Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 勝ち付くやないかぁ↑@髭男爵 | main | 隣で散弾銃売っとー >>

2008.09.20 Saturday

寝れないくらい悔しい幸せ
ブログランキング


せっかく決めたのに・・・。>「東京ドームで3つ勝つ」



「この日を迎え、ここで巨人に勝つために」

迎えたこの世紀の3連戦。 
このためだけにワシは阪神ファンを続けてきたんじゃないかとすら思える。
「誰がどうこうとか」「采配がどうこと」とか、極力そんなことは言わんとこう、と。
「嬉しい!」「悔しい!」
この2つの感情だけでこの3日間はすべてを感じて語れる気がしている。

安藤が伏兵坂本に二死から2本のタイムリーを浴び、痛過ぎる3点を謙譲したわけだが、
ここに「何故9番まで考えて慎重にいかない?」は無かった。
大砲、強打者が居並ぶ巨人打線に対し、8番打者を歩かせるわけにはいかんのだよ。
結果打たれはしたが、弱い気持ちに付け込まれいいように弄ばれてきた巨人戦の歴史に、
安藤が、矢野が憤然と立ち向かっていってくれた気がして嬉しかった。
逃げるわけにはいかない、受けて立ってるのは俺たちなんだ、と。
ここにも、極上の「嬉しい!」と「悔しい!」があった。


小笠原の打球がスタンドに着弾した瞬間、試合終了の瞬間。
目の前にあったメガホンやペットボトルをおもくそそこいらにぶん投げた。
誰がどうこうじゃなかった。とにかく悔しかった。

でもこれで終了、昨日の負けの悔しさはこの瞬間で終わり。
今日また新しい「嬉しい!」「悔しい!」が待っている。

幸せだなあ、なんて幸せなんだ。ワシ、こんな幸せでいいのか(笑)





そこいらにモノを投げ散らかすワシ、冷めた目でそれを眺める奥様・・・。
家庭に亀裂が入る瞬間、漆黒のコントラスト(笑)
 ↓↓↓↓↓


Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(2) | - |


この悔しさ。
ほんの10年ほど前まで、延々と我々を蝕んでいた悔しさとは異質。
自分では気付かなかったのですが、試合中かなりボヤいてたらしい(嫁談)

確かに、阿部が7番打つような打線で8番9番の天秤はし辛いよね。
しかし、あの坂本とか言う伊丹の坊やは阪神戦でやたら打ってませんか?
阪神キラー∋阪神ファン説からすると、もしかして奴は阪神ファンか?

この3連戦が終わっても、まだまだ山場は来そうな気がします。
最後の最後まで痺れられる幸せを噛み締めたいですね。
西田辺 | 2008/09/20 3:54 PM
>西田辺様
むっちゃ悔しいですな。
この悔しさの先には「あれ」があると信じときましょう。
え?「あれ」はやらしいもんちゃうよ(笑)

>阿部が7番打つような打線
巨人戦は「逃げないことによって各打者に打席を多く回さない」。
これに尽きると思っとります。
逃げて逃げて逃げ切れず、いったいこれをいくつ見てきたことか。

>伊丹の坊や
巨人の環境で高卒野手が育ってるtって事実が悔しい(笑)
うちの子たちは、、、、、野原は、、、高濱は(号泣)?
KEN | 2008/09/21 2:29 PM













 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!