Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< フクシがかわいそう。 | main | 禁断の果実 >>

2007.10.06 Saturday

未来予想図
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
再来週くらいに癒しのチャリティーコンサートなるものを見に行くことになりまんた。
元X-JAPAN、あのTOSHIがその後こんな感じになるとは思いもよりませんでしたが、
まあV逸の悲しみから、大自然の中で癒されてきます(笑)

しかし昨今再結成の動きが囁かれているX-JAPAN。
再結成となったあかつきには、TOSHIの方向性はどうなるんやろか(笑)?
(それぞれの未来予想図)



ドラフト以降、「山本斉」での検索数がけっこうなことになっている。
ヤクルトファンの人も来てくれているだろうか?
たいしたことは書いてないですけど、
これをキッカケに山本くんに興味を持って応援してくれたら嬉しいです。

さて、出会いがあれば別れもある。

彼らがタテジマのユニフォームに袖を通した瞬間から、
僕の目には彼らの甲子園で躍動する輝かしい未来しか映っていなかった。
そんなまばゆいばかりの輝きを放っていたはずの彼らが、
また1人、また1人とタイガースを去ってゆく…。

三東洋投手(28)、田村領平投手(23)、水落暢明投手(22)、大橋雅法捕手(21)。
今年もまずは4名の選手に戦力外通告が発表された。

田村、水落、大橋なんかは、まだ20代前半、大学生の年やん…。
長い人生、次のステップに踏み出すのは早い方がええんかも知らんけど、
ドラフト下位指名の高卒原石に関しては、後ろが詰まっているぶん見切りも早いんかなあ。
特に地元大阪出身の苦労人・水落には、なんとか一軍のマウンドに立って欲しかった。

三東は明日29歳の誕生日か…。
実は母校酒田南が悲願の甲子園初勝利を挙げた相手が益田東でした。
三東が甲子園にやってきた4年後のこと。
そんな因果もあって、三東のことは自然と注目してたなあ。


なにはともあれ次のチャレンジ、応援しています!

Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(0) | trackbacks(0) |












http://drken.tblog.jp/trackback/161146




 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!