Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< マクドに入れない男 | main | 休日野球観戦 >>

2008.07.17 Thursday

客観的に見れない男
ブログランキング


昨日は青木に救われた。

甲子園は新井離脱(ベンチにはおる)による重苦しいムード。
その雰囲気を受けてか上園の立ち上がりも重苦しい。

初回ヤクルト、先頭福地ヒット、宮本バントで一死2塁。
このピンチでバッターボックスに青木を向かえる。
ここで青木は何を思ったのか意表をつくセーフティーを敢行。
うちの1塁が久しぶりの光信だったこともあってのアイディアなんだろう。

しかし関本の大きな備えもあり、結果は未遂に終わった。
この青木のプレーが上園を乗せ、試合の流れを変えたように思った。


まあ青木をアウトに取れたのは1つの結果でしかないが、
もしこのセーフティーが成功していたとしても問題はなかったと考える。

青木が天才打者であることはもはや言わずもがな。
プロ野球においてトップクラスの「ピンチで迎えたくないバッター」である。

この場面、青木にされて一番イヤなことは「普通に打たれること」。
「チャンス拡大を狙われること」ではないとワシは考える。
抑え方がわからんくらいの天才バッターが、
自ら進んで「自分では絶対に点にならない打席」をつくってくれた。

仮にこれが決まっていたとしても上園には動揺を生まなかったはず。
逆に難関青木が終わって点になっていないことで気持ちの切り替えもできたはず。


そして野球シロウトのワシは偉そうに考えた。
「この男、自分を客観的に見れてないな。自分の価値をわかってないな…」




それとABCは球児に救われた(笑)

8回表二死満塁、カウント2−1。
この試合もっとも大事な場面であろうことかサンテレビへのリレー中継時間。
何というタイミング、何という神の悪戯(笑)
この1球しか放送枠に入らへん!
この1球で決まらんかったらこの大事なシーンがCM中という悪夢。
打席には昨年、球児にタイミングが合いまくっていた畠山。

ここでフォークのサインを出した矢野。
外角のうまいとこに放ってくれた球児。
ボール球を空振ってくれた畠山。
ABCはこのすべてに最上級の感謝をすべし(笑)





金本に関してはねえ、
毎度毎度のことやけど、言葉にならない…。
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(1) | - |


こんにちわ、車バカです
車の知識ならあるけどPCの知識はからっきしw
ブログ初めてまだ間もないんですが、
凄く文章とかこだわってますよね、伝わってきます^^;
また遊びに来ます、これからも楽しい記事よろしくです♪
車バカ | 2008/07/18 5:45 PM













 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!