Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< April 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.04.24 Friday

8回、ほぼイキかけました。
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
「長谷川勇也」での検索数が久しぶりにえらいことになっておる。
チラ見してみたら現在、グーグル先生で4位、ヤフーで3位。

こんな祭りはたぶん、ちょうど1年くらい前の「このとき」以来だなwww



ハナミズキとkokoroワガママスギ (撮影:ワシ)




「本当に心配してましたが、大事にならなくてホッとしています」
「みんな待ってます。だから、早くメンチに帰ってきて欲しいんです、本当に」

新井貴浩談



あーーーーーーーーーーーー、シンド(笑)
テレビの前でもこないシンドかったんやから、現地組はそらーもーww

6回の赤星の初球スチールは油断してたんでマジびっくりした。
(はい、あんた。基本、スチールってのはそういうタイミングでやるもんですからw)
コトが起こった瞬間は、単に関本がやらかしたんかと思ったわww

残念ながらこのチャンスは無得点に終わってしまったけど、
チャンスを潰したっていうよりかは、ドラゴンズにしてやられたって感じで、
非常に見ごたえのあったイニングだった。
(しかし鳥谷のときの和田もそーやけど、この3連戦井端の守備位置が憎たらしいw)


で、ここをポシャった結果「あれ、被3タテ?」って悪夢にうなされてたんですが、
8回に舞い上がった完全美の放物線でほぼイキかけた、とwww
いや正直、「あー、これ見れただけで今日は負けてもよー寝れるわー」
とかマジで思ってしまったっちゅーのwww

でもまあ「桧山さんが同点弾打った試合は落とせんわな?」
ってことでこっちサイドはプチ聖戦モードに入ったらしい雰囲気を感じてたら、
立浪が先頭打者で球児からヒットで意地の出塁とか。

これにて双方が聖戦に突入というややこしい状態になってしまいもつれるもつれるw



結果、今日の聖戦(後付け)のスーパーヒーローは、
ひーやんさんととりーで間違いなく、ワシも絶叫しまくってたんですが、
(ブランコにも助演男優賞を授与したいがww)
私的にもっとも萌えたシーンは残念なことに9回のドラの金の取れる守備。

先頭打者金本のシングルをダブルにしてしまった英智と藤井の守備職人コンビ。
これをミスか?って言ったらミスなんやけどかなり興奮した。
とんでもないレベルの高さだわ、これ。

打者が金本だったこともあって英智はかなり深いとこから追ってたんじゃね?
それを紙一重ダイブ(本人は取れる気だったろ)で逸らすもその背後には既に藤井。
当然英智もそれを確認していたからこそのトライだったろうし。

これには思わず「・・・おぉ。」と声が出てしまった。
(ブランコスルーのときのODAのカバーの遅さと対比しつつw)

あ、もちろんカネモ兄さんもナイスラン&ナイスラやったよ(誰に言い訳w?)。



最後に現地組の方には「あそこにおらん貴様に何がわかるか?」
と罵詈雑言を浴びそうなことを書いて終わっておこうww

最後、どさくさで菊地へスイッチした落合采配。
試合はほぼ決定したとは言え、打者は金本。徳を積むには絶好の場面。
落合監督が多用するイヤガラセ継投(笑)の極みではあるんですが、
長いシーズンを考えたときには、こーいうのが肥やしになったりするんやろなー、と。

ええ、わかってますよ。とっとと帰りたかったんですよねwww





とりーに喧嘩売り気味だったヒーインのアナ。
あれはドラサイド主催の放送だったからなんですかな?
清水の次郎ちゃんが相手チームのヒーインを担当してるときみたいな。

どっちにしてもこの2日間、一番頑張ったのはサンテレビだww
(kokoroが完全に「おっ!サンテレビ40歳」のCMを覚えてしまったw)
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(8) | - |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!