Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< July 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2008.07.09 Wednesday

悲しみよこんにちは
ブログランキング


ブヒヒヒ〜ン! ヒヒ〜ン!
甲子園のダッグアウト裏では、悲しみのワルツが鳴り響いた…。



昨日は4回、二死無走者、打者ヒロシのところで仕事が終了。
ヒロシの打席だけ見たらチャッチャと帰ろうと思って、
会社の野球モニターを見に行くも、ヒロシは粘ってフォアボールを選ぶ。

2回、2点ビハインドのピンチで8番岩舘がゲッツーを打ってくれるジャイアンツ。
もちろん次の攻撃はピッチャーエイドリアン(バーンサイド)からの悪循環。
二死無走者から8番が粘ってピッチャーまでまわすタイガース。

もちろんこれは作戦ではなく結果の部分が大きいんで、
これが「野球の質」の差に直結するかってわけではないんやけど、
今のチームの勢いの差があからさまに見えるなあと思った。
まあ、明らかに選手個々の意識レベルの高さが違う点だけは間違いないだろうけど。


んで、「まあこの回見てから帰ろうか」と思ったのが運の尽き。
岩田がきれいなセンター返しで1番へつなぐ。

「おいおい、次の回赤星からでええやないか(笑)」
って笑いつつもあの日、「マリーンズ戦での安藤の1本のヒット」が軽く脳裏をよぎる。
(今年のタイガースはほんま何するかわからへんw)

で、もう予想通りと言うか赤星もしぶとく内野安打でつないで、はい大チャンス(笑)
こうなると関本は打つ。絶対打つ。パチーンと右に打つ。
「これは予感でも希望でもなく必然や」とかアホなことを口走っていると、関本パチーン。
ほれ見たことか、必然や(笑)!
まあワシの予定では2点タイムリーやったけどね(笑)

あとはジャイアンツベンチもエイドリアンもパニック症候群。
(コーチがマウンドに行ったらその打者は投げ切らなアカンのか、勉強なるなあ)
そらこんなエロい攻撃をされちゃあそうなる気持ちもわからんこともない。
(最近のうちの打線はマジでエロ過ぎるw)



んで、ワシにとっての昨日のクライマックスシーン。
7回、負傷の林ちゃんに替わって5番に入っていたイクロに代打、光信!

オッケーーー!!! ここで光信が代打ってことはつまり、
平野復帰確定フラグが、キタ━*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*━ !!!!!

よー帰ってきた平野、待ってたホイ。
しかしこんだけ強いうえにキミまで帰ってきたらうち、どないなるんや(笑)

最後は球児が珍しくフラフラするも事無きを得てつつがなくゲームは終了。
(そらあんな大逆転、しょっちゅうしょっちゅうあるかいw)


しかし昨日のヒーインアナウンサー、ネタ振りが下手過ぎる。

「野口さん、今までいろいろとありがとうございました!」
岩田からこれくらいの毒を引き出すくらいのプロ根性見せてみんかいっ(笑)!




ブヒヒヒ〜ン! ヒヒ〜ン!
静まり返った祭りの後もその悲しみの調べが止む事はなかったとか…。





林ちゃんはだいじょぶかいのぅ…  (´・∀・`)
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(4) | - |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!