Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 睡眠不足継続中 | main | 赤松クラスッ! >>

2008.11.09 Sunday

超高校級プレスリリース
ブログランキング


2008年11月9日11:45現在、「ラッションペン」での検索結果。

『ぐーぐる先生』 ⇒⇒⇒ 堂々検索上位3位!
『やふー兄さん』 ⇒⇒⇒ 堂々検索上位2位、3位独占!!

「赤松真人応援ブログ」「しいたけブログ」「ルーキーズブログ」に続き、
この度弊ブログは、『ラッションペンブログ』として新しい歩みを始めることとなった点を、
この場を持ちまして皆さまにお伝えさせて頂きます。




『第2回選択希望選手、阪神、平尾 博司、内野手、大宮東高校』


今ではもう聞くことのかなわない懐かしいパンチョ節。
高校通算68発を肩書きを引っさげた平尾のプロ野球人生がスタートした。
いつしか博司は博嗣になり、あれから15年の年月が流れた。
活躍の場を地元ライオンズに移し、そして平尾は今、人生最高の舞台に立った。


しかしトレードの対象となった平尾と谷中の2人が、
長い年月を経て、同じチームで日本シリーズに出場している。
人生とは本当に、かくも数奇なるものか。

鳴り物入りの超高校級スラッガーの入団というのは、
当時萩原くらいしか体験したことがなかったワシは平尾の入団は本当に嬉しかった。
「しかも走攻守三拍子ですと!」と小躍りしたオボロゲな記憶がある。

しかしあれから15年か、「おい、やったなぁ平尾!!」。
キャラは全然違うが、平尾には高波や秀太と同じような印象を持っている。
故障の多さからなかなかレギュラーにはなれなかったが、
高卒入団から若くして一軍切符をもぎ取り、その後もなんとなく(おい)ずっと一軍にいる。
大ベテランの空気をかもし出していると思ったら、まだ年は32歳だったりする(笑)
(正直、平尾のドラフトは昭和だったようなイメージがあるww)
タイガースで言うたら、まだまだ若手若手で頑張っていかなアカン年やわな。


そんなこんなで日本シリーズは、いよいよ運命の第7戦に突入するのであった。





もし不測の事態が起こった場合、
明日は野球に関して一言も触れない可能性があることをここに示唆しておきます(笑)
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | 野球 非阪神 | comments(6) | - |


あのー『ラッションペン合コン』の受付窓口はこちらでしょうか?w


パンチョ伊藤、懐かしす。
その昔、伝説の「阪神 益山性旭(せいきょく)」指名の時、「『性』の字はセックスの性」と説明したエピソードを思い出しますた。
いわほー♪ | 2008/11/09 1:03 PM
あっ今、平尾の勝ち越しタイムリーが!

カミさんの従兄の子は野球小僧(N君)だった。
浜松商三年生の夏(春だったか?)甲子園出場。ショートで三番を打っていた。
三回戦(二回戦だったか?)で当たったのが大宮東高。同じポジションに超高校級スラッガー平尾がいた。
浜松商勝ちました。N君確かマルチヒットでした。

西口とも因縁がある。
立正大へ進学したN君とライオンズに入団した西口はすれ違いだったが、西口は獅子奮迅の力投で母校を初めて東都リーグ一部へ引き揚げた。
N君は三年生、四年生ではほぼレギュラーとして神宮で活躍しました。

残念ながらプロから声が掛かるほどのスケールなかったが・・・。
今、N君平尾の活躍をどんな想いで観ているだろうか。




とらぽるた | 2008/11/09 9:55 PM
>いわほー♪様
ようこそ、めくるめくラッションの世界へ!
今宵は赤から水色、そしてドドメ色まで、様々なタイプを取り揃えております(笑)

>「『性』の字はセックスの性」
個性的な名前ばっかりで一発変換もままならないこの時代、
パンチョさんがご存命されておられれば、
「性」を越える伝説がたくさん打ち立てられたでしょうな、残念でなりません。

しかしあんなにほわほわした野球に中立的な立場の人はいませんでしたな。
KEN | 2008/11/10 3:36 PM
>とらぽるた様
チャラ尾、最高の舞台で最高の結果、お見事としか言い様がない。

>野球小僧(N君)
おお、甲子園優勝経験もある古豪浜松商でレギュラーとな!
カミさん(失礼)はすごい野球遺伝子をお持ちですな!

http://www.geocities.jp/hamafan/hamasho_kos/haru/h5.html
これですな(もしや、甲子園出場校の4番では!!ガクブル)

>今、N君平尾の活躍をどんな想いで観ているだろうか。
どうなんですかねえ?
同年代の活躍を懐かしんで我が事のように喜んでるか、
または「本当だったらオレも今頃は・・・」とハングリー剥き出しで。
KEN | 2008/11/10 3:45 PM
いや〜こんな資料がすぐに出てくるとは!
それにしても私の記憶もいい加減なもので・・・。
浜松商逆転サヨナラ負けじゃない!N君打ってないじゃん!
当たる前は平尾というすごい打者のいる強いチームという恐怖心があった。
始めてみると案外そうでもなくて押しまくって4−0でリード。ここでもう勝った気持ちになって後半の嫌な展開は記憶の外に葬り去ってしまった。
あれ?こんな特技があるんなら今年のペナントレースだってねえ。(笑)
四番を打ってた?少し思い出した。チーム最強打者、そうそう山本君をどう生かすかで、この大会から彼を三番に入れたんだ。
N君は四番というタイプではなく、大学では二番セカンドだった。

実は昨日、片道ニ時間のドライブでN君の実家へ行ってきました。
彼のおじいちゃんが太っ腹な人で毎年姪っ子(うちのカミさん)にお米を分けてくれるのだ。結婚してかれこれ三十年・・・。
 4俵×30=120俵!!
あっありがと〜ございます! あれ、これって不当所得?

玄関を上がった部屋にはあの大会の全出場校の名を記したペナント、開会式の入場行進の写真、大きな額縁に入ったN君の背番号6の左打席の雄姿が今も飾られている。

苦節十五年か。平尾やったね、おめでとう!
これからもチャラチャラ行こうぜ。
とらぽるた | 2008/11/10 11:48 PM
>とらぽるた様
「浜松商」「甲子園」でぐぐったら2秒で出てきましたよ(笑)

>私の記憶
でもそんなもんですよね。
ワシの運命の日「阪神ファンになった日の記憶」ですら、
調べてみたら全然違ってたりしましたから(笑)

>こんな特技
ワシもこの特技持ってますよ。
っていうか、暗黒を経験した阪神ファンなら誰もが持っているとかいないとか(笑)

>大きな額縁に入ったN君の背番号6の左打席の雄姿
いいですねえ、その部屋ワシも行ってみたいです。
子供が甲子園、これ以上の最高の親孝行はないですな。

そういや昨日うちのも今年の新米「はえぬき」が10キロ届きましたわ(笑)
KEN | 2008/11/11 3:32 PM













 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!