Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< November 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2007.11.24 Saturday

おらが町の小林賢司〜前編〜
ブログランキング
 ↑↑↑↑↑
「新井虎入り!」の第一報と同時進行で行われていた先日のサンスポMVPの表彰式。
紙面には載せ切れなかった金本の全発言集が野下記者のブログにアップされてますな。


いつ訪れるともないその瞬間をボクはいったいいつから待っていたんだろう。

オリックスバファローズ
第1巡選択選手
小林賢司
投手、青山学院大学

……思い返せばたぶんあの夏。
東海大山形が清原桑田を擁したPL学園に完膚なきまで叩きのめされた夏。
山形県の野球は全国には通用しないんだと教え込まれた。
でも心のどこかではその現実を認めたくなかった。 いつかはきっと…。
もともとボクが阪神に惹かれ始めたのもその弱さ故だったのかも知れない。
たぶん弱かった阪神に東海大山形の姿をかぶせていた。

そして時は流れた。
山形県は野球留学の強化という道を選んだ。
その象徴となったのが、ボクの母校酒田南だった。
姉妹校であった上宮から西原監督を招聘。
その西原監督の人脈もあってか関西から多くの特待生を招く。

そして酒田南は西原監督就任からわずか2年目、ほぼ1,2年生のチームで、
東海大山形と日大山形がほぼ独占していた山形県からの甲子園切符を奪い取った。

甲子園のグラウンドにたった選手たちの多くは地元の子ではなかった。
普通の野球部だったときに入部した3年生のほとんどは最後の夏をスタンドで声を枯らした。
決して誉められたことではないのかも知れない。
でも、2強独占でマンネリ化していた山形野球に対して酒田南がこじ開けた風穴。
ここから何かが変わっていくかも知れない。
初体験の舞台でまったく音程の揃わない、
寄せ集めのブラスバンドのリズムに心地よく耳を傾け、
灼熱のアルプスで声を枯らしながらボクは一人根拠の無い予感がしていた。



後編に続く

Writer : Dr.KEN | 酒田南野球部応援ブログ | comments(12) | - |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!