Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< February 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2007.02.07 Wednesday

ノムさん、2台目の「F-1セブン」を獲得。
ブログランキング
「永遠のスーパーサブ 高波 文一」が楽天入団へ。
高波は、名付け親のノムさんのもとへと帰ることとなった。

2003年のセ・リーグ制覇前後からのタイガースファンの方は、この選手を知っておられるだろうか?  内外野の守備位置の違いはあれど、幻の8号車「秀太」にその居場所を追われたスーパーサブ、そう「元F-1セブン7号車」その人である。

高卒ルーキーながら、持ち前の「走力」「守備力」「強肩」を買われ、入団わずか2年目の10代で一軍切符を掴み取った高波。 今のタイガースではちょっと考えられないくらいの大抜擢がこの時代はあった。 想像してみてください。 今年、「大和」がスタメンショートで出場するくらいのサプライズですよ! しかし、将来を嘱望された高波には致命的な欠点があった。 打てなかった……(号泣)。

結果、後に入団する元F-1セブンの面々に抜き去られることとなった。 「秀太の走力」と「本西の守備力(トレードにより獲得)」が、彼を追い込んだ決定的な致命傷になったと、おぼろげに記憶している。 そして2003年、シーズン途中に金銭トレードで西武に移籍。 一軍で頑張っている高波の名前を、新聞紙上で見かけることも多く嬉しく思っていた。 そんな高波でしたが2006年オフ、西武から解雇通告。 やはり理由は、、、打てなかった……(号泣)。 

ちなみに、居場所を奪った秀太は、出身校の名門「熊本工」の1年後輩にあたる。 ちなみにそのまた1コ後輩には、にっくき「アライバコンビ」(別に憎んではないかw)の爬虫類顔の方がいて、2コ上には先日FAが不発に終わった「塩崎(オリ)」がいる。 「前田(広)」は4コ上だ。 熊工恐るべし…。
全員守備ちょーうまいし。 こりゃ練習方法に何か秘密があるな(笑)。

それと、さっき知ったんですが高波の奥様って元MOMOKOクラブ!? 「から騒ぎ」の第二期生!?
やるなー高波! この後家殺しっ(←意味無し)! ってか「hitomi」も元MOMOKOクラブ!?


しかし2001年ノムさんが、話題作りという「ノリ」で指名した機動力だけの「F-1セブン」。 あれから6シーズンが過ぎた今でも、松田以外の6選手(秀太も入れると7選手)が現役でいることを一番驚いているのは、名付け親ノムさん当人ではないだろうか(笑)?

        
         ※ 今では金本以外立つことの出来ない聖域「レフト」に立つ高波


『元阪神「F1セブン」高波が楽天に入団!ノムさんに恩返し誓う』 (サンスポ)
最後に、このサンスポの記事なんですが(↑↑↑)、高波は31歳ですけど…。 高卒入団で、10代からサブの立場だったイメージが、ベテランっぽく見せてしまうのは仕方ないんですけど。 タイガースでも秀太がもろこれやし。 訂正される前に記事を貼っ付けといてやる(笑)! 以下、コピペ。

『楽天の入団テストを受けていた前西武の高波文一外野手(35)=1メートル74、71キロ、右投げ右打ち、写真=の入団が6日、正式決定した。年俸1000万円、背番号は「62」。』
Writer : Dr.KEN | 選手について | comments(8) | trackbacks(0) |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!