Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< December 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009.12.31 Thursday

知られちゃいけない
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑




現在、命の次にドラえもんが大事なkokoroに、
この番組の存在を知られてはいけない。

知られたが最後、リビングのチャンネル権は喪失し、
その政権は未曾有の長期政権となる。
(録画で最低3回の連続リピートを要求されるであろう)


つまり。

ワシのハッピー大晦日テレビライフの沙汰はドラえもん次第。
「ドラえもん黙殺ミッション」、薄氷を踏む思いである。

 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(2) | - |


2009.12.30 Wednesday

今年最後のメガネ注意報
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
昨日寝る前にオールザッツ見てたんですけど、
笑い飯に「モンテディオ山形」が蔑まれたような空耳が聞こえたような。

いや、聞き違いやろな。たぶん気のせいやわ。




年末年始休暇に入ったらゆっくりできるかと思っておったんですが、
よう考えたら現在の独田家の状況は、

・kokoro→医者に最後通告をされつつも、なんとか土壇場で入院回避(RS歴3週間)
・奥様→kokoroと入れ替わりで最重病患者へとランクアップ(RS歴半月)
・ワシ→鼻水垂れ流しから来る耳高山病、および咳し過ぎでノドすり切れ状態も非熱

こんなワシがもっとも元気いっぱいという体たらくww
なもんで大掃除含む家事一般にてんてこ舞いとなっております。


今季観戦がちょうど30試合だったもんで、
3回に分けて観戦回顧でもやってみようかとも思ってたんですが、
「とても無理!時間がない!」という状態でございます。

やっと掃除に一段落付いた今日は夜から別に行かんでもよい忘年会やし、
明日は夕方までに貯め込んだ録画消化で夜はダイナマイト見なアカンし。

なんか書こうと思っていた一昨日は「加治隆介の議」の読み直しに忙しく、
昨日は昨日で病院行ったりいつ以来かわからん「ノルウェーの森」に読み耽って・・・。

あ〜、じかんがないじかんがないwww


そんなこんなでさて、本年の更新はこれにて終了とさせて頂きます。
新年は「来年のまさしちゃんナメとったらジブンら、ホンマ秋に大恥かくで」
の巻から更新再開予定でございます。

では、今年最後の忘年会に出掛けてみようかと思います。
え、家族?こたつで仲良くぐったりとしておりましたが、それが何か?




そうそう。

こないだの赤星ゲストのタイガース党をやっと見たんですが、
最後に福本っさんが「お疲れさん」と花束と一緒に渡した
明らかにネクタイ的な包みがの中身がもう、気になって気になって。

今後赤星がとんでもないハイセンスなネクタイで人前に姿を現すようなことがあれば、
それは間違いなくそのときの包みに入っていたブツと思われww

ネクタイが福本っさんチョイスでないことを祈りつつ、皆さまよいお年を。
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(2) | - |


2009.12.27 Sunday

実録・金本組
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
日本中を巻き込む空前絶後の平成大不況の真っ只中。
暴落を続ける株価は歯止めが効かず、売れない商品は倉庫に溢れ返る。
売れないからつくれない、つくれないから抜け出せない。
完全にその出口を失った負のスパイラルに抱かれるようにして、
この年、虎は泥沼のBクラスへ沈んだ。

人は何を信じ何にすがり、そしてどこに向かえばよいのかも見失っていた。
もう望みはないのか?我々はやがて訪れるオワリを座して待つしかないのか?

否!

神は我々に最後の希望を与えたもうていた。
いや、そのものの存在自体が既に神だったのかも知れない。



「金本組」。
過去の調査よりこれは宗教団体ではない。

「ただ、現代社会に疲れたあなたの渇き切った心のひだを潤したいから」
「信じれるものがずっとそこにある奇跡。その悦びを大切なあなたに伝えたいから」
非営利団体を謳うこの組織は、布教活動の一環として年に数回のパーティーを行う。

これは、それらの中でも過去最大規模となる総本山でのパーティーへ、
無謀にも単身、潜入を試みた命知らずの冒険者の報告書である。

今からここに記す報告は、筆者がこの目で見、この身で体感した、
事実のみをお伝えするものであることをここに誓う。



12月某日。ワタシは会場の前に立っていた。
ささやかな自己保身のため、体調不良を偽りマスクで顔を覆い隠した。
もちろんパーティーへの参加も偽名にて応募した。






店内に入るとふんわりと香 ――馴染みがない香りだ・・・―― がかおる。
受付には過去の調査で見知った顔の女性がにこやかな笑みを讃え座っていた。
会費(お布施と呼ばれていた)を渡し名札を受け取ると、
ワタシは主催者により事前に決められていた「本」の札の立つテーブルの席に着いた。
(今思えばこの席順も、最大効果を計算され尽くした巧妙なものだったか)

パーティー参加者が揃うと、程なくして乾杯となった。
そのビールの味に細微な違和感を感じたが、深く考えることなく飲み干した。

差し障りのない歓談の途中で何気なく会場を見渡し、異変に気付く。
女性しかいない!ワタシ以外の男性参加者が、何故か1人しか見当たらないのだ。
そのワタシ以外唯一の男性も不安げな表情を隠そうともしていない。

しかし、宴が深まりビールも進むにつれ徐々に、
それらはもうどうでもよいことに感じ始めている自分がいた。


嗅ぎ慣れない香のかおり、舌先に軽い痺れをもたらすドリンク類。
次々と並べられる鉄人の名を冠する、ある種スパイシーな料理の群れ。
各テーブルに確実に存在した、会話を計算された方向へ巧妙にリードする女性。
(今思えば、各テーブルに信者を散りばめていたのだろう)
いたるところに配備されたギリシャ神話を彷彿とさせる屈強な肉体を顕示する石膏像。
「6」を成すようにセッティングされた異形ともいえるテーブル配置。
大画面に、エンドレスに流され続ける金本知憲氏の勇姿。

画面を通してでもその強い生命の息吹が感じられる、
金本知憲氏の筋肉の収縮に会場のあちらこちらから吐息が洩れている。

ほとばしる汗、あふれる気迫、爆発する上腕二頭筋・・・。

嗚呼、金本さん!嗚呼、金本さん!!嗚呼、嗚呼呼呼呼呼・・・・・・・。




残念ながらこの後の記憶があまりない。
気が付いたときは自宅のベッドで既に朝を迎えていた。

枕元には金本知憲氏が微笑む数枚のフォトグラフ。
毛布代わりに掛けていたのは真新しい「6」がまぶしいナンバージャージだった。

その様子に一瞬たじろいだワタシではあったが、やがてこう呟いた。

「・・・・・悪くないかも」

 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(23) | - |


2009.12.26 Saturday

鼻紙一日一万枚
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
おお、久保田。キミ山形行っとったんか(断食)。
でやった、山形?なんか今年はとんでもねえ大雪らしいな。




独田家にて猛威を振るっているRS(レッドスター)ウィルス。
葛根湯と改源、医者でもらった薬のコラボ服用の甲斐あってか、
感染4日目を迎え発熱、関節ダル、頭ボーの症状は緩和されてきましたが、
多少の咳と大量の鼻汁が止まりません。

ここ数日、BOXティッシュ消費量が2箱@1日にも上る我が家では、
オイルショックが起きないことを切に願っております。
しかしkokoroのゲホゲホはもう10日間にもなるの、ええ加減治ってくれんかのう。


あ、忘れてましたが直久くん、昨日誕生日おめでとう。
気が付いたらキミも来年は30歳ですよ、どーするんですかww



体調不良もあってここ数日、あんま新聞も見てないんですが、
なにやら最近は鳥谷と球児の物言う会長副会長が板についてきたんですかね?
「FA獲ったら即MLB♪」がちらつく両首脳の発言だけに、
沼沢理事長も「よかよか、歓迎でおま!」とヘラヘラするだけやなく、
ちゃんと重く考えてみなはれや、と。


で、その球児がまた微妙な発言を。

「もうセーブはいらないし、タイトルもいらない」
「自分の中では、抑えとしてやり残したことがない」

まあこれはその後の「自分の子どもや、応援してくれる子どもたち」
「それと周りの支えてくれる人たちのために投げたい」
ってところにつながるらしいんですが、その発言の真意には、
「自分の中では、タイガースでやり残したことがない」
ってキモチも多少入ってんじゃねーのか?などと勝手に戦々恐々としております。





な〜んか今年のオフは気持ちが盛り上がらんっていうか、
どんよりとしたことばっか考えてしまうなあ。

さらにどんよりとしたランキングwww
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(1) | - |


2009.12.23 Wednesday

すぽると!よい仕事
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
ワタクシ、やりました!

昨夜は無事、メガネをかけたまま帰宅することに成功いたしました!
さらにはだらしなく和歌山に至ることもなく、
見事その3駅手前での緊急下車に成功いたしました!

3駅。これでもタク代は2000円くらい違うのですよwww
(しかし今年1年の無駄なタク代、5万くらい使ってんじゃなかろうかw)




しかしながら昨晩は終電だったわけでもなかったんで、
(単に折り返す電車がもう終わってただけ)
自宅に転がり込んだのは「夜はまだまだこれからだべ!」な0時、日替わり前。

風呂に入ってからいつものドンピンでも開けようか、などと考えていたところ、
我が優秀なブレーンの1人より緊急の密書が届いた。

「今日のすぽると、今から赤星出まっせ」

おお、なんとドンピシャなタイミング。
容疑者への尋問の如く、出先出先で毎度おんなじ質問攻めに合い、
たぶん閉口しているであろう赤星ではあるが、
三宅さんなら違った部分というか本音を多少は楽しく引き出せそうな気がする。

そして最近とみにガイコツ化が進んでみえて仕方がない、
キレイの方向性を大きく間違ってる感が漂うミキティーの特集を終えて、さあ赤星。


で、まあ今日書くことは実はこの部分ではないわけで(またか)。

赤星の出番に関しては「平井アナの質問の仕方に若干の失礼を感じた」くらいなモンで、
(しかしながら今週は木内との対峙もあるんで、よいデモにはなったかのw)
ダラダラ見続けたその後の「離島に野球選手がやってきた」が実によい仕事だった。

いまだプロ野球選手が訪れたことがないという八丈島で育まれる少年野球。
対外試合もままならない環境でも野球を楽しむ100名近い子供たち。
将来はプロ野球選手を夢見る子供や、いまだ見ぬ現役プロ野球選手に憧れる子供たち。

そんな離島の子供たちに未央サンタがプレゼントしたのが「メジャーリーガー斎藤隆」。


これはもう人選含め、フジテレビ最高の仕事やった。
大きな優しさの中にチラリと見せる厳しさ。
斎藤隆の指導言動には、メジャーリーガーでありながら理想のお父さん像が見える。

まあ中には斎藤隆をして「バッティングを教えて欲しい!」と明らかに間違っている
子供も数人いたっちゃいたが(笑)、終始実にほのぼのとしておったな。
番組の打算抜きに、この企画は島の子供たちにとって一生の宝となったでしょうな。


熱心にそれを見つめていた赤星の「僕も連れて行ってもらえませんか?」という
熱血発言を密かに期待したものの、残念ながらそれはなしでしたww



で。

博識な御仁に確認したいんですが「松村 未央」っていったいナニモン?www
いろんな意味で激しくツボやったんですが、
あれはフジテレビの新人アナかなんかなわけですか?





さてワタクシ、とうとう「RS(レッドスター)ウィルス」に捕縛されました。
熱はまだないんですが現在、のど痛、関節ダル、頭ボーなどなど。

そら一週間ぶっ通しで顔面に向かって激しくゲホゲホされとったらうつるわな、とww
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 野球 非阪神 | comments(4) | - |


2009.12.22 Tuesday

そういや条辺のうどん屋はその後どうなん?
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
昨晩「マリと子犬がなんちゃら」という鉄板で号泣できる映画を
kokoroと一緒に見てたんですが、既に昨日1日で3回目の観賞らしい彼女が
直後に起こる危機的状況やら感動的シーンやらを数秒前に逐一教えてくれるので、
残念ながら予定通りには泣ききれませんでした(笑)



あっぶねえ。

M−1も終わったんでテレビ番組に関してはすっかり油断しとったら、
『クビを宣告された男達』。今年の放送は明日の夜やったんですな。

TBS『プロ野球戦力外通告・クビを宣告された男達』


上のHPで確認したところ、以下の3選手の名前があった。
「的場 直樹」「山田 秋親」「山口 和男」。
何故に「辻本 賢人」の名前がねえ?香ばしいドラマにやったら事欠かんのにww
つか、あれ?ワシが見た番組表には「今岡 誠」の名前もあったんだがの。

仕方ない、「タイガース退団者版」は番組の代わりにワシがやってやろうか。
構成はワシがやるんで、どなたか映像をつくってくれませんかのww



本日は忘年会です。
メガネを失くさないよう頑張ります。
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 野球 非阪神 | comments(4) | - |


2009.12.21 Monday

「さ」で「ら」超え
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
午後8:45に帰宅した昨晩のこと。

録画しといたM−1を見ようとして不用意にテレビをつけたワシがあほやった。
「優勝は・・」のアナウンスと共にテレビに映った見知らぬメガネ男。
思わず「あああああ!」と大声をあげて音声の遮断には成功したんですが、
もうそれは後の祭りでしかなく、この1〜2秒の失態のために
年に一度のせっかくのM−1は、規定上限一杯のオモロー40%減と・・・。
(いや、オモローはオモローなんですがドキドキ感がね)

そしてM−1に偉大なる数々の伝説を残した笑い飯はお星さまとなった。
・・・とか思ってたら、今日の新聞に規定では来年も出れるって書いてあったな。




いやー、もう一週間にもなりますがkokoroの風邪(主に咳)がまったく治りません。
猛威を振るう「RS(レッドスター)ウィルス」恐るべし。 ←違う

んで昨晩はM−1後に録画してたタイガース党を見たんですが、
江草(@思ったより丸くない)のシャツのダルダルっぷりが気になって気になって。
マイクを引っ掛けてるんで超ハイレグVネック状態ww
お陰さまで江草が何を話してたんかまったく頭に入らんかったわww

この流れやと今日はここから江草の話になると思うでしょ。
違います、今日は浅井の話です(新しい話術の引き出しをを模索中ww)。


理由はよくわからんのだが、来季は外野にチャンスが増える。

先日から柴田(以下俊足系)に「キサマらが根性見せんかい!」と書いているが、
本心のところでは浅井がレギュラー(なんちゃって含む)を確保、
これが本線のような気もしている(を望んでいる自分がどこかにいる)。
(「金本浅井桜井」って布陣は極寒すぎるにつき柴田らは絶対にいるんだが)

但しこれには起用法に条件があって、
首脳陣は浅井を「第3捕手の呪縛」から完全に解放する。
「お前みたいなへぼキャッチャーなんかいらんもんね」とキッチリ本人へ伝える。
これが必須条件と思っている(シーズン中も書いてたな、これw)。

「第3捕手の呪縛」の節制が付く限り浅井は活かしきれないよね、と。
(浅井にとっては)幸いというかチームに城島が加入した。
打力や走力、しがらみ(笑)等もトータルで考慮すると来季の一軍ベンチには、
城島矢野狩野の3人の捕手が登録されている可能性が高い。

ここで浅井はチャンスをつかむのだ。

桜井を凌駕するくらい打って打って打ちまくる。右も左も関係なく打ちまくる。
(場合によっては新井を凌駕してもイッコーにかまわんぞww)
その上で近代タイガース伝統の「フルイニ枠」にまで昇り詰めることができれば、
そのとき改めてチームは捕手2人制に戻せばよい。
(常時出場してる浅井を「最悪のケースが起こった際のみの保険」とする)


まあ結局は本人次第ということですな(じゃー書くなww)。

浅井如きにそこまでの大仕事ができるとは本気では思っておらんけど、
夢だけやったらなんぼ見てもタダ!というわけでww





しかし捕手が城島矢野狩野体制になったとしても、
結局は「矢野の打力」と「狩野の打力走力」の両睨みにはなってしまうんだがの。

世の中なんでもかんでもうまいことはいかんのうww
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(1) | - |


2009.12.20 Sunday

冬物語
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
3位 甲斐 雄平 外野手(福岡大) 契約金6,000万/年俸840万/背番号「44」
5位 藤川 俊介 外野手(近畿大) 契約金6,000万/年俸1,000万/背番号「7」

いくら考えてみても、甲斐がこれに納得してるとは思えないww
(藤川スン本人が悪いとはまったく思ってないが)
同ポジション、同学歴(大卒)で起こったこんな下克上契約はたぶん史上初でしょうな。




オフ真っ盛りの現在、タイガースファンならたぶん、
ほとんどの人が感じているであろうことでも書いてみる。

どこぞのギョロ目な監督さんの名言を用いてみると、
選手の「タイガース愛」がかなり希薄になってんじゃねーかな、と。
寂しい言い方をすると「俺様タイガースの一員!」から、
「職業としての野球」にキモチが多少シフトしてるように感じて仕方がない。

「チームの内情がキサマなぞにわかるか!たかがファンが」とは言われても、
別に株式会社阪神タイガースに雇われてるわけでもないワシらファンは、
「あんた(タイガースおよび選手個人)が好っきや!」
基本的にはこれだけしかないんだから、
当然ながら選手の言動に見え隠れする「それ」に対する敏感さ、
この部分は関係者を凌駕していて当たり前やからね。



もともと実に住み心地のよい、漆黒に染めあげられた泥沼で十数年に渡って
各々が好き勝手に泳いでいたチームに一体感が生まれたのが2002年だろう。

当時その分野のかけては他の追随を許さなかった世紀のペテn・・、
もとい熱血監督、闘将1001が招聘されたことにより、
「チームのために!」はすわ、ファンを巻き込み一大ムーブメントとなった。

そして形こぞ異なれどその後を引き継いだどん様が、
それがより濃厚に内包した形へと昇華させた(外部には多少見えにくくなったがw)。


別に選手に好かれる監督が名監督ってわけではない。
野球に限らずスポーツに限らず、
素晴らしい指導者には真逆のケースも往々にしてある(つかこっちが主流か?)。

ただその場合、そこには畏怖の念というものの存在があるわけで、
違う意味で「距離を置かれてるだけ」。この感じは非常にマズい事態であろう。

「これこれ!」と、わざわざ鬼首で例を挙げるまでもまでもないだろう。

フロントの長である「歌って踊れる理事長」沼っち、
現場の長である「不器用ですから(と新井並みに見た目を気にして発言w)」監督。
共に人心掌握術がヘタクソ過ぎるよね、と。これに尽きるんでしょうな。



先に書いたように「ファンは関係者以上に敏感」。

ワタシのような「既に人生をタイガースに飲み込まれたバカモノ」としては、
何がどういう形になったとしても、それをそれと認識しつつ見守る。
それに幾ばくかの寂しさを感じていたとしてもそういうスタンスになるんですが、
「ある程度みんなが楽しいタイガース」からチームが離れていったとき、
その先にどんな薄ら寒い風景が待ってるんでしょうかな?


とりあえずは新井か福原辺りに「この監督を胴上げしたい!」と、
そんな偽善的熱血発言をさせてみて、反応でも見てみるのもアリやな、とかwww

あ。その役どころをおすぎにやらせると話が違う方向にいってしまうから、
彼には遠慮してもらうことにしようww





お!よく雑誌の裏とかに載ってるヤツのモデルですね、わかります。
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(2) | - |


2009.12.19 Saturday

不毛人間
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
問題です。

翌日に仕事を控えた身でありながら、
ほぼ早朝である5時過ぎまで、
フジテレビ開局50周年記念ドラマ『不毛地帯』を、
1話から10話まで一気見する輩が仮に、仮にいたとします。

さて、この輩を社会人と言ってもよいのでしょうか?




ついこないだ9度の熱を出して木偶が如くぶっ倒れたkokoroさんが、
――― 無反応になったため奥様があわてて救急車を呼ぶと、
――― サイレンの音を聞いて「絶対に乗らん!」と復活して大暴れしたらしい
またまた9度の熱を出した。今回は比較的元気ではあり、
噂のインフルさんではなくRSウィルスとかいうヤツらしい。

幸い熱は2日で下がったんですが、その後咳がとんでもないことに。
やっと寝たと思ってもゲホゲホ。また寝てゲホゲホ。一晩中GEHOGEHO。

いや〜、そんな理由があったんですよ。
理由もなしに朝の5時までドラマ見てるあほなんぞおりませんってww



で。何故だか目が真っ赤っ赤で乗り込んだ朝の通勤電車。
「平野が来季目標45盗塁」みたいな見出しが踊っておりました。

平野。赤星の件で壊れちゃったんだね、かわいそうに。

いきなり打率が上がった選手はなんぼでも見たことがあるが、
いきなり盗塁数が激増って、そこは大方がベーススペックの部分でしょww
「ほな、今までのキミはなんやったんや?」ってことになっちゃうぞww
(タイガースにはいきなり球速が20キロ落ちる「郭李病」は実在するw)


しかしこんな「あの素晴らしき時代臭」がかほる記事が出てくるにつけ、
オフってことを実感してしまいますな。まさしちゃんは今頃なにしてんやろ?

かれいどさんのとこで見かけた「素晴らしい記事」
フンガフンガ言いながら、オフの1日がまた過ぎていきます。

だからキサマのノルマは100盗塁や言うてるやろが。





しかし『白い巨塔』といい『華麗なる一族』といい、
「○周年記念製作」を銘打って製作されたドラマはオモロいなあ。

やったらできるんやったら毎回やれやww
いや、出すモン出したらこれくらいのモン創れまっせってことなんか?
それとも単に「山崎豊子」が偉大過ぎるってだけの話なんかな?

「○周年記念製作」ではなかったけど、
こないだまでやってた『官僚たちの夏』もだいぶオモロかった。
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(2) | - |


2009.12.18 Friday

悪くないアナログ
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
し、知らんかった。

うちのぶるーれいさんってSDカード突っ込んだら、
どうやら動画まで大画面で再生できちゃうわけなんですな。
(さっきまでおゆうぎ会のを奥様と2時間見てたww)

つか。ワシの部屋に幽閉されたある
5年物のでーぶいでーでっきさん(地デジ非対応)でも、
ふつーに見れたらしいんですが、奥様含め一切知らんかったww

アナログ人間って損な時代やなあww
(いや、逆に新しい発見が多くて得なんかもww)


で。

実は今からすごーいやることがいっぱいあるんで、
今日はもう終わり。

つかやっと9度から熱が下がって元気になったと思ったkokoroが
急に咳→嘔吐のコラボが止まらんくなったんで、
そのやることすらたぶんいっこも出来んくなるんですがね。



長谷川くん、よかったね(つかもっと上げたれや)。
(いろんな意味で雰囲気が松井っぽいがのw)
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 酒田南野球部応援ブログ | comments(0) | - |


2009.12.17 Thursday

夢の続きはアメリカへ
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
ちょ、ちょーのおぉぉ!!
てめ、入団もしてへんのにいきなりか!

しゃーけど11歳上ってか。うん。
よー考えたら興味もねーし羨ましくもなんともねーなwww
(ロリの世界の住民ですからの)




そーいえば今年、夢の金満ナインは一度も実現されんかったなあ。

1.中堅 赤星 →2,5億
2.二塁 関本 →0,85億
3.遊撃 鳥谷 →1,1億
4.左翼 金本 →5,5億
5.三塁 新井 →2,0億
6.右翼 メンチ →1,8億
7.一塁 今岡 →1,6億
8.捕手 矢野 →2,1億
9.投手 藤川 →4,0億


総額ポン、21億4500万www


どこのジャイアンツかとwww
(金額は推定:それぞれ高目に書いてるサイトを参考にしていますw)



各球団、契約更改のニュースが続々と入ってきとりますな。
うちでは昨日は安藤が更改を終えた様子。

なにやら1000万ダウンの1億1000万だとやら。
査定が甘過ぎてびっくりしたww 沼っち安藤好きなんか?ww

いわゆる年間通してローテ守ってくれたからってことなんやろか?
仮にも年俸1億オーバーのエース(暫定)に対する基準がそんなもん?

まあ別に「もっとガツン削ったれや、あほが!」とか思ってるわけでもないんで、
この期待料込みでないとよくわからん甘さの更改に、
今季後半のグダグダは「実はドッキリでした(笑)」と笑かしてくれるような
来季の復活を期待します(いささか棒読みではありますがw)。



他のニュースっていったらなんや?

お、奥田ペドロくんがマリナーズとマイナー契約ってか。
よかったなあ、ドラフトかからんかったし気にはしてたんよ。

まだまだスタートライン(それも低い位置の)に立てただけやけど、
思い入れの深い高校球児の1人だっただけに、
今後またどこかで名前が聞けることを楽しみにしてますよ。

「コウシエン」

(記事中にリンクの「asahi.comのコラム」もまだ生きとった)





先日某所で提案してボツにされたアンケート案。

Q.気になる気になるルーキーズ。一番気になることは?

・エースナンバー二神&生粋の阪神顔藤原は、どっちが先に一軍登板?
・甲斐&藤川&田上、ポスト赤松レースを抜け出すのは誰?
・秋山は4番でエースになれるのか?
・原口って、なんかオモロいエピソードとか無い訳?
・2年で球速11キロupの高田、ほな再来年は158キロ出せるな。
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(0) | - |


2009.12.16 Wednesday

それは万馬券です。
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑

あ、あ、あ・・・・・。


赤松が2人おるっwww





平野が来季セカンドに専念したいそうな。単に本人が言ってるだけだが。
できればワシ的にも、是が非でもそうなって頂きたい。

赤星の後釜として来季「1番センター平野」の布陣で臨む。
(後釜という言葉は使いたくないが他になんと言うんだ?代役もイヤだ)
これは停滞であり、チームとしての進歩とは思えん。

下準備の足りないまま半強制的に「若返り」を旗印に臨む来季。
ここでお茶を濁しちゃってると、チーム編成が数年単位で遅れるぞ、と。

平野はセカンドに専念して頂いて(関本との仁義なき系のあれで)、
ショートを鳥谷、サードを新井、ファーストをブラゼル。
(どーせ新井のサードは確定なんでしょ?ww)
大和と上本はまずは代走から頑張ってそこでキラリと光れ、と。

トータルでの打力から考えると関本、守備力と走力(非盗塁力)から考えると平野。
戦力から考えるとここがスタメンから外れるってのは厳しいんですが、
それでも平野はそこ(セカンド争い)に放り込め、と。

そのうえで外野2枠をリアルに戦場にしてください。できれば3わk・・・。


守備力がマユツバなマートン獲得は余計やった感もあるが、
(まあしかしこんなもん例年の慣習ではあるし)
主にセンターを主戦場にマートン、柴田、甲斐、藤川スン、田上。
ライトを主戦場で浅井、桜井、林、葛城、、、で坂?

特に柴田、キサンがやれ。外人にもルーキーにも負けるな。狩野にもなww


来季開幕を「センター・マートン」「ライト・桜井」で迎えてみやがれ。
(何気に開幕ライトもしくはセンター最右翼は浅井の予感がしておるがw)
主だったピッチャーは冷笑しながら全員FAで出て行っちゃうぞww
今年以上に、連打でしか点は入らんぞww

赤星の鮮烈デビューを例にとるわけではないが、
来季のセンターは柴田、もしくはルーキー3選手いずれかが確保する。
これができんようやとタイガースの明るい未来は開けん。

そんな儚い希望と、「結局は場当たり的な布陣になるんでしょ?」という諦めと、
それらを同居させつつオフの夜長を過ごしていこうか、と。


それと、言うてることとに多少の矛盾があるのは百も承知で、桜井。

赤星がこういうことになってしまってそれでも来季、
キサンがレギュラーを確保できんようなら、
プロ野球選手としてはもうずっと「この程度」ってことだろな。

そこで終わる選手でないというのなら、来季それなりのもんを見せてみやがれ。
30盗塁くらいやってみやがれww (←そっちは無理)





ちょっと前の話になるが先日の興毅vs.内藤世界戦。
その翌日のTBSのドキュメンタリー特番で見たワンシーン。

ワシの部屋の壁紙チョイス、興毅の部屋と一緒やったwww
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(4) | - |


2009.12.15 Tuesday

バカチャート
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
昨日、前日とまったく同じ展開でラジオから音声が聞こえてきた。
ん?今日はなんだ?「THE あんどうゆうや」?

ワシはよどみのない動きで無機質にラジオを消したwww




■ある頭のおかしい野球バカのチャート式思考回路一例

公式の新入団選手プロフィールでボケーっと「二神一人」を眺める。
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
二神と言やあ昔「うちには二人の神がいます」とかいう甲子園出場校があったよな。
明神くんは記憶にあるんだがもう1人誰やったっけ?たしかヤクなんとかジンくん?
(ここで「一人」のほうからドン鶴岡にチャートする人は鉄板で初老以上ww)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
カタカタカタカタ(ネットで調べてみる)
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
おーそや、薬師神くん!おーそや、宇和島東!
おーそや、宇和島東の初出場初優勝のときのチームやったか!!
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
しかし宇和島東に済美、2校を初出場初優勝に導いた上甲監督って、
妖怪みたいな指導者やな。どっかの監督に足の爪の垢でも飲ませてや・・・ww
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
上甲監督と言やあ当然マカベッシュ撃ちの高橋勇丞やな。
このオフは育成に転落したうえに虎風荘も強制退寮、崖っぷちやで。
まさか強制退寮の理由って寮にまた◎×・▽でも連れ込んだんちゃうやろなww
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
んで高橋と言やあ当然鵜久森とくるわな。
高橋然りでこいつも全然目が出てこーへんなあ。
当時のドラフトんときは鵜久森やなく高橋選んでよかったって言わせてくれや!
とか思っててんけど結局どっち獲ってても一緒やったやん、とかなww
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
悩ましい同校同級生ドラフトと言やあ東邦の岡本浩二と朝倉健太やな。
これはもう、、、、、完封負けやないかww
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
岡本と言やあ岡本圭治やな。プロゴルファーなれたんやろか?
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
そういや岡本圭治の入団は89ドラフト。
水島新司の「おはようKジロー」(主人公:岡本慶司郎)の連載開始も89年。
果たして、どっちが鶏でどっちが卵やったんやろ?
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

・・・・・・・。
体調と時間と気分しだいで延々ループww


そんなバカチャートな人間に藤川俊介などというご馳走を与えるなんてww
石川では埋めることが出来なかったスンスケに対するワシの想い。
何故かしら、彼なら埋めてくれそうな気がするww

そんでケーシー・フォッサムなどと聞くと即座に、
「ケーシー高峰」にチャートせざるを得ない悲しき山形県民の性ww





ちょっとちょっと奥さん。

昨日の晩、えらい大荒れやったわね。お隣の江草さんとこの旦那さん。
何でも一年頑張っただけのひよっこが5000万なんだってよ。
あ〜、それで。「新人王がなんぼのもんじゃ〜いっ!」とか言うてはったし。
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(0) | - |


2009.12.14 Monday

かわらない男の話
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
いまだヤンマガ読者であるワシは「バカ姉弟」が大好きである。
これが今年の10月からアニメ化されると知ったときは小躍りもした。
しかし放送時間が早朝であるとは知らんかったワシは、
「なんだよ、関西ではやんねーのかよ」と初回放送を見逃し、
「あの世界観を映像化は無理やわな」ってのもあいまってそのまま放置。
そんで気が付いたら既に2ヶ月が経過していた。

んで先日うちに帰ったら、例のぶるーれいさんの録画リストに見慣れない文字。
(うちのぶるーれいさんはいまだぶるーれいとしての仕事をしたことはございません)

『ご姉弟物語』

「なんだこりゃ?」と見てみるとそれが「バカ姉弟」でした。
(そら子供向け番組で「バカ姉弟」とは言えんわなw)
気を利かしたんか自分が見たかったんかは知らんが、奥様が録画をしてたらしい。


で、ここでこれ以上「バカ姉弟」について書き連ねるのもあれなんで、
結論を言うと「kokoroが一目で気に入ってくれた」と。
「バカ姉弟」と「クレヨンしんちゃん」のトレードが成立したことをご報告いたします。
「バカ姉弟」を得る替わりに「クレヨンしんちゃん」を失ってもよい、と。

助かった、故人にはあれだがクレヨンしんちゃんはもう教育に悪過ぎるww




ワシはだいたい毎朝車中では浜村淳を聞いている、僅かな時間ではあるが。
昨晩帰宅の車中、そのまま1179に合わされたままのラジオから、
どこかで聞いたことのあるような、方言丸出しのカッペの声が漏れてきた。
(山形の人間がそれを言ってみるw)


ん?

あれ?

お!

これって!


イガーぢゃねーかwww



以下、聞きながら必死で携帯に打ち込んだメモからの抜粋。

・WBCは日本が勝つと思いながらボケーっと見てた。
 アメリカの体力にモノを言わせた雑な野球では一点差ゲームは勝てない。
・エージェントからの話などで来年はチャンスがあるかなと感じている。
・家族にいい思いをさせたい。
・離れてるんで子育てはほとんどしていない。
・今年の後半、ヒジが痛かった。
・どさ回り中のバスで流れているDVD見てるけど全部英語で意味がわからんため、
 今更やっと英語を勉強しようと思っている(よい学習教材を見つけた)。
・明らかにヤンキースから放出されたがっている。つか出してくれや。
・「ヤンキース戦に投げて勝ちたい」と言いよったww
・「ヤンキース守備が酷すぎる」と、心の底から言いよったwww
・菊池くんはすごい、完成されている。
・今年のMLBルーキーの目玉は102マイル出す大学生(ウェーバーなんでナショナルズ)。
・日本に帰ったらコンビニにすぐ行きたい!(既に行った)
・アメリカはお茶(無糖)がないからイヤだ。
・嫁さんがよくワンピースを見ている。
・FF?(発売を)待ってました。もちろんやります!ある意味仕事ですから。
・最近はドラクエ9をやっている。アメリカでDSを失くしたんでやるのが遅れた。
・大洗での自主トレでの反応が段々薄くなってきた。

ふ〜。大事な部分はだいたいこんなもんだったかな。

 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 野球 非阪神 | comments(4) | - |


2009.12.13 Sunday

リハビリテーション
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
いつまでも呼吸をする屍のような生活も送れないもんで、
(↑素で「しばかね」と入力して「何故に変換でけんのだ!」と憤っていた人)
昨日は1人、kokoroのおゆうぎ会鑑賞などに出掛けておりました。

うちの子はたぶん天才です。当代きってのワガママヤロウではあるがww




タイガースの来季の外国人体制が続々と決まりつつある。

□クレイグ・ブラゼル(29)内野手/右投左打 191cm/95kg
□マット・マートン(28) 外野手/右投右打 185cm/99kg
□ランディ・メッセンジャー(28) 投手/右投右打 198cm/120kg
■ケイシー・フォッサム (31) 投手/左投左打 185cm/72kg

研究され倒した来季、非常に未知数なブラゼル。
んで「お墨付きted by 世界の福DOME」なマートン。
んで「お墨付きted by 世界の―信頼と実績―JOH島」なメッセンジャー。
んで「カーライルっぽい顔をしている」噂のフォッサム。


中途半端なお値段が示す通り、なかなかオモロそうなメンツではありますかね?
(ワクテカ度で言えば明らかに「モリーヨ」が最高やったがw)
しかしフォッサム以外は明らかにガタイがとんでもなさそうですなww

まあそのポテンシャルが「やきう」にアジャストするかどうかなんてのは
どうせシーズンインするまでわかりようもないので、
(長年の蓄積から「評判、OP戦の結果なんぞに意味はない」と悟っている人)
春が訪れるまでは、せいぜい楽しく海山ウォッチングしときましょうかね。

あ、忘れてた。ジェンもいたんだな、すまんすまんww



で、赤星の件はあれとして置いといても、
理事長就任以来の沼っちの大岡裁きのキレがとんでもないことに。

就任発表後の初仕事で福原をバッサリ切り捨てる(45%ダウン)と、
同日続いて金村暁も返す刀でバッサリと一刀両断。
老練のもののふ矢野燿大に対しては秘奥義白虎を繰り出し、死門を開ける。
(朱雀・青龍・百虎・玄武は四神と呼ばれそれは四門の上に成る=意味不明)
後に報道陣に「何故、そこまでやる必要があった?」と問い掛けられた
沼沢理事長はこう語る。「矢野燿大は獅子だったからだ」=意味不明

今後、後門に控えし残り2匹の虎(金本、下柳)との立合には、
どの門を開けてくるかに最大の注目が集まる。

いや、今の沼っちなら球児に対しても死門を開けてくるほどのキレがあるなww


しかしここまででもメンチで1.6億、ジェフで1.9億、アッチソンで0.9億、
今岡で2.0億、赤星で2.5億、矢野で2.1億、福原金村で0.6億、
その他一山なんぼのDOWN組で1.1億ほど。
んで2匹の虎は上限一杯の40%でぶった斬っての3.3億。
(あ、そや。安藤からも0.3億くらいもーとかなアカンのw)

〆て削減コストが「じゅうろくおくさんぜんまん」ですか。すげーなこりゃ。
(数字はすべて推定、っていうか憶測ですww)
今季の大幅UP組には元が高給取りな選手はおらんぶん、
城島に5億、外人にパラパラばら撒いてもコストは大幅減は確実。


なんの準備も出来てない上で強制的世代交代という泥舟に乗さされてしまった、
2年目で確実に朽ち果てる真弓丸の姿が赤裸々に見えるわww





まだ精神的リハビリ中なんで、今日はこの辺にしとこう。
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(2) | - |


2009.12.12 Saturday

次へ
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑

午後6時。
すっかり日も短くなり、この時刻にもなると既に漆黒の闇に包まれる甲子園。


日中の各選手の自主トレ終了後、阪神タイガース球団の粋な計らいにより、
1人の野球選手のためだけに、今季新設された四基の照明塔に灯がともされていた。

粋な計らいとは言ってもそこに選手に対する費用請求は発生しているのだが。
(沼沢セ理事長曰く「3割引きにはしているとのこと=粋」)


幻想的なカクテルライトに照らされた無人の観客席。
センターの守備位置をはさむようにして、
異なったそれぞれのユニフォームに身を包んだ2人がキャッチボールをしている。


――― あかほっさん!このたびは引退、おめでとうザッス!

赤星「・・・あ、ああ。ありがとうな」



赤星が残した誰にも真似の出来ない記録と記憶の数々。
それを後人がトレースすることなど出来ない、そして望まない。
ただ。赤星が示し続けてきた意思、それだけは次へ、そしてまた次へと。

そしてその意思を継ぐべき男は、実はこの男なのかもしれない・・・。


片方のみが噛み締めるように大事にボールを握り、投げ、受けていた
そのキャッチボールは、いつ終わるともなく続いた。



無人のライトスタンドの小汚い染みのように1人佇み
それを見守っていた沼沢セ理事長は名残惜しそうな顔で最後にこう呟いた。

「長すぎる。仕方ない、延長料金だな」



『参考文献』



赤松、キミは。

島野さんが逝かれたときは確か、
「喜田さんの結婚式に行って来たッス!」って書いてたよな。
んで今回、赤星の引退に際しては「桜井の結婚式に行って来たッス!」か。

オマエはええが、書かれた喜田と桜井がサブいわww
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(0) | - |


2009.12.11 Friday

あれから15年半か
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
よぅ見たら来年のカレンダー。
デスクタイプも壁掛けタイプも表紙に赤星がおらんかった。
ドラフトでは俊足系の新人に偏って3選手を指名した。
水面下では外野手の新外国人獲得を目指して折衝を重ねていた。

球団のすべての行動の符号が一致してたんですね。

毎日あほみたいに推理小説ばっか読む生活を送ってたのに、
そこにあからさまに示されていた答えに気付こうともしてなかった。




「赤星 憲広」


ボクが初めてその名前を聞いたのは1994年3月27日。
結果的に運命的な出会いだったが、残念ながら記憶には残っていなかった。
(正確には「1番ショート赤星くん」だったろうな)

ボクが初めてその名前を記憶として認識したのは2000年11月17日。
ドラフト当日まで名前も聞いたことがなかった小さな選手。
その選手は入団発表の席で大口を叩き、ボクはその発言に対し失笑した。

そしてそれから程なくして「赤星 憲広」は、
タイガースファンにとって片時も忘れることのない名前となった。


そして2009年12月9日。
「赤星 憲広」は多くのファンに惜しまれつつ現役を引退した。








「赤星 憲広」の思い出を会社で書こうとしてたら、
ちょっと考えただけで涙がにじんでくるんで書けませんでした。

書かんといかんかった地の文的な仕事もあったんで、
なんとか泣かんようにと、極力差し障りのないことばっか書いてました。

で、今は家に帰って独りなんで何も気にすることなく書いています。
久しぶりに、飲めない酒をあおりながらww
(通常営業通り嫁は10時、子供は11時にコタツで眠りにつかれました)



暗黒時代に颯爽と現れた「赤星 憲広」は、砂漠に咲いた花だった。
砂漠に咲き続けた花だった。

下を向きっ放しだったタイガースファンは顔を上げ、そして前を向き始めた。

「赤星 憲広」の入団で最下位独走のペナントレースが少し楽しくなった。
「赤星 憲広」の入団でファンはタイトルホルダーがいる喜びを得意気に語った。
「赤星 憲広」の入団でチームは少しずつ変わり始めた。
「赤星 憲広」の入団でファンは何かが変わりそうな予感を感じ始めていた。


「赤星 憲広」はよく「ファンに夢や希望を与えてくれる選手」と言われる。
そしてそのプレースタイルは大人のみならず、多くの少年少女たちにも支持された。

まだよくわからんのだが来季、甲子園のセンターに立つ赤星は見れないらしい。
その名前がコールされることはもうないらしい。

そう思ったときになんとなく「あ、そうか」と思った。わかった気がした。
「赤星 憲広」はボクらに夢を与えてくれてたんじゃなく、
「赤星 憲広」。彼のその存在自体が夢そのものであり希望であり象徴だったんだ、と。

どうやらそれは、永遠に失われるらしい。

タイガースは2003年、金本の入団から劇的な変化を遂げた。
(そして今、元の状態に戻りつつあるがww)
それはタイガースが既に「赤星 憲広」という宝を持っていたから起こったことだ。

毎オフ、来季のペナントレースの予想をする際、
自然に一番最初の絶対条件とするのは「赤星 憲広」の完調ありきだった。
もちろん今年だって、つい昨日までそう信じて疑わなかった。


所詮ここ四半世紀程度のものでしかないボクのファン歴において、
過去に経験したことのない種類のショックだった。
ナウでヤングなボクは田淵のトレードなんて知らないし、
掛布の引退もそうハッキリとは覚えていないから。
これ以上のショックは今後もう無いかも知れない(と書くと赤星が怒るんかな?)。



現監督が受けてないのに何故か直接電話連絡を受けていたという
来年から関西の他チームでらつ腕を振るう監督がこんなコメントを出していた。

「赤星には『ここだけは絶対に行くなよ』のサインしかなかった」
「そら(出すのは年に)数回よ」

これは「赤星 憲広」という野球選手の持つ恐ろしさのほんの一部分でしかないが、
今後こんな選手がタイガースに現れてくれるんだろうか?



・・・・・とかしんみり言ってる場合じゃねーだろ。

偉大なる功績を残した赤星は引退する。
だから柴田が甲斐が藤川が田上が、それを越えていかなくてどーすんだ?
浅井は桜井は林は葛城は野原祐は、ちょっとタイプが違うから我が道を行けww
大城は高橋勇は、今のままじゃちょっと無理じゃねーかwww


赤星が安心して笑えるように、マジで悔しがるように、
残されたお前らが頑張れよ。お前らが赤星の意思を継げよ。

あんまりチンタラやってるようやと、狩野を再コンバートしてまうぞww
ゴジラ松井なんちゃらいうのんを空輸してまうぞwww

わかってんか、おい!!





赤星 憲広選手。

本当にお疲れさまでした。
本当にありがとうございました。

その1つ1つの場面を思い出すだけで今も目から汗が止まりませんが、
とりあえずゆっくり体を休めてください。

本当に、本当にあなたのことが大好きでした。
(区切りとしただけであって、でしたは過去形ではない)


つか、ありがとうとか書いたら、
マジで目から汗が止まらんくなってきたやないかww
あほーあほーwww



でも「赤星 憲広」の最期は岡田に看取って欲しかったな。
(次点1001、次々点ノムさんww)
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(7) | - |


2009.12.10 Thursday

存在そのものが夢やった
ブログランキング

布団に寝っ転がってるが全然寝れん。
しかもあほみたいに泣けてきた。

テレビでネットで、
あっちこっち探して映像なんか見るんじゃなかった。

赤星のプレーの1つ1つが思いだされては消える。

来年、甲子園のセンターに赤星はおらん。
来年、一番にコールされる赤星はおらん。


んなもん考えられるか。
Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(8) | - |


2009.12.09 Wednesday

激報
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑

え〜と。

ごそごそ何やらと書いてたんですが、
公開する気がまったくなくなりましたので、
まあとりあえず明日以降にでも。

先日ワシ。

某所にて「ワシ野手で一番好きなんはやっぱり赤星や」と発言したところ、
「キサン、どの口がそう言うんや?」とおもくそ否定されたんですが、
現在そこはかとないショックを受けております。


正式発表を待ちますが、
赤星のおらんタイガースなぞ考えられない・・・。

 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(5) | - |


2009.12.07 Monday

眼鏡去って牡蠣来たり
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
今頃結婚式って。桜井はとっくの大昔に結婚してたと思ってたわ。
しかし桜井の結婚式情報を赤松ネットで知るワシ。
なんというお茶目な情報網なんだww 夢見る乙女のそれのようだwww

『桜井の結婚式』

しかしオフに入って立命館には非OB含め多くの選手が招かれておるが、
どうやら赤松にはいっさい声はかかっておらんようだのwww

もう在籍履歴は抹消済みなんかのww



昨日の奥様からの連絡は誤報であり、今現在も眼鏡は見つかっておりません。
(同時に紛失していたkokoroの眼鏡と勘違いしたらしい)

で、今日の話題は何かな?体力測定かな?

新聞を読んだところによると、どうやら甲斐の数値がええ感じらしく、
全紙論調を揃えて「ポスト赤松誕生や!」となっておったな。

・・・ん?なんかちょっとちゃうって?
知らん知らん。ちゃんとそー書いてあったってww

とりあえずワシが無条件で一押しとする秋山。
なんか知らんが楽しくって仕方がない藤川。
んで、草食系過ぎる顔立ちがたまらない藤原に続いて、
この甲斐も楽しみになってきた。
今年のルーキーは近年になく大豊作やな、来年の鳴尾浜が楽しみや(なんか違う)。
二神もドラ1なんやからもっと頑張らなアカンな(すごい違う)。



あー、ほんで。

相変わらずテレビ番組をチェックしない日々を続けておったら、
先日の「K−1GP」を見逃してしまっておった。

なんぼ最近はMAXのほうがおもしろい言うても、
GPを見逃したんなんかシカティックが制した第1回大会以来やわ。

年末年始にかけて、テレビ番組はちゃんとチェックしとかんと痛い目にあうなあ。
(「クビを宣告された男達」を見逃したら困るしのw)
よし、今日の帰りは久々にテレビブロスを買いに行こうっと。




昨日、新眼鏡の違和感にクラクラしながら家に帰ったら、
諸事情から今年は届かないと思っていた牡蠣が届いておった。

牡蠣祭り2009〜再び〜、始まるよ♪
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(1) | - |


2009.12.06 Sunday

眼鏡がない
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
通常、置いて然るべきポイントはくまなく探索するも、
通常、置いて然るべきではないポイントもある程度探索するも、

・・・・・どうやら眼鏡がないことは間違いない事実のやうだ。



ということで、10云年振りに「ノー眼鏡」にて外遊を行っていたのですが、
怖れていた通り「全然見えねえから、すんげー怖い」のは動かしようがない。

はて、なぜかしら昨晩立ち寄った和歌山の地に忘れてきたのだろうか?
はて、なぜかしら昨晩乗車したタクシーに忘れてきたのだろうか?
というか、自宅に帰った時点で眼鏡をしていたか?の記憶すらまったくないww


・・・・・。



はい、お昼に眼鏡を買ってきましたww
財布に残金数百円しかねえワシ、
はたして今日という日を無事生き延びれるのだろうかww


では、本日は「野球と眼鏡」をテーマに進めていくとしましょう。
過去プロ野球界で活躍した「眼鏡選手」と言えば、
亀山、古田、達川、ODA、ほんでほんで、、、、、、、バンスロー(笑)?

あ、このテーマ無理だわ。全然広がんねーやwww



あー、乱視上げたんで視界がもにょもにょしてキメエ。





草食系木佐貫に対する肉食系どん様発言に、
「そら、先発で使うよ。中継ぎ、リリーフなんかやらせん」っちゅーのが。

「リリーフなんか」ってあんたww
あんたほどリリーフの神様に愛された監督をワシは知らんのだが。
 ↓↓↓↓↓



今さっき、家から「眼鏡あった」と連絡がございましたwww
Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(8) | - |


2009.12.05 Saturday

ピッチャー獲れや!いや、別にええねんけど
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
『加藤コミ、鷹・摂津は“セッツアッパー”』

サンスポの記事タイトルに隠された遊び心を、ワシは見逃さない。



オフって凄いね。

3日も記事書いてない(今年の2月以来やった)のに、
タイガース関連、書く事な〜んもねえww

いやね、書こうと思えばそれなりにあるんですよ。
「日暮シリーズ」とか「徒然に書いてみたらまったく意味がわからんかったシリーズ」
とかいろいろね。  ←現実を見つめる気はないらしいww


タイガース以外のとこでいうと、今はトレード関連がいとをかしおすな。
Gの字がコバマサに続いてafoも秒読みだとか。

これで近年獲得した名だたるところが現有戦力だけでも、
先発スペックで、グライシンガー、ゴンザレス、藤井。
中継スペックでは、クルーン、豊田、藤田、マイケル、コバマサ。
まあ藤田、ゴンザレスは拾いモンではあるが。

それ以外、主だった獲得の2000年以降だけでも、
河本(漢☆石井と交換)、メイ(くそばかやろう)、工藤(FA)、前田(FA)、
ペドラザ(札束?)、三沢(根市と交換)、シコースキー(札束?)、
野口(FA)、パウエル(札束?)、吉武(人的トレード)、門倉(FA)などなど。

改めて列挙してみると、こりゃすげえや。なんだこのメンツはww
(Gの字の出入情報はこちらのサイトで見させてもらいました)

別にこれをもってして「この金満め」と言う気はサラサラなく、
(金満なぞ、今はうちのためにあるような言葉やしのww)
うちの前任現任含めた各指導者が口を揃えて「野球は投手や」と言ってるわりに、
うちは何で他球団から投手を強奪せんの?、と。

いいですか、皆さん。ここで1つ確認です。
グライシンガー、黒田、三浦をスベッてることは忘れて話を続けていきますよww


当然ながらチュートハンパ同士のトレードなんかはしょちゅうやってます。
「相木⇔前川(前科あり)」とかに代表されるあれねww

しかしながら現有戦力でいくと近年は下柳のみとも言える状況であって、
やっと今年不可解トレードで得た久保と金村暁が現れたか、と。

2000年、星野(王子)、西川、与田。
2001年、酒井、面出、谷中、成本。
2002年、橋本(武)、横田、川俣、原田。
2003年、下柳、佐久本、石毛、柴田。
2004年、牧野、前川、竹下、細見。
2005年、無。
2006年、相木。
2007年、正田。
2008年、金村(暁)、阿部。
2009年、ヤス、木興、久保。

よくもまあこんなチュートハンパなんばっか獲得したもんやww
実績のあった先発タイプなんぞ星野と前川、んで金村(暁)くらいやん。
しかも「強奪」って意味で当時バリバリやってた選手を探すと、
・・・だ、だれもおらんのじゃないか(しいて言えばFAの星野王子くらいか)?

「落ち目」「くすぶり」を、再生を目論み獲得し続けたうち。
「今の力を普通に出してくれたらええから」と強奪し続けるGの字。
これが一番の違いかのう(別にGの字がそれで成功しているとは思わんが)。



で、話の着地点をまったく見失ったところで何が言いたかったんかというと、
「こんだけ金満金満言われてんのに何で投手は強奪せんの?」

「節子、それわからんわ」、と。
いや、まあ。イッテて獲れてないのはわかっとるけどww

現状のほぼ自前の投手陣は大好きな面々であり、そこに何の不満もないけど。
(ん?やっぱ着地点を完全に見誤っとるな、この話)


仕方ない、結論。

「もっと大物投手強奪したれや!現状スタッフに特に不満はないがの!」



・・・・・なんだこりゃ。

      ∧∧
     ヽ(・ω・)/   ズコー
    \(.\ ノ
  、ハ,,、  ̄

 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(0) | - |


2009.12.04 Friday

生存報告、的な〜
ブログランキング


決して病床に伏せている訳ではございません。

年末年始に向けた蓄えに忙しかったり、
意味もなく「おたくで売ってる一番大きなおコタを包んでくれるかね?」だったり、
あっち連れてけこっち連れてけだったり、
久々のウマーらぅめん開拓紀行だったり、

何かとランバダしている年の瀬だ、と。
単にそれだけだったり、するww


さて、エグはヤマグチオチの上がりっぷりをどう感じているんかのww
Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(2) | - |


2009.12.01 Tuesday

志半ば
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
■MYM式中継起用案
「イニングをまたぐのは厳しいという声を聞いた」
■MYM式代打起用案
「右左じゃなくてタイプ的にこの投手はどっちに合うのか考えていかないと」

・・・が、愕然とした。やっぱこの人は「こども監督」やったんかww
今後、彼のことは「あきのぶくん」と呼ぶことにしようwww



「ヤクルトの高田監督が30日、左手首のけんしょう炎のため、
出席が予定されていた藤本の入団会見を欠席した」

け、けんしょう炎キターww
早くも「釣った女には餌やらん状態」ww
がんばれよ、ふじもんwww



で、明らかに藤本よりもお買い得で魅力がいっぱい感が満ちあふれるバルが、
どうやらどん様をたずねて三千里となったらしい。バル曰く、

「他球団からのオファーもあったが、岡田監督のもとでプレーしたかった」

うんうん。当然だろう、それは(前半部分の話ねww)。

だって金銀財宝詰まり放題の宝石箱みたいな守備力と、
ウエスタンとはいえ今季首位打者という優秀な学業成績を修めた可能性を、
ドラフトで高校生を下位指名するよか安く手に入れれるんやからの。
しかも来季まだ28歳と、まだまだ若い。



さてと。

志半ばではございますが、ちょっと会議がございますもんで。
夜に追記は、、、、、、、たぶんしませんwww
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(7) | - |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!