にはボク、中日の査定方法が正しいと思ってんですけど。
1億の選手は1億の仕事をして現状維持ちゃう?






皆さん、「赤松ブログ」って見てます?

実は阪神には赤松っていうあまり知られていない選手がいます。
その選手が自身の裸体をメモライズするために、
鳴尾浜時代から細々とやっているブログなんですけど、
最近そのあほさに拍車がかかってきております。

島野さんがお亡くなりになった日に、
「今日は喜田剛さん結婚式!」ってうつけ記事がUPされていたときには、
そのあまりのKYっぷりにイラッとさせられたんですが、
その後の記事もまあひどい(笑)

嫁露出しまくりで相変わらずの小学生日記。
(一応)有名人である自覚が無さ過ぎるんちゃうかな?
まあ赤松ごときが金本くらい徹底せなあかんとも思わなんけど、
このままいって子供とか生まれたら、
確実に「あほの子」っていじめられる環境を自らつくってる気が…。
(しかし「嫁」ってよー書けるなあ、オデは恐くて書けん)

プロ野球選手のブログとしては珍しくコメント機能も開放されているんですが、
直近の記事のコメントはゼロ、その前もゼロ…。
人気商売のプロ野球選手。
これって何気にけっこうすごいことのような気がするなあ(笑)



今日のニュースの中では、和田さんの記事にかるくガッカリ。
□■□ 「注目のポジション争い、新井&今岡に和田コーチが希望調査」(サンスポ)

なぜに聞く? そんなら首脳陣いらんやん。
押し付けろって言いたいわけじゃないけど、そこは希望を聞くとこか?
闘志は内に秘めて争わせろよ。
ボクの中のMr.タイガースの1人、和田さんの発言にガッカリ…。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(10) | - |


2007.12.24 Monday

裏MVPは「髭男爵」
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
2008M-1王者は敗者復活からまさかのサンドウィッチマン!
(「ザ☆健康ボーイズ」は案の定と言うかダメでしたw)

個人的には1本目はトータルテンボス、
2本目はサンドウィッチマンの出来が秀逸で一歩抜けていた。
1本目と2本目が逆だったら…、演技順が違ったら…。
勝負は時の運。 それしだいでは大きく順位も変わったんでしょうな。

しかしそのサンドウィッチマンの2人が学年で言うとボクの1個下やったことに驚愕した。
あ〜、もうオデも立派なおっさんや…(笑)





年末の大掃除を控えて、また空の焼酎の一升瓶が26本も貯まった。
つい数ヶ月前に酒屋さんに出しに行った気がすんのにな(笑)?



基本的には左端の「邑」「芋虎」ばっかり買ってる。
邑は味がいいのに全然クセが無く一番気に入ってる酒で、
芋虎はそこそこあるクセが気に入ってるが名前で買ってる部分も大きい(笑)
んで、ちょっと飽きてくるとすぐ開拓が始まる(注…¥2,000以下w)。



ボクは甕の匂いが嫌いで“甕仕込”って書いてる酒はあまり好まない。
今日始めて奄美大島の酒蔵の焼酎を買った。
銘柄は「れんと」、“音響熟成”っていう文句が気に入った(笑)
水色の瓶の色が綺麗で、kokoroちゃんも気に入った様子。
写真は「笑い飯」の漫才中に奥様がTVの前に立ったときに「どけ!」と言っている図。

始めて飲んだけど、これけっこう飲み易い。
邑と同じできついクセが無く、ボク的にはいい感じ。
でも邑よりちょっと高かったんで、たぶん今後もメインが替わることは無いだろう。




一応野球の話も4行だけ(笑)

□■□ 「赤松複雑…プロテクト外なら流出可能性」(デイリー)
おいおい、穏やかじゃないねえ(笑)
まあこれ完全にこの記事を書いたデイリーの記者さんの個人的見解を、
それらしい見出しにして記事にしてるだけなんですけどね。

Writer : Dr.KEN | 家に転がっているモノ | comments(6) | - |


2007.12.23 Sunday

丼リターンズ
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
……忘れてた。
昨日、野田阪神ウィステにエグと庄田と球道コーチ見に行こうと思ってたのに、
完全に忘れてた…。




何という皮肉な運命の巡り合わせなんだろう。
あの恐るべき悪夢に再び直面する日がやってくるとは微塵も考えてなかった。
やっと忘れることができたのに、やっと明日が見れるようになれたのに…。

一昨日奥様から一本の電話があった。
「結婚指輪、たぶん電車で落としたからよろしく。」

何がよろしくなのかは理解できなかったが、
奥様の結婚指輪が帰らぬ人となったことだけは間違いがないようだ。

本当に辛いときに必ず声をかけてくれた指輪。
二軍に落とされたときも真っ先に連絡をくれ励ましてくれた指輪。
厳しさの中にも必ず大きな優しさがあった指輪。
一緒に優勝しようと誓い合った指輪…。

……指輪はもう帰らない。


焦心にくれた昨晩の食卓、家族の間に会話はない。
重い空気に支配されたその静まり返った空間に「カチリ」と異音が響いた。

不審に思いお茶碗を覗き込むと、そこに指輪がいた。
そう、あの日と変わらぬ優しい笑顔で!

ボクは「お前なあ2回目やないか!」と思う気持ちを飲み込んで奥様にこう告げた。
「指輪、また炊けてるよ。」と…。



『指輪丼』リターンズ〜伝説はまだ終わらない〜



※ この話は実話20%程度に基づいて書かれています

◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆

めぼしい野球のニュースがまったくない!
広島の人的保証はどうやら年明けまでの長考とする方針とのことやし。

しかしダル、高卒4年目で2億到達はとんでもないね!
もちろんそれに恥じない、凄まじい成績を残してる。
高卒数年でバリバリ主力(ダルの場合はもう完全なチームの大黒柱やけど)、
うちでもそんな選手がみたいなあ…。


あ、そうや。 今日は年末恒例となったM-1GP。
ボクの本命は、敗者復活から勝ち上がる予定の「ザ☆健康ボーイズ」としておこう(笑)

こないだの雨トーークで披露したネタには、
舞い降りてきたお笑いのネ申様の姿がハッキリと見えた。
あんな滑舌もテンポもいい2人、初めて見た(笑)





動画があったんで貼っておこう。
ちなみに今、これを再生出来る環境にいないんで、これ自体がオモロいかどうかは不明です。

Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(4) | - |


2007.12.22 Saturday

指輪が泣いた(1986年)
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
指がちぎれてしまうほど強く ♪
無理に外し 投げた指輪 ♪
―あっかくただあっかくっ―

え〜、今日のタイトル及びこの枕部分に対する質問は現在受け付けておりません。




クリックする男の指が震える。
胸の鼓動ははやがねを打ち、固く握られた手のひらがかすかに汗ばむ。

そして速報サイトは開かれる。
焦点の定まらない空ろな両の眼はただ機械的に「人的保証」の文字を探す。
数日前から日にこれを何度繰り返しただろう。
数百回、いや数千回…。

幸か不幸か男の探し物はまだ見つかっていない。
それは必ず訪れる運命のその瞬間をただ引き伸ばされているだけにも関わらず、
男はそれを認めようとせず毎回安堵の吐息をもらした。

しかしそんな倒錯の日々は長くは続かなかった。
今日とうとう見つけてしまったのだ、まごうことなき「人的保証」の文字を!

そしてそこに続いていたは「俊足巧打の外野手」の文字。
もう疑う余地も無い、……アカマツだ。
想定の範囲内ではあったがそれは男にとって最悪の事態でもあった。



……アカマツ。
アカマツとの思い出が走馬灯のように男の脳裏を駆け巡る。































デイリーより



いや、やっぱこんなヤツいらんわ。





そんな気分で「俊足巧打の外野手」西武・福地の人的保証の速報を眺めていました(笑)
ボク的には「石井一⇔福地」やったら普通のトレードでも充分アリな気がするけどな。
ヤクルト、ええ人獲れたね。

しかし、この針のムシロ状態は年明けまで続くのか…。


※ 広島・梅津(うめつ)がモデル、タレントの翔子さん(23)と入籍
   そうかそうか、チーム山形もタレントと結婚できるようになったのね(めでたい!)
   ☆若林翔子 公式ブログ☆
   キッカケは栗原健太の結婚式(恐るべきチーム山形ライン)!

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | - |


2007.12.20 Thursday

近付く運命のとき
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
おありがとうございます。
最近ブログランキングが20位前後っていう、
ボクの中ではけっこうな高いレベルで安定している。

ただ1つだけ気になっていることが…。
オデおやじの「ぼちぼち日記」と常に絡みあって推移しているのは何でなんやろ(笑)?
もう数ヶ月、抜きつ抜かれつおもろいくらい同じ位置におる(笑)



いやいやいやいや、とうとうあの日が近付いてきましたな。
あの日ってなんの日って? なに言うてまんねん、ほら、あれでんがな。
新井ちゃんが正式契約を交わしてから、明日でちょうど2週間目でっせ。
細かいことはおっちゃんようわからんねんけど、たしかあれでっしゃろ? 
2週間以内には広島さんになんちゃらリストとかいうのん出さなあかんのでっしゃろ?

なんでしたかな、あのリスト?
たしかプロ…、プロテイ…? 
おお、そや! ステロイドリスト!!!  ←NGワード
……すんまへん、おふざけが過ぎました。


そんなこんなで正直アッチソンより広島からの発表に戦々恐々としている状況です。
ボクの人的保証大本命は赤松、対抗で福原、大穴で今岡。

あ〜身悶えするわ(笑) いったいどないなるんやろう(ドキドキ)?



※ そういや黒田の1年分の年俸で、
   広島の全選手の総年俸を越えたらしいですな。
   メジャーっていったいなんなんやろ…。

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(10) | - |


2007.12.19 Wednesday

悪意ある設定
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
愛息の顔を見届けた福留が、新天地へ飛び立つ。

・・・・・・・え?
・・・・・・・愛息?
お前、入籍したんついこないだのFA宣言した日やったやんなあ(ニヤニヤ)
□■□ 「福留に男児誕生 パパきょう渡米」(中日スポーツ)




連日他球団のことばっかで申し訳ないが、ラミレスの巨人入りが秒読みとの報道。
かくして“2007年オフ讀賣的特大補強”は、
同一リーグの最多勝投手、打点王、不動のストッパー、その他を獲得して終了した。

巨人に限って言うんじゃないけど、
大物外人が国内移籍をするときは相手球団に人的補強するようにしたらええのに。
しかも外人の場合はプロテクト枠を減らして20人くらいで(笑)
(細かいことを考えるといっぱい問題はあるがそこはスルー、これはノリで書いただけ)

しかしこれで巨人は使わんといかん系の選手が、
高橋由阿部二岡(自前逆指名組)、小笠原スンヨプラミレスまあ谷(補強組)となった。
チャレンジ枠はセカンドのみ。
ここは脇谷が一番手ではあるが、今シーズン一番起用されていたのは(たぶん)キムタク。
(他球団のことなんでよくわからんが、ゴンザレスではなかったよなw)

投手陣に目を向けると、先発ローテの柱がグライシンガー上原高橋尚内海木佐貫。
中継ぎ以降の勝利の方程式が藤田豊田で最後はクルーン。
・・・うおっ! ここも見事に自前逆指名組と補強組オンリーや(笑)

だいたいこんなことを書こうとすると、
一部にはけっこう悪意ある設定をせんとうまいこと当てはまらんねんけど、
(小関とか小坂とか大道とか野口とか吉武とかも不動のレギュラーと仮定するとか)
ここまで自然な感じで考えられるってある意味すごい(笑)!



つまり巨人で主力選手としてまともに生きていける道は・・・・・。

まあいいや、そこは言わんとこう。 無粋ってもんや。
だってこの記事自体、阪神について書くことがないから書いただけやし(笑)

まあこんな状況やけど巨人の若手も頑張れ!
ほら、若いうちの苦労は買ってでもしなさいって言うやろ。
この経験が今後に人生の肥やしとなっていくんや。

頑張れ期待の星! 頑張れ野間口真田辻内金刃村田藤村大介!!!
(・・・あれまたここにも共通点が、ぐふふ>悪意ある設定)

Writer : Dr.KEN | 野球 非阪神 | comments(4) | - |


2007.12.18 Tuesday

ハマのファンタジスタ、トレード
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
kokoroちゃんが預かってもらってる先の奥様の実家で、
ノーパンで布団におしっこしまくって、キャッキャキャッキャ笑ってたらしい。
誰が脱がしたかは不明、ってかたぶんタイツも全部自分で脱いだんやろうな。
お義母さんはカンカン…。
あああ、両家の関係が…。



スン様が5000万ダウンの6億で契約を更改した。
知らんかった。 4年契約でも年棒いじくることってあるんや。
で、怪我を理由に断念していたと思っていた韓国代表の五輪最終予選出場を直訴。
日本に敗れ崖っぷちに立たされた母国を憂いての発言だろうけど、
その心意気や良し。
何かを愛する気持ちってのは素直に応援したくなる。
韓国人は日本人では比較にならないくらい母国を愛する心があるもんねえ。
ぜひ五輪の舞台でもう一度韓国とあいまみえたい。
五輪切符目指して頑張れ、スン様(非ペナントレース)!

タイガースは島野さんの件以外では動き無し。
(いや新入団選手発表とかアッチソンとかほんまはいろいろあるけど)

そんな中オリックスから衝撃のニュースが…。
□■□ 「古木克明(横浜)⇔大西宏明(オリックス)交換トレード!」(サンスポ)

オリックスがまたしても守れない外野手を獲得しよった(笑)
しかも濱ちゃんのとき同様、守れる外野手を放出して…。

また“双方の思惑が一致”とか言ってるけど、中村さんの思惑っていったい…。
わからん、オレにはわからん(笑)
中村監督時代の暗黒は偶然やと思ってたけど、
もしかしてあれって必然やったんかって気がしてきた…。
(来年の小林くんがますます心配になる)

古木はベンチで一服の件。
大西は文句言い。
どっちもチームにとってはいらん子やったってことなんかな?

そう考えるとカミタロウの野球人生を最後までタイガースで全うさせたうちは、
かなり心の広い球団なんかなあ(笑)
(オファーが無かったってのには目をそむける方向で)


セントラルのファンタジスタがまた1人、パシフィックへと旅立って行った…。

Writer : Dr.KEN | 野球 非阪神 | comments(12) | - |


2007.12.16 Sunday

突然の訃報
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
いつもと同じ朝、いつもと違う事



毎朝ボクは1本目の電車を降りた後、決まって同じニューススタンドの横を通る。
理由は平積みされたスポーツ紙5紙の1面に踊る見出しを確認するためだ。
「やっぱり今日はどこもこれが1面やな…」
「おっ、今日は各紙1面バラバラやないか!」
わずか1〜2秒の時間でしかないが、ボクの阪神生活は毎朝ここから始まる。

いつものように今日もそこを通った。
「昨日たいしたことも無かったし、日曜やから今日は競馬かな?」
そんなことを考えながら見出しに目をやった。

「島野氏急死」

……え?
思わず声が出た。
足が止まった。
どっちの行動も初めてのことだった。



あまちゃんだらけのタイガースに、凛とした空気をつくってくれた島野さん。
あの恐い顔が笑顔になったときのギャップが好きだった。
2003年、星野監督夫人扶沙子さんの遺影を胸に抱いていたシーンが忘れられない…。

タイガースは唯一無二とも言える大きな戦力を失った。
でも、今はそんなことじゃない。
ただただご冥福をお祈りします。 ありがとうございました。

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(4) | - |


2007.12.15 Saturday

赤松真人からの大事な報告
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
陸奥ー! なぜ、そこまでやる必要があった!?
――羽山 悟は獅子だったからだ。



「……マイサン。」
正解は「修羅の門」でした。
問題のセリフは、
伝説のトレーナー、エザード・ロスがアリオス・キルレインを抱きしめ言った一言です。
嗚呼、チャンピオンオブチャンピオン、フォーエバーチャンピオン…。
ちなみに陸奥は時代の影に生き、不破は時代の闇に生きたんだよ!
影と闇、どっちも暗いね♪ それじゃあ、また!

「そんなん知らんわ!」のシュプレヒコールがリフレインしておりますが、 
はい! 「あのとき食ったメシの味は、、、、、忘れない!!!」ってことで野球の話へ。



 Aka-Matsu.net


 『入籍しました!』 2007年12月14日
 ファンの皆さん、赤星さん、こんにちわ!
 この度12月5日に入籍いたしました!
 デイリーより
 お相手は元ミス茨木で伊東美咲似の斎藤寛子さん25才です!
 あっ! 茨木って言っても茨城県じゃないですよ!
 大阪の北のほうにある茨木です!
 僕も最近知りました!
 知り合ったキッカケはコンパです!
 大学時代にOBの葛城さんが毎週企画してくれていたコンパです!
 これからの人生に必要な人だと感じました!
 来年はセンターのレギュラーを取って、明るい家庭をつくっていきたいです! 
 そのために今は矢沢永吉さんの「成りあがり」を読んでいます!
 野球に置き換えて読んでいます!
 これからも応援よろしくお願いします!



Aka-Matsu.netリニューアルに伴って、過去の日記が無くなっていた(泣)
さてはあほの証拠を隠滅したな…。
でもコメント機能が追加されていた♪
さあ皆さん、この機会にぜひお祝いのコメントを(笑)!
メルマガ登録も忘れずにね♪ それじゃあ、また!

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(2) | - |


2007.12.13 Thursday

藤川球児という存在
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
……マイサン。



上の一言なんですけど、ボクがリスペクトするある漫画の1シーンです。
さて恒例「この漫画とは?」ク〜イズ(笑)!
こんなたった一言でもし当てれるような人がいたら、
たぶんその人の脳のメカニズムはボクに酷似してるんでしょうな、誠に遺憾です(笑)
当たった人にはお渡しできる機会があれば何かあげよう、うん。

もっと印象的なシーンはいっぱいあるんやけど、
それらはこの情報化社会、すぐに検索に引っかかってしまうもんで(笑)



……では今日は球児です。
いや、この話題を特に避けてたわけではございません。

ご存知の方は少ないと思われるが、ここは「赤松くん応援ブログ」ではない。
テンプレの上のほうをよく見て欲しい。
四股踏んでる細身の兄ちゃんがいるでしょ?
そう…。
実はここは「藤川球児リスペクトブログ」なのです! なのです。 (だったのです…)

見たこともないような凄まじいストレートを投げ込み続けた球児は、
世界中の阪神ファンに夢と希望を与えてくれた。
そんな球児がとうとうメジャー言い出した…。


超個人的な意見ですが、その一報を目の当たりにしたとき、
絶望的な寂しさを感じた一方、「いいよ、行ってこいよ」って気持ちも正直ありました。

なんかね、球児に対してはずーっとタイガースにいてくれるとは感じてなかったって言うか。
どっかよそに行くっていうより、そのうち消えていなくなるんじゃないかって。
その感じは、球児の刹那的な投球フォームからきているのか、
重いテンポと投球前の儀式からきているのかよくわからんけど…。

……いや、違うな。
たぶんボクは、球児のストレートにいまだに現実感を感じてなかったんだわ。
情けないタイガースを応援してくれるファンのために、
野球の神様が球児の体をつかってあのストレートをくれた。
そこにいたのは球児であって球児ではない。
だから、役目を終えたら球児はそのうちどこかへ帰っていくんだろうなって…。
我ながらメルヘンチックだ、いい大人の考えてることではない(笑)


現実的に今(今に限らんけど)、球児がいないタイガースは考えられない。
絶対にメジャーに行って欲しくもないし、行かせられない。
球児はかけがえのない投手であり、他に替えるものがない大好きな選手だ。

でも今後、何年後にどんな形になるかわからないけど、
球児がメジャーに行くことになったとしたら、
たぶんボクは「頑張ってこいよ」と平常心で送り出せる気がしている。

今はそんな不思議な気分だ…。









※ P6:30 追記

赤松ケコーーーン!

キタ━(゚∀゚)━!!


Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(8) | - |


2007.12.11 Tuesday

ラブ&ピース
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
昨日は夜まで浮世離れした場所にいたため、
「グラ巨人確実」のニュースに気付いたのは夜中でした。

提示金額がどうもうそ臭い(笑)




知らんかったんですけど、オリックスの新入団選手発表もヤクルト方式やったんですね!
くそぅ、事前に知ってたら行ってたのに。

□■□ オリックスがファン2000人前に新人6選手の入団発表(サンスポ)

酒田の豊かな大自然(それしかないとも言う)のもとで生まれ育った少年が大きくなり、
暗黒将軍ナカム〜ラに肩に手を置かれ写真の中央でほほ笑んでいる。
とうとう待ちに待ったこの瞬間が訪れたか…。 あ〜、感慨深い。 あ〜、感慨深い。

カブレラ、ローズ、浜ちゃんの最強外野布陣をバックに力投する小林くん…。
嗚呼、ちょっと想像しただけで今までの人生で最大のため息が出る(笑)
負けるな、酒田の希望の星☆小林くん!  

浜ちゃん、小林くんが投げるときだけでいいから打ちまくってくれ(おい)。
吉野、小林のあとを継いだ試合で打たれたら愛する安藤がどうなっても知らんよ(笑)



今日もタイガース関連はネタ無しの様子で、各紙紙面に困ってるみたい。
サンスポの1面は、「虎の新井&アニキが初合体!」
(しかし今、世間は合体ブームやなあw)

まあどうでもええ話ではあるんやけど(あれ?なんか背中が寒い)、
リンク先記事の中で1箇所だけツボな部分が。
金本の神々しい左腕上腕三頭筋が写ってる写真(奥に新井)なんですが、そのコメント。

金本との合同トレでは瞬く間に時が過ぎた…
金本との合同トレでは瞬く間に時が過ぎた……
金本との合同トレでは瞬く間に時が過ぎた………

恥ずかしいわっ(笑)!!!

どうもスポ紙は2人を完全にこの路線で押そうとしとるな。
「シビれるようなところで○○をしたい」とも書いてあった。
(正確には「シビれるようなところで野球をしたい」、悪意ある編集)

これ以上タイガースに社内恋愛ラブカップルはいらんわ(笑)

Writer : Dr.KEN | 酒田南野球部応援ブログ | comments(10) | - |


2007.12.09 Sunday

赤松ノート
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
吾輩はあほである。
ポジションは、……まだ無い。




――この人は手術してるから開幕アウト、と。

――あかほっさんは首があれやから開幕アウト、と。

――林ちゃんもカカツがどうこうで開幕アウト、と。

――コーダイなあ。 ん〜、なんとなくアウト、と。

――庄田さんは野村チルドレンやから冷遇、と。

――勇丞、大城はまだ早い。 山田さんは問題外、と。

――桧山さん、…ぷっ、無い無い。 人にどうこう言う前にお前が頑張れ、と。

――平野さんはようわからん、と。

――新外人は蓋を開けたらデリック・ホワイトレベル、と。



「うわ、どないしょ!外野誰もおらへんやん!」
「さすがのオレも、なんぼ期待されても体は1個しかないで〜」
「困ったなあ、さっ寝よ!」


あらゆる角度からの綿密なるシュミレーションの結果、
来期の開幕スタメンを確実に手中に収めた赤松真人は静かに眠りにつく。

その手にはオフに入りお風呂のときでさえ着けっ放しの手袋。
備えあれば憂いなし。
阪神タイガースアウトフィールダー赤松真人25歳、同じ失敗は繰り返さない男…。



栄冠は君に輝く。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(5) | - |


2007.12.08 Saturday

【虎っくばっく】2008最強布陣!〜外野編〜の続き
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
そしてグンの前を先行するオートバイ、それは……
ラルフのYZRではなく、ヒデヨシのカタナなのかも知れません。

あの頃のままに――




あかん、ヒデヨシのことを思い出しただけで泣けてくる…。
(大多数の意味不明の皆さんすいません)


では続き。
って言うか、頂いてるコメントを読ませてもらったんですけど、
だいたい皆さん考えてることは一緒やなあ(汗)
先に書いてしまうと、実際結論出てないんですわ。 希望的観測って言うか…。

来期の最強布陣(最良布陣って言ったほうがいいんかな?)はどれって言うより、
新加入の平野とフォード(仮定)が巻き起こすであろう風が楽しみ。
そのままこやつ等がレギュラーを獲ってもいいし、
こやつ等のお陰でケツに火が点きそうな面々のネバサレっぷりも見たい。

せっかくポジションを掴みかけてる桜井にしたって、
決定的にマズイ守備っていうアキレス腱を抱えてる以上安泰ってことは絶対にない。
個人的には一番頑張って欲しい選手ではあるし期待はしてるんですけどね。
まあ、「虎のファンタジスタ」を襲名したいっていう方向性ならそれはそれで(笑)


備えが足らんかったから他所様からの力を注入せんとあかんくなったんですが、
平野に関してはトレードが決まったときは、
正直「ゴラ、なにすんねん!浜ちゃん返せ〜!!」って思いましたよ(笑)
その時点ではうちに必要なんは先発ピッチャーやって思ってたし、
表面上の平野の通算成績はそないパッとしてるわけでもないし、
何より平野って選手をよく知らんかった(平野スマソ…)

でもどうやら平野は「ポスト上坂」じゃなかったらしい(おい)。
もしかしたらたぶん、ボクの最も好きなタイプの選手の匂いも漂ってきた(笑)
ついでに外野だけじゃなく、
現状ぬる〜い併用となっているセカンド方面にも睨みをきかせてくれるらしい。
(テラ頼もしス)

さらにフォード。
嘘であろうが真であろうが「好守の外野手」って前評判だけでわくわくする(笑)
あかんかったらあかんかったで別にええやないか。
タイガースにとっては過去にあんまりなかったこの方向性が嬉しい。
(ボクの中ではマーベル・ウィンまで記憶がさかのぼるw)
もしか50%くらい真やったとしたら(?)、
一応外人さんのため使われる優先順位はかなり高くなってくる。


ほ〜ら桜井ヤバイ(笑)
庄田、赤松なんか、怪我人出〜へん限りチャンスすら無いで〜(煽り)
桧山さんなんか代打ですら… (自粛)

さあ来期、この2人が巻き起こす風が止んだとき、
ニュータイガースの外野陣形はどんな形になっているのか? それが今から楽しみだ。



願わくはそこに赤松真人の名が刻まれていることを…、特に強くは望んでいない(笑)

Writer : Dr.KEN | 虎っくばっくスタジアム | comments(0) | - |


2007.12.06 Thursday

【虎っくばっく】2008最強布陣!〜外野編〜
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
竜〜。 お前の運をわしにくれや〜!
わしの組長(おやじ)にくれや〜〜〜!! の〜、竜〜!!!



ほほう、今回の虎っくばっくスタジアムのお題は『2008最強布陣!〜外野編〜』か。
これは非常に悩ましい問題だな(自作自演)。

基本的にはここ数年、(体調が万全であるならの条件付で)争える場所はライトのみ。
そのたった1つのポジションを本命浜ちゃんが他の数人と争う形。
今年の場合は林ちゃん、桜井、浜ちゃん、葛城なんかで争った(一応桧山さんも)。
最終的には林ちゃんがポジションを掴み取った。

でも来期、上記の条件が付けれない事態が予測される。
手術を受けた金本、首痛を抱えた赤星、けんほうかかつえきほうえんに苦しむ林ちゃん。
正直、万全で開幕を迎えられそうな選手が見当たらない。
(イヤな仮定であるが)この3人に不測の事態があった場合どうするのか?

ぱっと名前が挙がるのは守備に難がありすぎる桜井くらいか。
葛城は今年1年でファースト色が色濃くなった。
って言うより、アンディーが退団した今、ファーストを争ってもらう必要がある。

ちょっと考えただけですぐわかってしまうんですが、
狭き門と言われていたタイガースの外野ポジションは単なるメッキ。
不動の金本と赤星に支えられていただけのこと。
今年赤星が少し欠場しただけでセンター桜井、ライト林ちゃんなんていう、
背筋が凍りつくような布陣になってしまった(笑)
けっきょく、備えが足らんかったってことになるのかな?
そうこうしてるうちに豊も浜ちゃんもいなくなっちゃったしさ。

打力だけ、守備力だけで考えるとそれぞれ名前の挙がる選手はいる。
でもトータルで考えると名前を挙げれる選手は皆無。
(トータルで言うと、桧山さんが一番優れてるように思えてしまう自分が恐いw)



一旦、終了(おい)

Writer : Dr.KEN | 虎っくばっくスタジアム | comments(10) | - |


2007.12.05 Wednesday

野球オワタ
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
日本の皆さんこんにちは。
カール・ハインツ・シュナイダーです。



仙一JAPANの3連勝を持って今年の野球がほんとうに終わってしまいました。
素晴らしい感動的な戦い過ぎて、例年以上に終わったあとの寂しさもひとしおです。
(死闘となった韓国戦、ウトウトしてたことには触れない方向で)
あとはコタツに入ってミカンを食べ、遠い春を待つばかりです。

さあプロ野球界は本格的な銭闘モードに入っています。
この銭闘モードにあたり、
福留があんな感じで、ベンが中日でクルーンが巨人でカブレラがオリックスな昨今、
虎キチの注目はグライシンガーの金まみれ争奪戦と煮え切らん下柳でしょうか?
あ、そうそう。 最注目は新井の人的保証やった(笑)

あと浮いてる大物と言えばラミちゃん、セギノール辺りか。
特に、守備にかなり難アリとはいえ、人気者で大打者なラミちゃん。
彼の今後の動向は気になりますな。


あーほんで、契約更改では久保田が今年も保留しとったね。
でももう1億なんてのは壁でも栄誉でもないんやね。
昔は「1億円プレーヤー」って敬われていた大台も今では単なる通過点。
なんせ近年は控えでももーてる選手がいるくらいやし。

もちろん久保田に関してはボクも「もっと上げたってくれ姿勢」なんですが、
こんな感じでどんどん年俸が高騰していった先には何が待ってるんやろうね?
1億の選手は1億の仕事をして現状維持、それが普通じゃないんかなあ?
現状は1億の選手は1億の仕事をして大幅アップやもんねえ。
2億の選手が1億の仕事をしてもたぶんアップやし…。


全然関係無いけどこのオフ、虎にとっての最大の吉報はフェルナンデス退団やったね!
これで来年はブッチギリで優勝やな(笑)
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(4) | - |


2007.12.03 Monday

悪意ある編集
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
ケンシンが熱投していた辺りから
ウトウト寝てしまったボクは非国民でしょうか…。
なにはともあれ韓国撃破おめでとう(汗)!



今日は久々赤松のニュースがあった。
先日の退寮時のあほ劇場についてオトンとヒ〜ヤンさんに怒られたらしい。

□■□ 赤松、桧山に怒られた…色々しゃべるな(ニッカン)
□■□ 同棲宣言・赤松に父・彰さん「野球以外で目立ってもねえ…」(サンスポ)

サンスポの書き方が多少ややこしかったせいもあって、
一瞬こんなやりとりだったのかと勘違いしたわ。


 桧山「社会人なんだし、もう少し言動を考えろ」 
 赤松「すいません、今日は急いでますんで」
 桧山「……。」



桧山ファンと全面戦争でも始めんのかと思ったよ。
あ〜、びっくりした(笑)
マスコミって恐いね、情報操作って恐いね。
ちなみに悪意はないよ、うふふ…。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(4) | - |


2007.12.02 Sunday

おらが町の小林賢司〜後編〜
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
星野JAPAN初戦白星発進おめでとう!

今回の記事を書くに際しちょこちょこ調べ物をしていたんですが、
その中でまた1つ、びっくりする出会いを発見した。
大昔に偶然甲子園で高校時代の赤星に出会っていた話を書いたんですが、
実は酒田南が初めて甲子園の夢舞台に立った1997年第79回大会、
その初戦の相手となった奈良県代表・智弁学園に「庄田隆弘」がいるではないか!
5番センター庄田(その後マウンドにまで上がってる)。
酒田南の記念すべき1ページ目の記録に大いなる黒星をありがとう、庄田。
しかもキミ、ホームランまで打ってるやないか(笑)
第79回大会 酒田南対智弁学園 庄田
でもやっぱり、甲子園っていいなあ…。


『おらが町の小林賢司〜前編〜』


酒田南の台頭により東海大山形、日大山形の2強が崩れた。
そしてこの事件は山形野球に化学反応を起こす。
その後山形野球は羽黒を含めた4強の戦国時代に入る。
さらに現在では、そこに新庄明新館を筆頭に新興勢力が次々と台頭。
山形野球は長いあいだ踏み出せなかった一歩目を踏み出したのだ。
それは、間違いなく野球留学生たちがきっかけだった。

ボクが高校時代から愛して止まない綾辻行人という推理小説家がいる。
彼のデビュー以降推理小説界に起こった本格の流れは「綾辻以後」と言われている。
山形野球にとって酒田南は、まさに「酒田南以後」だった。


近年、東北北海道出身の選手が多くプロ野球を席巻し始めた。
その中にはわずかではあるが山形出身の選手も含まれる。
広島を背負って立つ強打者に成長しつつある栗原健太(日大山形)。
横浜の貴重な変則セットアッパー加藤(山形南)。
広島・梅津智弘(新庄明新館)、ヤクルト・佐藤賢(羽黒)。

たぶん皆さんは知らないだろう。
つい数年前まで、プロ野球に山形出身の選手は1人もいなかったことを。
(しかし何故か投手3人全員サイドスロー…、何の偶然w?)

酒田南からも、’05に金本明博(中日→引退)、’06に長谷川勇也(ソフトバンク)。
今年も高校生ドラフト3巡目で山本斉がヤクルトの指名を受けた。
(注…金本明博、山本斉は大阪出身)

そして待ち続けた運命の日、2007年11月19日。
小林賢司がオリックスバファローズの指名を受けた。
ボクと同じ山形県酒田市に生を受けた初めてのプロ野球選手がとうとう誕生した。
しかも外れの外れとはいえプロでドラフト1巡目指名の評価を受けた。


酒田南は特待生制度のルール違反を犯した学校の一校である。
何のためかわからないルールではあったが、確かに違反したのかも知れない。
でもボクは特待生制度を否定しない。
特待生として迎えられるほど頑張った彼らを支持したいし、
酒田南は、山形野球は、野球留学生の彼らの力無くしては変えられなかったとも思う。

少しずつ、少しずつではあるが山形の野球は全国に近付きつつある。
特待生問題が表面化する以前から酒田南も、
目指す先への次のステップとして地元選手の比率を上げてきている。


今年の夏帰省したときにボクは、奥さんと子供と連れて母校を訪ねた。
そのとき偶然ランニングから帰ってきた真っ黒に日焼けした野球部員たちに出会った。
学校の敷地内をうろつくエセ大阪弁を操る怪しい家族連れに対しても彼らは全員、
「こんにちは!こんにちは!」と元気で気持ちのよい挨拶をしてくれた。

そんな野球部で切磋琢磨してきた小林くんが、
ボクの中で開きかけていた扉を完全に開放してくれた。
酒田市からも山形野球が始まったんだ。
阪神と縁が無かったのは少し残念ではあるけど、
プロのマウンドに上がったその時には京セラドームに応援に行くよ。

おめでとう小林くん! これからやで小林くん!
あの夏から大きく成長した姿を見せてくれる日を楽しみにしているよ!!




□■□  オリ近公式ヘッドラインニュース
□■□  プロでは負けん!オリックス1巡目・小林は大場にライバル心(サンスポ)
□■□  Bs1巡目、青学大・小林“打倒大場”リベンジ宣言!(スポニチ)
□■□  青学からは2人夢舞台へはばたく(東京新聞)
□■□  オリックス1巡・小林、故郷・酒田から大場に宣戦布告!(サンスポ)
       生まれてから酒田南高卒業までの18年間、酒田市で過ごした。

Writer : Dr.KEN | 酒田南野球部応援ブログ | comments(2) | - |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!