Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< September 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2007.09.30 Sunday

2007甲子園ラストナイト
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
女神様がいないとこんなもんかね(笑)
今年最後の甲子園、福原は試合開始早々ど派手に炎上した…。
まあ、予想通りと言えば予想通りではあるけどさ。

やなスコさん(奥様)、お誘いありがとうございまんた。
りささん、御崎さん、ご無沙汰しておりまんた(ついでにいわほーさんもw)。
赤松が出なくってみんな残念そうでしたね(笑)
鳥谷はえらいことになってたんですね…。



1992年以来、15年振りの3連戦3連続観戦、しかも最後は雨中の修行試合。
もう若くはない初老の体には、やはり無理なものがある…。

この3連戦最大の目的であった「赤松真人を堪能する」も、ほぼ達せず。
一番見たい「塁上での動き」に至ってはそのチャンスすらなかった。
(1戦目に出たときに写真撮っといてよかったわ、まさかあれだけとは…)
赤松を与えてもらえない精神の渇き、1勝2敗(2修行試合)に終わった結末…。
その様々な要因による蓄積疲労は確実に僕を蝕み、既に初老の肉体はパンク寸前だった。


試合終了後24号門付近で憔悴していると電話がなった。
電話の主はKaleidoさんだ。
「もしもし、どこよ?前売り券売場のとこおるからハヨ来て」
……ん? 僕はいったいいつKaleidoさんと待ち合わせしたんだろうか?
これがレツゴーゆえの魂の共鳴というものなのか?
まあいい、Kaleidoさんさえいれば僕は寝てても家のほうまで連れて帰ってもらえるわ(笑)

いわほーさんと連れ立って前売り券売場までとことこ歩いていくと、
阪神高速の高架下が久々けっこう凄いことに(笑)
現・甲子園ラストゲーム、今年1年溜まりきったものを洗い落としているかのようだ。
(しかしちょっとやり過ぎw 警備員の制止も無視状態やったし)

そこにKaleidoさんが現れる。 初対面のsorakoさんも現れた。
さらにichikenさん、kisaragiさんまで(笑)

みんな雨の中、観戦お疲れさまでした。
今日は負けちゃったけど、また来年頑張ろうぜ! (おい、今年もまだあるぞ)
ほな、解散!

……って、飲みに行くんか〜い(笑)!!!

こちとら初老の肉体も限界に近いし、連日連夜の遅い帰りに奥様の怒りもそろそろ…。
すいませんが今日のところは……。







さあ、どこ行きまひょ?
おさけ〜 \( 〇 ⌒   ▽   ⌒ 〇 )/ わ〜いわ〜い!



あても無くお酒を求め、甲子園周辺を徘徊する6人の虎キチ(笑)
1件目、居酒屋。 すいません、満席です〜。
2件目、串カツ屋。 すいません、満席です〜。
3件目、家庭料理の店。 すいません、満席です〜。
4件目、餃子屋。 すいません、満席です〜。
5件目、中華屋。 すいません、満席です〜。
6件目、バー的な店。 すいません、満席です〜。
………。
?件目、「けん」と言う名の店(笑) すいません、看板です。

……嗚呼、なんと計画性の無い6人(笑)
さんざん歩き回ってやっとお酒に辿り着けたのが、この店。


どうやら、かのご高名な「福本っさん」の経営するバーらしい。
(写真右、ちょっと見切れているのはいわほーさんw)



なんとかお酒にありつけるわとホッとしたところで、
「ここって普通に福本っさんも飲んでたりすんねんで」と、ichikenさんが一言。

「へ〜そうなんやあ」って店を見渡す僕。 ……あれ?





カウンターにおるがな! 福本っさん(笑)!!
(ご無理言いまして握手していただきありがとうございます。「ええよ」の一言嬉しかったです)




そして楽しい宴は続き、時間を忘れ、終電は無くなるわけでございますが、
その辺りの話は「この人」辺りが詳しく書いてくれると思いますのでしばしお待ちを!
(ひとまかせw)
では、初老の僕はこの辺で(笑) 老兵は死なず、ただ人に任せて消え去るのみ。



さあ、今日家に帰るのが恐いぞ(汗)

Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(8) | trackbacks(0) |


2007.09.29 Saturday

女神の資質
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
昨日は初めて勝利の六甲颪を球場の外で歌った。
理由は混雑を避けるため。
残念ではあったがこれもすべて女神様をお守りするためだ、いたしかたない…。


かっとばせ〜 かっとばせ〜 ア〜ンパンマンッ♪





久し振りの勝利の美酒に沸いた聖地・甲子園。
女神様のお寝んねの時間が迫っていたため、帰りを急ぐ車中でふと思い出したことがあった。

そうあれは2年前の夏のことだった。
舞台は夏の甲子園……。


「阪神戦はいややけど高校野球やったら行ってもいい」とおっしゃる、
非常に微妙な意見の奥様(妊娠中)と連れ立って僕は、母校・酒田南の応援に出かけた。
その日の対戦相手は兵庫県代表・姫路工。
正直、山形県代表が関西勢(特に兵庫県やし)に勝てるとは思っていなかった。
「参加することに意義がある」
ほんの数年前までの山形県代表の現状はこんな感じであった。

「負けてもいい。精一杯応援するからどうか甲子園を楽しんで欲しい」
そんな僕の弱気な心境をよそに、酒田南はエースの金本くん(現・中日)の活躍もあり、
兵庫県代表を撃破するという、山形県民にとっては歴史的な快挙を成し遂げた。

それに味をしめた僕は、続く2回戦も奥様を同伴。
すると酒田南はまたしても快勝! 沖縄県代表・沖縄尚学に6年前の借りを返した。

Go!Go!YAMAGATA!! Go!Go!SAKANAN!! 
久方ぶりの“夏2勝”に意気上がるオレ!!
そして迎えた3回戦当日、奥様のつわりがひどくなった。
「今日は行けない…」
僕は一抹の不安を覚えながらも、1人で甲子園へと向かった。
しかし今日の相手は山口県代表・宇部商。
レベル的には山形と似たようなもんだ(山口県の野球ファンの皆さま、すいません)。
今の酒田南の勢いなら、なんとかなるだろう…。

○宇部商 11- 2 酒田南● 
……なんとかならんかった。。。


この夏の経験から僕は、奥様に対しある資質の存在を期待していた。
そう、選ばれたもののみが持つ「勝利の女神の資質」だ。

そして今年のペナントレース開幕戦、僕は満を持して奥様を京セラドームへと招いた。
「え〜、阪神〜」と言いながらも一応ついてきてくれた奥様に感謝した、これで勝てる!と…。
(思い返せばこの開幕戦、レツゴー伝説の序章でもあったなw)

○広島 4- 1 阪神● 
……あれ、あっさり負けた? (´‘c_,‘` ) 。。。


そして昨日、kokoroちゃんが阪神戦初観戦初勝利を飾った。
……そうか、わかったぞ。
酒田南の快進撃、泥沼の8連敗からの脱出、、、この3つの勝ち星に共通しているのは…。
まさかお腹の中にいるときからその力を発揮していたとは…!!
わが娘ながら、恐るべき岡田チルドレンだ(笑)



しかし、くそぅヨメ。 今までオレをだましやがって(笑)
おかげで大事な開幕戦を落としてしまったやないか! さてはお前、影のレツゴーやな(笑)

続きを読む >>
Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(8) | trackbacks(0) |


2007.09.28 Friday

100点デビュー!
ブログランキング

勝利の女神、ここに誕生!!!
Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.09.28 Friday

☆デビュー☆
ブログランキング

人生の夢に日付が入った…(泣)
Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.09.28 Friday

3戦全敗
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
久し振りの甲子園、いつもと変わらない風景。
少し違うのは、鳥谷ユニをまとった女性が気持ち減ったくらいか(笑)?
3人の男たちは、慣れた足取りで21号門をくぐった…。


久し振りの最下位再会となった3人は固い握手を交わした。
ああ、想えばこの3人が雁首を揃えるのは、
狩野のプロ入り初本塁打をモニター越しに眺めていたあの日以来か?
野球のネ申様の怒りを買い、試合を流されたこともあった。
1号から「残業で行けない…」とメールが入った瞬間に、
今岡さん桧山さんに連発花火が飛び出したなんてミラクル勝利もあったな。
今となってはそれも良い思い出だ。


しかし、再びここに集まれた歓びもそこそこに1号は自分の仕事を始める。
1号が必死で覗くファインダーの向こうには、あの日の今岡さんがいる。
(良かったな、1号。思う存分撮りまくれよ)
僕は心の中で、今日という日に間に合わせてくれた今岡さんにそっと手を合わせた。


そして僕は、ふと視線をセンターに向けた。
そこに赤松はいない…。
球場に到着する前からもちろんその事実は確認できていたが、
やはり現実に目の当たりにすると耐え難いものがある。
野球のネ申様は、なぜにこんな試練を僕に与えるのだろうか?
この試練を乗り越えた先には何があるというのか…。


そんな沈みきった僕を気遣ってくれたのか、2号がさり気ない声をかけてくれた。
「ライトの売り子さんは、ちょっとあれやな」
自分自身もV逸の身悶えするような悲しみの中で眠れない日々を過ごしているだろうに、
その状況の中でも他人を思いやれる2号の大きな背中が嬉しかった。
そして2人は、あの日の日下ちゃんに想いを馳せた。
そうだ、忘れちゃいけない娘がもう1人いたな。
 
2人の間に、それ以上の言葉はいらなかった…。



試合は、そこまで2打席連続バントミスを犯していた荒木に対し、
さらなるバントの指示を出せなかった中日ベンチの消極的な強攻がすべてだった。
あそこで今期1号本塁打が飛び出すとは…。
……断言しよう。
それまでのバントミスが無ければ、あのホームランは100%無かった。
こんなことなら、荒木に2打席も続けてバント失敗させるんじゃなかったわ(笑)
正直、野球ってやっぱりおもしろいなあと思った。 悔しいけどね。


今岡さんのミラクルプレー、
「真っ正面のゴロをビビったように下がって取っての足グネ」も見れたし、
赤松も途中出場ながら見ることが出来た。
(赤松様ご降臨に、我を忘れたおっさんの様子への入り口は「こちら」です)





おっと、お昼寝中のkokoroがそろそろ起きそうだ。
今日の試合は大事な『kokoroの甲子園デビュー戦』となる。
奥様に多少ないし野球に興味を持ってもらうためにも、負けられない試合だ。

鳥谷の青タンないし引っかき傷の有無にも注目が集まるところだ(笑)


よしっ、今日は勝とうぜタイガース!!
“3戦全敗”のレツゴーは、もう天に召されたからさ!

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.09.27 Thursday

☆あ☆い☆し☆て☆る☆
ブログランキング

携帯カメラの限界…。
愛しの真人が遠いお(*´д`*)

おい1号、その高性能カメラを貸せ(笑)
Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.09.27 Thursday

僕の赤松はどこですか?
ブログランキング

お願いします、赤松を返してください…。
Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.09.27 Thursday

続・君は赤松を見たかい。
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
きたるべきレツゴー再集結の良き日のために、
野球のネ申さまが創りたもうたと思われた長編書下ろしシナリオが崩壊。

レツゴーの来訪を待たずして虎は崩れ落ちた。
そう、怪しく彩られた「来期への希望の卵」をたった1つだけ残して。
その極彩色の奇妙な卵に刻まれていた文字は、「赤…」。



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

       『赤松真人くん☆絶対☆応援ブログ』 
                      
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆



0対0で迎えた4回、先頭打者赤松は相手のまずいエラーで塁に出る。
(しかし、なんでキミはゴロを打とうとしないんだw)
さあ赤松様の見せ場がやってきた。 僕は興奮を隠そうともしない。
 
左腕なうえにクイックのうまい工藤からでも走ってやろうと限界のリードを取る赤松。
初回の出塁時に3球目まで走れず、エンドランをかけられた悔しさもある。
工藤が牽制! 際どい! セーフ!   (おしいっ!)
工藤が牽制! 際どい! アウト!   (よしっ、やらかしよった!)

お、おもしれえ…。

…あれ、待てよ? この大事な場面。
なんで僕、「おしいっ!」って今思ったんやろ(笑)?
なんで僕、赤松刺されてちょっとオイシイって今思ったんやろ(笑)?

…そうか、これも含めて赤松なんだ(笑)
味方ですら、何をやらかされるかわからないのっぴきならない男。
それが僕をトリコにする、赤松真人の魅力なんだ(笑)!

いいよいいよ! アグレッシブさゆえの事故は気にすんな!!
もともとそんなんはこっちもおり込み済みや(笑)
試合後にまた反省の弁言うとったなあ、そんなんいらんいらん。
今日も初球からガンガン行ってアウトになって帰って来い、ちゃんと笑たるからさ(笑)!
(真面目に応援されている皆さま、非常に申し訳ありません)



今日とうとう、赤松に会いに行ってきます。





※ 赤松が刺された瞬間、カメラはベンチをとらえる。

ものすごい厳しい顔をした野口っさんの横で、「ニヤリ」と不敵にほほ笑んだ桧山さん。
もしやあの笑みは、自分と同じ匂いを感じたってことだろうか(笑)?
真相は藪の中、桧山さんだけが知っている…。

Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(10) | trackbacks(0) |


2007.09.26 Wednesday

君は赤松を見たかい。
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
たかすぃ三冠王の件。
半径5mくらいで緊急調査いたしましたところ、女性陣からは総スカン…。
男性陣の意見はバラバラ。
「言い訳が苦しい」「身近に感じたw」「今後に期待」等々でした。

以上、報告を終わります。




ヤフーのトピックスに「赤松スタメン起用!」の速報が出てないことに昨夜は憤慨!

6連敗に沈む、阪神ファンの皆さますいません。
昨夜の試合開始から、僕のテンションは異常なまでに壊れきっておりました。





「失ってみて初めてその存在の大きさに気付いた」
うんうん、これよく言うね。
僕も過去に言ったような気がするね(笑)

「再び出会えたとき、初めてその存在の大きさに気付いた」
昨日はこれだったね。
この気持ちって、きっとホンモノだよね…?


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

祝! 『赤松真人くん☆絶対☆応援ブログ』 復活(笑)!!!
                      
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆





永遠とも思われた長き潜伏期間を経て、僕らの赤松くんが戦場へと帰ってきた!
そして、いきなりのスタメン2番起用!
消○試合モードと言うなかれ! これは固まりきったチームを再生する起爆剤なのだ!!

久し振りの一軍での初打席、先制点につなげる送りバント。 ああ、プライスレス…。
3回の第2打席、併殺崩れで1塁に残ると2球目にGO! ああ、プライスレス…。
8回にはノーアウトから復帰後初ヒット(あれがヒットか?は置いといてw)!
ここは慎重になるも(ここも初球から行ってアウトになってもオイシイと思ったがw)、
二死までチャンスが拡がんねえなあと思うと、またまたシーツの初球にGO!
このマルチスチールがシーツのタイムリーを呼び込む!

いいぞいいぞ赤松くん! いいぞいいぞ赤松くん!!
ゴー! ゴゴー!! ゴゴゴー!!! 赤松くーん!!!! ゴーッ!


……。
ん、なんですか?
5回9回、特に9回のチャンス。 あそこは簡単に打ち上げたらアカンやろって???
はっはっは、ちゃんちゃらおかしいですな。

皆さんは赤松くんに、いったいなにを期待してるんですか(笑)?
そんなもんねえ、あそこで進塁打なりヒットなりセーフティーなり出来るくらいなら、
とっくに一軍上がってたわっ! って話ですわ(笑)!
とっくに不動のレギュラーやわっ! って話ですわ(笑)!


それが出来へんかったから鳴尾浜で冷飯食ってたわけで、悩んだふりしてたわけで、
それでも「(キモくっても)赤松が一軍に欲しい」って言ってくれてた人は、
こんな赤松の持つ“走”と“守”を評価してくれとったわけでしょ?

そっちに関してはこれ以上ないってくらいの、
赤松にしか出来ない満点回答を1発で見せてくれた。
「1点を獲るってことは、そないにしんどいことじゃないんだよ」
ってことを、固まりきってたチームのみんなに教えてくれた。

これって、赤松は最高の仕事を遂行したってことではないの?


あの〜、僕あれですよ。
赤松の失敗を擁護したい人ではないですよ(笑)

言いたいことはただ1点。
「みんなが待ってた赤松はこれじゃなかったの?」ってこと。
期待しすぎたらアカンよ(笑)


Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(6) | trackbacks(0) |


2007.09.25 Tuesday

ぼくの逃避行
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
ベンベン、ベベベン、ベンベベン…。


昨日、うちの奥様が『行け!稲中卓球部』を知らないことが発覚!
お兄さんの影響で、けっこう少年マンガも読んでいるにも関わらず、
あの伝説的マンガを知らんなんて、、、
これはジェネレーションギャップで片付けてよい問題なのか…?

その後、「サンチェと井沢の別れ」がどれほど悲しかったか力説し、
ネットでサンチェの画像を見せるも、「このおっさんキモッ!」の一言で終了…。
人間一人一人、それぞれの価値観の違いはいとむづかしす。。。
ちなみに奥様、僕がヤンマガを読んでいる関係で、
その後の古谷実作品『わにとかげぎす』なんかは知っている。



野球?

誠に申し上げにくいのですがはい、わたくし昨日は逃げました。
休みはだいたい、普通だったら試合開始前にはテレビの前にスタンバっているんですが、
「振れない打線」を見る悲しみに耐えられなくなり、
出掛けても出掛けなくてもよい用事に、朝からとっとと出掛けました。
「オレが見んかったら勝つんちゃうか?」という、
藁にもすがりたい願掛けの気持ちもちょっとはあったんですが、
そんな想いも天には届かず、5連敗と相成りました…。

しかし世の中便利になったもので、
けっきょくは我慢しきれずに出先でもワンセグでところどころ見てしまってたんで、
願掛け自体は意味無しではありまんたが…。


この5連敗で我らがタイガースは、残念ながらほぼ絶望的な立場に追い込まれました。
それでも僕自身は、
可能性がある限り優勝を信じている夢見がちが少女な気持ちも持ちつつ、
「残り全部勝って奇跡を起こせ、タイガース!」
っていう前のめりなテンションよりは、
「ほれ、もうプレッシャーもなくなったやろ?」
「ここまで頑張ったシーズンなんやから、あとちょっと最後は伸び伸びやろうぜ!」
っていう感覚にやっとなれました。

今年もいろいろあり過ぎたペナントレースも、残すところ後はたったの8試合。
最後の最後、ガチガチなキミらを見たくはない。
もっと伸び伸びと、自分たちの野球でグラウンドを縦横無尽に駆け巡る、
そんなキミらを見て終わりたいんだよ。

その先に、優勝があればいいね。





※ 待ち続けた「赤松合流」の吉報にもテンションは上がらず。
   傷だらけの赤星っさんが心配です…。



※ ひこにゃんぶろぐの記事の日付を改ざんし、連続更新の体を整えてみる(笑)









※ 17:45追記



ぬあああ〜!!
赤松スタメン2番キター!  щ(゚Д゚щ)
一気にテンション上がってキター!!  www

でも、今日はテレビ中継ない日だお…
・・・・・ (・ω・;)(;・ω・)
これも含めて赤松クオリティーすなあ(笑)
かなしすなぁかなしすなぁギガントいとかなしすなぁ

まあ、頑張れ。




※ 18:30さらに追記

全国の悲しき地上波フリークの皆さん! (←オレもやw)
 『ここ』 で中継見れまっせ!!
(知らんかったw)

ぜひ期間限定「生赤松」をご賞味ください(笑)

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(6) | trackbacks(0) |


2007.09.24 Monday

露出強化月間
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
シルバーチャリオッツ!


「ホットペッパー」デビューに引き続き、
今度はDr.KEN、「ひこにゃんぶろぐ」デビュー(笑)


ちなみにこの写真 ↓↓↓ (ちいさくってあんま見えへんw)


(写真お借りしました)


ちなみにこの記事を書いておられるのは「D.Kさん」、そんでオレもD.K(笑)
嬉しいなったら嬉しいなっと♪
Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.09.23 Sunday

おのれドリカム(笑)
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
本日は毒な舌が多く含まれております。
あしからずご了承くださいませ。


『今日のおちちゃん』の、『昨日のおちちゃん』(言い方ややこしいw)にはかなり癒された。


3連敗? 取りこぼし? 1.5ゲーム差? 崖っぷち?
まだまだこれからや? こっから最後の巻き返しや?
どの口が言うてんねん、ちゃんちゃらおかしいわーーー(号泣)!!!

杉山? 渡辺? シーツ? 濱ちゃん?
ここにきて選手個人のことはもういいよ。
どんな形の試合であれ“勝つ!”。 これしかないんやからさ。


昨日はもう笑ってもうた。
うちとヤクルト、スイング全然違うやん(笑)!
点差以上にでっかい差があったよ…。

なんて言うのあれ? 撫でるようなスイングって言うの?
うちは一部を除いてスイングが“フニャ〜”。
チャンスになるとさらに“フニャ〜”。
ストライクは見逃す、ボールはキッチリ空振る、そんで空振りだらけ…。 

対するヤクルトは“ブルンッ!ブルンッ!”。
全員が振りまくっている。
確かに、けっこうボールには手を出してたよ。
でも空振らない。 思いっきりの良いスイングでファールにしてたね。

「空振りが取れない…」
ボールにした球を思いっきりの良いスイングでファールにされることで、
うちのピッチャーは心理的に追い込まれてたね(特に渡辺、勉強なったか?)。
正直、全打者全球ピンチに見えてた(笑)

「スイングで相手にプレッシャーをかけていく」
完全にこれ、強者の野球。
どっちが首位争ってるチームやねん…。

うちも4回に関本、鳥谷で一旦は逆転した。
確かにテレビの前で思いっきり叫んだよ(子供を泣かして奥様に怒られるくらい)。
でも、これはマグレやろ。
ぶっちゃけ、「こら勝てんわ」と思って見てた。


もう負けられへんねんけど、この打線の状態を1日で立て直せるとは思えない。
先発ピッチャーが粘ってくれてのロースコアゲームで、早めのJFK投入。
やっぱりここにしか勝機が見えないか…。

……でもね。
頭ではこんな感じで絶望してたとしても、心の奥底では信じてたりするんやけどね(笑)
絶望しても絶望しても、それでもそれでも応援するんやけどね。
何をどう言ったって、何をどう思ったって、このチームが好きで好きで仕方ないんやからさ。

今日から勝とうぜタイガース!
きっと勝てるさタイガース(泣)!





しかしシーツに関しては軽く怒りを覚えてたりしたんですけど(汗)、
6回の代打・濱ちゃんの「ひねられた打席」は見てて切なかった…。
アップアップのヤクルト投手陣のさらに上を行く“超アップアップ”…。
もう一山あると踏んだんやろけど、あそこは一気に「オーラで四球」もある桧山さんやったなあ。
今の気持ちの空回り気味な濱ちゃんではあそこは…。
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.09.22 Saturday

雨トーーク!三昧
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
モクモクファームでバイキング。
ハムとソーセージ食い過ぎた(笑)



昨日は(今日?)、朝方まで録画しておいた『雨トーーク!』を見ていた訳だが、
かなり前からめっさ楽しみにしてた「ジョジョの奇妙な芸人」が関西でもやっと放送された。
オリラジ中田の動きのキレ、蛍ちゃんのホチャラティには腹がよじれた(笑)
しかし、久々テレビで見たしょこたんは飛ばし過ぎてるね(笑)
次回もし、「グラップラー刃牙芸人」が実現したらまたゲスト来てね!

自分的には、ものすっごおもろかった訳だが、
ジョジョを知らない人にとっては苦痛に感じるくらいマニアック過ぎやったね(笑)
「マジシャンズレッド」とか「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…」とか、そんなん知らん人に言うてもなあ。
あーアカン、もっかい読みたなってきた! 「スティールボールラン」も読んでないし。

そんで続いて「ゴールデン3時間SP」の方。
「ドラえもん芸人」「ドラゴンボール芸人」「華の47年芸人」などなど。
バンドブームの映像がブルーハーツ、レベッカに続いて、「THE PRIVATES」。
プライベーツは普通あんまり知らんで。 「G.D.フリッカーズ」くらい知らんで(笑)
プロデューサー、趣味に走り過ぎでは(笑)?

代表的なイカ天出身バンドのパネルには「宮尾すすむと日本の社長」の文字も…。
数週間前に偶然、このバンドについて話をしてたとこやったんですが、
(放送の無かった関西圏の人はさすがに誰も知らんかったけどw)
この名前を再びテレビで見かける日がやってくるとは…。 ん〜、感慨深いなあ。
「よーしわかった!2枚でどうだっ!」 (← これの意味をわかる人が果たしているのか…)

そんでお待ちかねの“ジュンスカLIVE”!!
「歩いていこう」「全部このままで」の2曲を披露! (まだもう2曲映像あるみたい)
ジュンスカ最高! ジュンタの年のとり方以外は最高(笑)!


もー食べられへん。 おなか一杯や(笑)




えっ、野球?

見たよ、見た見た。
で、いったい僕になにを言えと…?


。・゚・(ノД`)・゚・。 。・゚・(ノД`)・゚・。 。・゚・(ノД`)・゚・。
Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(6) | trackbacks(0) |


2007.09.21 Friday

モクモクファーム
ブログランキング

6時までは、家庭を大事にする男。
ってか、6時までに帰れるんか(汗)
Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.09.20 Thursday

負け惜しむ
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
会社を出る前にゴンザレスにゴーンって…
家庭を大事にする男は、どこに寄り道することもなく、
愛する家族が待つ家へと一目散に帰った。

家に帰ると真っ暗な家には誰もいなかった…。




前回の東京ドーム3連戦、昨日までの甲子園での2試合、
一生忘れない死闘を勝ち抜いてくれたタイガース。

全部死闘やれよって言っても、そら無理やで(笑)
こんな日もあるよ、うんうん。
(ボギーの危険球は残念やったけどね)



今日の負けをええように考えてみよう、うん。

仮にジャイアンツにまたまた3タテをくらわしとったら、
絶対的有利な状況を手に入れる代償として、燃え尽きとった危険性も…。
だってさ、それほどの戦いやったもん。

逆にコテンパンにされてよかったんちゃう?
「油断してる場合ちゃうで!まだまだ安心できる状況でも戦力でもないんや!」
って引き締まったんちゃう?
だって“優勝”ってそんな簡単に手に入るもんちゃうもん。
ちょっと前までワシら、18年待ってたからよー知ってんねん(笑)


しかし「原采配」だけは今日も謎だらけ。
昨日の「高橋尚スクランブル」に続いて、
今日もあんな場面で西村、さらには上原投入。

西村は昨日の涙のリベンジ?
たった1人の勝ちパターンのセットアッパーを4連投さして?
んで上原はちょっと空いたから調整登板? 
う〜ん、違うんちゃうかなあ?
昨日と一緒でパフォーマンスなんやろなあ、原一流の。
おいお前ら(選手)、並びにファンの皆さま、
僕はまだまだ諦めてなんかいません!まだまだこれからです!っていう…。

ん〜、なんかズレてない?
あれ見てたら、うちの大将がよっぽど名監督に思えてきたわ(笑)



先発陣の懸念だけがちょっと心配になってきた今日この頃秋の夜やけど、
たった1日の休息、みんな出来るだけゆっくり休んでください。





※ 愛する家族はその後ちゃんと帰ってきてくれまんた(笑)
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(6) | trackbacks(0) |


2007.09.19 Wednesday

大阪ミナミ「虎ばん」にて
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!わっしょいわっしょい!!!




昔見た「ヤンキー烈風隊」という漫画で“永遠の押忍”(とわのおす)というのがあった。
相手に対し最大限の敬意を払う挨拶の儀式である。
「押忍!押忍!押忍!押忍!押忍!押忍!押忍!押忍!押忍!押忍!押忍!…」
挨拶されている本人が止めろと言うまで、その押忍は限りなく続く。

なんで僕が今こんなことを言い出したか?
大阪ミナミに、虎キチが集うこじんまりとしたお店「虎ばん」がある。
昨日もこのお店では、甲子園のファンの熱気にも負けない、
“永遠のわっしょい”が繰り広げられていた!!  わっしょいわっしょい!!!



〜あなたは家庭をとるの?それとも阪神をとるの?〜

「今だけやから、今だけやから…」「だって優勝できるかも知らんねんで…」
自分勝手を画に描いたようなその男は、妻にそう頼み込んで一時的に子育てを放棄した。
2日連続で野球が終わってから帰宅する約束をゴリ押ししたのだ(本当は3日連続だったが)。
すまぬ妻よ、今は1分1秒でも早く阪神が見たいのだ…。

突きつけられた現実に背を向け、仕事を終えた男は道を急ぐ。
向かう先は「虎ばん」、そこに行けば“最高の野球”が待っている。
不調の能見の後を請けた江草の快投をワンセグで見守りつつ店の暖簾をくぐる。

「どうも〜〜〜」
息を切らしながらも広澤コーチ風の挨拶で店内に入ると、
TVの真ん前に陣取り、「とりあえずビール」。
店に行くのはまだ2回目にも関わらず、お調子者の男は既に常連気取りである(笑)


直後男の到着を待っていたかのように、鉄人金本に勝ち越しのバックスクリーン弾が飛び出す。
そして1点勝ち越した6回表、当然のようにマウンドに上がるのは渡辺。
誰も何の疑問も心配も無い、渡辺は本当に大きくなった。

渡辺は二死から1・2塁のピンチを背負ってしまい、ここで迎える打者は天才・高橋由。
久保コーチがゆっくりとマウンドに向かう、夏までだったら即座にジェフ投入の場面だ。
しかしこの場面、岡田監督は微動だにせず。 渡辺続投だ。
そして渡辺はここでも仕事を果たした。
渡辺が掴んだ信頼が嬉しかった。 今日はこの場面が最高のシーンになるなと思った。
しかし、、、、、、、甘かった(笑)


6回裏、選手にファンに「まだ諦めてへんで」をアピールしたい原監督は、
リリーフに先発の大黒柱・高橋尚を送るというありえないパフォーマンスに出る。
この高橋尚から1点を奪えたら「今年の巨人をここで潰せる」と確信した。
しかしその1点は奪えず、甲子園を包む空気がわずかに蠢いた。

そして7回に入り、誘っていたある男が店に現れる。
この男、世間では1号と呼ばれている。 申し遅れたが私も実は3号と呼ばれている。
レツゴー2人の融合。 3人寄れば文殊の知恵。
……いや、レツゴーのまき散らす負のオーラは2人でも充分なのだ。

1号の登場とほぼ時を同じくして試合は大きくうねり出す。
そう、甲子園はただ「きっかけ」を待っていたのだ。 引き鉄は引かれてしまった…。

逆らえない流れに飲み込まれていくジェフ、久保田…。





え〜と。。。
まだまだ長くなりそうで書いてて疲れてしまいました。
なんで、中途半端ですがこの辺で(何というテキトー…)。

粘るシーツに対する“永遠のわっしょい”、野口さんのくだり、代打・桧山さんのくだり…。
書きたいことはあふれるほどあるんですが、
続きはWEBで♪ っていうことで(笑)




※ 終電近くでこそこそ帰宅した男に対し、
   氷のような目をした妻が「勝ってよかったね」と明るく声を掛けてくれた…。

   男は今日も「虎ばん」に向かう…。

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(6) | trackbacks(0) |


2007.09.18 Tuesday

お知らせ
ブログランキング
ここ1ヶ月くらい前からかな?
てぃぶろぐ全体を狙ったスパムコメントがあります。
「こんにちは♪」ってやつです。

更新されたばっかりのてぃぶろぐの記事にすぐ飛んでくるところを見ていると、
わざわざHPの新着記事をチェックして、
わざわざ任意の4桁の半角英数字を入力して、
手動でコメントを落としていってる様子。

ご苦労なこったと思いながら毎回消したりしていたんですが、
ちょっとご指摘があったとおり、被害に遭われる方がいたら大変なんで、
既にやっておられる方も多いと思いますが、応急処置を書いておきます。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

皆さまの管理画面の左にある「てぃぶろぐの設定」をクリック。
上にある「拒否設定」をクリック。
下のほうに降りていくと「キーワード拒否設定」ていうのがあります。
そこにこれを入れてください。
 ⇒  http://www.bbbcc.net (←アクセスはしないでね!)

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

IPは毎回変わってるんで意味無しです。
では、よろしくお願いします。
 
Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.09.18 Tuesday

ほんまに焦った「パパも金」
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
誰が言ったか「デスブログ」。
ここに書き込まれたマイナス思考はすぐに結果に現れる…。
「パパも金!」 昨日の谷の同点弾。
一瞬目の前が真っ暗に…、ほんま、ほんま勝てて良かったよ(ふ〜)。




〜打線はそこそこ、先発が粘って後はJFK〜

昨日の試合ってさあ、
タイガースはいつもの勝ちパターンに持ち込んで普通に勝っただけだよね?
劇的な逆転劇があった訳でもないし、サヨナラ勝ちした訳でもない。

「何でオレ泣いてんの…?」
タイムリーが1本出るたびに、JFKが1人アウトに獲るたびに…。
下柳の粘り、赤星の激走、葛城の2ベース、矢野の変態打ち、そしてヒーローインタビュー。

何かがあるたびに叫び、そして自然に涙が流れる。
これが「巨人と優勝を争って戦っている」ってことなんか? (しかも中日もいるし)
初めての経験やからどうもわからん(笑)
ただ、ハッキリとわかることは今、毎日がエキサイティングで楽しくって仕方ないってこと。



試合の細かいことを言うと8回、桧山さんが貴重な犠牲フライを打ち上げたときに、
ホームでのクロスプレーを見越してしっかり2塁に行った関本。
平常心で状況を把握出来ている関本、これからの戦いはこんなプレーが大事になる。
ナイス判断、関本! 頼りにしてるで!!

しかしあの場面、代打で登場した桧山さんに対して、
「最悪犠牲フライはいけるな」って普通に思ってる自分に笑ってしまった(笑)

桧山さんは1ヶ月前とほんまに同じ人なんか(笑)?
1ヶ月前はたしかあの場面、
「三振でかめへんから、2ゴロゲッツーだけは勘弁やで」って思ってたはず(笑)
「盆過ぎの桧山さん」はかくも恐ろしき…。




それと昨日、ふと思い出したことがある。

今年の開幕直前、虎キチたちの酒の肴になっていた2つの大きな話題。
「1番は赤星or鳥谷?」、それと「ストッパーは球児or久保田?」

1番討論は今日は置いとくとして、問題は「ストッパー討論」。
思えばこの話題を語るとき、ほとんど全員が“主語は球児だった”ような気がする。
球児が7回で流れを断ち切る方がいいのか、
球児を勝ち試合限定にして獲れる試合をキッチリ獲る方がいいのか?
球児の負担を軽減させてあげるにはどっちがいいんだろう…?

「すまんかった、くぼたん…」
タイガース史に名を残す豪腕投手に対し、僕らはなんて失礼なことを…。
前人未到、82試合目のマウンドに上がる久保田を見たとき、ついこんな言葉が口から出た。



選手の皆さま。
今日の試合も、心から楽しみにしております。
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(6) | trackbacks(0) |


2007.09.17 Monday

強い気持ち、弱い気持ち
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
今朝、難波の駅前に警官が100人以上おった。
すごい厳戒態勢、なんかの演説か?
歌舞伎座の五木ひろしの行列より多かった(笑)



ヤワラちゃんが快挙!
田村でも“金”、谷でも“金”、そして『ママでも“金”』
気持ちが強いなあ。
今日からの天王山、パパの谷に気をつけろ(笑)



昨日の試合?
「何もないわ。そらそうよ」

うみがいっぱい出た、弱い気持ちがいっぱい出た。
こっから最後、勝負を別けるのは「気持ち」。
ドラゴンズは怖いよ、ジャイアンツも怖いよ。
でも、相手だってうちが怖いんだよ。
最後の最後、すべてが終わったときに頂点に立っているのは、
一番強く「勝ちたいんや!」と願ったチームだと思う。



こっから先は僕の勝手な想像。


2点ビハインドの8回、一死満塁で打席に入ったのは前日のヒーロー濱ちゃん。
拙攻でチャンスをことごとく潰してきたうちにとって、たぶんこれがこの試合最後のチャンス。

「ここは犠牲フライではあかん…」
「ここでオレが打たれへんかったらチームが負けてしまう…」
「中田はまたコントロールを乱してる…」
「矢野さんは初球を打って出てゲッツーやった…」
「今日のオレは2三振…」
「おんなじチャンスでも、昨日とは状況が違う…」

いろんな要因があったと思う。
この打席、濱ちゃんの頭を支配していたのはこうじゃなかったか?
「フォアボールで後ろにつなげたい…」
弱いよ、濱ちゃん…。
キミはうちのクリーンナップなんやで…。


濱ちゃんの思惑通り、中田は初球、2球目と明らかなボール。
そして3球目、ストライクを欲しがった中田の直球は外角高めに浮く。
フォアボールの意識が強すぎた濱ちゃんは、当然これを振れない。
確かに球に力はあったと思う。
でも強い気持ちがあったなら、その球を狙えたんちゃう?
狙うんは、その球しかなかったんちゃう?

このストライク1個で濱ちゃんの心理が明らかに変わって見えた。
「追い込まれたくない、次ストライクやったら打たな…」
この弱い気持ちを、谷繁―中田のバッテリーが見逃すはずがない。
だって彼らも優勝したいんやから。

次のボール、4球目。
谷繁は外角低めのギリギリにミットをかまえるが、中田のボールはさらに外へと逸れる。
中田もまだ立ち直ってはいない。
しかし既に気持ちで負けていた濱ちゃんは、このボールに反応する。
ハーフスイング。 …結果は「スイング」。


…悲しかった。
…ものすごく悲しかった。

濱ちゃんの弱い気持ちが悲しかった。





いや、ぜ〜んぶ僕の勝手な想像なんですけどね(笑)

濱ちゃんだけじゃない。
昨日は、気持ちの弱いプレーがこれでもかこれでもかって噴出した。
そしてまた追う立場になった。

でも、失敗を取り戻せるのもプロ野球!
大丈夫大丈夫、強い気持ちでもう1回追いかけよう!!

Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(8) | trackbacks(0) |


2007.09.16 Sunday

花束の似合わない英雄
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
こんな日になんですが、ここ数日コメントがほとんどない。
一気に首位に立ち快進撃を続けるタイガースをよそに、アクセスも3割減。
(ランキングは思いのほか上位をキープさせていただいとります)

実は現在、闇で連続更新記録を48日まで伸ばしている。
その弊害としてのクオリティーの低下が原因か(元々高くはないが)?
はたまた試合のことにあんまり触れず、余計なことばっか書いてるからか?
でもたぶん、僕はほんとの理由を知っているんだ。

実は先日、数人の“虎”有識者の方々から口を揃えてこんなことを言われた。
「あの『赤松バナー』は何なんだ?心の奥底からイライラするんやけど。」

………。
Σ( ̄□ ̄lll)!!! はっ! や、やっぱりあれか…
そういや女性からのコメントが特にない! お、おのれ赤松〜(笑)





いやあ、安藤はすごいっ!
あの恐怖のメンツの外野陣で6回0封するんやから並みのピッチャーじゃないよ(笑)
しかし昨日もまた、来年のうちの最大の課題が浮き彫りになっちゃったね。
なんたって大甲子園球場をホームにしてるんやからね、うちは。
桜井、濱ちゃん、林ちゃん、今年のオフはバット振らせへんで(笑) 赤松は振っとけよ。

冗談はさておき(冗談なのか?)昨日の安藤、最高やった!
盛り立てた鳥谷、関本。 バックも最高やった!
聖地・甲子園に、考えられない「神風」も吹いた。

前日の流れから、絶対にやりたくなかった先制点。
調子が上がらんくっても丁寧に丁寧に必死で粘った安藤、その安藤にバックも応える。
渾身のピッチングだった。
こういう姿がチームをまた1つにするんだ。 安藤カッコイー(笑)!



しかし昨日もまた飛び出した『岡田“ネ申”采配』!
あそこで期待に応える野口、決めたのも2番に入れてた濱ちゃん。
もう誰もオカダを止めることは出来ない(笑)

濱ちゃんが決勝アーチを打ち込んだときは、時間が止まったように感じた。
空を見上げると鮮やかな虹。
「あー、優勝するわ」って意味もなく思えた。 球場行きたかったなあ。



そして前日のリベンジの舞台はすべて整った。
7回、プロ野球史上初めてシーズン81回目のマウンドに向かうのは「久保田」。
「もっと投げたい」「毎日投げたい」「休みたくない」…、久保田が繰り返してきた言葉。
そんな久保田に余計な言葉はもういらない。
「今日もしっかり抑えてや!」 久保田が欲しい言葉はこれだけだろう。

言葉には出さない疲れからか今日もピンチを迎えるも、
恐い井端を併殺に獲り、いつものように仕事を終えた久保田に記念の花束が渡される。
(正直昨日は、この場面が一番緊張したw)

久保田に花束…。 すまん久保田、「に、似合わねえ!」と思ってしまった(笑)
お前が欲しいのはその花束じゃないもんな。
もうすぐもっとデッカイ花束が、きっと手に入るよ!
お前がいたからうちはここまでこれたんや、ありがとう久保田!! 優勝しようぜ!!!

 (サンスポより)


そして8回、復帰を待ちわびていた「ジェフ」が続く。
大事な一戦、しかも久保田の記念試合となった試合を、ジェフが祝ってあげないはずがない。
ノリに1本うまく打たれるもののウッズを併殺、前日の仲間の無念を晴らす。
しかし、この男もとんでもない男だ。
防御率0.149? なんだこれ、人間ですか(笑)?


9回、最後は当然「球児」が締める。
疲れもある、ずっと守ってきた0点台の防御率も1.314と跳ね上がった。
でも球児もまた投げ続ける、欲しかったものがもうそこにあるから。



そしてタイガースはタイガースの試合をして、大事な1勝をもぎ取った。
ほんまJFKにおんぶに抱っこのシーズンだ。

でもあと少し、あともう少し! 歓喜のテープは最後、全員で切ろう!!
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(8) | trackbacks(0) |


2007.09.15 Saturday

雑誌デビューとひこにゃんと
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
なんかうちの夫婦、ホットペッパーデビューしてるらしい(笑)
「堺・南大阪エリア版」の背表紙らしい、早く見てみてえ。





すいません。

昨日の野球については書けません。
自分の程度が低すぎる表現力では、昨日感じた気持ちをうまく言葉で表せません。

ただ1つだけ。
腕がちぎれんばかりに投げ込み続けた球児のストレート。
呼吸を止め、両手を合わせ、見守り続けたそのストレート。
そのストレートが球児の指先から放たれた1球ごとに、
僕の中の「優勝したい!」って気持ちも加速度的にどんどん大きくなっていったこと。
これだけは間違いなく言える。

うちも必死、ドラドンズも必死、ジャイアンツも必死…。
ペナントを獲るってことはそういうことなんだ。




夢のチケット。

話は大きく変わってひこにゃん。
GETしました、夢の『ひこにゃんとじゃんけんできる券』(笑)!

昨日ほんまは「もくもくファーム」に行く予定だったんですが、
三重方面はお天気がすぐれなそうとの予報で、やむなく次週に延期。
ポッカリ空いた予定を埋めるべく、
帰省中の華ちゃんを引き連れて、Dr.KEN家は一路梅田へと向かったのです。


そして。。。



『ひこにゃん v.s. kokoroちゃん』 夢のじゃんけん大会!!


いやあ何と素晴らしき夢のコラボ(笑)!
この写真を撮るためだけに、4時間待った甲斐があったわ(あほ)!





ちょちょんがちょん♪ちょちょんがちょん♪
ひこにゃんとじゃんけん♪じゃんけんぽい♪




2回目の登場時、激しくサイドステップを踏みまくった後のダンサブルな「ぱー」



3回目の登場時、疲れからか小刻みな縦の動きしか無くなったひこにゃんの「ぱー」



夕方の3回目にもなると、
「大丈夫…?」とこっちが心配になるくらい動きが変わっていたひこにゃん。

ひこにゃんでもこれだけ疲れるんや。
久保田や球児や疲れてない訳が無い。
誰がキミたちを責めようか、責められる訳が無いじゃないか!!

昨日はすまん、僕らの声援が足らんかったんや。
今日からまた、昨日以上の声援で背中を押すからさ。
きっと勝とうぜ、タイガース!!! 





でも、疲れたぬ〜ん…
Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.09.14 Friday

たまらん…
ブログランキング

ひこにゃん♪ひこにゃん♪じゃんけんぽい♪
Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.09.14 Friday

第二甲子園
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
大阪ミナミ「虎ばん」にて



優勝にむけてのミーティング(笑)
Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.09.13 Thursday

きっかけは黒田とお杉から!
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
チームマイナス8点



みんなさあ、今日辺りクルと思わへん?
岡田監督はきっと動くよ。
『5番ライト桧山さん』ヽ(´ー`)ノ .:*:・'゚☆。.:*:・'゚★。.:*

ク--(・∀・)ル!! キット(・∀・)クル!!




セントラル上位3球団がすべて敗れ、「助かったあ〜&もったいねえ〜」な昨日の夜。
なんかまたストライクゾーンが可変式やったんですか?
7回裏からしか見てないんで、あんま知らないんですけど(笑)

長谷川、青木高にやられて連敗、そんで今日は黒田。
迎え撃つうちの先発は、“エース(ナンバー)お杉”…。

………。
「うわあ、カープの3タテ濃厚や〜ん…。」と頭をかかえているそこのあなた!
大丈夫、思い出して欲しい。
日曜日までの10連勝がどこから始まったか? きっかけは誰だったか?


8月28日
(旧)死のロードを貯金4と勝ち越したタイガースが我が家・甲子園に帰ってきた。
舞台は久し振りの甲子園、対する広島の先発は抑えられるイメージが想像できない小山田。
たぶん、かなり多くのタイガースファンが「今日は勝ったな」と慢心した。
結果は延長12回、痛恨の引き分け。

8月29日
先発は、昨日と同じ上園と青木高。 この日もあと1本が出ず、1点差で惜敗。

8月30日
「能見」「上園」を立て、対「小山田」「青木高」の1、2戦目を連勝。
3戦目は「黒田」やし、まあ落としてもしゃーないから「お杉」でも立てとけという、
2勝1敗のゲームプランが完全に崩れ去ったタイガース。
=やっと帰ってきた甲子園、待ちわびていたファンの前でカープに被3タテ=
最悪のシナリオが濃厚となったこの試合。
チームを、ファンを、全てを救ったのは、“エース(ナンバー)お杉”だった。
この日を境にタイガースの快進撃は始まり、25年振りの10連勝で一気に首位に立った!



能見、上園でカープに勝てず、3戦目黒田を(竹やり)お杉で迎え撃つ危機。
どうです、そっくりじゃないですか? デジャヴってないですか?
タイガースが優勝に向けてリスタートを切るための条件は今日、すべて整った!!!


……って、言わせてくださいよ。 せめて今日の夕方6時までは(泣)…。

その日、お杉は5回8安打2四球1失点でフ〜ラフラ。
結果的に黒田に勝っただけで、実は勝ち自体も二番手ダーに付いてることは言わないで。

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(2) | trackbacks(0) |


2007.09.12 Wednesday

赤松真人、覚醒す
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
――カッチカッチカッチカッチ。
ハルマゲドンデン計画まで、あと15日…。





―――ズバーン!ズッバーン!!

ひらた「おー誰や?ええ音さしとるやないか」
赤松 「あっ、監督。チーッス!」
ひらた「……赤松よ。われ、ブルペンでなにしてけつかんねん」
赤松 「へへ、監督。自分わかったんですよ」
ひらた「……それは聞いたらんとアカンか?」
赤松 「自分に足らんもんは何か?何で上に呼ばれへんのか?」
ひらた「ほう、それは何や?」
赤松 「今、上が一番欲しいもんは何か?」
ひらた「はよ言え」
赤松 「それは先発ピッチャーっす!!!」
ひらた「……そやな」
赤松 「監督が答えを教えてくれへんかったんは、自分で気付けよって親心やったんすね!」
ひらた「……うん、わかってくれたか」
赤松 「監督に感謝っす!自分やるっすから!!」
ひらた「……おう、頑張れ」
赤松 「もう自分迷わないっす!自分突っ走るっすから!!」
ひらた「最後、片付けだけはちゃんとやっときや」

―――ズバーン!ズッバーン!!
―――ズバーン!ズッバーン!!
―――ズバーン!ズッバーン!!

・・・・・・・
ひらた「なあマッチィよ、戦力外通告者リストの提出ってまだやったわな」
まちだ「ええ」
ひらた「ほうか、一人追加しとこか」

―――ズバーン!ズッバーン!!
―――ズバーン!ズッバーン!!
―――ズバーン!ズッバーン!!


優勝に向けた虎の「ラスト☆ピース」。
赤松真人の挑戦は続く…。





10連勝で止まったねえ、派手に(笑)
こんなん言ったらあれかも知らんけど、
いくらアスリートって言っても「気持ちのエアポケット」くらいありますわ、人間だもの。

あの伝説になる「東京ドーム決戦」。
「3連勝の勢いで一気に!」 って、そらしんどいですわ。
あれほどの戦いの後、フィジカルがどうこうもそらあるけどメンタルが戻らんと。

いいよいいよ、1個くらいこんな負け方しても。
そんな人間らしいタイガースやからこそ、今まで応援してきたしこれからも応援するんやし。

でもなるべくはよ戻さんとね。
本当の戦いはまだまだこれからなんやし。
「負けた悔しさ」 これが一番の特効薬になるんやろうね。


関係無いけど65年前、甲子園の外野の入場料は「40銭」やったらしいね。
今なんぼ? ライトで¥1,700?
65年で4250倍! 時代の流れはすんごいね(笑)
Writer : Dr.KEN | 赤松のある野球 | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.09.11 Tuesday

悩ましき問題
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
今日は今岡さんと玉置の誕生日なんですが、年が一回り違うやん!!!
びびったわ(笑) そかそか、今岡さんも知らんうちにそんな歳になったんやね。




昨日はなんか久し振りにノンビリ休日って感じ。
いつもの月曜やったらだいたい毎週、
「あー今日野球ないなあ、夜ひまやなあ」って思ってるんですけど、
昨日はさすがに、まったく思わなかった。
これ、今シーズン初めてちゃうかなあ? すごい満腹感(笑)

さてさて、切替え切替え。
今日からの広島戦は、「能見」「上園」「お杉」の“完投トリオ”が濃厚。
………。
た、たのむ。 誰でもええから完投してくれ(千円あげるから)。

今日からの9連戦+9連戦。
“ヴィクトリーロード”と呼ぶには過酷過ぎませんかな、もし(笑)
中継ぎ投手の使い方がさらに大事になるなあ、まあ展開によるけどさ。



んで野球とは関係ないんやけど、先日非常に悩ましい問題が発生し、今も継続中。

実は僕、kokoroちゃんにどうしても会わせたい人物が2人いる。
1人はもちろん、「トラッキー」
ヒーローインタビューの後ろでチラチラ映るトラッキーに、
kokoroちゃんは最近、キャーキャー雄叫びを上げるようになってきた。
(ほら、その横で恍惚とした表情で萌え萌えと愛娘を見守る僕を想像してみてくださいw)
将来立派な虎キチに育ってもらうためには、興味を持っている今のうちに会わせんとね。

それともう1人は、「この彼」!  (「彼」でいいのか?)
いやありささんのところで初めて見たときからもう彼に首ったけ。
「ガラスの仮面」で言うところの“紫の薔薇の人”状態!
写真を見るたびキュンキュンキュンキュン…、キュン死するっちゅうねん(笑)

会社の人から教えてもらったんですけど、
そんなひこにゃんがなんと、9月14日(金)15日(土)に大阪にやってくる!!
(ちゅーか会社の人、キミはなぜこれを知っていたんや?)

マジでこっちから会いに行こうと思ってたんですよ!
それがわざわざ大阪に来てくださるなんて!
ありがたいこってす、ありがたいこってす。 夢のようです。

と思ってたら、、、
そういや14日は「もくもくファーム」とやらに行くとか言うてたな、奥様の両親も一緒に。
15日は、オレ仕事やないか…。

どうしよう…。 (……14日雨降れ、雨!)
Writer : Dr.KEN | いろいろ | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.09.10 Monday

ありがとう!
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
ブログランキング界「虎系」席巻中!

今、テレビ大阪の「今週のSEXY PLAY」を見た。
3位発表からドキドキ。
先日の横浜戦でのシーツのあれ(裏キャッチ)が選ばれへんかったら抗議してやる(笑)
BEST3に、横浜戦での金本⇒野口のバックホームが選ばれた。
ヤバイ! さすがに阪神から2個は無いか!?
BEST2は、ゴルフ。 バンカーからのチップイン(誰かは忘れた)。
そして、BEST1! ドキドキ…。

やったー! シーツ、キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!
真鍋かをりくん、キミわかっとるやないか。 さすがは(元)ブログの女王や(笑)
(たぶん編集の人が決めてはるんやろけどw)
わっはっは、あれを選ばんかったら何を選ぶんやってこっちゃ!

次は「うるぐす」。 そんで「Jスポ」「スポルト」「ABC」「虎バン」や!
(イタリアGPが見られへんw)




たぶん、僕が書いたからだ…。

今岡さんの昇格があるとしたら、残念ながらその第一候補は濱ちゃん。
藤原は、今岡さんとの入れ替えはアカンけど、坂、赤松辺りやったらええよって書いた。
………。
すまんかった。m(_ _ ")m (濱ちゃん、藤原。ちょっと怒ったんw?)

今回は逆の意味やったけど、今までもけっこう、
いらんことを書くと胡散臭い予言者みたいに当たった記憶がある。
よっしゃわかった、オレが悪者になろう。
それでチームが勝ってくれるなら、オレは喜んで人柱になろう!
次はどうする? 金本辺りが○○○…。 ( ̄◆ ̄;)!!あれ?背筋にもの凄い悪寒が…。



しかし、なんとなんと10連勝!
聞くとこによると25年振りやって!?


ヨメ、

生まれてないやん(笑)


(オレもまだ阪神ファンなってないってw)



ただ間違いなく1つ言えることは、
今の岡田監督は、“完全なるネ申”やってこと(笑)

なんやこのキ○ガイみたいにズバズバ当たる采配は(笑)
狩野のスリーベースんときはマジで、ガクガク(((( ;゚Д゚)))ブルブルしたんですけど(笑)

しかし選手全員すごいね(僕は完全に昨日一昨日の戦いで燃え尽きてました…)!
ほんとうに頭が下がる。
ここまできたら優勝しようよ、マジで。



感動的なことは、いっぱい色んなとこで書かれるやろから、ここでは苦言でいい?
個人的な感動は、試合で見せてもらってもう充分もらったし。

ここでも背筋に悪寒が走るが言ってしまおう。
今日、簡単に勝たれへんかった流れをつくったのは下柳や。
岡田監督がJFKを出さずに試合を終わらせようとした必死の采配も無に還した。
その責任は、今後の戦いに重く圧し掛かるよ。

下柳が4個、ダーウィン、渡辺、江草、ハシケン、久保田、球児がそれぞれ1個。
計10個の四球を巨人に与えた。
この時期、結果として勝てば官軍ではあるけども、こんなんでよう勝ったもんや。

一昨日7本のホームランにも屈せず、昨日接戦を凌いだ。
この最大の要因、巨人と戦うときに最も大切なこと。
誰でもわかってるシンプルなこと。 「余計なランナーを与えないこと」だ。
これを守れたからこそ、紙一重ながら前日までの連勝があった。

今シーズン中盤、低迷する虎をベテランのあなたが1人で支えてくれたことはわかってる。
柄でもない開幕投手を押し付けてしまったこともわかってる。
でも今一度、このチームを引っ張っていってくれてはもらえないか?

投げる前から、「4時間ゲームになるやろなあ」と思われるテンポはどうなん?
僕は「野村野球」が大好きやから、時間をかけることの大事さはわかるよ。
でもそれはそういう場面での話、常に長いのとはまったく意味が違うよ。
たぶん連日の熱戦疲れで、応援してるスタンドもダレとったで(わからんけど)。

もう一度、あなたを信じていいですか。



桜井の代打は、個人的にはよかったと思う。
掛布さんは「今後のですね〜」とかごちょごちょ言ってたけど(笑)

何でオレを替えるんやって思ったやろ?
また反骨心がメラメラ沸き上がってきたやろ?
それを信じてる。
もういっちょ大きくなれよ!!!





何か文句ばっかりですんません。
でも、これが正直な気持ちなんです、優勝したいと思ったから。

この3連戦、最高やった。
これが見たくて僕は阪神ファンになったんかなと思った。

自分自身、
昨日でちょっと燃え尽きてしまったかなと思ってたけど、今日改めて優勝したいと思った。

たった1日の休日やけど、明日はしっかり休んでください。
ありがとう! まだ続きはあるけど。

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(8) | trackbacks(0) |


2007.09.09 Sunday

歌の無い男たち
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
ブログランキング界に異変が!!!
toraoさん、1号、あさちゃん、おちちゃん、3号、オデ、コーチさん、2号。
紹介文が長くなる25位以内に、ペナントレース同様「虎系」が大躍進!
しかもレツゴーが3匹並んでここにがん首を揃えるという歴史的快挙が達成されてる!!

みんなありがとう! ノッてる!!ノッてるぜ、レツゴー!!!
しかしこのレツゴー。
ペナントレースも最終局面を迎えているであろう9月27日、
全国の虎キチを奈落の底に叩き落すべく、水面下で暗躍していることはまだ誰も知らない…。
知られてはいけない…。





あまりの感動から、奪取に成功した昨日の巨人戦は2部構成にて。
「オレ、野球が好きで阪神が好きでほんまによかった…」
と、心から思えた感動の2日間。 
でも、早いよオレ。 まだまだ今日、続きがありまんねんで(笑) 


取り急ぎ昨日、試合終了後の興奮にまかせて、
書き殴り状態で一番伝えたかったことは「渡辺」のこと。

誰や、この子を「なっくるぼぅらー」にしようとしてたコーチは(笑)!?
誰や、その話題にワクテカしまくってたヤツは(汗)!?


昨日僕はこんなことを書いた。
 正直な気持ちこの場面、「二岡に打たれてもええよ」って思った。
 仮にそれで負けようとも、ここで得れる彼の経験は、
 今後の阪神にとってとてつもなく大きなものだと思えたから。


ちょっとだけ補足しておくと、この発言の本当の意味は、
この場面で投げられることで渡辺にもう一歩成長して欲しいっていうよりは、
「この試合、お前にあずけた。お前で打たれたら仕方ない」ってこと。
経験って言葉を使ったのは、ただ単に渡辺にはまだ場数が足りないからってだけの意味。
つまり、久保田にジェフに球児に対する想いとほぼ同質、それだけの信頼感があったってこと。
あの場面、渡辺がコールされることはわかってたし、
コールされたときは心から「よっしゃ!」って思った。 ほんまでっかい男になったよ。



打で試合を決めたのは葛城、高橋光もまた代打で結果を残した。
今日はその立場が入れ替わるだろう。

今年のタイガースの戦いの象徴となったチーム力の底上げ。
若手の台頭、リストラ寸前だったはずの男の意地…。
ペナントレース終盤、この時期になってもこの流れは続いている。
連日お立ち台に登るのは、“応援歌の無い男たち”。
ここまできたらこれはもうフロッグや一過性のものじゃない、実力なんや!

〜かっ飛ばせ〜葛城!かっ飛ばせ〜葛城!かっ飛ばせ〜葛城!葛城!葛城!〜
割れんばかりの声援を背に、歌の無い男たちが今日も試合を決める一打を放つ。



ホームランを打った葛城に、マウンドを渡辺に託した江草に、
狩野が駆け寄り、何か話を聞いている。
いつもの光景ではあるけど、このシーンも印象的だった。
大丈夫。 この狩野の気持ちがあれば、タイガースはまだまだ強くなれるよ。



しかし昨日の7回以降、
1球1球にこれだけ気持ちを入れて応援できたのは、今年初めてのような気がする。
江草が、渡辺が、久保田が、球児が、、、、、
1球投げ込むたびに手に汗を握り、1球投げ終わるたびに大きな声を掛ける。
(奥様、並びに近隣の住民様には大変ご迷惑をお掛けしましたw)

最終打者となった二岡が打ち上げた打球を大事に大事に両手で捕球した赤星が、
その場にへたり込む。
そうやな赤星、それがみんなが欲しかった“首位の重み”やねんな。





※ 最後に感動に水を差す(笑)

しかし今岡が上がってこれるようになったら、これどうすんの?
今の一軍登録は、以下の28選手。
 ・投手…能見、安藤、杉山、ボギー、上園、下柳
       久保田、ジェフ、球児、渡辺、江草、ハシケン、ダーウィン
 ・捕手…矢野、野口、狩野
 ・内野手…鳥谷、関本、シーツ、藤本、藤原、高橋光
 ・外野手…金本、赤星、桜井、濱中、葛城、桧山

誰と替えまんの(笑)?
可能性があるとしたら、投手を1枠減らしてダーウィン? あかんあかん。
捕手を2人制にして狩野? 代走も代打も出来まっせ。
野手で言ったら藤原? これはアリやけど、入れ替え相手が今岡だったらナシちゃう?
高橋光?葛城? むりむり、今はありえん(笑)

ぶっちゃけ一番アリなんが、濱ちゃんっていう苦渋の決断か…。
でもどっちにしても控え野手のチームバランスが悪いことには変わりない。
はてさてどないするんやら(と、いらんことも考えてみる)。
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(6) | trackbacks(0) |


2007.09.08 Saturday

奪取!
ブログランキング


見たか、

ジャイアンツよ!



これが、渡辺だ!

これが、久保田だ!

これが、球児だ!



これが、タイガースだ!




※ 詳しくはまた明日
   とりあえず今は、感動と興奮と感謝とヒリヒリが収まらん!


※ 追記

某裏ブログにも阪神のこと書いてたんでコピペ(笑)



『選手がほんまに頑張った結果を奇跡とは言うまい!』


感動と興奮と感謝とヒリヒリする焦燥感が冷めやらんっ!
タイガースにとって大事な大事な数字、“9・7”の死闘を制し迎えた今日、
鳥谷の初球、プレイボールホームランに始まり、
「遅れ過ぎてやってきた男・安藤優也」が会心の投球!

その投球に呼応するかのように、
序盤から急造一塁手葛城が、気持ちの入った好プレーを連発。
しかし巨人も小笠原が矢野が好プレーで返す。
勝手に崩れていく、相手のミスにつけ込んで連勝を伸ばしてきた阪神にとって、
久し振りに本当の意味でのヒリつく試合となった。

昨日は昨日で最高に痺れる試合やったけど、
僕が本当に見たかったのは、こういう試合。 これが野球の醍醐味や!

そこまでパーフェクトに抑えていた安藤が6回、スンヨプの同点弾を浴びた。
すかさず阪神は、去年までリストラ対象者だった葛城が打ち返す。
ヒリヒリする! これが巨人との首位攻防や!

ジェフ不在の緊急事態、7回マウンドに上がったのは江草。
よっしゃ、いけるいける!
うちはJFKだけで勝ってきたチームやないんや!
渡辺が、江草が、ハシケンが、ダーウィンが、桟原が、ヤスが、、、、
お前らがいたから勝ってきたんや!
うちの磐石のセットアッパー陣の力を見せてやる!

このイニングを江草⇒渡辺で凌ぎ切る。
阪神ファン以外のかた、渡辺のキレまくる緩急を見てもらいましたか?
今年の阪神を影で支えてきたのは、この男なんですわ!!

今シーズン、一段一段しっかりと「一流」への階段を駆け上がってきた渡辺。
その渡辺が紛れも無い「一流のみが立てる舞台」へと立った。

正直な気持ちこの場面、「二岡に打たれてもええよ」って思った。
仮にそれで負けようとも、ここで得れる彼の経験は、
今後の阪神にとってとてつもなく大きなものだと思えたから。

しかし当の本人は、打たれてもいいなんて気持ちはさらさら無い(当たり前かw)。
渾身の力をふるって、二岡を打ち取った。
2球目のチェンジアップ、3球目のキレ上がったストレート、この緩急最高やった!

そしてその後も久保田、球児が凌ぎ切った。
阿部、スンヨプと続く厳しいところを、よう凌いでくれた久保田!
球児は11球、オールストレート! 最高に痺れた!!


奪取に沸く東京ドーム、ヒーローインタビューに淡々と応える安藤。

これを言っちゃダメなのかも知らん。
きっちりとトップでゴールテープを切らんとアカンのかも知らん。
でも僕は、今日でもう充分やと思ってしまった。
この2試合、それだけのものを見せてもらった。

これからの戦いは、夢の続きにしてしまうかも知れない。
それくらい凄いものを見た、見せてくれた。

やっぱ野球って最高や!!!
今日仮にもし、結果的に負けていたとしてもたぶんこう言えたと思う。


※ 今たぶん沸騰した頭のノリで言っているだけで、
   明日になったら「イケイケ〜、優勝や〜!」言うてるかも知れんけどね(笑)
   選手のみんなはここで満足せんといてね(笑)
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.09.08 Saturday

プーさんのお風呂ラジオ
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
昨日9月7日は、長渕剛様の誕生日でもあった!




阪神ファンとなって20数年…。
潜在意識の奥の奥のほうに眠らせ過ぎて、自分でも忘れかけていたものが、
昨日の試合で引っ張り出され、とうとう日の目を見た。
シーズン終盤のヒリつく状況で、巨人と優勝を争って対峙する緊張感。
「やっぱりこれが見たかったんや」って、昨日の試合で痛感した。
今日も明日もこれがあじわえる幸せ。

“強い巨人に勝ちたい!”
そう思い続けてラジオの前で何度も涙した、少年時代を思い出した。





ジャイアンツに対するとき、人はみな口を揃えてこう語る。
もちろん僕もそう思う。

ソロは構わん。 せやけどランナーためたらアカンよ、と。

高橋由にソロ被弾。 「OKOK!」
李にソロ被弾。 「しゃーないしゃーない」
ホリンズにソロ被弾。 「こいつほんま、ウチんときだけ打ちよるな…」
李にソロ被弾。 「…まあまあ、ソロソロ」
高橋由に2ラン被弾。 「ランナーためたらアカンで〜」
李にソロ被弾。 「…ド、ドンマイ」
ニ岡にソロ被弾。 「……。」

……(´ー`)y−~~おいこら。 7本はアカンやろ、7本は(笑)…





いやあ、お恥ずかしい!
わたくし、5回表の一連の動きが、「試合を別けるポイント」やと思って観てましたよ。
いやもちろん、ポイントはポイントではあったんですが、
要は、「よっしゃ!これで勝った!!!」って叫んでたって意味でね(笑)


解説・川籐が「これでまだわからんくなった。流れが変わる流れが変わる」言い出した、
4回裏の矢野の絶妙の“スクイズ外し”!
追い込まれてから「半分ファールでもええやろ」くらいで出した原のダメ元采配を、
よう読み切って外した! さすがは“虎の頭脳”!!
(しかし、スクイズのサインでバットを引いたパウエル。これでは原監督もやっとれんで…)

そしてすぐ裏の5回表。
ナガレガカワル運命に導かれたパウエルは、先頭関本に痛恨の四球を与える。
ここはカワルナガレを切らんようにサクサク行きたいなと思ったところで、
続くボギーが、パーファクトバントをキッチリ1球で決める。 よっしゃ、キテるキテるでえ!

(確か)ここでジャイアンツベンチからの投手コーチ情報が入る。
「今日のパウエルは良くない。何とか5回もって欲しいなあ」
……。
あ、そうなん?
こちとら7時までラジオやったから、あんまパウエルの調子とかわかってなかったんよ。
チャ、チャ〜ンス! さらにチャ〜ンス(笑)!

その後鳥谷赤星シーツと、早いカウントからの3連打がさく裂したわけだが、
ジャイアンツベンチの継投はあからさまに遅かったね。
さらにここで、5回にして早くも西村投入という采配で「負けへんでオーラ」を出しに来たが、
タイガースには通じず。

だってさ、ウチって西村苦手ちゃうもん(僕の個人的イメージ)。
なんぼ今年、中継ぎエースとして西村が頑張ってるって言っても、ウチには関係無い。
ウチの打線の売りは、
「苦手なピッチャーはとことん打たれへんけど、それ以外はテキトーに打てる!」
ってことなんや(笑)!
(巨人で言うと、木佐貫、久保、西村なんかが「打てる」にあたる)

で、その(僕にとっては)怖くない西村から華麗に逆転。
「勝った勝った!」叫ぶ僕をよそに、ここから試合はさらなる迷走を始める…。





その後、「あ゛〜!」「ぎゃ〜!」言うてるうちに地上波中継はつつがなく終了。
日テレの○ほうとブツブツ言いながら、ラジオ観戦に切り替えると、
画が無くなった瞬間聞こえてきた声は、「あれ、ウィリアムズがおかしいですよ」。

……………。
や 〜 め 〜 て 〜 く 〜 れ 〜 え 〜 え 〜 っ ! ! !
゜゜(´□`。)°゜。アウアウ…

ただでさえ、本塁に突入した赤星の件が心配やのに、追い討ちをかけんといてくれ。
今のタイガース、間違い無く赤星とジェフが投打のキーやのに。
いや、そんなことより体の方が心配ではあるんやけど(特に赤星の場合)。
野球の神様、なにとぞ2人をお守りください…。





そして、このファンタジックな大激戦もエピローグを迎える。
ジャイアンツの精神的支柱・上原を、ある意味こっちも支柱の桧山さんが一振りで沈めた。

ジャイアンツが放った大量7本の本塁打を、すべて無に還した桧山さんの渾身の一振り。
僕はそれをkokoroちゃんと一緒に、「プーさんのお風呂ラジオ」で聞き届けた。

「ひやま〜!ひやま〜!」と泣き叫ぶ僕。
「まま〜!まま〜!」と泣き叫ぶ風呂嫌い&パパ嫌いのkokoroちゃん。
「何事や!」と心配してのぞきにきた奥様。

そのとき、興奮の坩堝と化したDr.KEN家のお風呂場は、かつてないカオスとなった。
桧山さん、ありがとう(笑)!!!





桧山さんはネ申だ! 岡田監督もネ申だ!
これが僕の本心かどうかはさて置き、こんな夜くらいはこう言うとこう(笑)

最後に一言。
お風呂から興奮気味に上がってきた僕は、
「ああ、今日って9月7日やったんやな」と、やっとそのとき思い出した。

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.09.07 Friday

サヨナラ男(オレ)、復活!
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
3回のシーツ!
ああいうのをほんまのファインプレーって言うんや!!
魂が震える、
ウルトラスーパーギガントビッグバンプレーやったで!!! 最高っ!





『しゅわっち!』
何を隠そう、僕は「サヨナラ男」だ!
僕以上の「サヨナラ男」はたぶんこの世にいまい。

この辺の詳しい話は、
明日起きてkokoroちゃんに朝ごはんを食べさせて、
銀行に用事で出かけて、
スーパーに行って大好物の「筋子」を買ってもらって(要交渉)、
夕方6時には家に帰って野球を見て、
阪神が快勝したあと、ゆっくりしたら書くことにしよう。

いや。
快勝したら逆にいろいろ忙しすぎて書けんかも(笑)

っていうか、明日は東京ドームで巨人戦。
まともな地上波放送はあるんか…?

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(2) | trackbacks(0) |


2007.09.06 Thursday

…き、きちゃった。
ブログランキング

おーすーぎー、おーすーぎー!
Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(2) | trackbacks(0) |


2007.09.06 Thursday

茶店で泣く男
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
1982年9月6日

松真人様、京都でご生誕 (坂もね)



新聞で見かけた高橋光のあまりの「ええ話」に、
思わずおっちゃん、真っ昼間の茶店で涙ぐんでしもたがな(笑)

中学、高校の体育教師の免許を持ち、中日からのドラフト指名は教育実習先で受けた。プロの道を選んだが、1年に1度だけ教師の顔に戻る。名古屋市内の児童養護施設「名古屋養育院」。家庭の事情でそこに暮らす子供たちと、中日入団時から交流を深めてきた。
まずは1人1人と話をして回った。自らシャリを握り、スシを振る舞ったこともある。今年1月17日、別れのあいさつに訪れた。もう子供たちのあこがれる中日の選手じゃない。これで最後のつもりだったが…。
「それでも応援するって言われてね。もう10年も行っているから、小さかった子も大きくなって。みんな応援してくれている。また来年も行きたい」

〜サンスポより一部抜粋〜

「それでも応援するって言われてね。」………

やばい。 ミツノブやばすぎるよ。
林ちゃんといい赤星といいミツノブといい、
うちには頑張って応援したくなる選手がほんまいっぱいいるね。
ええチームになったなあ。





かと言えばこんな選手も。

高校、大学と名門校で何不自由なく過ごし、阪神からのドラフト指名は自由獲得枠で受けた。“エースナンバー18”を背負ったが、活躍するのは1年に1度、盆過ぎのみ。いまだ西宮市内の阪神タイガース独身寮「虎風荘」で生活を送る。「松坂世代」という特殊な事情で、阪神入団時から同い年の球児に目の敵にされてきた。
まずは1人1人に話をふれて回った。安藤さん、「球児が『けんほうかかつえきほうえん』って何やねん、そんなん知らんわ!」とか言ってましたよ。福原さん、「球児が釣りのことばっか考えてるから勝たれへんねん、アホか!」とか言ってましたよ。今岡さん、「球児が胴が長過ぎ……。
今年5月19日、珍しく春先に完封勝利を挙げた。もう「盆過ぎの杉山」じゃない。やっと杉山が一人立ちしてくれたと期待したが…。
「『信じとったで、杉山〜!』ってファンに言われてね。いうても今年、チーム初完投初完封でしょ。これで来期の年俸も現状維持確定でしょ。なんかねえ僕、人生ツイてるって言うの?愛されてるって言うの?まあ来年もこんな感じで(ヘラヘラ)」

〜KENスポより一部抜粋〜

うんうん、チームは人生を映す鏡のようなものやからね。
あんな人もおればこんな人もおる。
和田豊がいれば、ダリル・メイもおる。

いろいろあるから、人生も野球も面白いんやね。
ほらお杉、盆は過ぎとるぞ。 ちょっと天気があれやけど、今日もしっかり投げや。
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(4) | trackbacks(0) |


2007.09.05 Wednesday

帰ってきた157km男
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
リアル・棚からぼた餅




正直つまらん試合やった。
こんな野球が見たいんじゃない。

しかしこの件に関しては、これ以上触れんとこう。
プロ野球界にはこんな金言がある。

ノーモア『WAR』、ノーモア『加藤哲郎』

横浜ももちろん、ここまでシーズン4位につけているプロ野球チーム。
昨日の野球に猛省し、今日はまた違うチームとして阪神の前に立ち塞がってくるだろう。
油断をしたら足元をすくわれる。
だからこそこの平和的精神にのっとり、あまり横浜のことを悪くは言わんとこう。
ただただ「昨日はごちそうさま」と、お礼だけに留めておこう。





しかし昨日は、ハシケンが1球で降板した状況を、
相変わらず野球にまったく興味が奥様に説明するのが大変やった(笑)

そのときの例え話をまじえた実際のやり取りをこのあと書いてたんですが、
恐ろしく長くなったんと、収拾がつかなくなったんで、断腸の思いで削除しました(泣)

簡単にだけ言っておくと、
昔話風な内容で出演者をジャニーズにしての説明で、やっとわかってもらえました。
ネ申である「山ピー(山下智久)」の配役だけはかなり気を遣いましたが(笑)





しかし、「誰もルール知らんかった」ってどないやの(笑)?
(解説の福本さん中田さん含む、僕も含むw)
たった1球投げただけのストレートが、157kmを計測したハシケンが可哀相や(笑)


まあ何はともあれ、今季初の貯金10、テッペンまで1.5差。
今日も1つ1つ。




※ ハシケンの157km映像がコピペ出来ん! あとでやろっと。

※ そういや昨日、ユアピーが球団発行のメディアガイドによりますとって言ってましたな。
   渡辺よりちっこい投手調べてたときに(一番ちっこいのはヤスやったw)。
   そうそう、これこれ。
  
Tigers-net.comでは、ちょこちょこプレゼントしたりしてますんで参加してみてね。
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(2) | trackbacks(0) |


2007.09.04 Tuesday

いまさらジロー
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
こんな綺麗な夜空に〜(夜空に〜)♪
J(S)W復活らしいです。



ほうほう、なるほど。。。
人生長いことやっておりますと、
全然関連性の無い、SPAM的なトラックバックから良い情報を得る場合もございます(笑)
ほう、ジュンスカが復活ですか。 それはそれは、





懐 か し す ! (^ω^;)(;^ω^)(^ω^;)(;^ω^)
  ですな。

ちょっとだけ楽しみにしておこう。





ほとんどの方は知っておられるはずなんですが、
今日は「今年のプレーオフ」におついておさらいと個人的見解を。

今年創設された「クライマックスシリーズ」は、
昨年までパシフィックで採用されていたプレーオフとは異なります。
その1番大きな変更点は、
リーグ優勝と、その後のクライマックスシリーズを分けて考えていること。

つまり、“あくまで長く過酷なペナントを勝ち抜くことがリーグ優勝である!”ってこと。

これ、非常に大事!
これがなかったら、僕はこのシステムにまったく賛同しません。


金本始め選手の皆さんは、口を揃えて「1位通過1位通過」って言ってます。
それもわからんでもない。
ファンの手前、「目標はリーグ優勝です!」とは言われへんもんね(笑)
あくまでスタンスとしては、設定された一番高いところを目標にしないといけない。
よく「シーズンを制しても日本一で負けたら何にもならない」っても言うね。

でも僕はそうじゃない。
僕が選手のみんなに一番勝ち取って欲しいのは、いつでも「リーグ優勝」なんです。
144試合頑張り抜いて手に入れる栄冠、これ以上重いものは無いんです。

もちろん、その後のプレーオフも一生懸命応援はしますよ。
楽しみでもありますし。
でもそれは、頑張ってその舞台に立てた選手に対する感謝の応援であって、
そこで何があろうと「リーグ優勝」は色あせない。

ペナントで敗れるもプレーオフで勝ち上がる。
もちろんこれもこれで嬉しいですよ。
でもそれは敗者復活っていうのではなく、これもあくまで別のものとして。
僕が悔しがり、称えるべきは、あくまでリーグを制したチーム。


すいませんねえ、今更みんなが知ってることをほじくり返して(笑)
余りにいろんなところで「1位通過」って単語を耳にしたり目にしたりするもんで、
「リーグ優勝」の価値が薄れたらイヤやなあと思って、一応ちゃんと言っておきたくて。

プレーオフ制度(Wikipedia)





さあ、今日からは横浜戦。
中日、巨人は、ナゴドで潰しあい。
残り27試合、“優勝”目指してあと少し!!
Writer : Dr.KEN | 野球 非阪神 | comments(11) | trackbacks(0) |


2007.09.03 Monday

かつらぎみつのぶ
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
こんにちは、マーベル・ウィンです。




新しい携帯の使い方が全然わからず、
「カメラ用」として、いまだに古い携帯も持ち歩いています。
豚に真珠、猫に小判。
アナログや ああアナログや アナログや  〜芭蕉〜





ひさびさ締まったええ試合やったんちゃう(走塁除く)?
夏休み最後の甲子園、観戦に訪れたちびっ子のみんなはええもん見れたね!

金本、矢野、球児と、流れを呼び込むような守備がいくつもあったし、
赤星、関本らの粘る意識は、川島のスタミナを確実に侵食した。
今期初先発の安藤もなんとか5回粘ったし、
さらには甲子園の女神が微笑んでくれたとしか思えない、
「暴投したのにナイスクッションで本塁憤死」なんてビッグプレーも飛び出した!
(確か今年、前にも1回こんなんあったなあ。いつか忘れたけど)

こんな試合は勝たなあかん!

5回から明らかにカウントをつくれなくなってきた川島に対し、
関本がこれでもかぁと粘り倒して最後、三遊間を割る。
これは完全に効いた! この関本の打席で川島の燃料は底を尽いた。

5回は盆過ぎ桧山が惜しくも仕留め損なったものの、
6回2死から葛城のタイムリーで1点を返す、この1点がでかかった。

1点差となった7回からは、待ちに待った中継ぎ合戦に引きずり込む。
はい〜、ここうちの土俵〜(笑)
こうなったらうちはヤクルトフラフラ中継ぎ陣から3イニングで1点獲ればいい。
相手は相手で、「追いつかれたら終わりや…」と無形のプレッシャーで腕が振れない。

あとはご覧の通り、ずるずる…。
最後のおいしいところは桜井がパクついた。
金本が敬遠されたとき、絶対こいつは、
「うは、ラッキー!ヒーローも〜らい!」って思ってたはずや(笑)
う〜ん、頼りになるヤツや(笑)





しかし「サヨナラや!快勝や!」と歓んではみたものの、
厳しく見ると今日も、走塁面では「もうちょっと!」ってのが何回かあった。
凡走って言うよりは、今日の場合は「慎重にいった」って感じではあったが、
これが1回でも次の塁を獲れとったら、もっと楽に勝てとった。

常に次の塁を狙う意識をもう少し強く持って欲しいのと、
一番大事なのは、
その意識に対して「はるき」が精密且つ的確な指示を出してやること。

これからの戦いは、こんな1個1個の小さいことがもっと大事になるんやろね。





林ちゃん離脱で6番がポッカリと空いた緊急事態を、
「左の葛城」「右の高橋光」で、完璧なまでに埋めてますな。
特にこの2人の持つ「苦労人キャラ」が、
うまいことチームに一体感を与え、士気を高めてくれてる気がしてます。

しかし、もし今年このまま優勝なんかしてしまったら、
「エース不在中継ぎ頼み型」っていう、プロ野球の新しいモデルケースになるなあ。
だってさあ、「規定投球回数到達投手“0”優勝」なんて過去にあるん?

そして新しいプロ野球の形を創った名将として、
「おかだあきのぶ」は、プロ野球の歴史に名を残すわけやね(笑)

あ〜そんでもう1つ。
ここまできたら、「チーム得失点差マイナス優勝」もやってまう(笑)?

117試合消化現在で、431得点(リーグ最低)435失点の、マイナス4。
578得点でプラス113の首位巨人と、なんでうちは2.5ゲーム差の位置にいるんやろ?
野球ってつくづく不思議やね(笑)

残り27試合。
そろそろヒリヒリしてきたで!!
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(5) | trackbacks(0) |


2007.09.02 Sunday

携帯テスト
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
前田智徳おめでとう!!! 





ダーウィンダーウィン〜♪
(なんかこのダー、井川っぽいw)

Writer : Dr.KEN | 現場より(モブログ) | comments(0) | trackbacks(0) |


2007.09.01 Saturday

ミツ!マエダ!、、、でも僕は…
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
ま〜え〜だ!ま〜え〜だ!ま〜え〜だ!ま〜え〜だ!!! 



  ウロチョロウロチョロ

            ウロチョロウロチョロ  


広島カープの公式HPの画像をおもくそパクッてしまった(笑)
だってカックイかったんやもん(泣)!!!
(問題がありそうならすぐ消そう)

度重なる怪我に泣かされ続けてきた“孤高の天才打撃職人・前田智徳”
そんな前田が昨日、節目となる2000本安打にあと1本と迫った。

正直に言おう、ぼかあ野球選手で前田が一番好きなんや。
(もったいぶらんでも、すでにこのブログで何回か言ってるけど…)

僕が前田に胸を打ち抜かれたときのエピソードが、
Wikipediaに書いてあったんでここにコピペされていただく。
ヒーローとなるはずの漢は、涙を流しこう言った。 「北別府さんに申し訳なかった…」
この日から僕は、前田に夢中になった。
 
〜あの日、自分は負けたんです〜
1992年9月13日の対読売ジャイアンツ24回戦(東京ドーム)、1-0と広島リードで迎えた5回裏二死無走者、前田は川相昌弘の中前への当たりを飛び込んで捕球しようとしたものの後逸してしまい、川相はそのまま本塁を駆け抜けて同点にされてしまった(記録は前田に失策がつかず、川相のランニング本塁打となった)。前田は悔しさの余り、涙をこぼした。先発北別府学は勝利投手の権利を失ったまま6回で降板。前田は8回表一死一塁、決勝打となる勝ち越し2ランを放った。この際前田は打った瞬間に渾身のガッツポーズを見せ、そして涙を流しながらダイヤモンドを一周した。この一打で勝ち越した広島はそのまま3-1で逃げ切った。決勝打を放った前田はヒーローインタビューに呼ばれたものの、前田はこれを拒否。試合終了と共にロッカーで身支度を済ませるとバスに向かって歩き出し、呼び止める報道陣にも小声で「すいません」と繰り返すばかりだったという。この試合を中継していたラジオ・テレビ各局は、前田のインタビュー拒否の理由について「自分のミスで同点にされ、その後にいくら決勝本塁打を放ったからといって、その男がヒーローになるのはおかしい」などと発表した(広報を通じての本人弁)。前田本人は後日、決勝本塁打について「最悪でも、あれぐらいはやらなきゃ取り返しがつかないと思った」と振り返り、また本塁打後の涙について「自分に悔しくて涙が出た。ミスを取り返さなければいけなかった次の打席(6回表二死二塁)で中飛。それに腹が立って泣いたんです。最後に本塁打を打ったところでミスは消えない。あの日、自分は負けたんです」と語っている。

前田智徳(Wikipedia)より抜粋

もともと俊足好守の外野手だった前田は、
怪我がなかっ「たら」いったいどれほどの選手になっていたんやろう?
……いや、「たら」はいらんか。
怪我も何もかも含めて、それが前田智徳っていう生き方なんやろな。





昨日はちゃんと野球を見てたはずなんやけど、
ちょっと諸事情があって鬼のようにイラついてたんで、内容がまったく頭に入っていない(汗)

うはあ、金本放り込みよった!
……でも、イライラして見てなかった。
さらにイライライラ…。
うはあ、ミツノブもっ!
……でも、イライラして見てなかった。
さらにイライライラ………。

さらに、僕をそこまでイラつかせてくれた男の名前が、あ○ま○さん…。
なんだこりゃ、これは偶然なのか?
それともこれが僕の運命なのか、はたまた何かの神のお告げなのか?

ここをご覧の皆さんにも僕のこのイラだちを、
少しでもおすそ分けさせてもらおうと思い、今日もバナーをあちこちに貼ってみた(笑)
どう? イライラするでしょ(笑)?

しかし実はこの「赤松ニセバナー」。
今日は1つだけ本物バナーがあって、そこをクリックすると「赤松ネット」に飛んでいきます。
お暇な方はぜひお試しを。 特にメッセージの更新はございませんが(笑)


  ウロチョロウロチョロ


なんで今日は試合のことは全然書けまへんねん。

苦労人ミツノブのヒーローインタビューには泣けたことと、
(キミはさあもう仲間やねんから、恩返しとか考えてくれんでいいよ。頑張って!)
勝利監督インタビューで将がミツノブを「ミツ」と、
めっさフレンドリーに呼んでたことに激しい違和感を持ったことのみ(笑)

一応これだけをお伝えしておきます。。。



※ セントラル、あとの2試合もとんでもなくおもろかったみたいでんな。
   マーくん、楽天球団初の2ケタ勝利おめでとう!
   ノムさんが来期の続投を臭わせ出したし、来年の楽天も楽しみや!!!
Writer : Dr.KEN | 野球 非阪神 | comments(2) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!