Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< August 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2006.08.27 Sunday

重い涙
ブログランキング
CM明けの8回、甲子園には「EVERY LITTLE THING EVERY PRECIOUS THING」
          球児だ‥‥

マウンドに上がった球児は笑っていた。
甲子園に、いや阪神に「球児の笑顔」が帰ってきた。
その笑顔を見て反対に僕は涙が止まらなくなった。
ずーっと、ずーっと心配してた。   球児お帰り!


球児は以前と変わらぬ直球を投げていた。
そして当たり前の事の様に、試合は動き出した。

シーツのヒットで一死二三塁で金本。 球児の余韻からまだ覚めてない僕は、こういう試合はやっぱり金本が決めるんやなぁと、うわの空で見ていた(普通は敬遠ってわかるやろw)。 敬遠後、濱中がつないで勝ち越し。 まぁ、こんな試合のここで打たんかったら、3年は口聞いたらんけどね(オマエハダレヤw)

球児は2イニングを投げ、5つの三振を重ねた。 今日の2イニングは、これからも戦い続ける阪神に、必要な2イニングだったと思う。

試合終了後のヒーローインタビューで、球児は泣いていた。
投げられない悔しさ、負け続けるチーム、僕達ファンを含めた外部の雑音。
本当に悔しかったんだと思う。
声を出す事すら出来なかった球児が最後に言った。

「ファンの為にやっている。わかって欲しい。」

人生でこれ程胸に突き刺さった言葉はいつ以来だろう。
ここから阪神が快進撃を起こすとかいう都合の良い事は考えてはいない。
どんな結果になっても、最後まで阪神を、球児を信じようと思った。

一番凄くて、一番頑張っている球児の涙。
この涙の意味はチームにも重い。
この涙を安くするチームなら、僕はファンを辞める。
Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(7) | trackbacks(0) |


2006.08.27 Sunday

酒を飲む
ブログランキング
朝、電車の中で2才位のちっさい女の子が「オッケーベイベー」ってずっーと言ってた。
ハンバーガーバイリンガルだよ! テニス帰国子女だよ! 女早見優だよ! 鳥レッツイングリッシュ!!! 
今日は試合については書かない事とします  豚


僕は毎晩お酒を飲む。 
阪神が勝っても負けても飲む。
大体は「ビール一杯」→「芋焼酎∞」となる。
先発→JFKみたいなもんだ。頑固一徹「岡田采配」みたいだ。
春でも夏でも安芸秋でも冬でも変わらない。

焼酎は、仕事の帰りに駅前のでっかいスーパーで買って帰るのだが、このスーパーがあなどれない。 広大な「お酒売場」を有しており、常時30〜40銘柄の芋焼酎を販売している。 さらにその銘柄も頻繁に入れ替えされており、酒屋顔負けの「焼酎パラダイス」となっている。 

ここで焼酎を選ぶ「最大のポイント」
「2000円以上は自分で払ってね」   奥様に与えられているハウスルールだ悲しい
この時点で2000円以上は選択肢から外す。
「晴耕雨讀」「吉兆宝山」なんかは買う事が出来ない‥‥
もっぱら「黒霧島」「黒伊佐錦」辺りで無難にまとめる事が多かったが、「邑」というかなりのお気に入りを見つけてからは「ピッチャー鹿取状態」でこればっかり。 値段も1980円でギリギリセーフというナイスガイだグッド

そんなある日出会ってしまったのが↓↓↓これ。
            
もうね、買わなしゃーないでしょ、実際問題。 「芋虎」だって見る 
名前付けた奴出て来ーい(笑)! 

値段も1720円と家計にも優しい。 さすがにおいしくなかったらちょっと考えようと思ってたが、味もなかなかイケちゃってるOK 昨日で3本目を継続購買だ。

かくして、今日も僕は「虎」を飲む。
    んっ? 飲んでいいのか? なんか違うような???
Writer : Dr.KEN | 家に転がっているモノ | comments(4) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!