Dr.KENの「こだわりのトラ」

トラを愛し続けて、はや20数年。
俺にトラを語らせろと故郷山形から大阪へ!
こだわりのタイガースネタにお付き合い下さい!
                      題字:ワシ
<< August 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2009.08.23 Sunday

アベケンもワシのん
ブログランキング
 ↑ ↑ ↑
現在タイガースにおいて一大ムーヴメントと巻き起こしている「押し出し死球」。
昨夜の京セラドームでも球児が「オレもオレも♪」と四死球絡みで満塁をセッティング。
幸い事件は未遂には終わったが、いったいこの連鎖はどこまで続くことやら?

そしてあまり知られてませんが、21日に行われたウエスタン、鳴尾浜でのオリ戦。
桟原もちゃーんと記録してますからね、「押し出し死球」www
バースディ登板を時間差で京セラ能見との「親子押し出し死球」で飾ったまさしちゃん!
さすがワシのまさしちゃん!!ちょっとお洒落すぎんちゃうか、おいwwwww




3点ビハインドの9回、一死から帝京4番・佐藤くん。
右中間を深々と破る打球で一気にサードを狙いタッチアウト。

ルンバ。まさにこれ最悪のルンバである。
プロ野球でこんなことをやろうもんなら、それこそもう当然のように袋叩きだ。
ノムさんならルンバルンバと歌い踊り、どん様ならあひゃひゃと笑い、
MYMなら「ツキがなかった」と漏らし、落合なら無言で二軍行きの片道切符を渡すだろう。

しかしこれがこと高校野球、ことギラギラと太陽照り付ける甲子園が舞台になると、
不思議なもので「このルンバにも何か意味があるのでは?」と思えてしまうのよな。
(野球的に絶対にやったらあかんプレーであることには間違いはないが)
このワンプレーがチームの爆発を誘発するんだ!理屈じゃねえんだ!、などというキモチ。

雨天順延が続いた波乱の第91回大会も13日目を終え、残ったのはいよいよ4校。
日本文理(新潟)、花巻東(岩手)、県岐阜商(岐阜)、中京大中京(愛知)。

正直なところ、この勝ち残りを誰が予想しえただろうか?
最後の1枠に中京が滑り込んだとはいえ、伝統校、強豪校を向こうにまわし、
笑顔で打ち勝ち投げ勝ち守り勝ってきた、かつては弱小県と言われた地区の選手たち。
高校野球も変わった、嬉しい時代になった。
今でも鮮明に記憶に残っている第86回の夏、駒大苫小牧の全国制覇から、
高校野球は新しい時代に確実に踏み出している。


だから切り開こう。東北の野球史に燦然と輝き続ける最初の一歩を残しに行こう。
東北の野球が夏の頂点に立とう!花巻東、甲子園で優勝しよう!!




で、京セラですな。


昼間に上に書いたようなことを考えていた影響もあってか、
8回の「桐蔭's」のコンボが何やら美しすぎて感動的すぎて・・・www

思わずあの夏、甲子園で共に躍動していた2人の姿がまぶたに浮かんでは消え、
京セラドームの変なグラウンドのオレンジが一瞬甲子園の美しい黒土に見えたww

ひらの「良!後は頼んだぞ、オレをホームに還してくれよ!」
あさい「おう、恵一!キッチリ送ってやるから一気にホームまで駆け抜けてこい!」

まあ実際ワシ、第79回の夏の桐蔭学園見てもないし、記憶にもないんですがのww
まあ実際ワシ、明らかにバントのために打席に送り出された浅井に対して、
「アサイサーイッ!バントすなーw!放り込んだれやw!」と絶叫してたんですけどなwww


しかしこのチャンスを活かせなかった金本、えっらい怒ってましたな。
ええ打球やったけど飛んだ場所があれで、結果最悪ゲッツー。
ベンチ前でメットを全力でぶん投げる金本を見つけて思わず興奮してしもたwww




大和を見つめる川藤「ほっそいのう。あれ、メシ食いに連れてったらなアカンのう」



赤松ウォッチを生業とするワシにとって、最高の角度からの観戦www



ちょこまかちょこまかといちいち動きがシャクに障る赤松。最高やww



よう考えたら、昨日も9割がた赤松しか写真撮ってねーな、ワシww



「野手転向したれや!」なアベケンのシャープなスイング(アベケン>イクロ)ww




しかしさあ、この展開(同点9回、二死満塁で赤松)でワシにどうしろとwww





「絶対に赤松にだけは回さんといてくれえ!!」
「複雑すぎるうえに異常なまでにイヤな予感がするんじゃあああ!!!」
ってガチで祈ってたのに簡単に東出を歩かせよってからに、このいごっそうめwww

もう一球一球に呼吸も忘れるくらい緊張しまくりのテンパりすぎて、
自我がワラワラと崩壊しかけとったっちゅーねんwww







そんなこんなありつつ、

大竹のボール投げありつつ、

カネモっさんのメット投げ、

手袋投げ、

壁蹴り、

バット折りありつつ、


・・・・・・・











でもまあ、なんとか最後は無事ハイセンスな黄色Tも拝めました(笑)



「気持ち悪い」@アスカ





ヒーローは季節の到来を感じさせる秋味・桧山さん。
桧山さんが桧山さんである理由をギュウギュウ詰めにした打席。
実に味わい深いけっこうなお手前でしたww

持ち芸の1つ「片手三振」を炸裂させたと思ったら、
お隣の新婚さんの旦那さんのほうが間髪入れずに「当たった!当たっとるやんけ!」
ワシんとこからはキレイな三振に見えたがなるほど、当の桧山さんもイヤイヤ♪してるww

判定くつがえった直後、すくい上げた打球がセンター前へポーンと!

来る!なんか来る!!キモイの来る!!!
前進守備の赤松がズンズンズンズンやってくるううwww




落ちたああwww



微妙なプレーやったんで最後は球場全体が「どやねん?そやねん?」と
ドッチラケみたいな感じになってしまってましたが(笑)、
今度はワシの位置が赤松の差し出したグラブの真正面というベスポジであり、
ワシ自身が高性能赤松感知eyeの持ち主でもあったもんで、
バウンドした瞬間に(あらいのポジション取りを確認しつつ)飛び跳ね万歳三唱!

ついさっきまで「あらいに代走出せや、ごらMYM!聞いとんか!」と
100回くらい悪態をつきまくっていたことも忘れるハッピーフィナーレとなりましたww



しかしこの赤松の脅威のチャージには、多くの可能性が詰まっていたなあ。
グラウンドの個々人の判断1つでサヨナラから最悪ゲッツーまで、
あらゆる展開への発展が想像できたもんなあ。野球っておもしろいわ!

キモながらあっぱれ赤松、野球の醍醐味をありがとう!!





んで。

あそこで桧山さんが倒れてて二死満塁のチャンスが残っちゃった日には、
きっとあの人、そうMYM。平野に代えて代打ミチャーン(もしくは矢野)などという、
「ウルトラハイパーむちゃくちゃしたれ!」を発動しておったでしょうなwww

ええ、たぶん90%程度の確率でねwwwww
 ↓↓↓↓↓



Writer : Dr.KEN | タイガース全般 | comments(6) | - |






 

 

 

 

タイガースネットキャンペーン情報
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記
虎暮らし 自称阪神タイガース評論家の日記

虎ブロガー界の鉄人、torao改め鳴トラさん渾身の処女作!