Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< June 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.06.29 Monday

寺子屋太郎兵衛
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑

・・・・・パキ。パキパキパキ。

甲子園球場の雰囲気には似つかわしくない、
あまり耳慣れない異音は9回の裏の始まりと同時に聞こえてきた。
ふいとグラウンドに目をやると、ちょうど平野がちょこちょこと粘り倒していた。












生まれた!

生まれたよ!!




レフトスタンドの片隅で起こった小さな奇跡。
みんなが待ち望んだ、「寺子屋太郎兵衛」誕生の瞬間だった。








ありがとうセッキー。ありがとうセッキー。



「ワシの暗黒を止めるには、スワローズでは役不足だ!」
とばかりに周囲の反対を押し切り急遽参戦となった昨夜のベイスターズ戦。

まずは昨日のミラクルチケットをお譲り頂いた華ちゃんにスペシャルサンクス。
提供元はどうやら、以前自タオフの席で「おニャン子バトル」勃発の導火線となった、
金本組所属の会員番号19番のかたらしい。本当にありがとうございました。

まあ7回の赤星にはギラギラとした殺意を抱いておったがのww
まああのまま試合が終了しておったらワシへの激しいパッシングをかわすために、
タイガース史に残る大罪人として彼女を吊るしあげて恥ずかしめる予定だったがのwww


試合中、携帯が壊れるほどに受信が止まらなかった罵詈雑言メールが、
おもしろいもので試合終了と同時にたくさんのお祝いメールに変わりました。
(その大半のものに失礼な表現を含んでおりましたがw)

現金な皆さん、本当にありがとうございます。
その手のひら返し、ワシは全然気にしていませんよ。本当に。ええ、本当にwww

全然気にしてませんが、中にはこんな機をみる「ダボハゼ」もいました。

ワシが仮の姿、醜い漆黒のサナギ「暗黒太郎兵衛」だった頃に
数回に渡り観戦お誘いメールを送信するも、完全無視。
ワシも自身の置かれている状況、皆さまへおかけしている迷惑を痛感していたため、
寂しい想いを感じながらも、その行動は理解しておりました。

しかしそのダボハゼ、ワシが本来の姿である「寺子屋太郎兵衛」へ生まれ変わった瞬間、
状況が状況でまったく立候補者がなくまだ若干1名が空枠となっていたままの
7月3日のチケットに「矢野復帰の噂あるらしいで」とパックリ喰い付いてきやがった。

人間って怖いですね。皆さんもこういう人間には気を付けてくださいねwww




長くなったんで、試合展開についてはまあいいでしょ。
(言いたいことは山ほどあるけどのw)
ワシの針の穴を通すような数奇なる運命については、
上のダボハゼのリンク先をご参照ください。

赤星にかるく殺意を抱いたり、球児を送り出した某監督にピキピキしたりはしましたが、

※どうやらあれ、展開不問で試合前からの予定通りの継投だったみたいですな。
しかし普通で考えたらあそこで球児というのは最悪の悪手。
野球はメンタルも重要なスポーツ。あの監督は球場の空気ってもんを軽んじすぎだわ。
球児が出てきてあの種類のざわつきが起こった甲子園は初めて見たわ。
「2点ビハインド(現場の空気的には5点くらい)」「7番から始まる下位打線」
これってまさに先日のデイリーでどん様が球児に突っ込んで、
「はは、そうですね。あんま気合い入んないですね」って言うてた場面まんまやないか。

狩野の思い切りのよい初球ヒッティングに救われた。続いた葛城も初球、
前夜バットが出なかった反省を即生かしてくれたの。立派立派。
最高のシーンを演出してくれた関本にはホンマ、
「新井につないでも意味ねーからー!!」と、あらん限りの声援を送ったwww



しかし三国一の暗黒と呼ばれたワシでも、まったく歯が立たんかったベイスターズ。
「最強暗黒野球団恐るべし」、その想いを再度痛感した夜となった。

ベイスターズに2つ勝って、三浦に1つ負けた。けっきょくはそういうことかのwww





こんな位置に内川がいることがその真実を雄弁に語るスラッガー新井はん・・・。




試合序盤、六甲山方面からとんでもない色をした漆黒の暗黒雲が発生www





しかしこんな世知辛い世の中でも、捨てる神あれば拾う神あり。

ワシがまだ暗黒だった27日、あろうことかワシを観戦に誘ってくれた方がおりました。
「本当によいのですか?」と、ありのままの真実(暗黒)を告げてもその方は、
「全然いいですよ、そろそろ大勝しますよ」と何とも前向き、かつ温かい言葉をくれました。

「この方にだけは迷惑をかけたらアカン!」と感じたワシは、
昨夜、ワシの暗黒がベイの暗黒を飲み込むような事態になってしまったら、
今回のお誘いの件はあくまで「Mr.X」として、お墓まで持っていこうと決めておりました。
また1つ勝ったくらいでもこれは伏せておくべきだなとも感じておりました。
しかし昨晩遅い帰宅後、コメント欄に目を通してみたならば・・・。

たけさん。 もしかしてあなた、「ど天然」ですねwwwww

ちなみに前出のダボハゼに、この心温まるエピソードを名前を伏せて伝えたところ、
「その人、頭おかしいんちゃうか」って言われましたwww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(10) | - |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!